ZV-E10 撮影機材

ZV-E10と一緒に買うと幸せになれるおすすめアクセサリー7選

ZV-E10 おすすめのアクセサリー7選

ソニーからAPS-Cミラーレス一眼レフのVLOGカメラZV-E10が販売されました。

a6400シリーズのカメラを動画向けにカスタマイズされたもので、先に発売されたコンデジタイプのVLOG用カメラZV-1のコンセプトをミラーレス用にしたものとなります。

レンズ交換も可能なところから撮影用途に合わせての応用も効き、軽量・コンパクトでしかも安いと、クオリティーの高い動画撮影やYoutube投稿をしたい人にとっておすすめのカメラといえます。

ZV-E10は発売日に購入しました!詳細の魅力は下の記事で紹介しています
VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10
ZV-E10 レビュー | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいな ...

続きを見る

今回はそんなZV-E10をもっと便利に気楽につかうために合わせて購入すると幸せになれるおすすめのアクセサリーをご紹介します。

おすすめ1.ソニー SONY シューティンググリップ GP-VPT2BT

SONY シューティンググリップ GP-VPT2BT

GP-VPT2BTは小型ミラーレス一眼に対応した、手持ち撮影をサポートするソニー純正のシューティンググリップです。

ワイヤレスリモートコマンダーの機能も付いており、ZV-E10とBluetooth接続をすることで録画の開始やレンズのズームなどを手元で操作することができます。

SONY シューティンググリップ GP-VPT2BT

ポイント

Bluetooth接続と有線のケーブルをわざわざ繋げる必要がないので、使いたい時にすぐ使えます

カメラへの取り付けは1/4ネジ穴を使いますが、ネジ穴を回転させるダイヤルがあるので位置の調整などはあまり気にせず簡単に接続できます。

SONY シューティンググリップ GP-VPT2BT 角度変更ボタン

撮影方向を調整できるボタンがついており、前後合わせて170度と手で持った際に撮影しやすい角度にグリップを傾けることができます。

またカメラの向きを反転できるボタンもついてるので自撮りをしたい際にもすぐさま変更できます。

SONY シューティンググリップ GP-VPT2BT 自撮り回転

VLOGカメラでこの簡単な操作感はポイント高しです

動画を撮影する際にはなるべくブレを少なくする必要がありますが、シューティンググリップを使うことで直接カメラを手で持つのと比べて安定感が増し、縦揺れや横ブレなどをグッと抑えれます

野外などで歩きながらの撮影が多い場合はかなりの恩恵があります!

SONY シューティンググリップ GP-VPT2BT 三脚

また手で掴むグリップ部分は開閉することで小型の三脚に早変わり。テーブルや地面にカメラを設置した撮影もそのまますぐにできます。

ポイント

最大積載量が1.5kg。ZV-E10は400kg台なので1kgほどのレンズでも載せることができます。

自分はZV-E10とセットで合わせて購入しましたが、1度Bluetooth接続すれば再接続の必要もなく、無線で手軽に使えるところが非常に気に入りました。何よりサイズもコンパクトなのが嬉しい!

ジンバルを使わずにZV-E10で気軽に撮影したい際には常に持ち歩く基本装備となりそうなガジェットです。

SONY シューティンググリップ GP-VPT2BT スペック 製品仕様
大きさ グリップ状態(約幅49.5×高さ173.0×奥行42.0mm)、三脚状態(約幅146.5×高さ133.5×奥行163.0mm )
質量 約215g
最大負荷 1.5kg
付属品 キャリングポーチ、リチウムコイン電池(CR2032×1)
対応機種 α9 II/α9/α7R IV/α7R III/α7 III/α6600/α6400/α6100、RX100 VII/RX0 II
Bluetooth対応によりケーブル不要で取り回しが容易。防塵防滴に配慮した設計。ホールド性に優れたグリップ形状。容易な角度調整、方向切り替え。

