カメラストラップ

【レビュー】ピークデザインのアンカーリンクスをストラップに付けるべき理由

PeakDesignのアンカーリンクスがおすすめな理由

一眼レフカメラを買ったときに一緒に買うのはなんでしょう?レンズ?カメラバッグ?カメラフィルター?

あとはそう、カメラストラップ。これもありますね。

純正のメーカーのものがカメラを買った時に一緒についてきますが、オシャレや機能性を考えたときには候補にあがるでしょう。

でもこのカメラストラップ、案外カメラバッグに入れると結構かさばりますよね

三脚で使う時にも邪魔になったり、カメラを2台持ちするときには台数分買う必要があったりなんてのも。

今回ご紹介するPeakDesign(ピークデザイン)のアンカーリンクスはそれらのカメラストラップに関する悩みを一気に解消するカメラアクセサリーです。

自分も実際に使ってみて「こりゃ便利!」と感心させられたこのピークデザインのアンカーリンクス。今回はこちらについてレビューしていきます。

ピークデザインのアンカーリンクスってどういうもの?

peakdesign

PeakDesign(ピークデザイン)はクラウドファンディングで話題になったことから一躍人気になったカメラグッズメーカーです。

今ではカメラバッグや三脚などをはじめとした様々なカメラ関連のガジェットを販売しています。

メーカー名に「デザイン」と言う単語が入っているだけあり、ピークデザインが販売しているガジェットはデザインがまずカッコいい。

機能性や実用性の面でも優れておりピークデザインファンは周りにも結構多いです。

今回紹介するアンカーリンクスは簡単に説明すると、カメラストラップの脱着をサポートするカメラアクセサリーです。

アンカーパーツをカメラボディのストラップ部分に取り付け、利用中のカメラのストラップ側に専用のパーツを取り付けることで簡単にストラップの脱着ができるようになります。

ポイント

カメラのストラップ部分に赤いアンカーパーツを取り付けます。
小型なので装着しても撮影時の邪魔にはなりません。

装着の際にはストラップ側のパーツにカメラに取り付けたアンカーをグっと押し込むことでカチッっと音がなり簡単に装着できます。

アンカーリンクスの取り外し

作りもしっかりしており外す時もアンカー部分を押しながら上部にスライドしなければ外れることがないので、普段使いにおいて自然とアンカーが外れる心配がありません

実際1年以上使ってみても誤操作などで外れたことは一度もありません。

また気になる耐荷重も90kg以上と重量に関する心配もありません。

大切なカメラをぶら下げるだけあってここのポイントは大事なところですね。

速射タイプの某高級カメラストラップを検討したときは「勝手に外れカメラが落下する」などの怖い情報があり諦めた思い出があります…

ポイント

ストラップ側のパーツの穴部分にスライドさせるだけなので装着もカンタン!

お気に入りのストラップをさらに使いやすくするアンカーリンクス。さまざまなストラップの先に装着するだけで、簡単に、素早くストラップを取り外しできるようになるクイックコネクターです。

自分が購入したキッカケ ~ 新しくSonyのα7IIIを買ったよ!~

自分はいままでCanonの6Dを愛用していましたが、2019年の冬頃にフルサイズミラーレス一眼レフカメラのSonyのα7IIIに乗り換えました。

Canon6DからSony α7Ⅲに買い換えたワケ
キヤノンからソニーへ乗り換え比較!Canon 6DからSony α7IIIに乗り換えて感じた7つのメリット

続きを見る

それまでCanonの6Dには「首が痛くならないストラップ」と言う部分に焦点をあてたお気に入りの速写ストラップを自分なりにカスタマイズして使っていました。

ですが出費も重なっていたので追加で同じセットを買うのは抵抗がある。てか追加でストラップ買う予算を使って他のグッズが欲しい。

これをそのままα7IIIに付け替えるか?でも6Dもまた使う機会もあるだろうし…ぐぬぬ。と悩んでる時に見つけたのがこのアンカーリンクスです。

アンカーパーツをα7IIIと6Dどっちのボディにも装着することでお気に入りのストラップが使いまわしできるじゃぁないか!ってことで即購入しました。

そう、ストラップ買う予算で買った他のグッズがこのアンカーリンクスとなりました。

ストラップの使いまわしが思いのほか便利すぎる

いやぁ、これが思いのほか便利でびっくりしました。

最初から使い勝手は良いカメラグッズだろうなと思い購入しましたがこれが予想していたよりさらに便利。

これはいいぞ!と感じた理由としては以下の通り。

PeakDesign アンカーリンクスのおすすめポイント

・2台以上のカメラを持ってるとき好きなカメラストラップを使いまわしできる
・ストラップを使わず気軽に撮りにいきたい時に外せる
・三脚で固定して写真や動画を撮影するときにストラップが邪魔にならない
・その日の気分でストラップを使い分けすることができる
・カメラバッグがかさ張る際にストラップをサブポケット等に入れておける

