【広告・PR】当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

撮影機材

Insta360 X3 レビュー 360度撮影が簡単・本格的にできるアクションカメラ

Insta360 X3

前後左右に上下とその場の風景をまとめて撮影できるカメラに360度カメラがあります。
写真のみならず動画も撮影できるので、その場の空気感をそのまま伝えることができるカメラと言えます。

ポイント

機材としても比較的、目新しいジャンルのものと言えます。
他のカメラでは撮れないものが撮れることから、個人的にはずっと気になっていたジャンルです

そんな中で、手持ちで撮影できるコンパクトな360度の動画カメラやアクションカメラを多く手掛けているInsta360さんから、この度オファーを頂き、最新モデルの「Insta360 X3」をご提供頂きました。

今回のこの記事ではInsta360でどんな映像や写真が撮れるか、どのような機能が使えるかをご紹介していきます。

没入型 5.7K 360度動画。広角4K シングルレンズモード。見えない自撮り棒を使った壮大な三人称視点。FlowState 手ブレ補正と360度水平維持。

360度アクションカメラ Insta 360 X3 概要

Insta360 X3

Insta360が提供するカメラの中で、360度撮影に特化したアクションカメラの最上位モデルがInsta X3になります。

本体の前後には2つのレンズが搭載。センサーは4,800万画素1/2インチセンサーを採用しており、5.7Kの鮮明な360度動画の撮影がおこなえます。

Insta360シリーズではその他に360度レンズへ換装できる「Insta360 ONE RS」もありますが、360度撮影に関して言えばF値の明るさ、画角の広さ、防水性とX3のほうが優れてる点が多くあります。

Insta360 機種ごとの違い

Insta360 ONE RSはアクションカメラとしての万能機、X3は360度専用機なイメージです。

Insta360 X3

本体サイズは幅46mm高さ114mmのスティック型で、2.29インチ強化ガラス製のタッチスクリーンも本体についています。
水深10mの防水性能もあるので、水中や雪中などのハードな環境でもそのまま撮影できます。

ポイント

Xシリーズの前モデルでは撮影データはスマホで確認するのが前提な作りでした。
モニターサイズが大きくなったことでカメラ本体で動画をチェック、設定の変更がやりやすいよう改善されました。

Insta360 X3 付属品

本体のセットには専用ソフトケースやクリーニングクロス、USBケーブル、マニュアルが付属。

X3本体の下部には三脚の固定穴があるので、自撮り棒やミニ三脚などのカメラアクセサリーにもそのまま接続できます。

Insta360 本体側面

充電方法はType-Cケーブルでおこなえ充電時間は90分。側面のカバーロックを開けることで接続できます。
1800mAhの容量があるバッテリー本体もカバーロックの開閉で取り外し交換することができます。

Insta360 X3

バッテリー取り出し口の中にSDカードを入れる場所があります。

連続録画時間は81分です。予備のバッテリーを複数つかっての運用や充電しながらの利用もできますね。
360度アクションカメラ Insta 360 X3 製品仕様
写真解像度 7200万画素 (11968x5984)
1800万画素 (5952x2976)
動画解像度 360度:
5.7K: 5760 * 2880@30/25/24fps
4K: 3840 * 1920@60/50/30/25/24fps
3K: 3008 * 1504@100fpsシングルレンズモード:
4K: 3840x2160@30/25/24fps
3.6K: 3584x2016@60/50/30/25/24fps
2.7K: 2720x1530@60/50/30/25/24fps
1080P: 1920x1088@60/50/30/25/24fps
写真モード 標準、HDR、バースト、インターバル、スターラプス
動画モード 標準、アクティブHDR、タイムラプス、タイムシフト、バレットタイム、ループ録画、プリ録画
最大動画ビットレート 120Mbps
ジャイロスコープ 6軸ジャイロスコープ
ISO感度 100-3200
動作温度 -20℃ 〜 40℃
音声モード ・風切り音低減 ・ステレオ ・方向性強調
サイズ (幅 x 高さ x 奥行き) 46.0x114.0x33.1mm
重量 180g

4/3まで 最大30%OFF 新生活セール

Insta360の公式サイトでは最大30%OFFのオトクな新生活セールを実施中です。
X3や周辺アクセサリーをはじめ、様々なガジェットがお得に購入できるので要チェックです。

