ZV-E10 三脚・一脚

SONY GP-VPT2BT レビュー | ZV-E10・ZV-1でおすすめの三脚・シューティンググリップ

SONY GP-VPT2BT レビュー | ZV-E10・ZV-1でおすすめの三脚・シューティンググリップ

先日ソニーから発売されたVLOG向けAPS-C ミラーレス一眼レフ「ZV-E10」を購入しました。

VLOG用カメラとしては先に発売されたコンデジの「ZV-1」と同じコンセプトのものです。高性能なマイクから、自撮りしやすいバリアングルモニター、強力なアクティブ手振れ補正が搭載されたりと、まさに動画を撮影するのにピッタリと言えるカメラです。

ポイント

しかもミラーレス一眼レフなのでレンズ交換も可能です。
ZV-E10の魅力は下記記事で紹介してます。

VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10
ZV-E10 レビュー | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいな ...

続きを見る

そんなZV-E10と合わせて、さらに動画を撮りやすくするためにソニー純正のシューティンググリップ「GP-VPT2BT」を一緒に購入しました。

これが思いのほか便利でいざ使って見ると「これはセット買い推奨だ!」と感じるほどのカメラガジェットでした。

今回はZV-E10やZV-1とぜひ合わせ買いしてほしい「GP-VPT2BT」の機能や魅力についてレビューしていきます。

SONY GP-VPT2BT 製品概要

SONY GP-VPT2BT

GP-VPT2BTは2020年1月31日に販売されたソニー純正のワイヤレスリモートコマンダーです。

手で掴みやすい形状となりシューティンググリップとして利用できるので、手持ち撮影においても手ブレをを抑えた安定した動画撮影がしやすくなります。

カメラの操作ができるボタンも複数あり、Bluetoothで対応カメラと無線接続することで利用できます。
防塵防滴に配慮した設計なのも合わさって、気軽に撮影で取り回せます。

ポイント

有線接続だと使うまでに手間がかかったり、接触の不具合の心配があります。
無線接続ではそれらの心配が一切ないのでかなり使いやすいです。

SONY GP-VPT2BT CR2032

また電源はボタン電池のCR2032を採用しており通常使用なら使用可能な期間は1年ほどとかなり省電力。
コンビニなどでよく売っている電池なので電力を気にせず使用できます。

ソニーから販売されているシューティンググリップのラインナップは3種類あり、小型のものからRX100やサイバーショット向けの「VCT-SGR1」、ハンディーカム向けの「GP-VPT1」、そして今回紹介する「GP-VPT2BT」となります。

その中ではGP-VPT2BTがサイズとしては一番大きく、積載量の幅も広く1.5kgまでと様々なカメラに対応しています。

一番大きくはありますが本体自体は215gと軽量でコンパクトです

また3種類の中で唯一GP-VPT2BTが無線接続できるタイプなので、ミラーレス一眼レフのZV-E10のみならず、コンパクトデジタルカメラのZV-E1にも最適な使いやすいシューティンググリップと言えます。

SONY GP-VPT2BT スペック 製品仕様
大きさ グリップ状態 約幅49.5×高さ173.0×奥行42.0mm
大きさ 三脚状態 約幅146.5×高さ133.5×奥行163.0mm
質量 約215g
最大負荷 1.5kg
付属品 キャリングポーチ、リチウムコイン電池(CR2032×1)
対応機種 α9 II/α9/α7R IV/α7R III/α7 III/α6600/α6400/α6100/ZV-E10/RX100 VII/RX0 II/ZV-1
Bluetooth対応によりケーブル不要で取り回しが容易。防塵防滴に配慮した設計。ホールド性に優れたグリップ形状。容易な角度調整、方向切り替え。

シューティンググリップとしてもテーブル三脚としても使いやすいコンパクトさ

SONY GP-VPT2BT シューティンググリップ

GP-VPT2BTはハンドル部分が握りやすい構造となっており、ZV-E10を乗せてもだいぶ楽に持つことができます。

動画撮影時は出来るだけ手振れを抑える必要がありますが、シューティンググリップを使うことで直接カメラを手で持つのと比べると安定的にブレの無い姿勢をキープしやすくなります