このカメラアクセサリーの機能としては言ってしまえば「ストラップを簡単に脱着できる」というだけです。

ですが「脱着が気楽にできるってだけでこんなに使い勝手がよくなるんだね…」と実感させられました。

今ではアンカーリンクスは必需品な装備ですね

また自分はRICHOのGR2やSonyのRX100M5などの小さいコンデジも持ってるので、これをハンドストラップとネックストラップで切り替えが出来ると便利かもなぁとかも考えてます。いつかやってみよう。

脱着して付け替えるストラップとして同じピークデザインから販売されている「リーシュ」を使っています。
最初っからアンカーリンクスに対応しているストラップなので便利です。あとおしゃれ!

カメラ以外にも流用できるおしゃれなカメラストラップ ピークデザインリーシュ
ピークデザイン リーシュ レビュー | PearkDesignの多用途なおしゃれカメラストラップ

続きを見る

アンカーリンクスを使ってからの予想外の出来事…

えー。ひとつ予想外の出来事を語るとするならば、脱着が簡単すぎて極端にカメラストラップ自体を使う機会が減ったということですかね…。

と、いうのもα7IIIが小型軽量で持ち運びしやすいので、自然とかさ張るような装備で撮影にいきたくないという意識が強くなった点です。

またα7IIIにしてから軽量レンズだけで歩き回りながらの街撮り撮影が比較的多くなりました。

軽量になったことでいままで使ってた首肩などのネックストラップタイプではなくハンドストラップだけで持ち歩くスタイルに落ち着いた感じです。

ハンドストラップの中でも抜群の使いやすさを誇るクラッチ。付属するアンカーが V4 になり、プレートはキャプチャー V3 付属のスタンダードプレートになりました。

ポイント

これもピークデザイン製のハンドストラップのクラッチ。愛用してます。

ただ大型の望遠レンズや重量級の単焦点レンズを使う時は手が疲れるのでそういう時はネックストラップを使います。

またCanon6DとSony α7IIIの2台持ちで撮影する時は片方のカメラはネックストラップで肩掛けをし撮影するのでその度に便利さを実感しています。

撮影事のスタイルで自由に装備を変えれるのはかなり利便性が高しです。

またネックストラップの代わりに、撮り歩き時のカメラの携帯方法としてこれまたピークデザインから出ているキャプチャーを使っています。

ピークデザインのキャプチャーとハンドストラップについては下記記事でご紹介しています。

ピークデザインのクラッチとキャプチャーがめちゃくちゃ便利な件について
【レビュー】ピークデザインのハンドストラップ クラッチとキャプチャーは最強の組み合わせ

続きを見る

まとめ

PeakDesign(ピークデザイン)のカメラアクセサリーであるアンカーリンクスのメリットについてレビューしました。

カメラストラップは案外目が向きにくいアクセサリーかもしれませんが、ここの部分にアンカーリンクスを導入するとかなり使い勝手がよくなります。個人的には一眼レフカメラを使う際には必須のカメラアクセサリーになっています。

一度使ってみるとその利便性から全部のカメラのボディ、カメラストラップに導入したくてしょうがなくなるアイテムではあります。

自分はお財布と相談しながらまさにその欲求と戦い中デス

自分と同じように新しくカメラを買う人は勿論、2台以上カメラを持っている方、気分でストラップを変えたい人などなど、興味が沸いた方は是非一度使ってみてくださいね。

お気に入りのストラップをさらに使いやすくするアンカーリンクス。さまざまなストラップの先に装着するだけで、簡単に、素早くストラップを取り外しできるようになるクイックコネクターです。
ハンドストラップの中でも抜群の使いやすさを誇るクラッチ。付属するアンカーが V4 になり、プレートはキャプチャー V3 付属のスタンダードプレートになりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2 おすすめゲーム9選

Oculus Quest VR

2022/1/21

OculusQuest2でプレイしてほしいおすすめVRゲームソフト 9選

Meta(旧Oculus)が販売している単独型のVRゴーグル「Oculus Quest2(オキュラスクエスト2)」 3万円代で購入でき高性能なパソコンも不要。Wi-Fiによる無線接続でVRゲームが体験できるのもあって、OculusQuest2の登場からVRゲームの業界はかなり活発になりました。 ポイント その人気からOculusQuest2の販売台数は1000万台を超えたとの噂もあります。 TVでもOculusQuest2のCMも流れるようになり、それをキッカケに「VRゲームって面白いのかな?」と興味を持 ...

