レンズ 撮影機材

【作例・レビュー】SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで おすすめの広角単焦点レンズ

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで Eマウント広角単焦点レンズ

Sony α6400などのAPS-C ミラーレスカメラで使えるEマウントレンズの1つにSIGMAが出している「16mm F1.4 DC DN Contemporary」があります。

明るくて軽量小型で高画質。しかもコストパフォーマンスに優れてると評判の高い広角単焦点レンズです。

映りが良いのに安くて手軽に買えるのはかなり魅力なポイント!

今回はスナップ写真からポートレート、動画撮影と幅広く使えるこのレンズを実際に撮ってみた作例を交えてSIGMA 16mm F1.4 DC DNをレビューします。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN Contemporary 製品概要

SIGMA 16mm F1.4 DC DN

SIGMA 16mm F1.4 DC DN ContemporaryはソニーEマウントのAPS-Cミラーレスカメラで使える広角単焦点レンズです。

特徴としてはF1.4と明るく撮影できる光学性能を持ちながら、軽量でコンパクトな設計になっている点です。

レンズ構成は13群16枚で非球面レンズ2枚、FLDレンズ2枚、SLDレンズ1枚を含む特殊ガラスを多数採用し、絞り開放から高い解像度をもって撮影できます。

ポイント

9枚羽根の円形絞りを採用。開放付近でも円形の玉ボケを作ることができます。

デザインはシンプルな形状。外観にはMF・AFの切り替えスイッチもなくカメラ本体側で切り替えるタイプとなります。
Contemporaryラインを表すCのマークが特徴的です。

SIGMAでは他に高画質を売りしている区分けとしてArtラインがありますが、Contemporaryラインであるこのレンズの映りはそのArtラインに匹敵すると評判の1本です。

花形のレンズフードも付属しています

そして何よりの魅力としては高性能ながら新品の価格が4万円台とコストパフォーマンスに優れてる点です。

α6400やZV-E10などのソニーのAPS-Cサイズのミラーレスカメラを使う人には最適な広角単焦点の1本と言えます。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN Contemporary スペック 製品仕様
ブランド ‎シグマ(Sigma)
年式 2017
レンズマウント ソニー Eマウント
レンズ構成枚数 13群16枚
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最小絞り F16
最短撮影距離 25cm
最大撮影倍率 1:9.9
フィルターサイズ φ67㎜
手ブレ補正 無し
モータータイプ ステッピングモーター
最大径 × 長さ φ72.2mm × 92.3mm
質量 405g
APS-Cミラーレス専用広角レンズ。対応メーカー : Sony。対応マウント : Sony E。対応フォーマット : APS-C / Super35。35mm判換算焦点距離 : 24mm相当

F1.4で明るく撮れる 広角16mmのAPS-C 単焦点レンズ

SIGMA 16mm F1.4 DC DN

SIGMA 16mm F1.4 DC DN Contemporaryは絞り開放がF1,4と明るく背景をかなりぼかした撮影ができます

F1.4まで明るいレンズはAPS-C用の16mmでは珍しく、それだけでも他のレンズにはない大きな魅力があります。

ポイント

フルサイズ用では16mmでF1.4以上と明るいレンズはありますが、その分重量は重くなり価格も高くなります。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

F1.4で撮影

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

F5.6で撮影

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

F8.0で撮影

APS-C用で16mmなので、実際に撮影する際には35mm換算で24mmとなります。
24mmの画角は風景をダイナミックに映すにも情景の伝わるスナップ写真にも使え、広角域では使いやすい画角と言えます。

また最短撮影距離も25cmとなり、被写体に寄って撮影できるのも使いやすいポイントです。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN フィルター利用

フィルター径は最近では多くのレンズで使われている67mm。NDフィルターやPLフィルターも共有して使い回しやすいのもSIGMA 16mm F1.4 DC DNの魅力の1つです。

サイズは小型・軽量で持ち運びしやすいコンパクトさ

SIGMA 16mm F1.4 DC DN

SIGMA 16mm F1.4 DC DNはAPS-Cレンズと言うこともあり、長さ90.3mm、質量は405gと明るい単焦点レンズでは比較的軽量と言えます。

α6400やZV-E10などと組み合わせても約800gほどなのでフットワーク軽く軽快な撮影ができます。

また使い勝手の点では簡易防塵・防滴機構もあるのでそこまで神経質に扱わなくても良い点もあります。

見ための部分はカメラとのマウント部分がレンズ部と比べ細くなっているので少しゴツく感じてしまう印象が少しあります。

個人的にはもう少しスマートだと嬉しかったところですが…

ただ撮影時には細くなっている部分に支える指が置きやすい使用感があります。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN グリップ時