動画のVLOG用カメラであるZV-E10のためにある機材とも言えますね

SONY GP-VPT2BT 三脚モード

またグリップ部分は開閉することで高さが13cmほどの小型のテーブル三脚にもなります。

室内でのテーブル三脚としての利用や、外撮影で地面などに置いての撮影でもセッティングの手間もなくそのまま利用できます。

角度の調整やカメラの180度反転もワンタッチでらくらく

SONY GP-VPT2BT 角度変更

GP-VPT2BTの特徴はカメラの接続が簡単な点角度のセッティングがしやすい点です。

接続は多くのカメラと接続できる1/4ネジで、接続部のダイヤルを回すだけで簡単に搭載できます。
カメラをぐるぐる回したりする必要がないので、三脚正面に向くように調整したり、ネジの締め具合の調整したり、などの手間もありません。

またカメラ本体の角度を調整できるボタンもグリップ連結部分の左側面にあります。
これを押し込むことで前に90度、後ろ側に80度と好みのアングルに10度きざみで角度調整が可能です。

ポイント

設定後の強度も問題なし。一度設定したら自動的にへたれてしまうことはありません。

SONY GP-VPT2BT

親指位置のボタンを押して回すだけで180度 土台が回転

さらにカメラの向きを90度ごと変更できる機能もあり、自撮りしたい時でも180度向きを即座に反転させれます。

自撮り用途が多いVLOG撮影としてこれは嬉しいところ!

リモコンのボタン操作もBluetooth接続でケーブル不要

SONY GP-VPT2BT ボタン内容

GP-VPT2BTはワイヤレスリモートコマンダーでもあり対応のソニーカメラとBluetooth接続がおこなえます。
それにより無線でズームレバーによる望遠・広角の変更から、静止画・動画の撮影開始と停止が手元で操作できます。

ズームレバーによる操作はコンデジのZV-1や、ZV-E10のキットレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650」などの光学ズームに対応しているパワーズームレンズならば操作できます。

ポイント

動画の構図に関わる望遠・広角の焦点距離を手元で調整できるのはかなり便利です。

またその他のシューティンググリップのモデルとは違い、GP-VPT2BTは「C1」のカスタムボタンも搭載
カメラ本体側でC1ボタンに好きな機能を登録しておくことでGP-VPT2BT側でも機能のON・OFF操作ができます。

ZV-E10の場合、初期設定では「ぼけ調整機能」がセッティングされています。

ZV-E10 例 カスタムボタン変更方法

MENU → 操作カスタム1 → カスタムキー(1) → 上面1

またBluetooth接続できる機種はソニーのカメラでBluetoothリモコンの機能に対応したものとなります。

Sony GP-VPT2BT 対応機種

α9 II/α9/α7R IV/α7R III/α7 III/α6600/α6400/α6100/ZV-E10/RX100 VII/RX0 II/ZV-1

カメラとGP-VPT2BTのBluetooth接続方法

SONY GP-VPT2BT Bluetooth設定

対応機種のカメラメニューのネットワークタブ内にあるBluetoothリモコンの設定を操作します。
機能を「入」にすることでペアリングモードに変わります。

その後、GP-VPT2BTのズームレバーの上側写真撮影のPHOTOボタンを7秒同時押しします。

正常に動作されるとカメラ側に接続許可の確認ボタンが表示され、確認を選択することで接続が完了されます。

また一度接続が完了すれば次回以降はカメラの電源をオンにすれば自動的にペアリングされます。
すぐ操作することができるのでワイヤレスの手間が全くないのが魅力なポイントです。

ポイント

操作ができないな?と思ったときにはGP-VPT2BT側のLOCKボタンを確認してみてください。

また無線接続は5mmまで可能なので、別の三脚等で固定したうえで離れた位置から手元でシャッターやズームなどの操作も可能です。

ズームレバーは全画素超解像ズームなら単焦点レンズでも操作可能

SONY GP-VPT2BT 単焦点レンズ

一眼レフの多くのレンズでは広角・望遠の距離変更は直接レンズのズームリングを触って操作します。
またズームではない単焦点レンズの場合は距離が35mm、50mm、85mmと固定です。

そのうえで「光学ズームに対応してないレンズの場合はズームレバーは意味がないのかな?」と最初は疑問に思いましたが別にそんなことはありませんでした。

ZV-E10の場合ではカメラ側の機能である「全画素超解像度ズーム」を使うことで距離が固定の単焦点レンズでもズーム操作ができるようになります。

全画素超解像度ズームとは?

