三脚・一脚

ULTRA STICK SELFIE レビュー | 何かと便利すぎるベルボンの自撮り棒

何かと使えて便利すぎる自撮り棒 Velbon ULTRA STICK SELFIE

自撮り棒、安いものは100均からあり、amazonなどのサイトを見ても様々な製品があります。

自分はあまり自撮りはしてこなかったので正直いままで興味もないカテゴリーでした。

ですが小型の三軸ジンバル内蔵のビデオカメラDJIのOsmoPocketを買い、それを使いもっと高い位置から広く撮影したいと考えていたところ、いろいろと探しまわって出会ったのがこのVelbon(ベルボン)の自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティック セルフィー)でした。

買ったみた結論から先に言うと、OsmoPocket以外での使い方でもめちゃくちゃ活用できる大満足の機材です。

今回はカメラやスマホをはじめとした何かと使えるベルボンの自撮り棒ULTRA STICK SELFIEの詳細と、様々な状況に合わせて使える応用力と可能性についてレビューします。

ベルボンの自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティック セルフィー)

ウルトラスティック セルフィーは軽量な金属マグネシウム製のスマートフォン以外のカメラ製品にも使える自撮り棒です。

台座部分には強度と振動吸収製にすぐれたマグネシウムが使われておりしっかりとした作りです。

さすがは三脚で有名なベルボン製。100均などで売ってる自撮り棒とは明らかに違い重量も185gと軽量ながらもガッチリしており安定感があります。

Velbon ULTRA STICK SELFIE取り付け部分

取り付け部分は自由雲台になっています。

角度や向きも自由に変更できますね

ネジ式になっているので三脚ネジ穴があれば何にでも装着できます。

スマートフォンの自撮り棒として利用したい場合は別途スマートフォンホルダーが必要になります。

Velbonの自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE 基本情報
全高 725mm
縮長 185mm
質量 185g
推奨積載 400g
脚径/段数 24mm/6段
雲台 取外し不可

軽くて伸縮性が自由自在!かなり伸びる!

ウルトラスティック セルフィーの特徴としては、長さの変更がめちゃくちゃ簡単なことです。

長さは18cmから72cmまでの間を6段階に分けて伸ばせます。

一番伸ばした状態だとかなり高い位置から撮影できます!

ウルトラロック機構を搭載しており、自撮り棒の先端をひねり伸ばすことで一気に長さを変更できます。

長さの固定もひねり戻すだけなので最長の長さにするまで1秒ほどで完了です。

Velbon ULTRA STICK SELFIEの長さ

ポイント

伸ばすと4倍ほどの長さに!

またハンドストラップがついているので使わないときは手首にぶら下げておけます。

外で撮影する時には地味に便利なんですよね。

三脚穴の活用で使い方の幅が広がる

自撮り棒の台座裏には三脚穴がついています。

これがこのウルトラスティック セルフィーのかなり便利なところ。

これまた軽くて使い勝手がよいマンフロットのミニ三脚 PIXIなどに繋げることで高さが増した三脚に早変わりします。

ポイント

お手軽な三脚として持ち運びが抜群!

推奨積載量が400gなので、OsmoPocketやGoPro、RX100シリーズなどの小型のコンデジやアクションカメラなら問題なく使えます。

わざわざ大きな三脚を用意しなくても簡易的な三脚代わりにできるので荷物も減らせて便利です。

小型カメラで動画やタイムラプスを撮影したいときなんてのは特におすすめですね!

マンフロットのPIXIの詳細についてはこちらの記事で紹介しています。

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi
マンフロット PIXI レビュー | 手持ち撮影にも使えるおすすめミニ三脚

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。 しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。 ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち ...

続きを見る

ULTRA STICK SELFIEが便利!使い方の一例

軽量で作りもガッチリ、三脚穴による応用の幅が広いベルボンのウルトラスティック セルフィー。

購入してからは当初は予定していなかった様々な方法で活用しています。

使い方例

OsmoPocketやGoproを高い位置からの撮影に
小型デジカメ系の軽量三脚に(ミニ三脚PIXIなどと一緒に)
動画撮影時にビデオライトなどの照明機材を高い位置で据え置き利用
小型のビデオライトで自撮り時の照明に
ポトレ撮影時などに手持ちでストロボを離れた位置で利用

その中でも地味に頻度が多いのが、小型のビデオライトLitraTorch(リトラトーチ)を利用して撮影時の照明に使うというパターンです。

Velbon ULTRA STICK SELFIEと小型ライト LitraTorch

物撮りのときはもちろん、ポートレートやコスプレ撮影などのときにも手軽に活用できるのがポイント高しです。

ポイント

また暗い場所でストロボを使い撮影する場合、暗すぎると被写体にピントが合わせれないことがあります。
ピント合わせ用の光源としても使えて便利ですね。

コスプレイヤーさんが自撮りしてるときにサッと照明を用意でき気配りポイントも上げれちゃいます。一石二鳥ダネ。

また結婚式やイベント撮影時などで移動が多くライトスタンドが立てにくい場合では、GodoxのAD200のストロボを接続し利用しています。

Velbon ULTRA STICK SELFIEとGodoxAD200

1人でも右手でカメラを操作しながら、左手でストロボ付きの自撮り棒を使い高い位置からでも照明を発光できます。

ワンオペ撮影ではこれがなかなか便利だったりします。

たださすがに重量もあるのでなかなかに筋トレにもなります。一石二鳥…ダネ?