没入型 5.7K 360度動画。広角4K シングルレンズモード。見えない自撮り棒を使った壮大な三人称視点。FlowState 手ブレ補正と360度水平維持。

アングルは撮ってから決める 360度カメラならではの超広角撮影

Insta360 X3 本体

Insta360 X3の面白い点は360度カメラならではで、撮影後に画面に表示したいアングルを自由に設定できる点です。

Insta360アプリを使うことで、見せたいポイントに合わせて画角をぐるぐると指で操作しリフレーミングして選択できます。

ポイント

画角も35mm換算で6.7mmと超広角です。
ピント合わせなども特に必要ありません

360度カメラと聞くと少し特殊なのもあり「撮影は難しいのかな?」と考えてしまうかもしれませんが、Insta X3での撮影は難しい設定なども必要なく、自動モードを使ってキレイに撮影できます。

さらに詳しく

手動での撮影モードも勿論あるので細かくシャッタースピードやISO、ホワイトバランスなどを設定できます。
色合いのカラープロファイルにも鮮やか、標準、LOGから選択できます。

Insta360 X3 本体

ポケットサイズで持ち運びしやすいのも良い点です。

手ブレ補正も優秀で歩きながら撮影しても違和感がないスムーズな映像を撮ることができます。
また音声収録の点でも前後左右に4つのマイクがあり全方向から収録可能です。

それらの点からカメラアングルを写したい方向に向ける必要もなく、撮影はそのまま持ち歩くだけで良いのもシンプルな点です。

ポイント

実際に使ってみると撮影自体はかなり簡単です。
フロント撮り、自撮り側も撮影後に決めれるので、バイクや自転車、車での車載動画でもおすすめです

360度撮影以外にもInsta X3には、片側1つのレンズしか使わないシングルレンズモードも搭載しています。
この機能を使うことで一般的なアクションカメラと同じような使い勝手で4K動画を撮影することもできます。

シングルレンズモードで撮影したデータは、画角も固定になっているのでアングルを後で変える必要がない場合は使いやすいです。

2.29インチモニターでわかりやすくスムーズな操作性

Insta360 X3 本体画面

Insta X3の良い点は操作性もかなりシンプルでわかりやすい点です。

物理ボタンはフロント側に、撮影を開始するシャッターボタンと、画面表示を変えるディスプレイボタンがに2つ。
サイド側に電源を入れるパワーボタンと、設定をすぐ切り替えれるクイックボタンの2と計4つです。

X3本体のディスプレイはスマホのようにタッチ操作が可能で、動作もぬるぬるでストレスなく直感的に設定変更等をおこなえます。

Insta360 X3 本体画面

撮影モードの選択画面。タッチとスライド操作で変更できます。

ポイント

撮影モードや項目に対する説明文がわかりやすく表記されている点も良い点です。
個人的には他のアクションカメラ製品よりユーザーがわかりやすいように作られているなぁと感じました。

また撮影後のデータ確認もInsta X3本体だけでおこなえます。
360度で撮影した写真や動画の場合は、指によるタッチ操作で再生中の動画でも自由にアングルを変えて簡単に確認できます。

アングル操作は実際にやってみると撮影体験としてかなり面白いです!

見えない自撮り棒でドローンショットも気軽に撮れる

Insta360 X3と見えない自撮り棒

X3で撮影する際に一緒に揃えて欲しいのがオプションとして販売されている「見えない自撮り棒」です。
これを使うことで自撮り撮影をしていても棒が消え、まるで第三者が撮影したかのような映像にすることができます。

ココがおすすめ

自撮り棒を使わず手持ちで360度動画を撮ると、自分の持ち手が写ってもしまいます。
自動棒があると安定感もかなり増すので、基本的にはセット利用がおすすめですね

Insta360 X3と見えない自撮り棒

見えない自撮り棒を伸ばした状態

また見えない自撮り棒を伸ばし切ると114cmほどの長さになります。
低い位置から持ち上げていくと高さの表現も現れるので、ドローンでしか撮れないようなショットを簡易的に撮影できます。

ポイント

都市圏などドローンを使えない場所ではかなり使い勝手が良いです。
他のアクションカメラとは違うメリットがまさにこの点にあると言えます。

見えない自撮り棒は118gとかなり軽量で取り回しも良いので気軽に持ち運びもできます。
また底部にはネジ穴もあるので三脚などを取り付けることもできますよ。

360度撮影時に自動で映像から消え、信じられないような三人称視点での撮影や不可能なアングルで撮影が可能になります。

これが便利!Insta360 X3の機能

自分だけに焦点を合わせて撮影できる ミーモード

Insta360 X3には撮影者に基準を合わせて撮れるミーモードがあります。

ポイント

ミーモードで撮影する場合は見えない自撮り棒の使用が推奨されています

スキーやスノーボードなどの動きが多いシーンでも、60fpsでブレがなく常に自分を中心に捉えた映像を撮影できます。
またミーモードで撮影したデータはリフレームする必要もないので編集も少なくすぐにSNSなどにアップすることもできます。