画像劣化の少ない画像処理で2倍まで拡大できるソニー独自開発の技術。
画像がかなり劣化するデジタルズームや、最大画像サイズで撮ったものをトリミングして大きくみせるスマートズームとは違うもの

全画素超解像度ズームは画像の劣化も少なく動画撮影でも使える実用的な機能です。

どのレンズを使用していても2倍まではズームできることで望遠域のカバー範囲が広がって撮影しやすくなります。

ZV-E10 全画素超解像ズーム

全画素超解像ズームの設定方法

動画モードでMENU → ズーム → ズーム範囲 → 全画素超解像ズーム

またズームレバーを操作した際のズームスピードもカメラ側で設定が可能です。
「もっとゆっくりズームさせたい」など変更したいと思った際は下記設定を確認してみてください。

ZV-E10 ズームレバー調整

ズームレバーのスピード調整方法

MENU → ズーム → ズームレバースピード

全画素超解像ズームを使用中は下記の機能は使えないので注意が必要です。

全画素超解像ズーム中に使えない機能

・AF時の顔/瞳優先 ・マルチ測光時の顔優先 ・トラッキング機能

GoProなどのビデオ三脚でも活用が可能

SONY GP-VPT2BT GoProを装着

Bluetoothによるワイヤレス操作はできませんが、GP-VPT2BTはGoProなどのアクションカメラのシューティンググリップとしても使えます。

GoPro本体のほうがZV-1などのコンデジよりサイズは小さいので、搭載すると見た目はだいぶ可愛らしい感じにはなります。

GoProサイズに向いている小型な三脚や自撮り棒などもありますが、流用することで荷物は1つ減らせたりコストを抑えることはできますね。

逆にGoProなどの小型カメラならではな組み合わせのメリットとしては、GP-VPT2BTをテーブル三脚として使った場合に縦位置での撮影が可能となる点です。

カメラ本体に重量がある場合は縦位置にすることで、バランスが崩れて三脚自体が倒れてしまいますがGoProサイズの場合は転倒の心配もなく使用できます。

ポイント

動画の自撮りやVLOG撮影ではプロセッサーが強化されたGoPro HERO10もおすすめです。
最新型のGoProは驚くほど手振れ補正が強いです。

GoPro HERO10 レビュー | HERO9と比較して進化したポイント

2021年9月にGoProから新型のアクションカム「GoPro HERO10 Black」が販売されました。 GoProはスマホのiPhoneと同じく毎年秋ごろに新しいナンバリングのものが発表されてい ...

続きを見る

GP-VPT2BTと一緒に揃えたいカメラアクセサリー

Ulanzi F38 クイックリリース クイックシュー

SONY GP-VPT2BT Ulanzi F38 クイックリリース クイックシュー

一緒に揃えてほしいアクセサリーの1つがGP-VPT2BTとカメラ本体の脱着を簡単にする、クリックリリース・クリックシューのUlanzi F38です。

このガジェットは三脚に取り付けるクランプと、カメラに取り付けるプレートの2つに分かれています。

このパーツを活用することによって、わざわざ1/4ネジを回して装着せずともスライドさせるだけのワンタッチさで三脚とカメラを連結できます。

Ulanzi F38 クイックリリース クイックシュー

脱着がスムーズになるだけで使い勝手は大きく向上!

取り外しは側面にあるノブを押さないと外れることがありません

Ulanzi F38 ロック機能

また接続後にノブを90度回転することでノブの押し込みを防止するロックが働くので、誤って外れてしまいカメラが落下するなどの心配もありません。

ポイント

固定する三脚とは違い、持ち歩き振り回すシューティンググリップに取り付けることを考えると安全性の高さはかなり重要です。

またプレート・クランプ、どちらともアルカスイス互換となります。

アルカスイスに対応している三脚をお使いならばそのまま装着できるので別の三脚を使いたい際にも複数個購入する必要もないのが便利なポイントです。

【取り外し可能なデザイン】-クイックリリースプレートは2つのパーツとして設計されています。上部パーツには、カメラ、ジンバル、またはモバイルホルダーを取り付けるための1/4のねじ山があります。プレート部分は、三脚や一脚に取り付けて使用できます。取り外し可能な設計により、2つのパーツの取り付けが簡単になり、デバイスをすばやく迅速に取り外します。

