【広告・PR】当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

撮影機材・アクセサリー

Ulanzi MT-79 つい買いたくなる便利さ! ポータブルな三脚・ライトスタンドの魅力

Ulanzi MT-79

価格が手ごろでありながら品質が高いカメラアクセサリーのメーカー、Ulanzi。そんなUlanziから発売されたポータブル三脚 MT-79を手に入れてみて使ってみたところ、その利便性に驚かされました。

本当に早く買っておけば良かったと言えるレベル…!

この記事では、カメラや照明機材系の三脚を探している方に向けて、Ulanzi MT-79の使い勝手や特徴をレビューします。

Ulanzi MT-79 がおすすめな人

・手ごろな価格で高さがある三脚を求める人
・手軽に使えるストロボや照明のライトスタンドを探している人

Ulanzi MT-79 ライトスタンドはアルミ製の脚スタンド、耐久性に優れた、脚直径が48cm、もっと丈夫です。三脚部に二重アルミ合金部品強化設計を加えたので、安定性が更に良くなります。また、足は滑り止めのゴムが付いて、床を傷つけることなく、地面をしっかりとグリップします。

ポータブル三脚 Ulanzi MT-79の外観・特徴

Ulanzi MT-79

Ulanzi MT-79は折りたたみ型のコンパクトな三脚です。軽量なアルミニウム合金製で、重量は約550g。
折りたたんだ状態の長さは36.5cmと持ち運びやすいサイズですが、展開すると最大198cmまで伸びます。

Ulanzi MT-79

最大まで伸ばした状態。2mまで伸ばしても安定はしています。

7段階での伸縮が可能で、高さの調整が自在です。

Ulanzi MT-79 足の開閉

ポイント

足の開閉部分は48cmまで広げれます(開閉部分の調整はできません)。
小型な三脚な割には足が長く、安定感があります。

ヘッド部分は1/4ネジで、ミラーレスカメラやGoProなど幅広い機器を取り付けられます。
ネジ部分は指で簡単に操作でき、装着後の調整も容易です。

Ulanzi MT-79の最大耐荷重は1kgです。

Ulanzi MT-79 角度調整

さらに、垂直方向に180度角度を調整できるので、構図や照明の調整がスムーズ。
値段はAmazonで3,000円以内と手頃です。

使い勝手の良さの割にかなり安いです!照明機材の複数利用目的で追加で買おうか検討中…。
Ulanzi MT-79 ライトスタンドはアルミ製の脚スタンド、耐久性に優れた、脚直径が48cm、もっと丈夫です。三脚部に二重アルミ合金部品強化設計を加えたので、安定性が更に良くなります。また、足は滑り止めのゴムが付いて、床を傷つけることなく、地面をしっかりとグリップします。

Ulanzi MT-79のカメラバッグ 収納例

MT-79は2mまで伸ばせる三脚ながら収納時は36.5cmとコンパクトなので、持ち運び時にもかさばりません。
カメラリュックのサイドポケットにも入れやすく、高さもあまりでないので邪魔にもなりにくいです。

三脚をちょっと使いたいなぁ程度の用途だとこの点がすごくありがたい…!

Ulanzi MT-79 エアポートナビゲーターへの収納例

キャリータイプで縦サイズが39.4cnmになるエアポートナビゲーターも持っていますが、サイドポケットに入れると少し飛び出す感じにはなります。

最高の使い勝手なカメラ用キャリーバッグ エアポートナビゲーター
エアポートナビゲーター レビュー | 持ち運び良し!シンクタンクフォトのカメラ用キャリーバッグ

最近ポートレート撮影からイベントや依頼撮影と仕事での撮影の機会も多くなったのもあり「カメラ機材をもっと運べるバッグが欲しいなぁ」と容量の大きいカメラバッグの需要が自分の中で高まっていました。 いままで ...