撮影する場合はX3を装着した自撮り棒を伸ばし、できるだけ水平を維持するのがポイントになります。

ライブ配信モードも搭載、ウェブカメラとしても利用可能

Insta360 X3

画像引用 : Insta360 X3 公式サイト

Insta360 X3はパソコンにUSB接続することで広角なウェブカメラとして使えます

前後のカメラを同時に使えるので、向かい合っている席の中央にX3を置くことで両者を同時に配信に映すことができます。

画面としては1画面が上下に分割されて前後のカメラが別々に表示されます。

使い方も簡単で、「設定」にある「USBモード」をウェブカメラにした後に、パソコンとUSBケーブルで繋げるだけで自動的にウェブカメラとして認識されます。

ココがポイント

多人数での会議やミーティングでは特に活用できる機能だと思われます。
あまり他に類を見ない使い方ができるのはメリットです。

専用のInsta360スマホアプリで自動編集も可能

Insta360アプリ画面

X3で撮影したデータは無料で提供されている専用のInsta360スマホアプリにて編集することができます。

手動でのアングルの変更や、長さの調整などの簡単な編集をはじめ、他の動画を繋ぎ音楽を入れたりという本格的な動画編集もこのアプリのみで可能です。

ココがポイント

X3本体とスマホは無線による接続をすることができます。
一度接続設定をしておけばそれ以降はアプリを繋げるだけと簡単で、撮影データの移動をさせなくてもデータ確認から編集ができます。

またInsta360アプリの優秀な点としてはAIによる自動編集機能も搭載されている点です。
使用したい動画を複数選ぶだけで、AIが自動的にシーンを解析し、テンプレートに合わせて自動的に動画を編集してBGMもつけてくれます。

ポイント

自動編集された動画は自分で細かく調整もできます。
ただ自動編集の動画は途中状態で保存できないので注意が必要です

また「X3の360度カメラを使った面白い撮影がしたいなぁ」となった際には、編集ラボ内にある様々なテンプレートで、簡単にイメージに合わせた動画の撮影もできます。

簡単にエフェクトが入った面白い動画が作れちゃいます!

テンプレートを選ぶと撮影の方法やポイントがわかりやすく表示され、必要な秒数などを確認しながら撮影と同時に編集もおこなえるので、実践的なマニュアルから学びながら取り組めるのも良い点です。

Insta360アプリ画面

編集ラボ 詳細画面

機能だけ置いてあるのではなく、レクチャーがしっかりしています。 Insta360アプリからもユーザビリティーを意識して設計しているなぁと感じられます

また動画ファイルはパソコンでもPCソフトウェアの「Insta360 Studio」を使い編集することもできます。

Insta360 X3と一緒に使いたいおすすめアクセサリー

Insta360 X3レンズキャップ

Insta360カバー

X3のレンズを保護するための丸型キャップです。シリコン素材になっていてそのまま被せるだけで装着できます。

360度対応のレンズはどうしても出目金のように出っ張ってしまうのでレンズ保護は特に注意しないといけないポイントです。

本体にソフトケースも付属してはいますが、脱着に若干手間がかかるので、こちらのタイプがおすすめです。
これは見えない自撮り棒と合わせてのマスト購入アイテムといえますね。

ポイント

撮影データを確認したい時や、スマホアプリと接続して繋げる時も保護しながら操作できるので便利ですね。

レンズを万全に保護します。

超長い3m撮り棒

超長い3m自撮り棒

見えない自撮り棒の最大の長さが114cmとなりますが、それよりさらに伸ばしたい場合には超長い3m撮り棒があります。

最大3mまで伸ばせるのでよりダイナミックなドローンを使ったかのような空撮ショットを撮りたい際に使いたいアイテムです。

一番短い状態では36cmと最長の長さを感gなえれば比較的コンパクトになり、重量も365gとなるので持ち運びもしやすいのも良い点です。

長い自撮り棒は照明用だったりといろいろな使用用途もありますね
長い自撮り棒でいつでもどこでも360度ドローンっぽい撮影ができます.伸縮自在かつ手軽くて持ちやすい.1/4インチネジ.

