三脚・一脚 機材アクセサリ

撮影から照明まで大活躍!超おすすめのVelbonの自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティック セルフィー)

何かと使えて便利すぎる自撮り棒 Velbon ULTRA STICK SELFIE

自撮り棒、安いものは100均からあり、amazonなどのサイトを見ても様々な製品があります。

自分はあまりスマートフォンなどでの自撮りはしてこなかったので正直いままで興味もないカテゴリーでした。

ですが小型の三軸ジンバル内蔵のビデオカメラDJIのOsmoPocketを買い、それを使いもっと高い位置から広く撮影したいと考えていたところ、いろいろと探しまわって出会ったのがこのVelbonの自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティック セルフィー)です。

結論から先に言うと、素晴らしく使い勝手がよくOsmoPocket以外での使い方でもめちゃくちゃ活用できる大満足のアクセサリです。
今回はこの多様性があるVelbonの自撮り棒の詳細と、様々な状況に合わせて使える応用力と可能性についてご紹介致します。

Velbonの自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティック セルフィー)

こちらの自撮り棒ウルトラスティック セルフィーですが、軽量金属マグネシウム製となっており台座部分には強度と振動吸収製にすぐれたマグネシウムが使われています。

この自撮り棒を使ってみるとさすがはベルボン製、重量も185gと軽量ながらも100均などで売ってる自撮り棒とは違いガッチリしており安定感があります。

Velbon ULTRA STICK SELFIE取り付け部分

取り付け部分は自由雲台になっているので角度や向きも自由に変えることができます。

ネジ式になっているので三脚ネジ穴があれば何にでもつけれますが、スマートフォンで自撮り棒として利用したい場合は別途スマートフォンホルダーが必要になります。

Velbonの自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE 基本情報
全高 725mm
縮長 185mm
質量 185g
推奨積載 400g
脚径/段数 24mm/6段
雲台 取外し不可

軽くて伸縮性が自由自在!かなり伸びる!

ウルトラスティック セルフィーの特徴としては、長さの伸縮がめちゃくちゃ簡単なことです。

ウルトラロック機構を搭載しており、自撮り棒の先端をひねり伸ばすことで一気に長さを変更することができます。長さの固定もひねり戻すだけなので最長の長さにするまで1秒もほどで完了です。

長さ自体も18cmから72cmまでの間を6段階に分けて伸ばすことができるのでかなり高い位置からの撮影にも対応することができます。

Velbon ULTRA STICK SELFIEの長さ

ポイント

伸ばすとこんな長さに!

またハンドストラップがついているので使わないときは手首にぶら下げておくことができます。自撮り棒でこれは地味に便利なんですよね。

三脚穴の活用で使い方の幅が広がる

自撮り棒の台座裏には三脚穴がついています。
これがこのウルトラスティック セルフィーのかなり便利なところ。

これまた軽くて使い勝手がよいManfrottoのミニ三脚 PIXIに繋げることで高さが増した三脚に早変わりします。

ポイント

お手軽な三脚として持ち運びが抜群!

推奨積載量が400gなので、OsmoPocketやGoPro、RX100シリーズなどの小型のコンデジを高い位置から据え置きで使いたいときは大きな三脚いらずなので荷物も減らすことができ便利です。

動画やタイムラプスを撮影したいときなんてのは特におすすめですね!

便利!こんな使い方ができます

ウルトラスティック セルフィーは軽量で作りもしっかりしており三脚穴による応用の幅が広いことから、購入してからは様々な活用をしています。

使い方例

OsmoPocketやGoproを高い位置からの撮影に
小型デジカメ系の軽量三脚に(ミニ三脚Pixiなどと一緒に)
動画撮影時にビデオライトなどの照明機材を高い位置で据え置き利用
小型のビデオライトで自撮り時の照明に
ポトレ撮影時などに手持ちでストロボを離れた位置で利用

その中でも地味に頻度が多いのが、小型のビデオライトLitraTorch(リトラトーチ)を利用して撮影時の照明に使うというパターン。

Velbon ULTRA STICK SELFIEと小型ライト LitraTorch

物撮りのときはもちろん、ポトレやコスプレ撮影などのときにも手軽に活用できるのがポイント高しです。
レイヤーさんが自撮りしてるときにサッと照明を用意するということで気配りポイントも上げれちゃいます。一石二鳥ダネ。

また結婚式やイベント撮影時などで移動が多くライトスタンドが立てにくい場合ではGodoxのAD200のストロボを接続し利用しています。

Velbon ULTRA STICK SELFIEとGodoxAD200

1人でも右手でカメラを操作しながら、左手でストロボ付きの自撮り棒を使い自由に高い位置から照明を発光できるので、ワンオペ撮影ではこれがなかなか便利だったりします。

たださすがに重量もあるのでなかなかに筋トレにもなります。一石二鳥…ダネ?

まとめ

ウルトラスティック セルフィーをスマートフォンだけで使うただの自撮り棒と考えると高価なものにはなりますが、応用力の幅が広いアイテムなので考えつく様々なアイデアを試すことで一般的な自撮り棒では出来ない使い方をすることができます
撮影のみならず照明など用途の幅が広がるだけでもお得感が増すGoodなアイテムです。

カバンにスッと入れられてどこでも持っていけるので、気がついたら良き相棒になっているのは間違いなし。
自撮り棒に今まで興味がなかった方も是非一度使ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな男です。最近は動画の編集も勉強中。興味があることはなんでも試してみたくなる人。当サイトではそんな管理人がクリエイティブに関する情報をお届けいたします。

-三脚・一脚, 機材アクセサリ
-, , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.