【広告・PR】当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

撮影機材・アクセサリー

【比較・レビュー】Godox AD100 Pro 持ち運びに最適な小型ストロボ

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ

自分はストロボを使った撮影はGodoxでまとめており、現在メインのストロボとしてはAD200を使っています。

ストロボはこれで決まり!ポトレやコス撮影におすすめのストロボ Godox AD200
Godox AD200 レビュー | ポートレートにおすすめのモノブロックストロボ

ポートレートやコスプレなどの人物撮りの撮影に力を入れようとした際に、まずは整えるアイテムの筆頭にストロボがあります。 Sonyのα7IIIに買い換えた際に使えるストロボがなかったのもあり、最初はGod ...

続きを見る

AD200のアクセサリーも揃えてで満足していたところですが、「多灯ライティングをしたい」「軽く持ち運べるものも欲しい」と思い、AD200を小型化したモノブロックストロボGodox AD100 Proを新しく購入してみました。

今回はそのコンパクトさが魅力なAD100 Proを実際に使いAD200とも比較したうえでレビューをしていきます。

一緒に使うと便利なアクセサリーもご紹介します!
GodoxAD100Proは丸型のデザインを採用し、超コンパクトで持ち運びに便利です。バッテリーを含めたわずか524グラムで、ロケ地での撮影時の写真家の負担を大幅に軽減し、ポケットやバッグに入れることができます。他のADメンバーと同じGodox2.4Gワイヤレスシステムに組み込まれているAD100Proは、X1T、X2T、またはXPROトリガーに接続することで、主要なカメラブランドと連携できます。 Nikon、Canon、Sony、Fujifilm、Olympus、Panasonic、Pentaxカメラと互換性があります。
【約100メートル範囲での2.4G制御】:Godox AD200Proは、Nikon、Canon、Sony、Fujifilm、Olympus、PanasonicおよびPentax TTLをサポートしています。 マスター&スレーブ機能により、AD200ProはGodox TTLカメラフラッシュ、TTL屋外フラッシュなどと組み合わせて使用可能です。

Godox AD100 Pro 概要・レビュー

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ

Godox AD100 Proは携帯性に優れながらも、100Wsの光量があるバッテリー式モノブロックストロボです。

GodoxのADシリーズの中では最軽量モデルで、バッテリーを含めた重量も約520gとかなり軽量
サイズ感は手のひらサイズで、円柱型の形状と合わせてコンパクトです。

光量は1/256から1/1までの81段階で細かく調整も可能。
リサイクルタイムも0.01秒から1.5秒の範囲と短いので、ストレスなく連続撮影することができます。

AD100 Proとワイヤレスコマンダー

TTL、M、マルチフラッシュモードで使用でき内蔵2.4G無線伝送に対応。
発信側のワイヤレスフラッシュトリガーをカメラに装着することでSony、Canon、Nikonをはじめとした様々なメーカーで利用できます。

Xpro-s TTLワイヤレスフラッシュトリガーは、内蔵のGodox Wireless Xシステムでカメラフラッシュ、屋外フラッシュ、スタジオフラッシュなどのようなフラッシュを制御できます。

またワイヤレス接続のグループ数はA~Eまでの5つ、チャンネル数は32あります。
それに加えてIDも1~99まで設定できるので、イベントなどで他のカメラマンとのストロボが混在している環境でも誤発光しないよう制御もしやすいです。