薬指と小指のグリップ感が良いです

個人的にはAPS-Cのカメラは動画用やサブ機としての利用が多いのもあり、メイン機のフルサイズミラーレスカメラと一緒に持ち運ぶことが多いので荷物をコンパクトにできるのはポイントが高いです。

スナップ撮影の作例

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

F1.4だと背景がかなりボケます

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

16mmと広角なのでダイナミックな構図も撮りやすい

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

観覧車も全景入れて撮りやすいです。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

影のシルエットもキレイに

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

F5.6で撮影。光芒もキレイにでてます。

ポートレート・物撮りの作例

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

使えるポトレ写真がないのでダンボーさんで代用。光もキレイにでてます。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

35mm換算24mmでも背景がかなりボケます。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

中心に被写体を置いて撮影。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 作例

寄って撮影できるので撮影しやすいです。

VLOGの動画撮影にも使える広角レンズ

SIGMA 16mm F1.4 DC DN 動画撮影時

自分は動画撮影機としてソニーのミラーレスVLOGカメラ「ZV-E10」をもっていますが、SIGMA 16mm F1.4 DC DNは動画用のレンズとしても使えます

VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10
ZV-E10 レビュー | VLOG・Youtubeの動画撮影でおすすめな7つの理由

続きを見る

静穏性のあるステッピングモーターを採用しているのもあり、ピント合わ時に発生するモーター音もなく静かです。
撮影中の動作音を録音してしまうこともなく動画撮影がおこなえます。

オートフォーカスのスピードも速いので、被写体の動きに合わせて迷わずピントを追従させることができます。

ソニー機で評判の高い瞳AFも問題なく使えます

レンズ自体には手振れ補正機能は搭載されてはいませんが、ZV-E10には強力なアクティブ手振れ補正が備わっているのでカメラ側で補完できます。

ミラーレスにも対応しているソニー純正のシューティンググリップ「GP-VPT2BT」などを使えば手振れを抑えた歩き撮影もおこなえますね。

GP-VPT2BTの詳細は下記でレビューしています。

SONY GP-VPT2BT レビュー | ZV-E10・ZV-1でおすすめの三脚・シューティンググリップ
SONY GP-VPT2BT レビュー | ZV-E10・ZV-1でおすすめの三脚・シューティンググリップ

続きを見る

Bluetooth対応によりケーブル不要で取り回しが容易。防塵防滴に配慮した設計。ホールド性に優れたグリップ形状。容易な角度調整、方向切り替え。

ポイント

さらに手振れを抑えたい時はジンバルがあると便利ですね

動画撮影時にはシャッタースピードを1/60や1/100ほどにスピードを落とさないといけないので、F1.4の絞り開放で明るい昼間に撮影したい際にはNDフィルターが必須となります。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN NDフィルター装着

ND2-32の82mm可変フィルターにステップアップリングを取り付けてます。

NDフィルターの値段は性能に合わせてピンキリではありますが、可変NDフィルターもAmazonなどで手ごろに買えるようになってきているので、動画を撮っていきたいと考えている方は合わせ買いがおすすめです。

【NDフィルター】67mm径の可変式フィルターです。レンズサイズを予めご確認ください。本フィルターにレンズキャップ(レンズカバー)を付ける場合、一回り大きなサイズ(72mm)のレンズキャップをご使用ください。

フルサイズのミラーレス機でAPS-Cレンズが使える「Super35mm モード」

Sony α7IIIなどのフルサイズミラーレス機などでは本体側にある機能「Super35mm モード」を使うことで、APS-C用のレンズでもフルサイズカメラで撮影が可能になります。

機能としてはイメージセンサーの大きいフルサイズの撮影範囲をAPS-C用にクロップして映すものとなりますので解像度が減少してしまいます。
また暗い場所での撮影性能も少し低下します。

ポイント

α7IIIの場合は長辺6,000pxが4,000pxほどに

しかしそれ以外は変わらず写真もRAWによる現像もできるので、レンズ資産も無駄なく有効活用できる便利なモードです。

Super35mm モード 設定方法(α7IIIの場合)

MENU→ (撮影設定1)→[APS-C/Super 35mm]

設定方法は手動での変更に加えて、オートモードも搭載してます。
オートモードにしておけばAPS-C専用レンズを使った時に自動的にSuper35mm モードがONになるのでおすすめです。

