三脚・一脚

Ulanzi MT-08 レビュー | スマホにおすすめの自撮り棒になるミニ三脚

Ulanzi MT-08 自撮り棒になるミニ三脚

三脚は一眼レフ用の大きいものから、マンフロットのPIXIを代表とするテーブル三脚と小さいものまで何本か所有していますが、「自撮り棒としても使えるミニ三脚なんて便利じゃない??」ってことで見つけたUlanziの軽量ミニ三脚、MT-08を購入してみました。

お家芸となっている、言うところの衝動買いです!

自分の一番の使用用途としては、常に持ち歩く撮影機材としても購入したスマートフォン「Zenfone7 Pro」での動画撮影用です。

Ulanzi MT-08 Zenfone7 proでの利用

Zenfone7 Proはインカメラがない変わりにアウトカメラが前面にフリップしインカメラになると言う面白い機構を搭載したスマホで、性能の高いアウトカメラで自撮りがおこなえたり、移動する人などの動体に合わせてフリップカメラの角度が変わり追従するモーショントラッキングと普通のスマホではできない撮影もおこなえます。

メインカメラがインカメラで使える撮影向けスマートフォンzenfone7 pro
Zenfone7 pro レビュー | 自撮り最強スマホ!メインカメラがインカメラに

パソコンメーカーで有名なASUS ...

続きを見る

カメラを固定した動画撮影や、ツイキャスやZoomなどのライブ配信を手軽におこなうため。そして常に持ち歩く撮影機材だからこそ「カバンに入れても苦にならないミニサイズの三脚を」とMT-08を購入しましたがこれが思いの外使いやすく便利でした。

今回は自撮り棒としても使えるおすすめのポケットサイズ三脚 Ulanzi MT-08についてレビューしていきます。

1:カメラ三脚は2Way使用可能です。3段階伸縮できのミニカメラ三脚は自撮り棒にもなります。2:カメラ三脚は自由雲台付き、角度も調節出来る。3:卓上三脚は質感も良く三脚の部分にはちゃんと握った時の滑り止めも付いてる。底にも滑り止め

ミニ三脚 Ulanzi MT-08 商品概要

Ulanzi MT-08 商品概要

MT-08はカメラアクセサリ・ガジェットに強いメーカーのUlanziが販売している自撮り棒としても使える小型のミニ三脚です。

重量は92g折りたたみ時は15cmのポケットサイズで、スマホやコンデジ、Goproなどのアクションカメラでの使用に向いているサイズ感です。

人気のマンフロットの小型テーブル三脚、PIXIと比べてもサイズは一回り小さくなっています。

Ulanzi MT-08 マンフロットPIXIとの比較

本体価格もamazonで2,000円ほどとお手頃価格で購入できるのが魅力です。

Ulanzi MT-08 スマートフォンホルダー

1/4ネジ穴を使い三脚本体とコンデジなどの撮影機材と接続するタイプとなっているので、スマホで使いたい場合はスマホホルダーとのセットがおすすめです。

ポイント

セット売りのスマホホルダーは58mmから105mmの範囲で調整が可能。
iPhone12 Pro MAX相当の大きさと重量のZenfone7 proでも十分に固定できます。

Ulanzi MT-08 スマートフォンホルダーのコードシュー

自分もこのセットで購入しましたが、スマホホルダーの上部にコードシューの取り付けが可能でビデオライトなどの照明機材もひとまとめにできるので動画撮影で光量を確保したいときにも便利です。

カラーはブラック以外にホワイトも。三脚や自撮り棒としては個性的な色ですね
1:カメラ三脚は2Way使用可能です。3段階伸縮できのミニカメラ三脚は自撮り棒にもなります。2:カメラ三脚は自由雲台付き、角度も調節出来る。3:卓上三脚は質感も良く三脚の部分にはちゃんと握った時の滑り止めも付いてる。底にも滑り止め
三段伸縮可能なミニ三脚。雲台付きのビデオVLOG三脚。92g軽量です、小型で折りたたみ15cm。滑り止めが付いての足。滑り難いハンドグリップ。

スマホ・Goproの動画の撮影で使えるテーブル三脚

Ulanzi MT-08 スマホでの利用

軽量で小型なサイズ感なのでスマホやGoproなどを用いた軽快な動画撮影で使えます。

GoPro HERO10 レビュー | HERO9と比較して進化したポイント

2021年9月にGoProから新型のアクシ ...