バレットタイムハンドル

X3を使った撮影方法に、自分の周囲をドローンが周回しているかのように撮れるバレットタイムと言うものがあります。
バレットタイムハンドルはこの撮影方法を簡単におこなえるようにするアイテムになります。

バレットタイム撮影モードに変更した後、ハンドルに接続した自撮り棒にX3本体を接続し、頭の上空で振り回すことでダイナミックな映像を撮影できます。

カメラを頭上でスイングするとかかなりダイナミックな撮影方法…!
バレットタイム三脚ハンドルは、卓上三脚と自撮り棒ハンドルの二役を兼ね、カメラを頭上でスイングすることができます。

マイクアダプター

Insta360 X3を外部マイク接続するために必要なアダプターになります。

本体横のTyep-Cに接続することで360度撮影でも映り込みなく撮影することができます。

またアダプタ側にもケーブルを接続できるのでX3を充電しながらでも使えます。

ポイント

ポートに接続する際には本体カバーを取り外す必要があります。
カバーは開いた状態で横に引っ張ると外せます。

ワイヤレスマイクの使用や、音質にこだわった動画を撮りたい人には必須なアイテムになりますね。

Insta360 X3用に設計されており、360度で撮影してInsta360アプリにアップロードすると、全く見えなくなります。Type-Cと3.5mmオーディオポートを搭載しているので、マイクを接続したままInsta360 X3の充電が可能です。バックルデザインにより、確実な接続と便利な組み立て/分解が可能です。

まとめ

Insta360 X3 本体

360度レンズを搭載したアクションカメラInsta360 X3を実際に使い魅力に思ったポイントや使い勝手をレビューしてみました。

最初は「360度カメラって難しそうだし使いこなせるのか?」と少し不安になっていた点もありました。
しかし実際に使ってみると操作やモード切り替えもシンプルで撮影しやすくて撮影方法も簡単で、普通では撮れない面白い映像が撮れます。

シングルカメラモードもあるのでGoProのような普通のアクションカメラとし使えるのも嬉しい点です

またアングルを後で決める必要がある点でもInsta360アプリが思いの外、わかりやすい仕様になっているのでアプリに慣れていない状態でも簡単に編集することができます。

ポイント

撮影技法のサポートも充実しているので、慣れてくると編集自体もどんどん楽しくなるタイプの機材だとも思います。

ドローンを使ったショットなどアイデア次第でいろいろな映像が撮影できるガジェットなので、360度カメラに興味がある方や面白い映像を撮りたい人はぜひ手にとってみてください。

没入型 5.7K 360度動画。広角4K シングルレンズモード。見えない自撮り棒を使った壮大な三人称視点。FlowState 手ブレ補正と360度水平維持。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Insta360 X3

撮影機材

2024/4/6

Insta360 X3 レビュー 360度撮影が簡単・本格的にできるアクションカメラ

前後左右に上下とその場の風景をまとめて撮影できるカメラに360度カメ ...

この記事を読む

オープンイヤー型イヤホン HUAWEI FreeClip

イヤホン

2024/2/26

【比較・レビュー】HUAWEI FreeClip アクセサリーみたいに使えるオープンイヤー型イヤホン

最近流行ってきたのか多くなってきたイヤホンの種類として、耳の穴に ...

この記事を読む

SOUNDPEATS GoFree2

イヤホン

2024/2/26

【比較・レビュー】SOUNDPEATS GoFree2 高音質・コスパ良しのオープンイヤーイヤホン

電車での外出時や、カフェでのテレワーク、ジムでの運動中にイヤホン ...

この記事を読む

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ

AD200 ストロボ

2024/1/8

【比較・レビュー】Godox AD100 Pro 持ち運びに最適な小型ストロボ

自分はストロボを使った撮影はGodoxでまとめており、現在メインのストロ&# ...

この記事を読む

Vlogカメラ OsmoPocket3 レビュー

OsmoPocket

2024/1/8

OsmoPocket3 比較・レビュー Vlog最強のジンバルカメラ おすすめな10の理由

DJIのOsmo Pocketシリーズは、手ぶれを抑えるジンバル機能が搭載のVlogカメラですz ...

この記事を読む

GOOPASS レビュー | コスパ良し!カメラ・レンズ撮影機材のレンタルサブスク

写真サービス

2023/10/14

GOOPASS レビュー | コスパ良し!カメラ・レンズ撮影機材のレンタルサブスク

カメラやレンズ選びで迷ったことはありませんか? 「このレンズが欲ӕ ...

この記事を読む

MetaQuest3

Meta Quest

2024/1/8

MetaQuest3発売! スペック・価格・新機能・Quest2との比較

Metaが販売するVRゴーグルでMetaQuest2(メタクエスト2)がありますが、今回新しく最 ...

この記事を読む

Sigma 85mm F1.4 レビュー | ポートレート・コスプレの人物撮影でおすすめレンズ

レンズ

2024/1/8

Sigma 85mm F1.4 レビュー | ポートレート・コスプレの人物撮影でおすすめ単焦点

「ポートレート撮影で最適なレンズは?」と話になった際に出てくるの ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮 ...

MetaQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Metaから販売された単独型VRゴӦ ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしӗ ...

-撮影機材
-, , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.