カメラバッグ 機材アクセサリ

【ナショジオ】 NG A5270|3年以上使っていても未だオシャレで自慢できるおすすめカメラバッグ

オシャレで使い勝手が良いおすすめのカメラバッグ NG A5270

カメラを購入するときに大抵一緒に買わないといけないもの、それはカメラバッグです。

外に持ち出す際にはカメラ本体、交換レンズ、フィルターなど何かと多くなる機材を入れるにはある程度の大きさのものが必要になります。

また普通のカバンと比較しても、カメラやレンズを安定して持ち運ぶことができるだけではなく、バッグ自体の耐久性も高く、長く担いでも疲れず撮影できたりと、機能性が高いものが多くあります。

しかし残念ながらこのカメラバッグ、如何せんデザインが無骨すぎるものが多い傾向があります。

せっかく買うのならデザインがよくオシャレなものにしたい!でもカメラを持ち運ぶのに容量があって使い勝手が良いのがいい!

そんな欲張りチョイスをしたい方にお勧めしたいのが、今回紹介するナショナルジオグラフィックのカメラバッグNG A5270です。

ナショナルジオグラフィック(ナショジオ)って?

ナショナルジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 通称「ナショジオ」は、米ナショナルジオグラフィック協会が発行してるドキュメント雑誌、またはドキュメンタリーチャンネルのことを指します。

「深い探求心をもって未知へと挑み続け、人類の知を次世代へとつないでいく」をミッションに自然、野生、宇宙、化学、簿王権、探索、歴史、環境のドキュメンタリーを世界最候補のクオリティーで提供している団体です。

自分も昔からCS放送でナショジオのチャンネルはよく見てましたがナショジオが撮影する映像、写真はもう圧巻のひとこと。

ナショジオが主催の写真展にいった時には「すげぇ…」という語彙力の無い感動を胸にだいぶ長い時間観覧してました。

その写真展のインパクトから普段そういう場所でグッズを買わない自分が写真集とカレンダーを買ったのは未だに覚えています。

そんな良い記憶しかない自分がナショジオバッグを選んでしまうのはもう自明の理でしょう。

ナショナルジオグラフィック カメラバッグNG A5270

ナショジオバッグ NG A5270

ナショジオカメラバッグNG A5270は、天然の高品質な丈夫な素材を利用しており、使い込むほどに色が馴染んでくダークブラウンが魅力のデジタル一眼レフの運搬におすすめの中型のリュックサックです。

メインのスペースが上部と下部に分かれており、下部に一眼レフのカメラや交換レンズなどを収納、上部には財布やバッテリー、その他の機材などを収納できます。

ナショジオカメラバッグ NG A5270 基本情報
重量 1.38kg
容量 8.7L
内寸 29×12×25cm
カメラケース奥行 26×12×21cm
外寸 31×18×44cm
カラー ブラウン
アフリカの大地をイメージしたブラウンのキャンパス地が特徴のアフリカコレクション。

デザインがよく、カメラバッグに見えないオシャレさ

オシャレで使い勝手がよい

このカメラバッグにしてから「おお!オシャレなバッグじゃん!」と言われる確率が増えました

またナショジオ好きとしては「ナショジオバッグやん!」と言われるとテンション高くなるのは言わずものがな。

カメラバッグ選びの際、自分がよく行く撮影場所がThe自然!なところより、ぶらり街歩きなことが多いのもあり、普段着る私服と合ったものにしたいという要望がありました。

その点、このカメラバッグはナチュラルに服装にあわせやすく、カメラバッグが服装から浮くこともありません

個人的な主観ですが、カメラ機材がはいってますよみたいな大きな黒いリュックみたいなのがどうも好きになれないんですよねぇ…。

カメラをやらない人からするとカメラバッグに見えないと言われることも多いのでそういう点でもおすすめです。

ポケットが多く、様々な機材を収納できる

カメラやレンズも多く収納

このカメラバッグですが、思いのほかポケット数が多く何かと勝手よく収納することができます。

メインポケットの下部には、標準レンズをつけた一眼レフと、大型のレンズなら2本、小型の単焦点レンズなら追加で4本まで収納することができます。

自分としてはミラーレス一眼レフのSony α7ⅢにTamronの28-72 f2.8をつけ、Sigmaの135mm f1.8とSonyの55mmと85mmの単焦点を持ち運べるので必要十分です。

メインポケット上部には財布やNDフィルター、サブのコンデジやモバイルバッテリーなどの周辺機器が結構な量はいります。

メイン上部ポケット

ポイント

メインポケットの上部と下部を間にはチャックで仕切られてますが、チャックを外すことで1つの大きな収納エリアにすることができます。

また宿泊込みの撮影旅行などに行くときは肌着や下着などを上部に入れて持ち運ぶのが多いです。

飛行機に機内持ち込みできるサイズなのでフットワークも軽くいけるのでお気に入りのスタイルですね。

サイドポケットにも長物の収納が可能

サイドの両側にもポケットがあり、片側には三脚などの長物が固定できるループも装備されてます。

フロント部分に小型ポケット

その他にもノートパソコン、タブレットが収納できるスペースがある点と、フロントの部分にも小型のポケットがついているので充電ケーブル、SDカード、鍵など細かなものを使い勝手よく収納することもできちゃいます。