ポイント

その他、1.8Wのモデリングライトやハイスピードシンクロなどストロボに欲しい機能は一通り揃っています。

Godox AD100 Pro バッテリー

バッテリーは取り外しが可能

バッテリーは2,600mAhのリチウム電池となり、フルパワー発光で360回のフラッシュがおこなえます。

バッテリーは本体に格納されているので見た目もシンプル。付属の専用充電器で充電ができます。
Godox AD100 Pro 製品仕様
対応機種Nikon/Canon/Sony/Olympus/
Panasonic/Fuji/Pentaxカメラ
出力100Ws
段階9段:1/256~1/1
ストロボ発光あり(回数:90 周波数:99)
シンクロ方式ハイスビードシンクロ(最高1/8000秒)、前幕シンクロ、後幕シンクロ
遅延トリガー0.01~30秒
制御可能スレーブユニットグループ5グループ(A, B, C, D, E)
伝送距離100メートル
電源リチウムバッテリー(7.2V / 2600mAh、Godox V1のバッテリーにも対応)
フルパワー発光回数360回
リサイクル時間約0.01?1.5秒
節電30分(調整可能)において何の操作もしなかった場合、自動に待機状態に入ります
シンクロトリガー方式3.5mmシンクロケーブル、ワイヤレスコントロールソケット
色温度5800±200K
体積120x76x76mm
重量524g (バッテリーを含まれます)
GodoxAD100Proは丸型のデザインを採用し、超コンパクトで持ち運びに便利です。バッテリーを含めたわずか524グラムで、ロケ地での撮影時の写真家の負担を大幅に軽減し、ポケットやバッグに入れることができます。他のADメンバーと同じGodox2.4Gワイヤレスシステムに組み込まれているAD100Proは、X1T、X2T、またはXPROトリガーに接続することで、主要なカメラブランドと連携できます。 Nikon、Canon、Sony、Fujifilm、Olympus、Panasonic、Pentaxカメラと互換性があります。

Godox AD100 Proの本体外観とセット内容

AD100 Proの底面側には設定内容を確認できるパネルとボタン類が配置されています。

電源の入れ方としては、電源ボタンを押した後にダイヤル操作をすることでONになる仕様になっています。
これにより持ち運び時に誤って電源が入ってしまう、なんてことも防止できます。

操作方法もシンプルな仕組みになっており、簡単に調光の設定やフラッシュモードの変更、グループ設定などができます。

調光はホイールを押し込みながらの操作で1段ずつ変更、押し込まずに回すと1/10段ごとで変更。

Godox AD100 Pro 三脚穴

本体の側面部分には三脚穴が2つあり、こちらを使ってライトスタンドや三脚への固定がおこなえます。

また本体にType-Cケーブルが接続できるようになっていますが、こちらはファームウェアのアップデート用となり、直接充電することはおこなえません。

Godox AD100 Pro USB端子

ポイント

23年12月時点でのAD100 Proの最新Verは1.2となります。
アップデート方法は下記をご参考にしてください。

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ セット一式

Godox AD100を購入すると専用のバッグもセットとなっており、内容物をひとまとめに収納し持ち運ぶことができます。

収納バッグがついてくるのはかなり嬉しいポイント!

バッグの中にはGodox AD100本体以外にもセット内容のバッテリー、コンセント・充電器、ブラケットを収めれるようになっています。

Godox AD100とアンブレラホルダー

Godox AD100とブラケット

ポイント

ブラケットはライトスタンドへの固定につかえ、アンブレラホルダーもついています。

メッシュポケットもついているのでUSBケーブルや説明書、その他の細かいガジェットなどを入れておけるのでなかなかに便利です。

Godox AD100 Pro セット内容

・AD100 Pro ・説明書 ・保証書 ・バッテリー
・充電器 ・ACアダプター ・USB-C to USB-Aケーブル ・アンブレラホルダー

AD100 Proは軽量・コンパクトで持ち運びが良い

Godox AD100 Proのサイズ感

Godox AD100 Proの魅力はやはりその軽量・コンパクトさにあります。

大きさは120×76×76mmと手のひらに収まるほどで、サイズ感としては350mlの缶ジュースと同等です。
モノブロックストロボは光量があるぶん重量が重くなりがちですが、バッテリーを含めた本体重量も約520gと軽量。

Godoxのエントリーモデルのストロボ TT600に電池を入れると約500gになることを考えるとかなりの軽さです。

Godox AD100 ProとTT600

AD100 ProとTT600とのサイズ比較

またTT600と比べると縦のサイズも小さく収まっており、円柱のような形状をしていることから、カメラバッグのレンズスペースにも合わせて入れやすいのが非常に嬉しいポイントです。

