カメラストラップ 機材アクセサリ

【PeakDesign】お気軽撮影の決定版!?ハンドストラップ クラッチとキャプチャーでスマートな撮影を実現!【レビュー】

ピークデザインのクラッチとキャプチャーがめちゃくちゃ便利な件について

1年ほど前にフルサイズミラーレス一眼レフのSonyのα7Ⅲを買うのと同じタイミングで、PeakDesign(ピークデザイン)の製品にグッと心を惹かれいろいろなPeakDesign製のカメラアクセサリを買いはじめました。

そして気づいたらいつのまにかPeakDesignのファンになってたぐらい使い勝手の機能性・デザイン性どちらも素晴らしいものばかりです。

今回はその中でもPeakDesign製品で自分が本当に買ってよかったと思っているハンドストラップのクラッチとキャプチャーについてご紹介します。

速射ストラップ派、ハンドストラップの気軽さに気づく

いまのメインカメラはSonyのα7Ⅲを使っていますがその前にはCanonの一眼レフの6Dを使っていました。

Canon6DからSony α7Ⅲに買い換えたワケ
検証!Canon 6DからSony α7Ⅲに乗り換えて1年つかってみてのメリット【レビュー】

自分は一眼レフでの写真を2009年ごろからはじめ、その時の最新機種だったCanonのEOS kissX3を使っていました。(もうkissX10まで出てるとか信じられない…。) そこから5年後の2014 ...

続きを見る

Canon6Dを使っていた時のカメラストラップの装備としては、HAKUBAのハンドストラップを使いながらオプテックの斜め掛けの速写ストラップを使うというもの。
このスタイルも自分なりにいろいろ調べに調べて楽な撮影(特に首や肩の負担軽減)を心がけてたのもあり、かなりお気に入りの組み合わせでした。

当初HAKUBAのハンドストラップを使いはじめた理由は、肩がけした際のカメラバランスの調整で、ハンドストラップ下部のパーツ部分に速写ストラップを取り付けたいと言う事のみ。

ハンドストラップの機能自体には特に興味も関心もなかったが本音のところです。
ただ実際に使ってみるとカメラのホールド力が増し「結構便利やんけ!」と気づかされたのを覚えてます。

しかしその時は速写ストラップを外さず、ハンドストラップだけを使った撮影の仕方はしていませんでした。

何よりハンドストラップだけだと両手を使いたい時にいちいちカメラバッグに入れたりしないといけない手間を考えると…ねぇ?
何事も手間を減らしたいのが人情です

そんなカメラストラップ事情を抱えながらも「α7Ⅲにも同じストラップ装備で整えるか~」と考えてた際にふと出会ったのがこのPeakDesignのハンドストラップ・クラッチとキャプチャーの組み合わせでした。

PeakDesignのハンドストラップ CLUTCH(クラッチ) はカッコいい(重要)

いや、デザインがカッコいいは大事ですね。
使うにあたってテンションがあがるし所有欲が高まる!

こちらのハンドストラップのクラッチですが生地の質感もよくて装着した際にも手にしっくり馴染みます。

手のフィット感を調整できるベルトがあるので、手の大きい小さいにも調整ができます
しっかりホールドして撮りたい時と、つけ外しを多くするときで締め具合を簡単に変更できるのは地味に便利です。

α7Ⅲ自体がコンパクトなのもあり、大きい手の人では握りが弱いとよく言われます。
カメラを握った際に小指が余ったりする、とかですね。

しかしハンドストラップを使うことで小指が余っていてもカメラを持つグリップが良くなるので、手が大きくて「なかなか手になじまないなぁ」と悩んでいる方にはこのクラッチ、相性は抜群だと言えるカメラアクセサリでしょう。

あと何よりデザインがカッコいい(重要)

専用のプレートを装着

クラッチを使うためにはカメラの三脚穴部分に付属のプレートを取り付ける必要があります。

「三脚穴が使えなくなるのはどうなんだ?」と思うかもしれませんが、このプレート自体がアルカスイス互換になっているので、アルカスイス対応の三脚には逆にスムーズに取り付けることができます

