撮影機材

【作例・比較】ブラックミストNo.05のフィルターで夜景をドラマティックに【レビュー】

作例・レビュー | ブラックミストNo.05で夜景をドラマティックに

2020年10月16日にケンコートキナからブラックミストフィルターの新作としてブラックミストNo.05が販売されました。
映画のワンシーンのような写真が現像編集なしで撮れると話題になり、写真界隈のYoutubeやブログで一気に注目度があがったレンズフィルターです。

爆発的に人気になった影響により商品は品薄状態で、Amazonはもちろんビックカメラなどの各店舗でも購入できない状態が続きました。

11月頃に探し回った際にはまったく見つからず…。
変わりに店頭で同シリーズのブラックミストNo.1を先に購入しました。

映画のようなソフトな光を演出するブラックミストNo.1
【作例・比較】ブラックミストNo.1で魅せる映画の世界【使い方レビュー】

まるで映画のようなソフトな質感の写真や映像が撮影できる一眼レフカメラのソフトフィルター「ブラックミスト」。 このケンコーが販売するブラックミストシリーズの新商品として「ブラックミスト No.05」が発 ...

続きを見る

しかし2月になりAmazonに再入荷されたタイミングで運良く見かけ、ブラックミストNo.1のフィルターが気に入ったのもあり「これは買うしかない!」と勢いで購入しました。

カメラ機材のことになると散財指数が高くなる…!

今回はブラックミストNo.1を先に試して使ってみた自分が、ブラックミストNo.05の使い勝手やメリット、比較などを作例と合わせてレビューしていきます。

レンズフィルター ブラックミストNo.05の概要

Kenkoスペシャルサイト ブラックミストNo.05

ブラックミストNo.05は光の表現が柔らかくなるソフトフィルターで、一眼レフ、ミラーレスカメラに取り付けれるレンズフィルターです。

ハイライトとシャドウ部分のコントラストが抑えられた質感になり、太陽の光や照明の光などが暖かく拡散されます。
夜の街中での撮影など光が強く現れる環境では特に効果的に使用できます。

ブラックミストNo.05 夜景撮影作例

同じブラックミストシリーズのブラックミストNo.1とフィルター自体の効果は同じで、ブラックミストNo.05はNo.1と比較した場合その効果は半分となります。

数字の05は1の半分、という意味ですね!

ブラックミストNo.1ではフィルターの効果が効きすぎてしまうことで、夜の街頭などの光源の強さや大きさなどの環境によって光源の主張が増えすぎて使いづらい問題がありましたが、効果が半分と抑えめになったことで様々な撮影シーンで使いやすくなった印象があります。

ブラックミストNo.05

ブラックミストフィルターの仕組みとしては、フィルターの光学ガラスに非常に繊細な黒い拡散材を挟むことによって取り込んだ光が優しい光となり拡散されます。

その仕組みにより他のソフトフィルターと違い画面全体が白っぽくはならないのが特徴的です。

レタッチの必要なし。撮ったその場で映画のような質感を得られる、コントラスト調整フィルター。「ブラックミストNo.05」は、「ブラックミスト No.1」の約半分のソフト効果に調整。より汎用性が高まりました。非常に微細な黒い拡散材を光学ガラスで挟み込むことで、光を優しく拡散。シネマティックな雰囲気を演出。

光が特徴的にかわる ブラックミストNo.05 フィルターの特徴

ブラックミストNo.05

ブラックミストNo.05の特徴として夜景撮影時では光がふんわりとにじませた印象となり全体がシネマティックな雰囲気となります。

光がやわらかくなることで、光の温度が伝わるような色合いが写真全体に広がります。

ポイント

その効果から雨の日など光の反射が多いタイミングではより光の広がりが増してしっとりした印象が生まれます。

夜景のみならず太陽光の逆光の環境で撮影した場合でも、画面全体が白っぽくはならずハイライトとシャドウ部分のコントラストに働きかけることによって太陽の光を中心としたムードある光の表現になります。