SIGMAの高画質・軽量小型・安価なContemporaryシリーズ

SIGMA 16mm F1.4 DC DN

ソニーのAPS-C ミラーレス機で使える「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」以外のContemporaryラインの単焦点レンズとして、その他に「Sigma 30mm f1.4 DC DN」「Sigma 56mm f1.4 DC DN」が販売されています。

35mm換算では24mm、46mm、86mmこの3本で広角・標準・望遠をカバーできる単焦点レンズのシリーズとなります。

3本とも同じContemporaryラインなのもありコンセプトは一緒でどれも解像度が高いシャープな描写力を備えてます。

またF値も1.4と共通で多くの光を取り込める明るいレンズとなり、どの画角でもボケ味を生かした撮影がおこなえます。

また3本とも価格帯は同じ4万円台でなんと3本購入しても12万円ほど。場合によっては純正のレンズ1本分の予算でレンズ3本を揃えることができます。

このコスパの良さはかなり凄いです!

大抵のものはこの3本の単焦点レンズを揃えれば撮影できることから、これからソニーのAPS-Cカメラを使って写真や動画を撮っていきたい人にはおすすめのラインナップです。

APS-Cミラーレス専用標準レンズ。対応メーカー : Sony。対応マウント : Sony E。対応フォーマット : APS-C / Super35。35mm判換算焦点距離 : 45mm相当。フィルターサイズ : 52mm
APS-Cミラーレス専用中望遠レンズ。対応メーカー : Sony。対応マウント : Sony E。対応フォーマット : APS-C / Super35。35mm判換算焦点距離 : 84mm相当。フィルターサイズ : 55mm

まとめ

SIGMA 16mm F1.4 DC DN

広角単焦点レンズ「SIGMA 16mm F1.4 DC DN Contemporary」について作例を交えてレビューしました。

ソニーのAPS-Cミラーレスカメラで使えるEマウントの明るい広角単焦点レンズとしては性能・コンパクトさ・安さどれをとってもおすすめできるレンズと言えます。

写真の撮影のみならずAFも高速。ピント合わせの静穏性も高いところから動画撮影用としても活躍できるレンズです。

35mm換算で24mmと広角で絞り開放F1.4と背景もボカせるので、Youtubeなどで動画の自撮り撮影をしたい人にもおすすめです。

VLOGカメラ、ZV-E10との組み合わせとしてかなりおすすめです!

お手頃でありながらかなりコスパが良いレンズなので、α6400やZV-E10を使っている方はぜひチェックしてみてください。

APS-Cミラーレス専用広角レンズ。対応メーカー : Sony。対応マウント : Sony E。対応フォーマット : APS-C / Super35。35mm判換算焦点距離 : 24mm相当

ZV-E10で動画を撮るためにチェックしたいレンズをまとめました

ミラーレスカメラをさらに便利に使うおすすめのカメラグッズやアクセサリーをご紹介!

ブラックミストNo.05のフィルターで簡単にシネマティックな表現にできちゃいます

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるフルサイズ魚眼レンズ

レンズ

2022/5/25

TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるミラーレス対応の魚眼レンズ

風景などの自然をダイナミックに撮影するのに使えるのが超広角レンズです。 その中でも得に広い範囲を撮影でき、特徴的な写真が撮れるのが魚眼レンズです。 「何か良い広角レンズないかなぁ」と探している時に見つけたのが、ソニーのα7IIIをはじめ様々なミラーレスカメラで装着できるフルサイズ対応な単焦点の魚眼レンズ、TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDです。 今回はレンズながらあまりの格安さでつい衝動買いしてしまったTTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDについて作例を交え ...

この記事を読む

Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

アウトドア

2022/5/9

すぐ冷えて長時間つかえる! Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

車中泊やキャンプであると便利な家電、それが持ち運びできるコンパクトな冷蔵庫です。 持ち運びができるポータブル冷蔵庫も大容量のポータブル電源がメジャーになってきたことで、キャンピングカーのみならずアウトドアを趣味としている方の車にも搭載しやすくなりました。 ポイント 自分も少し大きめのポータブル冷蔵庫を使ったりしています。 他にも小型のペルチェ式の冷蔵庫も持っていたりします。 しかし所有しているポータブル冷蔵庫は気軽に使う点では大きく、ペルチェ式のものは中々冷えず電力が大きいのもあり「コンパクトで使いやすい ...