おすすめ2.Ulanzi F38 クイックリリース クイックシュー

Ulanzi F38 クイックリリース クイックシュー

コスパがよく革新的なカメラガジェットを多く提供することで有名のUlanziから販売されたクイックリリースシューです。

このガジェットは三脚に取り付けるクランプと、カメラに取り付けるプレートの2つに分かれており、装着することでカメラと三脚の着脱をよりスムーズに、簡単にできます

GP-VPT2BTにUlanzi F38を取り付け

ポイント

自分はこのプレートをZV-E10に、クランプを前述のシューティンググリップGP-VPT2BTに取り付けました。

GP-VPT2BTにUlanzi F38を取り付け

実際のカメラと三脚の接続方法はプレートをスライドさせてクランプに接続するだけ
ネジ穴を回して接続する手間を考えたら圧倒的に手間が減ります。

取り外しは側面にあるノブを押さないと外れることがなく、また接続後にノブを90度回転することでノブの押し込みを防止するロック機能もあるので誤って外れてしまい落下する心配もありません。

Ulanzi F38 ロック機能

ポイント

固定する三脚とは違い、持ち歩き振り回すシューティンググリップに取り付けることを考えると安全性の高さはかなり重要です。

またプレートもクランプもどちらもアルカスイス互換となります。
アルカスイスに対応している三脚をお使いならばそのまま装着できるので別の三脚を使いたい際にも複数個購入する必要もないのが便利なポイントです。

【取り外し可能なデザイン】-クイックリリースプレートは2つのパーツとして設計されています。上部パーツには、カメラ、ジンバル、またはモバイルホルダーを取り付けるための1/4のねじ山があります。プレート部分は、三脚や一脚に取り付けて使用できます。取り外し可能な設計により、2つのパーツの取り付けが簡単になり、デバイスをすばやく迅速に取り外します。

おすすめ3.Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター SONY VLOGCAM ZV-1用

Kenko 液晶保護フィルム

カメラやスマートフォンなどモニターが付いているガジェットを買った時に真っ先に購入したほうがいいもの、それが液晶保護フィルムです。

液晶保護フィルムを購入しておけば物をぶつけたり、落下させてしまった際に生じる液晶のキズを防止できるのでもしもの時も安心です。

こちらの商品はコンデジのZV-1用のものとなりますが、ZV-E10の液晶モニターサイズも同じ3.0型なのぴったりサイズとなります。

実際に自分もこちらのZV-1用を購入し貼り付けました!

保護フィルム自体の品質も国産メーカーのKenkoなので安心感もあります。

キズ防止以外にも反射を抑えるアンチリフレクション加工がされており、防汚加工により指紋や油汚れの簡単にふき取れるのでカメラを本格的に外に持ち出す前に購入することをおすすめします。

Kenko 液晶保護フィルム 内容

ポイント

ちなみに保護フィルムは簡単に貼れて、気泡などもまったく残りませんでした

カメラの液晶画面を保護する専用液晶保護フィルム。キズに強い、表面硬度3Hのハードコード加工。全光線透過率95.5%でクリアな見え味。コーティング内容:防汚、アンチリフレクション、ハード。フィルムサイズ:W69.8×H51.2mm。

おすすめ4.ピークデザイン アンカーリンクス

ZV-E1のアンカーリンクス

個人的に保護フィルムと同じぐらいカメラを購入した時には絶対に装着するカメラアクセサリーがあります。それがPeakDesign(ピークデザイン)のアンカーリンクスです。

アンカーリンクスはカメラとストラップの脱着を簡単にするアクセサリーでカメラ本体に取り付けるアンカーヘッドと、お好みのカメラストラップに追加で装着するハウジングの2つで構成されています。

ストラップとの装着はスライドして差し込むだけと非常に簡単で、アンカーヘッド1つの耐荷重も90kg以上と頑丈な作りになっています。

アンカーリンクスの取り外し

これを使うことで複数台カメラを持っていても1つのお気に入りのカメラストラップを使い回しすることもできます。

どのメーカーのカメラストラップでも対応できるのが嬉しいところです

ZV-E10は動画向けのカメラということもあり、三脚に取り付けたり、ジンバルやシューティンググリップに取り付けたりする機会が多いと言えます。

その際にカメラストラップが付いたままだと非常に邪魔になってしまうので、必要な際に取り外しができるシステムにしておくとかなりカメラ自体の使い勝手が向上します。

またZV-E10はα6400などと違いストラップを取り付ける金具部分が本体に備え付けてる形状になっています。

ZV-E1ストラップ部分

従来の仕様ではアンカーリンクスを装着した状態で歩いたりするとその振動で金具部分やアンカーヘッドがボディに当たり小さく「カチャカチャ」と音がでてしまいました。

しかしZV-E10ではそのようなこともないので、音の入り込みを気にせずに動画撮影ができます。

アンカーリンクスの詳細に関しては下記記事でも紹介しています。

PeakDesignのアンカーリンクスがおすすめな理由
【レビュー】ピークデザインのアンカーリンクスをストラップに付けるべき理由

一眼レフカメラを買ったときに一緒に買うのはなんでしょう?レンズ?カメラバッグ?カメラフィルター? あとはそう、カメラストラップ。これもありますね。 純正のメーカーのものがカメラを買った時に一緒について ...