三脚をアルカスイス互換に変更するアイテムもamazonで結構安価に売っているので、いっそこの機会に三脚類をアルカスイス対応装備に変更しちゃうのもありですね。

プレートにアンカーを装着

またこのプレートの部分にPeakDesignのアンカーリンクスを複数取り付けることができます
それによりハンドストラップを使いながら、ネックストラップなどを合わせて使うことができちゃいます。

アンカーリンクスでのストラップの脱着は手軽であり、しかもそれに加えてストラップをつけてない時もアンカー自体が撮影時の邪魔になりません。
これが使い勝手がいいんだよぁ。

PeakDesignのアンカーリンクスがおすすめな理由
これはおすすめ!PeakDesignのアンカーリンクスでカメラストラップを便利に使いまわそう!

一眼レフを買ったときに一緒に買うのはなんでしょう?レンズ?カメラバッグ?カメラフィルター? あとはそう、カメラストラップ。これもありますね。 純正のメーカーのものがカメラを買った時に一緒についてきます ...

続きを見る

PeakDesignのキャプチャーで使いやすさが倍増!

キャプチャーとプロパッド

またこのハンドストラップ・クラッチとぜひ一緒に導入してほしいのが同じPeakDesignから販売されているキャプチャーとプロパッドのセット

カメラを装着できるキャプチャーのパーツをプロパッドに取り付け、腰につけているベルトに通すことでまるでさながら西部劇に出てくるガンマンなスタイルでカメラを持ち歩くことができますカッコいい(重要)

これが…

こう!

キャプチャーにカメラを装着するには、同封されているプレートパーツをカメラの三脚穴部分に取り付け、それをキャプチャーに差し込む方式になります。

そう、このプレート
実は先ほど紹介したハンドストラップ・クラッチに同封されているものと一緒のモノになります。
2台以上カメラを持っている人は クラッチとキャプチャーを買うだけで装着できるプレートが2枚手に入るので特におすすめですね!

注意

但しクラッチにキャプチャーで使えるプレートが入っているのは最新版の「CL-3」のものに限ります。旧Verになるとキャプチャーに装着できないプレートが入っています。ちなみに自分が買ったタイミングではこっちの旧verのものでした。ガッデム。

見た目もスタイリッシュで使い勝手もいいキャプチャーの装備ですが、腰にカメラを固定するものなだけあって重量がある大きいサイズのカメラ装備の場合はなかなかに腰に負担がかかります

ですがSonyのα7Ⅲはボディが小型軽量でレンズも比較的軽いものも多いことからキャプチャー向けといえます。
SonyだとAPSC機でさらに軽量のα6600や6400だとより使い勝手がよいでしょう。

自分はキャプチャーを使った街撮りでは単焦点レンズの Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA を使う機会が多いですが、このサイズになると歩いていても違和感が少なくズボンが下がってくるなんてこともありません。

Tamronの人気大三元レンズ、28-75mm F/2.8 Di III RXD でも重量は気にはなりませんがちょっと長さを感じるぐらいかな?

ただやはりSigmaのArtシリーズなどの1キロ越えの重量レンズだとさすがに腰が重いなぁと感じます
そういう時は追加で取り付けたアンカーリンクスにネックストラップを装着し使うのがいいでしょうね。

写り方が素晴らしく大好きなSigmaの135mm F1.8のArtレンズがありますが、流石にこれをずっと持ち続けるのは疲れるしね。

このキャプチャーとプロパッドのせい(お陰)でネックストラップなどの首や肩からかけるタイプを使う頻度がぐっと減りました
ハンドストラップのみだとローアングルとかの無理な姿勢でもカメラの操作がしやすく撮りやすいんですよねぇ。

まとめ

このPeakDesignのハンドストラップのクラッチとキャプチャーのお陰で今までの一眼レフカメラの運用方法よりさらに気軽な装備で撮影に行けるようになりました。

なるべく軽量でスマートに撮影したい人からするとおすすめな組み合わせだと思います。
「フットワークを軽くしたい!」と考えてる人はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな男です。最近は動画の編集も勉強中。興味があることはなんでも試してみたくなる人。当サイトではそんな管理人がクリエイティブに関する情報をお届けいたします。

-カメラストラップ, 機材アクセサリ
-, , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.