GodoxAD200についてはこちらの記事でまとめています!

ストロボはこれで決まり!ポトレやコス撮影におすすめのストロボ Godox AD200
Godox AD200 レビュー | 人物撮影でおすすめのモノブロックストロボ

ポトレやコスプレなどの人物撮りの写真に力を入れようとした際に、まずは整えるアイテムの筆頭にストロボがあります。 Sonyのα7IIIに買い換えた際に使えるストロボがなかったのもあり、最初はGodox( ...

続きを見る

<追記>
更なる使い方としては持っている機材で俯瞰撮影をおこなう際にも活用できました!

俯瞰撮影 持っている機材とアイデアで撮る方法
動画の俯瞰撮影を持ってる三脚とカメラ機材で代用するアイデア方法

真上から真下を見下ろす俯瞰(ふかん)の構図があります。 テーブルフォトなどで机の上の撮影物を平面的に撮りたい時に効果的な撮影構図です。 しかし写真の撮影ならいざしらず、手ブレがないように三脚に固定して ...

続きを見る

まとめ

ベルボンの自撮り棒、ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティック セルフィー)についてレビューしました。

ウルトラスティック セルフィーをスマホだけで使うただの自撮り棒と考えると高価なものです。

しかし応用力の幅が広い機材なので考えつく様々なアイデアを試すことで一般的な自撮り棒では出来ない使い方ができます

カメラを使った撮影のみならず照明など用途の幅が広がることを考えると費用対効果が高い機材です。

カバンにスッと入れられてどこでも持っていけるので、気がついたら良き相棒になっているのは間違いなし。

自撮り棒に今まで興味がなかった方も是非一度使ってみてくださいね。

ULTRA STICK SELFIEと組み合わせて便利に使えるアイデアたち

俯瞰撮影 持っている機材とアイデアで撮る方法
動画の俯瞰撮影を持ってる三脚とカメラ機材で代用するアイデア方法

真上から真下を見下ろす俯瞰(ふかん)の構図があります。 テーブルフォトなどで机の上の撮影物を平面的に撮りたい時に効果的な撮影構図です。 しかし写真の撮影ならいざしらず、手ブレがないように三脚に固定して ...

続きを見る

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi
マンフロット PIXI レビュー | 手持ち撮影にも使えるおすすめミニ三脚

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。 しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。 ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち ...

続きを見る

Godox EC200
Godox EC200 | AD200のストロボを延長できるおすすめアクセサリー

大光量なのにコンパクト、持ち運びのしやすさも魅力の人気モノブロックストロボGodox Ad200。 このGodoxAD200は専用アクセサリーも多く発売されていますが、その中でもこれだけは必ず一緒に買 ...

続きを見る

OsmoPocketを気軽に使う5つのアイテム
OsmoPocketをもっと気軽に使う!5つのおすすめアクセサリー

DJIから発売された動画撮影用カメラ、OsmoPocket(オズモポケット)。 内蔵ジンバルにより手振れがないスムーズな動画を気軽に撮影できる、Vlog撮影から動画作品を作る際にもおすすめな機材です。 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2 おすすめゲーム9選

Oculus Quest VR

2022/1/21

OculusQuest2でプレイしてほしいおすすめVRゲームソフト 9選

Meta(旧Oculus)が販売している単独型のVRゴーグル「Oculus Quest2(オキュラスクエスト2)」 3万円代で購入でき高性能なパソコンも不要。Wi-Fiによる無線接続でVRゲームが体験できるのもあって、OculusQuest2の登場からVRゲームの業界はかなり活発になりました。 ポイント その人気からOculusQuest2の販売台数は1000万台を超えたとの噂もあります。 TVでもOculusQuest2のCMも流れるようになり、それをキッカケに「VRゲームって面白いのかな?」と興味を持 ...

この記事を読む

GoProをWebカメラにする設定方法

GoPro

2022/1/13

広角のおすすめWebカメラならこれ! GoProをWebカメラにする設定方法

「気軽にライブ配信やLINEの動画通話に使えるWebカメラが欲しいな」とAmazonでいろいろ探しはじめましたがこれが思いの外、性能とコストのバランス的に何が良いかわからず悩みました。 とは言うもの、一眼レフカメラなどの高性能カメラを使っての撮影が趣味なのもあり性能や映りなどはこれらと比較しがちです。 設定に手間がありながらも、一眼レフカメラをライブ配信カメラとして使っているのもあるとどうしてもそうなってしまいます。 ポイント HDMI接続を用いて配信ソフトのOBSを使ったやり方と、ソニーカメラをWebカ ...