続きを見る

小型カメラの三脚からビデオライトの三脚として

Ulanzi MT-79 ZV-E10装着例

Sony ZV-E10の装着例

最大荷重が1kgまでなので、重たいフルサイズミラーレスカメラ+レンズの装備だと難しくはありますが、ZV-E10などの軽量なAPS-Cカメラであれば十分使用できます。

また手軽に使いやすいことから、GoProや、Insta360などのアクションカメラからスマホでの撮影にも適しています。

ココがポイント

三脚の足を展開せずに、棒だけを延長することもできるので2mほどまで伸びる自撮り棒のような使い方もできます。
Insta360用の3mの超伸びる自撮り棒は1万越えするので、こちらの代用品としても使えなくもないです。

Ulanzi MT-79

Ulanzi LT028を装着。かなりバランスは良いです。

個人的には物撮りや、動画撮影時の照明用ライトとして使うことが多いです。

高い位置から角度を出して光を当てたいシーンは多いので、その際にすぐ使えるのは便利です。

ポイント

通常の三脚と違ってスペースを撮らない点も良いポイントです。
カメラ以外での用途としては、ポータブルプロジェクター用としてでも良いかも。

三脚の足がサイズの割には広がり、底面部にも滑り止めがあるので思いのほか安定感はあります。
しかしそれでも風にはあまり強いとは言えないので、野外での使用には注意が必要ですね。

下の部分に重りを乗せる必要はありますね

ストロボ用の簡易のライトスタンドとしても使いやすい

Ulanzi MT-79 Godox AD100装着例

Godox AD100 装着例

Ulanzi MT-79はストロボのライトスタンドとしても活用できます。
特に野外での移動が多いポートレートやコスプレ撮影などをする際には便利です。

Ulanzi MT-79を買った当初の目的としては、簡易的に使えるストロボスタンドの代用品だったりします。

ストロボはGodoxのAD100やAD200を使っていますが、特に軽量なAD100との相性は丁度よく、ストロボを使いたい際にもすぐ展開することができ、片付けも一瞬でできます。

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ
【比較・レビュー】Godox AD100 Pro 持ち運びに最適な小型ストロボ

自分はストロボを使った撮影はGodoxでまとめており、現在メインのストロボとしてはAD200を使っています。 AD200のアクセサリーも揃えてで満足していたところですが、「多灯ライティングをしたい」「 ...

続きを見る

Ulanzi MT-79 AD100との組み合わせ

ポイント

エアポートナビゲーターを使うときは、足を展開せず、カメラバッグ内に長さを出したMT-79を入れ込んでキャリー移動可能な照明として使ったりも。

また三脚展開できない場所などでも、自撮り棒のような使い方でのストロボ運用もできるので応用範囲が広いです。

Ulanzi MT-79 Godox AD100装着例

ソフトシェードの取り付けで使うことが多いです

さすがにアンブレラやソフトボックスを装着しての利用には安定感にかけますが、簡易的な利用には必要十分です。

倒れないよう安定感を出すために、足部分を踏みながら撮影したりもしてますね

Ulanzi MT-79と合わせて用意したいカメラアクセサリー

Ulanzi Go-Quick II クイックリリースアダプター

Ulanzi Go-Quick II クイックリリースアダプター

同じくUlanziから発売されているクイックリリースアダプターの装着がおすすめです。
アダプター部分は分割でき、はめて回すだけと名前の通りクイック作業で素早く結合できるので、カメラや照明機材との脱着がかなり簡単になります。

ポイント

GoProやスマホなど三脚を使いたい時と、手で持って使いたい時の比率が多い時には特に便利です

クイックリリースアダプター

脱着の用途が多い場合には、これ一つあるとかなり使い勝手がよくなります。
価格も1,000円前後で手に入るので、ぜひ合わせて使ってほしいアクセサリーです。

製品は標準的な1/4インチネジを使用しており、上部の1/4インチネジは、1/4ネジ穴があるライト、スマホクリップ、カメラなどの撮影アクセサリーと互換性があります。下部の1/4ネジ穴は、三脚、マジックアームや他の製品と互換性があり、非常に広い範囲のアプリケーションです。

持ち運び用キャリングケース

持ち運び用キャリングケース

MT-79には残念ながら収納ケース類は付属していないので、裸で持ち歩きたくない方にはこちらのキャリングケースがおすすめです。

40cmとちょうどいい規格のものが売っているので、サイズ感もよく持ち運びやすいです。三脚を複数本持ち運びたい方にとって、使い勝手が良いアイテムだと言えます。

持ち運び用キャリングケース

50cmのタイプにまとめて入れてます

ポイント

自分は長さが49cmのFOSOTOのライトスタンドの持ち運び用として同メーカーの50cmのものを購入しました。
3本ほど一緒に入れるスペースがあるので、MT-79もこれに入れて持ち運んでいます。