続きを見る

パッケージ内容:アンカー×4、アンカーハウジング×2。アンカーヘッドの直径:17 mm。アンカーループの長さ:43 mm。アンカー重量:30 g。

おすすめ5.ピークデザイン カメラストラップ リーシュ

ピークデザイン リーシュ

アンカーリンクスと合わせておすすめしたいのが同じPeakDesignが販売しているアンカーヘッド対応のカメラストラップ、リーシュです。

リーシュは細めのストラップになっており、小型のミラーレスに最適なカメラストラップになります。

はじめからアンカーハウジングが装着されているストラップとなり、アンカーヘッドも4つ付属されているので、「アンカーリンクに興味があるし、新しくストラップも欲しいなあ」と考えている人はこのリーシュだけで装備を整えることができます

ポイント

ZV-E10自体にメーカーのカメラストラップも付属されていませんからね

ピークデザイン リーシュ 長さ調節

ストラップ自体も機能的で指一本でストラップの長さが変更できるので、フィット感をすぐさま調整できます。

着ている服や装備に合わせて簡単に変更できるのはかなり便利です

また使わない時は丸めてコンパクトにできカメラバッグやポケットなどにも気軽にいれておける サイズ感です。

カラー展開はブラックとアッシュの2色。ZV-E10のカメラの色がブラックでもホワイトでもストラップを合わせやすいのもおすすめできるポイントです。

ピークデザインのカメラストラップ、リーシュの詳細は下記記事でも紹介しています。

カメラ以外にも流用できるおしゃれなカメラストラップ ピークデザインリーシュ
ピークデザイン リーシュ レビュー | PearkDesignの多用途なおしゃれカメラストラップ

皆さん、一眼レフやコンデジのカメラストラップは何を使っていますか? カメラストラップは必需品に近いカメラグッズなだけあり様々なメーカーから販売されていますが、比較対象が多すぎてよくわからない、デザイン ...

続きを見る

シーンに合わせた多彩な使用方法を実現し、簡単にカメラに取り付け・取り外しができるストラップ、リーシュ。スリングストラップ、ネックストラップ、セーフティテザーなど、様々な使い方をこの1本で可能にします。
シーンに合わせた多彩な使用方法を実現し、簡単にカメラに取り付け・取り外しができるストラップ、リーシュ。スリングストラップ、ネックストラップ、セーフティテザーなど、様々な使い方をこの1本で可能にします。

おすすめ6.JJC PZ16-50mm専用オートレンズキャップ

JJC PZ16-50mm専用オートレンズキャップ

ZV-E10のパワーズームキットのレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」専用のカメラアクセサリーがこのJJC PZ16-50mm専用オートレンズキャップです。

名前の通りのガジェットになりますが、こちらを基本のレンズキャップの代わりに取り付けることで、カメラの電源をオンにした場合にレンズの繰り出しにより自動的にキャップ部分が開くようになります。

使用感としてはデジカメに近い感じになります!

これにより撮影をする際にわざわざキャップを開けて、どこかに閉まって、と言う一眼レフカメラを使う際のあるあるな手間がなくなるので、撮影タイミングを逃さないスピーディーな撮影が可能となります。

JJC PZ16-50mm専用オートレンズキャップ

レンズに直接つける形になるのでレンズフィルターなどの取り付けができないのはネックになりますが、電源オフ時にはカバーにもなりレンズ自体も安いこともあるのであまり気にせず使うことができます。

ポイント

装着自体もレンズフィルターと同じで回すだけで簡単に脱着できます。

対応レンズ:Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS (SELP1650)。JJC社製SONY PZ16-50mm専用オートレンズキャップ。電源スイッチを入れると、レンズの繰り出しにより自動的にキャップが開き、そのまま撮影できます。 電源スイッチオフでレンズが引っ込めば、羽も自動的に閉じ、レンズがカバーされます。キャップは厚さ6mmの薄型です。