この記事を読む

GoProをWebカメラにする設定方法

GoPro

2022/1/13

広角のおすすめWebカメラならこれ! GoProをWebカメラにする設定方法

「気軽にライブ配信やLINEの動画通話に使えるWebカメラが欲しいな」とAmazonでいろいろ探しはじめましたがこれが思いの外、性能とコストのバランス的に何が良いかわからず悩みました。 とは言うもの、一眼レフカメラなどの高性能カメラを使っての撮影が趣味なのもあり性能や映りなどはこれらと比較しがちです。 設定に手間がありながらも、一眼レフカメラをライブ配信カメラとして使っているのもあるとどうしてもそうなってしまいます。 ポイント HDMI接続を用いて配信ソフトのOBSを使ったやり方と、ソニーカメラをWebカ ...

この記事を読む

しまうまプリント フォトブックのおすすめ

写真サービス

2021/12/19

しまうまプリント | おすすめのフォトブックの作り方からやり方まで

皆さん写真は撮っていますか? フィルム写真を撮る人は少なくなりましたが、スマートフォンとTwitterやInstagramなどのSNSの普及もあって、デジタルデータとしての写真撮影はすでに日常的な行為になっているとも思います。 自分自身は一眼レフカメラを使った写真撮影を10年以上と趣味でやってきました。 それもあり今ではこのような写真関連のガジェットブログもおこなうようになり、またありがたいことに仕事でも撮影のご依頼を頂けるようにもなりました。 こんなに写真と密接になるとは昔は思いませんでした。 撮影した ...

この記事を読む

EcoFlow River Pro レビュー

アウトドア バッテリー・充電機器

2022/1/12

EcoFlow River Pro レビュー | 車中泊やキャンプにおすすめのポータブル電源

2020年に大容量バッテリー「EFDELTA」を発売したのを皮切りに様々なポータブル電源を販売しているのがEcoFlow(エコフロー)。 EcoFlowの製品はクラウドファンディングの「Makuake」で出品した際には5億円以上の応募金額を集めて歴代最高金額を記録したこともあったりと、ポータブル電源において大変注目を浴びている企業です。 今回はそんなEcoFlowが2021年に発売した「RIVERシリーズ」で小型ながら高性能なモデル「EcoFLow RIVER Pro」を実際に購入したので製品の特長やポイ ...

この記事を読む

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

Oculus Quest

2022/1/21

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

当ブログへのアクセスキーワードを見てみると「OculusQuest2 飽きた」で検索されている方がボチボチと見られます。 OculusQuest2は新しいガジェットなのもあり初めてのVRゴーグルとして購入される方も多いと思います。 そして購入するときにやりたかったゲームなどが一通り終わると満足してしまうからだと予想しています。 また側面としてアプリの情報やレビューなどが少ないのもあって、他にどんなゲームをやったらいいかわからない、なんてこともあるのではないでしょうか。 OculusQuest2を持っている ...

この記事を読む

ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

動画機材

2021/11/27

【2021年版】ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

カメラやスマホでなめらなか動画を撮影するのに使える機材にジンバルがあります。 YoutubeをはじめTwitterやInstagramのSNSで、クリエイティブな動画作品や日常を映すVLOG動画などの動画も人気がでているのもあり注目をあびているカメラアクセサリーです。 しかし動画初心者からすると「ジンバルは動画で使えると聞くけどどういうものだろ?」「自分にあったジンバルがどれかわからない」「実際どうやって使うの?」などの疑問も色々あるかと思います。 自分は使う前は何が良いかわからず勢いで購入しましたが、も ...

この記事を読む

一眼レフ用ジンバルのおすすめの持ち運び方・使い方

動画機材

2021/11/27

一眼レフカメラ用ジンバルの簡単なおすすめ持ち運び方法・使い方

一眼レフカメラなどを使い移動しながらでも動画を手振れなくスムーズに撮影できるカメラ機材に「ジンバル」があります。 数十万と高額でなかなか趣味レベルでは買えない…とはもう昔のこと。 手振れを抑える性能も向上しコンパクトになりながらも数万円からと手ごろな価格で買えるようになりました。 スマホ用のジンバルは4桁から買えるように!昔からすると考えれませんね しかしコンパクトになったとはいえ持ち運びにはなかなか難があるのがこのジンバルです。 今回はサイズが大きめな一眼レフカメラ用のジンバルをアイデアを使って簡単に持 ...

この記事を読む

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで Eマウント広角単焦点レンズ

レンズ 撮影機材

2022/1/13

【作例・レビュー】SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで おすすめの広角単焦点レンズ

Sony α6400などのAPS-C ミラーレスカメラで使えるEマウントレンズの1つにSIGMAが出している「16mm F1.4 DC DN Contemporary」があります。 明るくて軽量小型で高画質。しかもコストパフォーマンスに優れてると評判の高い広角単焦点レンズです。 映りが良いのに安くて手軽に買えるのはかなり魅力なポイント! 今回はスナップ写真からポートレート、動画撮影と幅広く使えるこのレンズを実際に撮ってみた作例を交えてSIGMA 16mm F1.4 DC DNをレビューします。 目次 SI ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-カメラストラップ
-, , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.