続きを見る

コンパクトなところからテーブルなどの限られたスペースを無駄に使わず設置できます。

また持ち運びの点でもその小ささから付けっぱなしにしていても邪魔になりにくいのが良いポイントです。

Vlog撮影で自分の歩いている後ろ姿のシーンや、運転している自分の車を撮影したい際などに地面にカメラをポツンと置きたい時には、このぐらいのコンパクトな三脚だと取り回しも良く、三脚を使わない時と比べると安定した構図で撮影できます。

Ulanzi MT-08 自由雲台

またMT-08は自由雲台で角度も上下左右と360度自由に設定できます。

Ulanzi MT-08 縦位置での撮影

縦位置での撮影も対応できるようになっています!

本体の足部分の素材がプラスチック製なのもあり、一眼レフの大きなカメラになると負荷の問題もありだいぶ怪しいです。
バランスの不安定さも否めないので、あくまで小型カメラの三脚として割り切ったほうが良いですね。

三段伸縮可能!首が伸びるので自撮り棒としても使える

Ulanzi MT-08 首が伸びる三脚

MT-8の大きな特徴として、カメラを固定する雲台の首部分のポールを延長することができます。
延長も3段階で最大で12cmほど高さが増し27cmの長さになります。

Ulanzi MT-08 短い長さ

Ulanzi MT-08 伸ばした状態

「あとちょっとだけ伸ばしたいなぁ」と思った時に対応できるのがGoodポイント!

また高い位置からの撮影調整のみならず、ポールの延長機能によって自撮り棒としても活用できます。

延長方法もただ上部に引っ張るだけのお手軽展開

ロック機能はないので耐久性の心配はありますがポール部分と運大部分は鉄製なのもあり現状は特に問題ありません。細かい手順がないのでスッと取り出してパッと使えるのは魅力です。

ポイント

延長展開はちょっと固めになっています。買った当初は3段階に伸びるのを忘れしばらく1段階の延長のみで使ってました。なんと言うおっちょこちょい。

Ulanzi MT-08 グリップ部分

自撮り時の三脚部分も一部ゴムになっており掴みやすくなってます

Ulanzi MT-08 ジンバル内蔵のOsmoPocket

またジンバル内蔵のOsmoPocketに取り付けても、自撮り棒分の距離が確保できるので広い画角で撮りたい時にもカバーできます。

Ulanzi MT-08 自由雲台の角度をカバー

また自由雲台の角度を変えることで自撮り時でも無理な姿勢で持たなくてもよくなるのがよきポイントです。

画角が広いOsmoPocket2が販売されましたが、自分は初代OsmoPocketをこの運用で使ってます。 新型がほしい…。

Gopro純正の三脚よりおすすめ!

Ulanzi MT-08 Gopro利用

小型のミニ三脚ですがGoproからも公式で純正品として「ショーティー AFTTM-001」が販売されています。

ポケットに収まるサイズのShorty(11.7cm)は、野外アクティビティや旅行などに最適なパートナー。Shortyを最大22.7cmまで伸ばせば、グループショットや自撮り、その他の撮りにくいアングルでも撮影が可能。平面なら、内蔵の三脚を使ってあらゆる場所にShortyを設置可能。

材質や使い勝手、形状としては今回のUlanzi MT-08とほぼ一緒のものとなります。

ただGoproショーティーの三脚足部分には滑り止めがついていませんが、Ulanzi MT-08の足部分には滑り止め用のゴムが埋め込まれています。

Ulanzi MT-08 滑り止め

ツルツルした机でも滑りが軽減されるので安定性がかなり変わります。

さらに本体の値段もショーティーがamazon価格で約3,5000円と価格もMT-08のほうが安価です。
ショーティーはGoproらしいデザインのカッコよさはありますが「Gopro純正で合わせたい!」と言う思いがなければ個人的にはUlanzi MT-08をおすすめします。