おすすめ7.K&F Concept 可変NDフィルター 40.5mm ND2-ND400レンズフィルター

K&F Concept 可変NDフィルター 40.5mm ND2-ND400レンズフィルター

クオリティーの高い動画を撮影するうえであったほうが良いアイテムが光を減光できるNDフィルターです。

動画を撮影する際にはなるべく被写体をなめらかな動きにするためシャッタスピードをフレームレートに合わせて設定する必要があります。

一般的に推奨されるシャッタースピードがフレームレート30pの場合は1/30~1/60秒60fpsの場合は1/60~120秒までの間と言われています。

その設定では晴天の明るい場所に行くと、ボカして撮りたいのにF値の数字を極端に上げたりしないと、設定値が明るすぎて白飛びしてしまいます。

ポイント

動画撮影に向いているS-LOGの設定で撮るとISOの下限も500になるので、明るすぎる場所での撮影の際には対策が必要となります。

そのような環境でもレンズに入り込む明るさを減光できるNDフィルターがあれば、シャッタースピードを推奨値にしていてもF値開放で背景をぼかした撮影も可能となります。

K&F Concept 可変NDフィルター 40.5mm ND2-ND400レンズフィルター

またこちらのNDフィルターは可変式となり、減光の設定もND2からND400と手動でフィルター部分を回すことで臨機応変に調整できます。

こちらのK&F Concept 可変NDフィルターは比較的安価でもあるので、まずは試して使って見たい人には最適の1枚と言えます。

パワーズームキットのレンズフィルター径は40.5mmになります。お間違いなく!
【可変式NDフィルター】40.5mm可変式ND2-ND400フィルター。40.5mmサイズのレンズに対応でき、レンズサイズを予めご確認ください。【減光範囲ND2-ND400】ND2からND400まで9段階光量を調節可能、一枚のNDフィルターだけで様々場所に幅広く活躍している。

まとめ

ZV-E10とおすすめアクセサリー

ZV-E10と一緒に買うと幸せになれるおすすめのカメラアクセサリーを7つご紹介しました。

今回ご紹介したアイテムは実際に購入して試してみたものばかりとなります。

自分の使い勝手やカメラの用途に合わせてカメラアクセサリーやカメラグッズを組み合わせることでぐっと使い勝手が良くなるので、今回この記事で紹介したものをご参考にして頂きながらぜひ自分自身とZV-E10との付き合いにあったアクセサリーを揃えてみてください。

より印象に残る映像を実現する高性能なイメージセンサーとVlogに特化した撮影機能。構図や録音などに集中させてくれる高精度なAF性能。動画撮影時のリアルタイム瞳AFとリアルタイムトラッキングにも対応し、主役を際立たせる。自撮りやローアングル撮影に便利な、可動域の広いバリアングル液晶。「背景ぼけ切り替えスイッチ」「商品レビュー用設定」のワンタッチボタンを搭載。
より印象に残る映像を実現する高性能なイメージセンサーとVlogに特化した撮影機能。構図や録音などに集中させてくれる高精度なAF性能。動画撮影時のリアルタイム瞳AFとリアルタイムトラッキングにも対応し、主役を際立たせる。自撮りやローアングル撮影に便利な、可動域の広いバリアングル液晶。「背景ぼけ切り替えスイッチ」「商品レビュー用設定」のワンタッチボタンを搭載。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
GoProHERO10 一緒に購入したいアクセサリー7選

GoPro 撮影機材

2021/10/13

GoPro HERO10を便利に使うおすすめアクセサリー 7選

2021年の9月に新しく販売された新機種のアクションカムGoPro HERO10を購入しました。 GoPro Hero10は見た目や形状は前モデルのHERO9と変わりませんが、搭載されているプロセッサーがHERO6からHERO9まではGP1だったのに対して、HERO10ではGP2になり大幅にバージョンアップされました。 これにより各種操作がいままで以上にスムーズになり、記録解像度も向上され、手振れ補正機能HyperSmoothも第4世代になりさらに強力になったりと、様々な点で使いやすくパワーアップされたG ...