ブラックミストNo.05

またポートレートの人物撮影で使った場合では肌の質感が滑らかになり、薄いベールがかかったかのような印象が増します。

これらの効果はレンズの焦点距離によっても強弱の差が生まれ、望遠側では効果が強く、広角側では効果が弱くなります。

ポイント

単焦点よりズームレンズを使ったほうがフィルター効果のバランス調整もおこないやすいです。

ブラックミストNo05の作例・比較

今回はTamronの標準ズーム大三元レンズ 28-75mm F2.8 Di III RXDSonyのα7Ⅲの組み合わせでテスト撮影してきました。

ポイント

フィルター無し、フィルター有りの順番で撮影した作例を比較していきます。
撮影時の設定はどちらも一緒で、撮影後に加工はおこなっていません。

街灯・看板

ブラックミストNo.05 光源の変化

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 光源の変化

↑ フィルター使用

ブラックミストNo.05 看板の光源の変化

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 看板の光源の変化

↑ フィルター使用

街灯の光源をメインに撮影するとフィルターの効果がわかりやすいです。
光源の広がりが大きくなることで光の色が写真に加わっています。

夜景・イルミネーション

ブラックミストNo.05 夜景・イルミネーションの光源の変化

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 夜景・イルミネーションの光源の変化

↑ フィルター使用

ブラックミストNo.05 夜景・イルミネーションの光源の変化

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 夜景・イルミネーションの光源の変化

↑ フィルター使用

ブラックミストNo.05 夜景・イルミネーションの光源の変化

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 夜景・イルミネーションの光源の変化

↑ フィルター使用

夜景など背景に光源が多い場合はより全体が柔らかくなる印象が増します。
海の水面の反射の影響もあるのか、写真全体の色味にも変化が生まれました。

室内・屋内

ブラックミストNo.05 室内・屋内での撮影

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 室内・屋内での撮影

↑ フィルター使用

ブラックミストNo.05 室内・屋内での撮影

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 室内・屋内での撮影

↑ フィルター使用

明るい屋内や室内で撮る場合は光源だけの変化に留まり、全体のイメージの変化量は少ない印象となりました。
捕らえる光の前後の近さでも影響は変わりそうです。

露出補正での映り方の違い

ブラックミストNo.05 露出補正での違い

↑ フィルター未使用 マイナス補正

ブラックミストNo.05 露出補正での違い

↑ フィルター使用 マイナス補正

ブラックミストNo.05 露出補正での違い

↑ フィルター未使用 プラス補正

ブラックミストNo.05 露出補正での違い

↑ フィルター使用 プラス補正

写真の前半が露出補正がマイナス側、後半がプラス側です。
露出補正をプラス側にして明るい設定で撮影するとフィルター効果が強くなる傾向があります。
それによりフィルター効果を逆に抑えたい場合はマイナス側の設定で撮ることで調整できそうです。

光源があまりない状況での撮影

ブラックミストNo.05 日暮れ前での撮影

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 日暮れ前での撮影

↑ フィルター使用

ブラックミストNo.05 日暮れ前での撮影

↑ フィルター未使用

ブラックミストNo.05 日暮れ前での撮影

↑ フィルター使用

夕暮れから日没までの時間帯で撮影しました。
暗い時間帯であってもあまり光源がない環境ではフィルター効果は殆ど反映されません。

ブラックミストNo1との利用シーンの違い・使い勝手

ブラックミストNo.05

実際に使ってみて感じたブラックミストNo.05とNo.1の適しているシチュエーションをざっくりあげてみます。

No.05がおすすめ

・光源が多い夜間 ・強い逆光

No.1がおすすめ

・日陰など背景が暗い野外 ・光量が足りていない室内

ブラックミストNo.05の主な利用シーンとしては前述の通り夜の街並みや、逆光時など光が強い環境が向いており、夕方からのポートレート撮影時にもおすすめです。

ブラックミストNo.1で強い逆光や車のヘッドライトを写してしまうと光量が必要以上にあふれ広がってしまうので、そのような環境ではブラックミストNo.05が活用しやすいです。

逆に光源があまりない環境ではフィルターを装着していない時との変化があまり見られないので、太陽光が少ない曇りの環境や弱い光源しかない室内などではブラックミストNo.1のほうがおすすめです。

ブラックミストの比較

↑ フィルター未使用

ブラックミストの比較

↑ No.05フィルター使用

ブラックミストの比較

↑ No.1フィルター使用

ポイント

フィルター無し、No.05、No1の順番で撮影しました。
日光は出ている環境でしたがNo.05の効果はマイルド。

ブラックミストNo.05はフィルター効果としては効きすぎず主張しすぎない丁度いいバランスなので、常に装着していてもあまり違和感なく使えるかもしれません。

購入するなら大きいフィルターサイズがおすすめ

ブラックミストNo.05 おすすめフィルターサイズ

ブラックミストをはじめとしたNDフィルターやPLフィルターなど、写真表現を変えるため状況に応じて使いたいフィルターをの場合はできるだけ大きなフィルター径のサイズを購入するのをおすすめです。