アンカーリンクス + カメラストラップリーシュ

ピークデザイン リーシュ

三脚にカメラを固定して使いたい場合、カメラストラップが付いたままでは邪魔となることが多いです。

動画撮影では三脚の利用率も高いですからね

そんな時にすぐストラップを脱着できるようにするアクセサリーピークデザインのアンカーリンクスを使うと付け外しが大変簡単になります。

またそのアンカーリンクスがセットになっているピークデザインのショルダーストラップ、リーシュを購入すればアンカーリンクス・ストラップも含めた一式が1つで揃います。

ピークデザイン リーシュ

GP-VPT2BTを付けたままでも使いやすいです

リーシュとアンカーリンクスを装着したZV-E10にGP-VPT2BTをつけた状態で外歩き撮影しましたが快適に利用できました。

ストラップの脱着が簡単になるだけで、シューティンググリップや三脚が使いやすくなるのでおすすめですよ。

シーンに合わせた多彩な使用方法を実現し、簡単にカメラに取り付け・取り外しができるストラップ、リーシュ。スリングストラップ、ネックストラップ、セーフティテザーなど、様々な使い方をこの1本で可能にします。
シーンに合わせた多彩な使用方法を実現し、簡単にカメラに取り付け・取り外しができるストラップ、リーシュ。スリングストラップ、ネックストラップ、セーフティテザーなど、様々な使い方をこの1本で可能にします。

ピークデザインのストラップ、リーシュの詳細は下記でもご紹介。

カメラ以外にも流用できるおしゃれなカメラストラップ ピークデザインリーシュ
ピークデザイン リーシュ レビュー | PearkDesignの多用途なおしゃれカメラストラップ

皆さん、一眼レフやコンデジのカメラストラップは何を使っていますか? カメラストラップは必需品に近いカメラグッズなだけあり様々なメーカーから販売されていますが、比較対象が多すぎてよくわからない、デザイン ...

続きを見る

まとめ

SONY GP-VPT2BT 単焦点レンズ

ソニーの動画用のVLOGカメラ、ZV-E10やZV-1に最適なソニー純正のシューティンググリップ兼テーブル三脚のGP-VPT2BTについてレビューしました。

シューティンググリップとしてはもちろん、小型の三脚としても使い勝手はよく、Bluetoothによる無線接続でのワイヤレス操作が思いの他ストレスフリーです。

操作の遅延もなく、使用時のペアリングも早いうえに自動的と運用時の問題は今のところ全くありません。

気軽に使える点が個人的にはポイントが高いです

外歩きの手持ち動画の撮影において手振れを軽減させるのは重要です。

コンパクトで携帯もしやすく装着もすぐできる点に置いては、強力な手振れ補正はありながらもセッティングに手間がかかるジンバルなどと比較した際のメリットでもあります。

ZV-E10やZV-1にはかなり使えるカメラアクセサリーの1つなので動画をがっつり撮影されたい方はぜひチェックしてみてください。

Bluetooth対応によりケーブル不要で取り回しが容易。防塵防滴に配慮した設計。ホールド性に優れたグリップ形状。容易な角度調整、方向切り替え。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

Oculus Quest

2021/12/5

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

当ブログへのアクセスキーワードを見てみると「OculusQuest2 飽きた」で検索されている方がボチボチと見られます。 OculusQuest2は新しいガジェットなのもあり初めてのVRゴーグルとして購入される方も多いと思います。 そして購入するときにやりたかったゲームなどが一通り終わると満足してしまうからだと予想しています。 また側面としてアプリの情報やレビューなどが少ないのもあって、他にどんなゲームをやったらいいかわからない、なんてこともあるのではないでしょうか。 OculusQuest2を持っている ...

この記事を読む

ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

動画機材

2021/11/27

【2021年版】ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

カメラやスマホでなめらなか動画を撮影するのに使える機材にジンバルがあります。 YoutubeをはじめTwitterやInstagramのSNSで、クリエイティブな動画作品や日常を映すVLOG動画などの動画も人気がでているのもあり注目をあびているカメラアクセサリーです。 しかし動画初心者からすると「ジンバルは動画で使えると聞くけどどういうものだろ?」「自分にあったジンバルがどれかわからない」「実際どうやって使うの?」などの疑問も色々あるかと思います。 自分は使う前は何が良いかわからず勢いで購入しましたが、も ...