リュックのショルダー部分の長さ調整が簡単

カメラリュックの大事なところは収納性もありますが運搬性も大事です。

数種類のカメラバックを使ってきましたがこのナショジオバッグは担いだときのフィット感がよく動きやすいです。

また担ぎながらの長さ調整も簡単でスムーズです。

あと長さ調整した後の紐の部分、結構ここの部分がダサいor邪魔なバッグもありますがこのナショジオバッグはそこすらもカッコいい(カッコよさ大事)

雨の時も安心の専用レインカバー

小さいサイズで持ち運べるレインカバー

また別売りにはなりますが、雨天時でもカメラバッグを保護できる専用のレインカバーが販売されています。

レインカバー装着図

多少の雨なら生地の強度的につけなくても全然大丈夫なのと、雨が強い時はあまり撮影にいかないことから買ったは良いもののあまり使っていないです。

雨対策をしっかりしたい方にとってはそのようが選択肢があるのは良い点ですね。

バッグ前面に被せ、紐で締め付けて簡単に装着できます。折畳式で小さく収納できます。悪天候の中での撮影で機材を保護します

ちょっとここは残念なところ

と、ここまで褒めに褒め潰してるのでちょっと残念なところを。

いや、これは自分の運用方法も悪いのですが、レンズなどの収納フロアが下側になるのですが、これチャックが上側じゃなくて下側に開くんですよね。

そう、レンズ交換などが終わった際にチャックを締め忘れ、そのまま担いでそこからレンズが転がり落ちるのが数回。。

未だ致命的な大事には至ってはいませんがほんとこれは注意しないと。

注意すれば回避できる部分なので、どちらかと言えばカメラバックというより自分自身の残念なポイントですねぇ…(自省)

実際にやってる撮影内容ごとでの収納方法

人物撮りで移動が多く、スタンドが使えない状況でストロボを使いたい時の装備にはなります。

自分はGodoxのAD200をサイドのポケットに入れ込み、AD200のヘッド部分に延長ヘッドのEC200を取り付け、その部分を上部のメインポケットに入れ持ち運びしています。

GodoxAD200の手持ちストロボスタイル

ポイント

もちろんリュックを背負いながら使えます!

ストロボを利用する際にはEC200にVelbonの自撮り棒、ULTRA STICK SELFIEをつけてあげることでリュックをしょいながら、左手にストロボ、右手にカメラでストロボを使ったワンオペ撮影が可能となります。

但し左手はだいぶプルプルになります。筋トレも一緒にできて一石二鳥!(前向き)

関連記事
何かと使えて便利すぎる自撮り棒 Velbon ULTRA STICK SELFIE
撮影から照明まで大活躍!超おすすめのVelbonの自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE(ウルトラスティック セルフィー)

自撮り棒、安いものは100均からあり、amazonなどのサイトを見ても様々な製品があります。 自分はあまりスマートフォンなどでの自撮りはしてこなかったので正直いままで興味もないカテゴリーでした。 です ...

続きを見る

またこの装備の場合でも、もう片方の空いているサイドポケットにストロボスタンドも差し込めます。

スタンド込みの撮影がしたい時もナショジオバッグ1つにすべて収納することができます。ほんと使い勝手がいい!

あとカメラバッグのフロント部分にループがあるのでカラビナをつけて機材などをぶら下げれるようにしてます。

ダンボーも持ち運び!

ポイント

撮影の被写体で使うダンボーも取りだししやすい!


かさばる荷物もここにつけておけるので使い勝手がさらにアップです。思いついた自分を褒めてあげたい。

他のナショジオのカメラバッグと合わせてデザインを統一!

他のナショジオバッグと一緒に

ナショジオバッグはこのNG A5270以外にも数種類ありますが、自分はコンデジ用に小型のナショジオバッグのNG1153とNGA1212の2つを別にもっています。

SonyのRX100M5とRICHOのGR2を持ち運ぶ際に使っています。

NGA5270と一緒に持っていきたい時もバッグのデザインの方向性が一緒なので組み合わせがしやすいです。

コンデジだけで気軽撮影に行くときはもちろん、メインの一眼レフが望遠、または単焦点レンズの時に「広角で撮りたい!」と思った時に、サブ機としてコンデジをNG1153に入れて、カラビナをつけて腰にぶら下げてます。

これが思いのほか便利でおすすめです。

メインスペースはコンデジがすっぽり収まるサイズで、フロントポケットには小物やアクセサリが収納できます。 ショルダーストラップが付属しています。 デジタルカメラグランプリ 2012 カメラバック[ポーチ・カメラケース]部門 金賞受賞。コンパクトカメラの持ち運びにぴったりです。

まとめ

と、言うことで勢いで自分が実際に使ってみて感じたナショジオバッグの魅力について語ってみました。

3年以上使っていますが未だデザインに飽きがきていないのと、新しい装備が増えるたびにバッグに格納しては使い勝手の良さを感じれる良きアイテムです。

オシャレで実用的なカメラバッグが欲しいなぁと思っている方は一度チェックしてみてください。

アフリカの大地をイメージしたブラウンのキャンパス地が特徴のアフリカコレクション。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな男です。最近は動画の編集も勉強中。興味があることはなんでも試してみたくなる人。当サイトではそんな管理人がクリエイティブに関する情報をお届けいたします。

-カメラバッグ, 機材アクセサリ
-, , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.