82mmや77mmなどの大きいサイズのフィルターならば、58mmや67mmなど小さい口径サイズのレンズを使う場合でもステップアップリングを用いることで1つのフィルターを使いまわして運用できます。

ポイント

逆にステップダウンリングを使い、小さいサイズのフィルターで大きな口径サイズのレンズを使う場合は周辺にケラレがでてしまうので推奨できません。

大きいフィルター径のほうが値段は高くなりますが、持っているレンズ径に合わせて複数フィルターを買うよりは安くつくので結果コスパがよくなると言えます。

自分はTamronの28-75 F2.8や70-180mm F2.8と口径が67mmのレンズを比較的多くもっているので、一つの基準として67mmに合わせて購入するようにはしています。

ポイント

ラックミストNo.1を買った時にはオールドレンズで試しで使えればいいやと思い小さいサイズの口径をその場で使う目的で買ってしまいましたが、予想以上に気に入ってしまったので67mmで買えばよかったと激しく後悔してます。ぐぬぬ。

特製アルミ合金により、高い強度、耐衝撃性、ねじれや圧力に対する耐久性を高めた機械加工が施されています。表面加工: ハイメッシュのサンドブラスティング加工された高級感のあるピュアマットブラック ・シルバーをご用意しました。 製造工程の化学薬品の残留物は超低量です。

まとめ

ブラックミストNo.05

シネマティックな写真が撮れると話題のレンズフィルターブラックミストNo.05を使い作例比較も含めてレビューしました。

フィルター効果としては主に照明や太陽光などの拡散が広がり柔らかに包み込むような表現になります。
公式の製品サイトが夜のシチュエーションでの撮影シーンが印象的だった通り、街の光が多い夜景や街並みでの利用がメインになるかなと言えます。

逆に日中などの光源があまりない状況ではフィルター無しのパターンと大きく見分けはつかない結果となったので、フィルター効果が強いNo.1と合わせて持っておくことで様々な環境でブラックミストの効果が楽しめるようになります。

No.1と違い効果が抑え気味なことでつけっぱなしでもあまり違和感が少なく万能的に使えるとも言えます。

ブログ記事を書くために今回テスト撮影をしてきましたが、実際に使ってみると文字情報だけて見ている以上に特徴や使い勝手が感覚としてわかりました。

やっぱり実際に使ってみて試行錯誤してみるのは大事ですね!

フィルターをつけるだけで現像しなくてもお手軽に写真の印象が変わるので「自分の写真にひと味アクセントをくわえてみたい!」と思っている方はブラックミストNo.05とNo.1を合わせてぜひお試しください。

レタッチの必要なし。撮ったその場で映画のような質感を得られる、コントラスト調整フィルター。「ブラックミストNo.05」は、「ブラックミスト No.1」の約半分のソフト効果に調整。より汎用性が高まりました。非常に微細な黒い拡散材を光学ガラスで挟み込むことで、光を優しく拡散。シネマティックな雰囲気を演出。
□ フィルター径:67mm □ 肌を滑らかに見せることで生々しさを抑える。 □ 暗部を上げつつコントラストを下げ、幻想的な雰囲気に。 □ 他のソフトフィルターに比べ白けにくい。 □ ふんわりしすぎず、柔らかでしっとりとした質感を演出できる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

GoPro 撮影機材

2021/10/19

GoPro HERO10 レビュー | HERO9と比較して進化したポイント

2021年9月にGoProから新型のアクションカム「GoPro HERO10 Black」が販売されました。 GoProはスマホのiPhoneと同じく毎年秋ごろに新しいナンバリングのものが発表されていますが今年の発売でとうとう2桁の大台に突入しました。 ちなみに前モデルのHERO9は2020年の9月に販売されました! 様々なメーカーからGoProと同じ形状や用途とアクションカムが販売されましたが、昨年発表されたHERO9の性能の高さも相まってか、今では同じジャンルのカメラではGoProの一強と言えます。 ...