カメラバッグにAD100を収納

カメラバッグ内に立てて収納できます。

ポイント

購入してから「とりあえずもっていくか」の感覚で持っていけるようになったのでかなり気楽です

ライトスタンドが使えないイベントや、移動しながらの撮影など、手持ちでストロボを持つ必要がある時には特に活躍できます。

発光部が丸形の形状で100Wsと十分な発光出力

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ

AD100 Proは発光部も丸形になっているラウンドフラッシュヘッドになっています。

発光部分が長方形になっているTT600などの一般的なストロボと比べると、フラッシュの光が均一的に周りやすいのも特徴です。

ポートレート撮影などでは目のアイキャッチも丸く綺麗に入りますね

出力は100Wsとなり、スタンダードなクリップオンストロボが60Ws前後と考えると、単純なワット数の比較では明るいストロボと言えます。

また発光時の照射角度も28mm、35mm、50mm、70mm、85mmから選択できます。
通常では一番ワイドで光が広がる28mmに設定しておくのが良いですが、85mmなどにすることでスポット的な光に調整できます。

ポイント

発光した際にはビープ音も鳴るので、撮影時に正常に光ったかを音で確認できるのも良い点です。

AD100 Proの発売当初は「光が緑色に色かぶりしている」という懸念点がありましたが、自分が購入した際のモデルでは発光部のガラスが若干ピンク色のものに変更されており、その点も改善されています。

Godox AK-R1のアクセサリーが使用可能

H200Rアクセサリー AK-R1

AD100 Proの良い点としては光源部分にマグネットマウントを採用している点です。

これにより円形の発光部分にマグネットで取り付けれる簡易的なストロボアクセサリー、Godox AK-R1をそのまま取り付けることができます。

AK-R1アクセサリーの内容:バーンドア、スヌート、カラーフィルター、リフレクター、ハニカム、ディフューザーボールキット。Godox AK-R1は必要に応じてライト効果を作成できます。H200Rラウンドフラッシュヘッドトップに簡単に取り付けることができる磁気アクセサリポートします。

光を柔らかくできるドームディフィーザーや、直線的な光にするハニカムグリッドなどは使い勝手もよく、装着も簡単なので自分は大抵一緒に持ち歩いてます。

AD100 Proにドームディフィーザー

AD100 Proにドームディフィーザーを装着

カラーフィルターも使用頻度が多いオレンジ色が濃度違いで複数枚ついているので、カラーシフトを使った撮影でも活用できます。

AK-R1アクセサリー内容物

・バーンドア ・スヌート ・カラーフィルター ・リフレクター
・ハニカム ・ディフューザーボールキット

使い勝手が広がるアクセサリーの一式なのでAD100を使う際にはセットでの購入がおすすめです。

モノブロックストロボ Godox AD200とAD100の比較

AD200とAD100

Godoxでプロ・アマ問わず人気で、AD100の兄貴分と言えるモノブロックストロボにAD200があります。
自分もAD200は長く愛用しているストロボなので、使い勝手を比較したいと思います。

ストロボはこれで決まり!ポトレやコス撮影におすすめのストロボ Godox AD200
Godox AD200 レビュー | ポートレートにおすすめのモノブロックストロボ

ポートレートやコスプレなどの人物撮りの撮影に力を入れようとした際に、まずは整えるアイテムの筆頭にストロボがあります。 Sonyのα7IIIに買い換えた際に使えるストロボがなかったのもあり、最初はGod ...

続きを見る

結論から先に言うと、光量の大きさ、光の性質の変化から拡張性はAD200携帯性や取り回しの良さはAD100が優れていると言えます。

比較した際のAD200のメリット

AD200+H200R

AD200にH200Rを装着

AD200は本体を購入するとスピードヘッドライトフラッシュチューブヘッドの2つを付け替えることで光源の質を変えることができます。
またその他に別途購入が必要となりますが、追加のラウドフラッシュヘッドH200Rなどもあります。

【照明効果】Godox H200Rリングフラッシュヘッド200ws強力なパワーとナチュラルライト効果Godox AD200ポケットフラッシュ、光とポータブル、撮影のための均一で柔らかい光の効果を提供する。

左がAD200+H200R、右がAD100 Pro

ポイント

AD100 Proの形状、光の表現としてはこちらのH200Rのものに近いです。
また前述のAK-R1のアクセサリーはH200Rにも取り付けができます。

またフラッシュチューブヘッドの光源を柔らかくするシェード(通称きのこ)や、発光部分を延長できるEC200などの専用アクセサリーも多数用意されています。

AD100はこのようにヘッドパーツを切り替えることができず、出力も200Wsと100Wsの違いがあるのでメインライトとしてはAD200のほうが優れていると言えます。