この記事を読む

一眼レフ用ジンバルのおすすめの持ち運び方・使い方

動画機材

2021/11/27

一眼レフカメラ用ジンバルの簡単なおすすめ持ち運び方法・使い方

一眼レフカメラなどを使い移動しながらでも動画を手振れなくスムーズに撮影できるカメラ機材に「ジンバル」があります。 数十万と高額でなかなか趣味レベルでは買えない…とはもう昔のこと。 手振れを抑える性能も向上しコンパクトになりながらも数万円からと手ごろな価格で買えるようになりました。 スマホ用のジンバルは4桁から買えるように!昔からすると考えれませんね しかしコンパクトになったとはいえ持ち運びにはなかなか難があるのがこのジンバルです。 今回はサイズが大きめな一眼レフカメラ用のジンバルをアイデアを使って簡単に持 ...

この記事を読む

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで Eマウント広角単焦点レンズ

レンズ 撮影機材

2021/11/12

【作例・レビュー】SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで Eマウント広角単焦点レンズ

Sony α6400などのAPS-C ミラーレスカメラで使えるEマウントレンズの1つにSIGMAが出している「16mm F1.4 DC DN Contemporary」があります。 明るくて軽量小型で高画質。しかもコストパフォーマンスに優れてると評判の高い広角単焦点レンズです。 映りが良いのに安くて手軽に買えるのはかなり魅力なポイント! 今回はスナップ写真からポートレート、動画撮影と幅広く使えるこのレンズを実際に撮ってみた作例を交えてSIGMA 16mm F1.4 DC DNをレビューします。 目次 SI ...

この記事を読む

SONY GP-VPT2BT レビュー | ZV-E10・ZV-1でおすすめの三脚・シューティンググリップ

ZV-E10 三脚・一脚

2021/11/10

SONY GP-VPT2BT レビュー | ZV-E10・ZV-1でおすすめの三脚・シューティンググリップ

先日ソニーから発売されたVLOG向けAPS-C ミラーレス一眼レフ「ZV-E10」を購入しました。 VLOG用カメラとしては先に発売されたコンデジの「ZV-1」と同じコンセプトのものです。高性能なマイクから、自撮りしやすいバリアングルモニター、強力なアクティブ手振れ補正が搭載されたりと、まさに動画を撮影するのにピッタリと言えるカメラです。 ポイント しかもミラーレス一眼レフなのでレンズ交換も可能です。 ZV-E10の魅力は下記記事で紹介してます。 そんなZV-E10と合わせて、さらに動画を撮りやすくするた ...

この記事を読む

撃って爽快!OculusQuest2のおすすめVRガンアクションゲーム5選

Oculus Quest

2021/11/10

撃って爽快!OculusQuest2のおすすめVRガンアクションゲーム5選

VRならではの体験が出来てプレイして楽しいジャンルの1つがガンアクションゲームです。 没入感の高いバーチャル空間でハンドガンをはじめとした銃をぶっ放すのは快感そのもの。 パソコン不要、ヘッドセット単体のみでクオリティーの高いVR体験ができる「OculusQuest2(オキュラスクエスト2)」がありますが、ゲームストアであるOculusストア内でもガンアクションは人気ジャンルなのもあって様々なゲームが配信されてます。 OculusQuest2については下記記事にてご紹介! 今回はOculusQuest2でプ ...

この記事を読む

【OculusQuest2】VRでバイオハザード4を実際にプレイしてみた

Oculus Quest

2021/11/10

【OculusQuest2】VRでバイオハザード4を実際にプレイしてみた

「バイオ4がVRになったらそりゃもう買うしかねぇ…!」 バイオハザード4のVR版がOculusQuestで配信されると発表があった際に速攻で購入を決意し、今か今かとリリース日を待っていましたが、2021年の10月21日に正式に配信が開始されました。 バイオハザード4は配信日まで指折り数えてたほどやりたかったタイトル! OculusQuest2を使い様々なVRゲームを体験してきたのもあって、個人的にはバイオハザードシリーズは5をやったのみですが、ホラー要素は勿論ながら4以降から増えたアクション性の高さからV ...

この記事を読む

GoPro

2021/11/10

GoPro HERO10 レビュー | HERO9と比較して進化したポイント

2021年9月にGoProから新型のアクションカム「GoPro HERO10 Black」が販売されました。 GoProはスマホのiPhoneと同じく毎年秋ごろに新しいナンバリングのものが発表されていますが今年の発売でとうとう2桁の大台に突入しました。 ちなみに前モデルのHERO9は2020年の9月に販売されました! 様々なメーカーからGoProと同じ形状や用途とアクションカムが販売されましたが、昨年発表されたHERO9の性能の高さも相まってか、今では同じジャンルのカメラではGoProの一強と言えます。 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-ZV-E10, 三脚・一脚
-, , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.