この記事を読む

しまうまプリント フォトブックのおすすめ

写真サービス

2021/12/19

しまうまプリント | おすすめのフォトブックの作り方からやり方まで

皆さん写真は撮っていますか? フィルム写真を撮る人は少なくなりましたが、スマートフォンとTwitterやInstagramなどのSNSの普及もあって、デジタルデータとしての写真撮影はすでに日常的な行為になっているとも思います。 自分自身は一眼レフカメラを使った写真撮影を10年以上と趣味でやってきました。 それもあり今ではこのような写真関連のガジェットブログもおこなうようになり、またありがたいことに仕事でも撮影のご依頼を頂けるようにもなりました。 こんなに写真と密接になるとは昔は思いませんでした。 撮影した ...

この記事を読む

EcoFlow River Pro レビュー

アウトドア バッテリー・充電機器

2022/1/12

EcoFlow River Pro レビュー | 車中泊やキャンプにおすすめのポータブル電源

2020年に大容量バッテリー「EFDELTA」を発売したのを皮切りに様々なポータブル電源を販売しているのがEcoFlow(エコフロー)。 EcoFlowの製品はクラウドファンディングの「Makuake」で出品した際には5億円以上の応募金額を集めて歴代最高金額を記録したこともあったりと、ポータブル電源において大変注目を浴びている企業です。 今回はそんなEcoFlowが2021年に発売した「RIVERシリーズ」で小型ながら高性能なモデル「EcoFLow RIVER Pro」を実際に購入したので製品の特長やポイ ...

この記事を読む

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

Oculus Quest

2022/1/21

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

当ブログへのアクセスキーワードを見てみると「OculusQuest2 飽きた」で検索されている方がボチボチと見られます。 OculusQuest2は新しいガジェットなのもあり初めてのVRゴーグルとして購入される方も多いと思います。 そして購入するときにやりたかったゲームなどが一通り終わると満足してしまうからだと予想しています。 また側面としてアプリの情報やレビューなどが少ないのもあって、他にどんなゲームをやったらいいかわからない、なんてこともあるのではないでしょうか。 OculusQuest2を持っている ...

この記事を読む

ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

動画機材

2021/11/27

【2021年版】ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

カメラやスマホでなめらなか動画を撮影するのに使える機材にジンバルがあります。 YoutubeをはじめTwitterやInstagramのSNSで、クリエイティブな動画作品や日常を映すVLOG動画などの動画も人気がでているのもあり注目をあびているカメラアクセサリーです。 しかし動画初心者からすると「ジンバルは動画で使えると聞くけどどういうものだろ?」「自分にあったジンバルがどれかわからない」「実際どうやって使うの?」などの疑問も色々あるかと思います。 自分は使う前は何が良いかわからず勢いで購入しましたが、も ...

この記事を読む

一眼レフ用ジンバルのおすすめの持ち運び方・使い方

動画機材

2021/11/27

一眼レフカメラ用ジンバルの簡単なおすすめ持ち運び方法・使い方

一眼レフカメラなどを使い移動しながらでも動画を手振れなくスムーズに撮影できるカメラ機材に「ジンバル」があります。 数十万と高額でなかなか趣味レベルでは買えない…とはもう昔のこと。 手振れを抑える性能も向上しコンパクトになりながらも数万円からと手ごろな価格で買えるようになりました。 スマホ用のジンバルは4桁から買えるように!昔からすると考えれませんね しかしコンパクトになったとはいえ持ち運びにはなかなか難があるのがこのジンバルです。 今回はサイズが大きめな一眼レフカメラ用のジンバルをアイデアを使って簡単に持 ...

この記事を読む

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで Eマウント広角単焦点レンズ

レンズ 撮影機材

2022/1/13

【作例・レビュー】SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで おすすめの広角単焦点レンズ

Sony α6400などのAPS-C ミラーレスカメラで使えるEマウントレンズの1つにSIGMAが出している「16mm F1.4 DC DN Contemporary」があります。 明るくて軽量小型で高画質。しかもコストパフォーマンスに優れてると評判の高い広角単焦点レンズです。 映りが良いのに安くて手軽に買えるのはかなり魅力なポイント! 今回はスナップ写真からポートレート、動画撮影と幅広く使えるこのレンズを実際に撮ってみた作例を交えてSIGMA 16mm F1.4 DC DNをレビューします。 目次 SI ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がって ...

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「O ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしていますか? 自分はネットの買い物の8割はAmazonを使うというほどで月に何人かの諭吉さんがAmazon経由で旅立っています。 ガジェット好きとしてはツラいところで ...

-三脚・一脚
-, , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.