AD200は屋内でのスタジオ撮影、ロケ撮影でも共に本当に使いやすいです。
【約100メートル範囲での2.4G制御】:Godox AD200Proは、Nikon、Canon、Sony、Fujifilm、Olympus、PanasonicおよびPentax TTLをサポートしています。 マスター&スレーブ機能により、AD200ProはGodox TTLカメラフラッシュ、TTL屋外フラッシュなどと組み合わせて使用可能です。

比較した際のAD100のメリット

Godox AD100 Pro

前述したとおりにAD100 Proの魅力としてはそのコンパクトさと言えます。
AD200と比較すると明らかに重量が軽く、中量級のレンズと似たようなサイズ感なので持ち運びも簡単です。

AD100のお陰で確実にストロボを持ち運ぶ機会は増えましたね

またAD100はAD200とは違いメニュー項目が表示できるようになっているので、ID設定やビープ音設定などの設定項目も視覚的にわかりやすいのも良い点です。

確かに光量はAD200よりはありませんが、一般的なスピードライトよりは光量もあり、1/1の最大発光が必要のない環境ではAD200とあまり変わらず使えます。

手持ちでも使いやすくなったことで、ロケなどでフットワークを使った撮影の機会が多い人にはAD100はおすすめと言えます。

ポイント

2灯以上のストロボを使った多灯ライティングでも活用できるので、複数もっていても活用できますからね。
そういう自分もAD200とAD100はあと1台づつ欲しい…。

GodoxAD100Proは丸型のデザインを採用し、超コンパクトで持ち運びに便利です。バッテリーを含めたわずか524グラムで、ロケ地での撮影時の写真家の負担を大幅に軽減し、ポケットやバッグに入れることができます。他のADメンバーと同じGodox2.4Gワイヤレスシステムに組み込まれているAD100Proは、X1T、X2T、またはXPROトリガーに接続することで、主要なカメラブランドと連携できます。 Nikon、Canon、Sony、Fujifilm、Olympus、Panasonic、Pentaxカメラと互換性があります。

おすすめアクセサリーと組み合わせた便利な使い方

Godox S2ブラケット

AD100とS2ブラケット

GodoxのS2ブラケットを使うことでボーエンズマウント対応のソフトボックスがAD100 Proでも使えるようになります。
ソフトボックスを使う人にとっては必需品のようなアイテムですね。

・Godox V1、 AD200Pro、 AD200、 AD400Pro、 V860IIシリーズ、TT685シリーズ、TT600シリーズ、TT350シリーズなどと適用できます。・ボウエンズ Sタイプマウント、スタジオライトモディファイアの使用を可能にし、すべてのボウエンズマウントアクセサリに適しています。

カラーフィルター

ストロボの光の色を変えるカラーフィルターでGodoxからマグネットマウント専用のフィルターも販売されています。

カラーフィルターとAD100 Pro

丸形のカラーフィルターを挟むのみなので簡単!

また専用のものでなくてもサイズがあっていれば、ソフトシェードなどのマグネットパーツで挟むだけで簡単に装着できるので便利です。

Godox V1などのラウンドフラッシュヘッドに適した、このAK-R16ラウンドフラッシュヘッド用のジェルセットには、アンバーウォーミングフィルター3枚とディフュージョンフィルター2枚が含まれています。各フィルターはタブを使ってヘッドに素早く取り付けられます。

自撮り棒 ベルボン ウルトラスティックセルフィー

手持ちで使う場合は延長できるベルボンのウルトラスティックセルフィーがあると使い勝手がよくなります。
底面に三脚穴もついているので、簡易的なライトスタンドとして使うこともできます。

・ひねって伸ばすスピード伸縮!カメラ・スマホ・アクションカメラも使える高性能自撮り棒。・ポケットサイズから大きく伸ばして約72cm!金属製で関節部が強く、アクションカメラでの自分撮りに最適!