大容量、ライトスタンド、ライトヘッド、三脚、一脚、アーム、その他の写真スタジオアクセサリーに十分な大きさ。

まとめ

Ulanzi MT-79

Ulanzi Go-Quick II クイックリリースアダプター 装着状態

Ulanziのポータブルな三脚、MT-79の使い勝手についてレビューしました。

収納時は40cm以下ながら、三脚を展開すると7段階で調整が可能で最大2mほどまで延長できる使い勝手の良い三脚です。

テーブル三脚としても、自撮り棒としても使用できるため、用途が広いのも魅力です。個人的にはいろいろな手軽な三脚を試してきましたが、「本当に早めに買っておけばよかった!」と感じさせられるカメラ関連のガジェットです。

フルサイズのミラーレスカメラや本格的な撮影にはやや心細い部分もありますが、コンパクトカメラやスマートフォンでの撮影から、室内での動画撮影用のビデオライトとしての三脚をお探しの方には特におすすめです。

「手軽な三脚を探している」という方は、ぜひUlanzi MT-79を試してみてください。

Ulanzi MT-79 がおすすめな人

・手ごろな価格で高さがある三脚を求める人
・手軽に使えるストロボや照明のライトスタンドを探している人

Ulanzi MT-79 ライトスタンドはアルミ製の脚スタンド、耐久性に優れた、脚直径が48cm、もっと丈夫です。三脚部に二重アルミ合金部品強化設計を加えたので、安定性が更に良くなります。また、足は滑り止めのゴムが付いて、床を傷つけることなく、地面をしっかりとグリップします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カメラ初心者のための写真撮影術!おすすめ機材と現像テクニック

撮影・編集

2024/6/20

カメラ初心者必見!写真撮影で覚えること:おすすめミラーレスカメラ・現像方法

カメラを使い始めるのは、とても楽しい経験と言えます。でも初めての人にとっては少し操作や技術的に難しいこともあるかもしれません。 ここではカメラ初心者が覚えておくと良いポイントを紹介します。これらを知っておくことで、より良い写真を撮ることができます。 この記事がおすすめの人 ・これからカメラの撮り方を覚えたい人 ・カメラの基本や必要なこと、楽しむための流れを知りたい人 ・いまからはじめるのにおすすめのカメラや本を知りたい人 目次 1. カメラの基本を知ろう 2. 写真の構図を学ぼう 3. 光の使い方を理解し ...

この記事を読む

SONY Xperia 1 VI

スマホ・タブレット

2024/6/17

Xperia 1 VI | 進化したカメラと高性能を兼ね備えた SONY最新フラッグシップモデル

ソニーから最新フラッグシップスマートフォン「Xperia 1 VI」を発表されました。 このモデルは、カメラ機能が大幅に強化されており、7倍光学ズームにより170mm相当の望遠撮影が可能です。最大撮影倍率が約2倍のテレマクロモードも搭載され、歪みのないボケ感のある写真が撮影できます。 ポートレートに最適な85mm+ぼけ機能も実装しており、スマートフォンながら最新ミラーレスカメラを使ったかのような本格的撮影がおこなえます。 ディスプレイは前モデルの21:9 / 4Kから、19.5:9 / フルHD+に変更。 ...

この記事を読む

MetaQuest3 Eliteストラップ バッテリー付き

MetaQuest

2024/6/16

MetaQuest3 Eliteストラップ バッテリー付き レビュー | 快適性とプレイ時間を延長する純正アクセサリー

日々の日常で愛用しているガジェットの一つに、VRゴーグルのMeta Quest 3があります。 VRゴーグルは前モデルのMeta Quest2を発売日から使用しており、毎日の運動・トレーニング、VRゲーム、オフィスワークのガジェットとして活用しています。 Meta Quest3を長時間、頭の疲労感なく使えるようにするための純正アクセサリーに、Quest 3用のバッテリー内蔵型エリートストラップがあります。 Quest2では通常のEliteストラップを愛用していた中で、Quest3ではバッテリー内蔵モデルに ...