この記事を読む

GoProHERO10 一緒に購入したいアクセサリー7選

GoPro 撮影機材

2021/10/19

GoPro HERO10が便利になるおすすめアクセサリー 7選

2021年の9月に新しく販売された新機種のアクションカムGoPro HERO10を購入しました。 GoPro Hero10は見た目や形状は前モデルのHERO9と変わりませんが、搭載されているプロセッサーがHERO6からHERO9まではGP1だったのに対して、HERO10ではGP2になり大幅にバージョンアップされました。 これにより各種操作がいままで以上にスムーズになり、記録解像度も向上され、手振れ補正機能HyperSmoothも第4世代になりさらに強力になったりと、様々な点で使いやすくパワーアップされたG ...

この記事を読む

ZV-E10 動画用VLOGカメラで使いたいAPS-Cレンズ 7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10 ソニーの動画用VLOGカメラにおすすめなレンズ 7選

ソニーから販売されたVLOG用カメラZV-E10は、動画が撮りやすいように設計されているAPS-C型のミラーレス一眼レフです。 Youtube撮影に最適なVLOG用カメラとしては、同じソニーから先に発売されたコンデジ「ZV-1」がありますが、これと比較した場合に何より大きな違いはレンズの交換ができることです。 レンズ交換ができることによって広角、望遠などと撮りたいイメージに合わせてレンズを選択できます! 今回はZV-E10で動画を撮影するうえで揃えておくと便利なおすすめのAPS-CのEマウントレンズを紹介 ...

この記事を読む

ZV-E10を購入してから最初にやるべきカメラ本体の設定・準備

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10の購入後に最初にやるべき準備と設定・便利な使い方

「そろそろ動画もがっつり撮っていきたいなー」と思いソニーのVLOGカメラZV-E10を新しく購入しました。 思わず発売日に衝動買いしてしまったミラーレス一眼のカメラでしたが、実際に使って見ると機能や操作的な面が動画用にカスタマイズされているのもあり使い勝手がよく、あまり動画はガッツリやってきてない自分が「これからの動画撮影が楽しみだ!」と思わせてくれるものとなりました。 ZV-E10の動画カメラとしての魅力は下記記事にてまとめています 今回はそんなZV-E10を実際に購入してから撮影前に準備した内容と、使 ...

この記事を読む

ZV-E10 おすすめのアクセサリー7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10と一緒に買うと幸せになれるおすすめアクセサリー7選

ソニーからAPS-Cミラーレス一眼レフのVLOGカメラZV-E10が販売されました。 a6400シリーズのカメラを動画向けにカスタマイズされたもので、先に発売されたコンデジタイプのVLOG用カメラZV-1のコンセプトをミラーレス用にしたものとなります。 レンズ交換も可能なところから撮影用途に合わせての応用も効き、軽量・コンパクトでしかも安いと、クオリティーの高い動画撮影やYoutube投稿をしたい人にとっておすすめのカメラといえます。 ZV-E10は発売日に購入しました!詳細の魅力は下の記事で紹介していま ...

この記事を読む

VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10 レビュー | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいなぁ!」と考えていた自分は発表の情報を聞き販売日前にソニーストアで予約しました。 予約して販売日に購入したカメラははじめてです! 今回この記事では自分がつい衝動買いしてしまったZV-E10の機能的なメリットや性能のレビューも合わせて、Youtube撮影などのVLOG動画撮影おいておすすめなポイントを7つご紹介し ...

この記事を読む

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ

カメラ関連情報 撮影機材

2021/10/21

【まとめ】カメラや写真・動画の撮影機材のおすすめ記事

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がってます。 趣味に関連するものはつい物欲が増しちゃいますねぇ 今回はそんな凝り性の自分が購入してきたカメラ関連のガジェットやアクセサリーの紹介を中心に、撮影の方法やAdobe編集ソフトの使い方や、写真や動画に関連する内容など、いままで本ブログでまとめてきた記事をジャンルに分けてご紹介します。 目次 一眼レフカメラ ...

この記事を読む

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ

Oculus Quest VR

2021/10/21

【まとめ】OculusQuest2を完全攻略!おすすめ記事11選

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「OculusQuest2でもっと楽しみたい」と思っている本体をすでに持っている方から、「気になっているけどどういうVRゴーグルなの?」といま購入を考えている人まで満足できるコンテンツばかりです。 実際に使って試してみたレビューばかりなので気になる記事をみつけたらリンク先で詳細をチェックしてみてください。 目次 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-撮影機材
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.