まとめ

AD100とカメラ一式

Godoxの小型モノブロックストロボAD100 Proについてレビューしました。
軽量で小型ながら光量も充分、カメラバッグにも入れやすく気軽に持ち運べるストロボと言えます。

ポイント

荷物は多くしたくないけど、とりあえず1灯持っていきたい時は特に最適ですね。

価格も30,000円代と比較的安価に購入することができるので、持ち運びが良く光量があるメインストロボ、取り回しが良いサブのストロボをお探しの人にはおすすめですよ。

GodoxAD100Proは丸型のデザインを採用し、超コンパクトで持ち運びに便利です。バッテリーを含めたわずか524グラムで、ロケ地での撮影時の写真家の負担を大幅に軽減し、ポケットやバッグに入れることができます。他のADメンバーと同じGodox2.4Gワイヤレスシステムに組み込まれているAD100Proは、X1T、X2T、またはXPROトリガーに接続することで、主要なカメラブランドと連携できます。 Nikon、Canon、Sony、Fujifilm、Olympus、Panasonic、Pentaxカメラと互換性があります。
【約100メートル範囲での2.4G制御】:Godox AD200Proは、Nikon、Canon、Sony、Fujifilm、Olympus、PanasonicおよびPentax TTLをサポートしています。 マスター&スレーブ機能により、AD200ProはGodox TTLカメラフラッシュ、TTL屋外フラッシュなどと組み合わせて使用可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カメラ初心者のための写真撮影術!おすすめ機材と現像テクニック

撮影・編集

2024/6/20

カメラ初心者必見!写真撮影で覚えること:おすすめミラーレスカメラ・現像方法

カメラを使い始めるのは、とても楽しい経験と言えます。でも初めての人にとっては少し操作や技術的に難しいこともあるかもしれません。 ここではカメラ初心者が覚えておくと良いポイントを紹介します。これらを知っておくことで、より良い写真を撮ることができます。 この記事がおすすめの人 ・これからカメラの撮り方を覚えたい人 ・カメラの基本や必要なこと、楽しむための流れを知りたい人 ・いまからはじめるのにおすすめのカメラや本を知りたい人 目次 1. カメラの基本を知ろう 2. 写真の構図を学ぼう 3. 光の使い方を理解し ...

この記事を読む

SONY Xperia 1 VI

スマホ・タブレット

2024/6/17

Xperia 1 VI | 進化したカメラと高性能を兼ね備えた SONY最新フラッグシップモデル

ソニーから最新フラッグシップスマートフォン「Xperia 1 VI」を発表されました。 このモデルは、カメラ機能が大幅に強化されており、7倍光学ズームにより170mm相当の望遠撮影が可能です。最大撮影倍率が約2倍のテレマクロモードも搭載され、歪みのないボケ感のある写真が撮影できます。 ポートレートに最適な85mm+ぼけ機能も実装しており、スマートフォンながら最新ミラーレスカメラを使ったかのような本格的撮影がおこなえます。 ディスプレイは前モデルの21:9 / 4Kから、19.5:9 / フルHD+に変更。 ...

この記事を読む

MetaQuest3 Eliteストラップ バッテリー付き

MetaQuest

2024/6/16

MetaQuest3 Eliteストラップ バッテリー付き レビュー | 快適性とプレイ時間を延長する純正アクセサリー

日々の日常で愛用しているガジェットの一つに、VRゴーグルのMeta Quest 3があります。 VRゴーグルは前モデルのMeta Quest2を発売日から使用しており、毎日の運動・トレーニング、VRゲーム、オフィスワークのガジェットとして活用しています。 Meta Quest3を長時間、頭の疲労感なく使えるようにするための純正アクセサリーに、Quest 3用のバッテリー内蔵型エリートストラップがあります。 Quest2では通常のEliteストラップを愛用していた中で、Quest3ではバッテリー内蔵モデルに ...