この記事を読む

WiMAX 5GのモバイルWi-Fiを契約した6つの魅力

便利グッズ

2022/4/12

WiMAX 5G モバイルWi-Fiを乗り換えても契約すべき6つの魅力

パソコン仕事でカフェや喫茶店などでノマドワークをする自分のようなフリーランスで重要なガジェットの1つがモバイルWi-Fiです。 いままではWiMAX 2+を家電量販店のエディオンで経由で契約して2年ほど利用してました。 ポイント 話を聞きに行った流れとエディオンカードによる割引があったので、珍しくネットで比較せずそのまま即決した思い出です。 そんなある日にエディオンから条件の良い、5Gの高速通信が可能の新しい端末への乗り換えプランの案内がありました。 製品説明を聞きにいきましたが、思いのほか新しいWiMA ...

この記事を読む

Amazonスマートプラグ

Amazon

2022/5/1

Amazonスマートプラグ | 普通の家電をスマート家電にするおすすめの使い方

自分は音声入力を可能とするAIスピーカー「Amazon Echo(エコー)」を自室に置いて音楽再生機器として使っています。 その他にもタブレットのFire HD10をスマートディスプレイとして使ったり、Echo Autoを導入して車内でもアレクサを使えるようにして音楽を楽しんでます。 すっかりAmazonさんにライフスタイルの大部分を握られてますね(笑 その他でも率先的にAmazonのサービスを使っているのもあり、「家の中の家電もアレクサで音声制御したいな!」と唐突に思い、試しに購入したのがAmazonス ...

この記事を読む

TourBox Elite

PC周辺機器

2022/3/29

TourBox Elite レビュー | 編集作業をぐっと効率化させる左手用ガジェット

PhotoshopやPremiere Proなどの写真編集、動画編集ソフトを使う際に「なにか効率化できる方法ないかなぁ」とよく考えてしまいます。 Adobeなどの高性能なソフトはツールが多くて覚えきれない、ショートカットキーが使いこなせない、操作の切り替えでマウス移動が多いなどの問題がありますね。 ポイント 作業効率の向上は仕事でも趣味でも大事なポイントなのでよく研究してます。 ショートカットの有効活用ではロジクールのマウス、MX ERGOも以前導入しました。 「その他にも何か方法がないかな」と探している ...

この記事を読む

USKEYVISION WLZ10

レンズ

2022/3/24

ソニーAPS-Cユーザー必見!ZV-E10キットレンズを超広角レンズにする方法

ソニーのAPS-C用Vlogカメラ「ZV-E10」をキットレンズで購入し、しばらく使ったうえで求めたものの1つが「広角レンズが欲しい!」でした。 キットレンズのSELP1650の焦点距離は16mm-50mmと、35mm換算で24mm-75mmと使いやすい標準ズームレンズです。 またレンズ内手振れ補正機能のOSSが搭載で116gと軽量とZV-E10やα6600で使いやすいVlogカメラ向きのレンズではありますが、Vlog動画で自撮りをする際には24mmでは少し狭さを感じます。 特に動画撮影時には写真より映る ...

この記事を読む

モーションエレメンツ

編集方法

2022/5/1

モーションエレメンツの使い方 | 評判の高い映像素材 おすすめ定額サービス

動画制作やWebサイト制作、デザイン制作において、あればあるほど嬉しいのが編集の元となる「素材」です。 一般的にデザイン素材と言うと写真やイラストなどの画像が思い当たるところだと思います。 有名所でいうとPOPなキャラが評判な、いらすと屋さんですね それに加えYoutubeなど動画コンテンツが主流にもなってきたことで、動画素材、BGM、効果音など動画に関連する素材の需要も高まっています。 しかしこれらの素材でクオリティの高いものを無料で探すのはなかなか難易度が高いのが現実です。 ポイント 無料は種類が多く ...

この記事を読む

Zhiyun CRANE M3

動画機材

2022/3/20

Zhiyun CRANE M3 レビュー | フルサイズ一眼も乗せれる小型ジンバル

移動しながらでもブレの少ない映像を撮影できるガジェットが手振れを抑えるジンバルです。 自分は今までジンバル内蔵型の小型カメラOsmoPocketや、RX100などの小型のコンデジが向いているZhiyun Crane Mを使い動画撮影してましたが、普段ミラーレスカメラで写真を撮影している身としては日に日にミラーレスカメラで映像も撮影したくなりました。 それもあり動画用のミラーレスカメラとしてソニーのVLOGカメラ ZV-E10を購入しました そこで「ミラーレスカメラのジンバルで何かいいものないかな?」と探し ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-レンズ, 撮影機材
-, , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.