この記事を読む

Ulanzi LT028 40W レビュー

撮影機材・アクセサリー

2024/6/12

Ulanzi LT028 40W レビュー | 内蔵電源で持ち運び便利!動画撮影に最適なCOBライト

動画撮影やライブ配信に最適な照明機材として、UlanziのLT028 40Wを購入しました。 本格的な照明機材として以前はCOLBOR CL100Xを使用していましたが、より小型で使いやすいものを求め、今回このライトを追加購入しました。 COLBOR CL100Xもおすすめの撮影用ライト! この記事では、Ulanzi LT028 40Wの特徴や使いやすさ、魅力についてレビューします。 Ulanzi LT028 40W COB撮影用ライトがおすすめな人 ・動画撮影用のコンパクトで使いやすいライトを探している ...

この記事を読む

Ulanzi MT-79

撮影機材・アクセサリー

2024/6/6

Ulanzi MT-79 つい買いたくなる便利さ! ポータブルな三脚・ライトスタンドの魅力

価格が手ごろでありながら品質が高いカメラアクセサリーのメーカー、Ulanzi。そんなUlanziから発売されたポータブル三脚 MT-79を手に入れてみて使ってみたところ、その利便性に驚かされました。 本当に早く買っておけば良かったと言えるレベル…! この記事では、カメラや照明機材系の三脚を探している方に向けて、Ulanzi MT-79の使い勝手や特徴をレビューします。 Ulanzi MT-79 がおすすめな人 ・手ごろな価格で高さがある三脚を求める人 ・手軽に使えるストロボや照明のライトスタンドを探してい ...

この記事を読む

MetaQuest3 おすすめアクセサリー

MetaQuest

2024/6/15

これはおすすめ!MetaQuest3と一緒に買ってほしいアクセサリー5選

新型のVRゴーグルMetaQuest3が2023年の10月に新しく発売されました。 従来のQuest2からは基本性能とカメラ機能が大きく向上されたことで、VR(仮想現実)だけではなく、バーチャルな環境を現実に合わせれるMR(複合現実)を楽しめるVRゴーグルとしても使えるようになりました。 ポイント MRはこれからさらに発展する技術な気はしますが、現在でも楽しみ方から、仕事での活用方法などもグっと増えた印象があります。 今回のこの記事ではそんな最新のガジェットであるMetaQuest3をもっと便利に使えるお ...

この記事を読む

Insta360 X3

カメラ・レンズ

2024/5/28

Insta360 X3 レビュー 360度撮影が簡単・本格的にできるアクションカメラ

前後左右に上下とその場の風景をまとめて撮影できるカメラに360度カメラがあります。 写真のみならず動画も撮影できるので、その場の空気感をそのまま伝えることができるカメラと言えます。 ポイント 機材としても比較的、目新しいジャンルのものと言えます。 他のカメラでは撮れないものが撮れることから、個人的にはずっと気になっていたジャンルです そんな中で、手持ちで撮影できるコンパクトな360度の動画カメラやアクションカメラを多く手掛けているInsta360さんから、この度オファーを頂き、最新モデルの「Insta36 ...

この記事を読む

オープンイヤー型イヤホン HUAWEI FreeClip

イヤホン

2024/5/28

【比較・レビュー】HUAWEI FreeClip アクセサリーみたいに使えるオープンイヤー型イヤホン

最近流行ってきたのか多くなってきたイヤホンの種類として、耳の穴に入れずに耳に引っかけるオープンイヤー型のタイプがあります。 耳を塞がないので、周囲の音を聴きやすいことから、ランニングなどの運動や街中の移動などにも安全に使える利点があります。 ポイント 自分もオープンイヤー型を日常向けからスポーツ向けと幾つかの種類を使っています。 喫茶店でのテレワークの作業にも活用してますね! それらのイヤホンを愛用している中で、この度HUAWEI(ファーウェイ)さんからアクセサリーのように付けれるオープンイヤー型のワイヤ ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

個人事業主でWebサイト制作とカメラマンをしている人。写真好き、旅好き、アウトドア好き。多趣味なのもあり興味があるガジェットや撮影機材をすぐ購入しがち。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。 サイトと管理人の詳細情報はプロフィールでご紹介。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がって ...

MetaQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Metaから販売された単独型VRゴーグルのMetaQuest2(メタクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「MetaQues ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしていますか? 自分はネットの買い物の8割はAmazonを使うというほどで月に何人かの諭吉さんがAmazon経由で旅立っています。 ガジェット好きとしてはツラいところで ...

-撮影機材・アクセサリー
-, , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.