この記事を読む

Ulanzi LT028 40W レビュー

撮影機材・アクセサリー

2024/6/12

Ulanzi LT028 40W レビュー | 内蔵電源で持ち運び便利!動画撮影に最適なCOBライト

動画撮影やライブ配信に最適な照明機材として、UlanziのLT028 40Wを購入しました。 本格的な照明機材として以前はCOLBOR CL100Xを使用していましたが、より小型で使いやすいものを求め、今回このライトを追加購入しました。 COLBOR CL100Xもおすすめの撮影用ライト! この記事では、Ulanzi LT028 40Wの特徴や使いやすさ、魅力についてレビューします。 Ulanzi LT028 40W COB撮影用ライトがおすすめな人 ・動画撮影用のコンパクトで使いやすいライトを探している ...

この記事を読む

Ulanzi MT-79

撮影機材・アクセサリー

2024/6/6

Ulanzi MT-79 つい買いたくなる便利さ! ポータブルな三脚・ライトスタンドの魅力

価格が手ごろでありながら品質が高いカメラアクセサリーのメーカー、Ulanzi。そんなUlanziから発売されたポータブル三脚 MT-79を手に入れてみて使ってみたところ、その利便性に驚かされました。 本当に早く買っておけば良かったと言えるレベル…! この記事では、カメラや照明機材系の三脚を探している方に向けて、Ulanzi MT-79の使い勝手や特徴をレビューします。 Ulanzi MT-79 がおすすめな人 ・手ごろな価格で高さがある三脚を求める人 ・手軽に使えるストロボや照明のライトスタンドを探してい ...

この記事を読む

MetaQuest3 おすすめアクセサリー

MetaQuest

2024/6/15

これはおすすめ!MetaQuest3と一緒に買ってほしいアクセサリー5選

新型のVRゴーグルMetaQuest3が2023年の10月に新しく発売されました。 従来のQuest2からは基本性能とカメラ機能が大きく向上されたことで、VR(仮想現実)だけではなく、バーチャルな環境を現実に合わせれるMR(複合現実)を楽しめるVRゴーグルとしても使えるようになりました。 ポイント MRはこれからさらに発展する技術な気はしますが、現在でも楽しみ方から、仕事での活用方法などもグっと増えた印象があります。 今回のこの記事ではそんな最新のガジェットであるMetaQuest3をもっと便利に使えるお ...

この記事を読む

Insta360 X3

カメラ・レンズ

2024/5/28

Insta360 X3 レビュー 360度撮影が簡単・本格的にできるアクションカメラ

前後左右に上下とその場の風景をまとめて撮影できるカメラに360度カメラがあります。 写真のみならず動画も撮影できるので、その場の空気感をそのまま伝えることができるカメラと言えます。 ポイント 機材としても比較的、目新しいジャンルのものと言えます。 他のカメラでは撮れないものが撮れることから、個人的にはずっと気になっていたジャンルです そんな中で、手持ちで撮影できるコンパクトな360度の動画カメラやアクションカメラを多く手掛けているInsta360さんから、この度オファーを頂き、最新モデルの「Insta36 ...

この記事を読む

オープンイヤー型イヤホン HUAWEI FreeClip

イヤホン

2024/5/28

【比較・レビュー】HUAWEI FreeClip アクセサリーみたいに使えるオープンイヤー型イヤホン

最近流行ってきたのか多くなってきたイヤホンの種類として、耳の穴に入れずに耳に引っかけるオープンイヤー型のタイプがあります。 耳を塞がないので、周囲の音を聴きやすいことから、ランニングなどの運動や街中の移動などにも安全に使える利点があります。 ポイント 自分もオープンイヤー型を日常向けからスポーツ向けと幾つかの種類を使っています。 喫茶店でのテレワークの作業にも活用してますね! それらのイヤホンを愛用している中で、この度HUAWEI(ファーウェイ)さんからアクセサリーのように付けれるオープンイヤー型のワイヤ ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

個人事業主でWebサイト制作とカメラマンをしている人。写真好き、旅好き、アウトドア好き。多趣味なのもあり興味があるガジェットや撮影機材をすぐ購入しがち。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。 サイトと管理人の詳細情報はプロフィールでご紹介。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がって ...

MetaQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Metaから販売された単独型VRゴーグルのMetaQuest2(メタクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「MetaQues ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしていますか? 自分はネットの買い物の8割はAmazonを使うというほどで月に何人かの諭吉さんがAmazon経由で旅立っています。 ガジェット好きとしてはツラいところで ...

-撮影機材・アクセサリー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.