この記事を読む

ZV-E10 動画用VLOGカメラで使いたいAPS-Cレンズ 7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/6

ZV-E10 ソニーの動画用VLOGカメラで使いたいAPS-Cレンズ 7選

ソニーから販売されたVLOG用カメラZV-E10は、動画が撮りやすいように設計されているAPS-C型のミラーレス一眼レフです。 Youtube撮影に最適なVLOG用カメラとしては、同じソニーから先に発売されたコンデジ「ZV-1」がありますが、これと比較した場合に何より大きな違いはレンズの交換ができることです。 レンズ交換ができることによって広角、望遠などと撮りたいイメージに合わせてレンズを選択できます! 今回はZV-E10で動画を撮影するうえで揃えておくと便利なおすすめのAPS-CのEマウントレンズを紹介 ...

この記事を読む

ZV-E10を購入してから最初にやるべきカメラ本体の設定・準備

ZV-E10 撮影機材

2021/10/15

ZV-E10の購入後に最初にやるべき準備と設定・便利な使い方

「そろそろ動画もがっつり撮っていきたいなー」と思いソニーのVLOGカメラZV-E10を新しく購入しました。 思わず発売日に衝動買いしてしまったミラーレス一眼のカメラでしたが、実際に使って見ると機能や操作的な面が動画用にカスタマイズされているのもあり使い勝手がよく、あまり動画はガッツリやってきてない自分が「これからの動画撮影が楽しみだ!」と思わせてくれるものとなりました。 ZV-E10の動画カメラとしての魅力は下記記事にてまとめています 今回はそんなZV-E10を実際に購入してから撮影前に準備した内容と、使 ...

この記事を読む

ZV-E10 おすすめのアクセサリー7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/6

ZV-E10と一緒に買うと幸せになれるおすすめアクセサリー7選

ソニーからAPS-Cミラーレス一眼レフのVLOGカメラZV-E10が販売されました。 a6400シリーズのカメラを動画向けにカスタマイズされたもので、先に発売されたコンデジタイプのVLOG用カメラZV-1のコンセプトをミラーレス用にしたものとなります。 レンズ交換も可能なところから撮影用途に合わせての応用も効き、軽量・コンパクトでしかも安いと、クオリティーの高い動画撮影やYoutube投稿をしたい人にとっておすすめのカメラといえます。 ZV-E10は発売日に購入しました!詳細の魅力は下の記事で紹介していま ...

この記事を読む

VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10

ZV-E10 撮影機材

2021/10/6

ZV-E10 レビュー | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいなぁ!」と考えていた自分は発表の情報を聞き販売日前にソニーストアで予約しました。 予約して販売日に購入したカメラははじめてです! 今回この記事では自分がつい衝動買いしてしまったZV-E10の機能的なメリットや性能のレビューも合わせて、Youtube撮影などのVLOG動画撮影おいておすすめなポイントを7つご紹介し ...

この記事を読む

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ

カメラ関連情報 撮影機材

2021/10/15

【まとめ】カメラや写真・動画の撮影機材のおすすめ記事

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がってます。 趣味に関連するものはつい物欲が増しちゃいますねぇ 今回はそんな凝り性の自分が購入してきたカメラ関連のガジェットやアクセサリーの紹介を中心に、撮影の方法やAdobe編集ソフトの使い方や、写真や動画に関連する内容など、いままで本ブログでまとめてきた記事をジャンルに分けてご紹介します。 目次 一眼レフカメラ ...

この記事を読む

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ

Oculus Quest VR

2021/9/21

【まとめ】OculusQuest2を完全攻略!おすすめ記事11選

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「OculusQuest2でもっと楽しみたい」と思っている本体をすでに持っている方から、「気になっているけどどういうVRゴーグルなの?」といま購入を考えている人まで満足できるコンテンツばかりです。 実際に使って試してみたレビューばかりなので気になる記事をみつけたらリンク先で詳細をチェックしてみてください。 目次 ...

この記事を読む

OculusQuest2 ヘッドストラップを徹底比較

Oculus Quest VR

2021/8/16

【OculusQuest2】ヘッドストラップを徹底比較!エリートストラップと非純正品を比べてみた

VRゴーグル、OculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 高性能なパソコンなども必要なくゴーグル単体でVR体験ができることからVRゴーグルの中でいま話題の人気モデルです。 販売価格も3万円代とバーチャル体験のクオリティーを考えるとコスパにも優れているOculusQuest2ですが、さらに没入感の高い高品質なVR体験をするうえで大事な要素がゴーグルのヘッドストラップです。 OculusQuest2のヘッドストラップは付け替えが可能となっており、純正品ではエリートストラップ(Eliteストラップ)があ ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-ZV-E10, 撮影機材
-, , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.