ポイント

Goproで三脚を使いたい場合、同じUlanziから販売されているGopro用のマグネットタイプのクイックリリースアダプタを装着すると取り外しも便利になりそうです。

秒速着脱:複雑なインストールは不要です。強力な磁石を採用して、1秒でGoProを切り替える可能です。安心設計:Gopro、DJI Osmo Action、insta 360などのアクションカメラ高速取付を実現し、安全なロック設計を追加し、アクションカメラの落下の心配がありません。

その他 カメラ・ライト ガジェット装着例

RX100のコンデジ装着例

Ulanzi MT-08 RX100M5の装着例

ソニーのコンデジRX100M5を装着しました。このサイズ感だと手に持った時でも重量感をあまり感じず使えます。角度を傾けて上から下を映す構図での撮影でも使えそうです。

VLOG用の人気デジカメZV-1と同じサイズなので、ソニー純正のシューティンググリップの代用品としても使えそうです。

ビデオライト装着例

Ulanzi MT-08 ビデオライト装着例

持っている小型ライトの中でも比較的がっしりしてるRGBライトPIXEL G1Sを装着してみました。

設置しても安定感もあって良い感じです。動画撮影でライティングこだわりたい時には側面や前面、バックライトといろんな場所にライトを設置してたいのでビデオライト用の三脚としての用途は多そうです。

小型でコスパ抜群!RGBビデオライト P`IXEL G1S
PIXEL G1S RGBビデオライト | 小型で撮影に使えるおすすめライト

最近何かと写真や動画の撮 ...

続きを見る

外付けビデオモニター装着例

Ulanzi MT-08 外付けモニター

ポートレート写真などの撮影後に現地で落ち着いて確認したい時に外付けビデオモニターのFeelworld Master MA5を使うことが多いです。

カフェや喫茶店では一眼レフのホットシューにつけずモニターだけ別にした状態のほうが確認してもらいやすいのでそういう時には使えますね。

Feelworld Master MA5 実際に使ってみた
ミラーレス一眼カメラにおすすめの外部モニター Feelworld Master MA5

動画を撮影するときに「画& ...

続きを見る

ストロボ装着例

Ulanzi MT-08 Godox TT600

GodoxのTT600のストロボにMT-08を装着してみました。
ストロボを手持ち発光で撮影する場合などでは手持ちより安定感も増し、距離も稼げるので可動域の広いライティングができます。

ただポールを延長しすぎるとすこし重量バランス的に怪しい感じはあるので短い状態での利用が良さそうです。

MT-08よりひと回り大きいMT-16が新発売!

Ulanziから新製品としてMT-08より一回り大きいMT-16が販売されました。

【自由に伸縮】4段の引き伸ばし式伸縮デザインで、場面に応じて自由に高さを調整できます。360°ボール雲台で、角度を自在に調整できます。伸長:44cm 縮長:22cm【小型&軽量】折り畳まれた長さは21.5cm、重さは170gと、持ち運びに便利です

折りたたみ時の長さが21.5cmで、重量は170g。ポールの高さ延長も4段階になり最大で22cm伸びた44cmの長さの自撮り棒として使用できます。

また自由雲台の側面部分にコールドシューが搭載され、ビデオライトやマイクを三脚本体にそのままつけれるようになりました。

ポイント

Ulanziの新製品はユーザーの使い勝手にあわせたバージョンアップがされているのが多く本当に細やかです。

伸ばしていない状態での耐荷重が2kgとなっているので、軽めの一眼レフカメラの三脚としても使うことができます。

価格面も安価でamazonで約2,500円となります。
MT-08と大きさが違うので用途や使い勝手に合わせて購入検討するのも良いかと思います。

しかし2つ合わせても5,000円もしないので悩んだらどっちも買ってしまう、というのも全然ありですね。

そういう自分もどこかでそのうち買ってしまいそう…!

まとめ

Ulanzi MT-08

今回はスマホやGoProの自撮り棒としても使える小型ミニ三脚のUlanzi MT-08についてレビューをまとめてみました。

ポケットサイズの三脚で持ち運びの負担にならないので「とりあえずもっていくか」と気軽にカバンにいれれるのが実運用面で大きく感じたメリットです。

Ulanzi MT-08 フィールドポーチ

写真メインの際でも自撮り棒として使えることで家族や仲間とのツーショット写真や集合写真でも使えるのでカバンに忍ばせておくとなにかと使えるアイテムですね。

自分はスマホでタイムラプスをふと撮りたくなる時があるのでその点でも活用しそうです!

YoutubeでのVLOG撮影などをはじめとした動画撮影をやりたい人からすると、ミニ三脚はカメラのスタンド以外でもビデオライトや外付けマイク、ビデオモニターと三脚は何かと用途が多く複数あっても無駄にはなりにくいなので、興味がある方は試しに1本衝動買いしてみてください。

1:カメラ三脚は2Way使用可能です。3段階伸縮できのミニカメラ三脚は自撮り棒にもなります。2:カメラ三脚は自由雲台付き、角度も調節出来る。3:卓上三脚は質感も良く三脚の部分にはちゃんと握った時の滑り止めも付いてる。底にも滑り止め
三段伸縮可能なミニ三脚。雲台付きのビデオVLOG三脚。92g軽量です、小型で折りたたみ15cm。滑り止めが付いての足。滑り難いハンドグリップ。

撮影用に購入したZenfone7 pro!写真と動画撮影に力いれたいAndroidユーザはおすすめです。

もう少し長めの自撮り棒が欲しい人はウルトラライトスティックセルフィー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Luminar Neo AIを@使って編集する写真現像ソフト

編集方法

2023/1/20

Luminar Neo(ルミナーネオ) | AIを活用した写真現像ソフトの使い方

カメラやスマホで写真を撮影した後に必要となるのが写真の管理と編集 ...

この記事を読む

ソニー FE 40mm F2.5 G(SEL40F25))

レンズ

2022/12/27

【作例・レビュー】SEL40F25G | 動画にもおすすめな小型軽量のソニーGレンズ

ミラーレスカメラを使い撮影をしていると「画質を重視したい」、「フ ...

この記事を読む

GoProユーザーは必見!マイクアダプターを便利に使うおすすめ方法

GoPro

2022/12/14

GoProユーザーは必見!マイクアダプターを便利に使うおすすめ方法

小型軽量で高品質な広角動画を撮影できるアクションカメラ GoPro(ゴープロ ...

この記事を読む

HUAWEI Eyewear

便利グッズ

2022/11/29

HUAWEI Eyewear レビュー | テレワークに最適なメガネ型スピーカー

日々様々な最新ガジェットが発表されていますが、今回HUAWEI(ファーウェイ ...

この記事を読む

HUAWEI WATCH GT 3 SE

スマートウォッチ

2022/11/25

HUAWEI WATCH GT 3 SE レビュー | 軽量で最大で14時間アクティブに使えるスマートウォッチ

「使うまでは便利さがわからないけども、使ってみたら手放せないガジ ...

この記事を読む

ソニー 20mm F1.8 G レビュー

レンズ

2022/11/8

【作例・レビュー】ソニー 20mm F1.8 G | 写真・動画ともにおすすめな広角単焦点レンズ [SEL20F18G]

自分は2022年の秋ごろに新しいメインカメラとしてSonyのフルサイズミラーレ ...

この記事を読む

α7IVの買い替えレビュー α7IIIから乗り換えた12のメリット

α7IV 撮影機材

2022/10/27

【動画・写真】α7IVの買い替えレビュー α7IIIから乗り換えた12のメリット

いままでミラーレスカメラはソニーのα7IIIを長く使っていました。 写真 ...

この記事を読む

ソニーショットガンマイクロホン ECM-B10

動画機材

2022/10/24

ECM-B10 レビュー 評判の高いソニーの神マイクがコンパクトになって新登場

ソニーからミラーレスカメラの動画用として新しいマイクが同時期に2Ӗ ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮 ...

MetaQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Metaから販売された単独型VRゴӦ ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしӗ ...

-三脚・一脚
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.