α7III 撮影機材

キヤノンからソニーへ乗り換え比較!Canon 6DからSony α7IIIに乗り換えて感じた7つのメリット

Canon6DからSony α7Ⅲに買い換えたワケ

自分は一眼レフでの写真を2009年ごろからはじめ、その時の最新機種だったCanonのEOS kissX3を使っていました。(もうkissX10まで出てるとか信じられない…。)

そこから5年後の2014年ごろにフルサイズ一眼にデビューしたくなりCanon 6Dを購入。

そして1年ほど前の2019年の3月頃にいままで使っていたCanonからSonyに乗り換えて、フルサイズミラーレス一眼のα7IIIを購入しました。

買い換えた当時の理由としては、「ポトレが撮りたい!動画が撮りたい!」

今まで風景写真や街中スナップなどの撮影がメインだったので最適なカメラを使いたいと考えました。

そして乗り換えて数年。

その感想を先に述べると「高かったけど買ってよかった、満足や!」と言う言葉に尽きます。

今回はそんな自分がCanonの6Dと比較した際に感じたSONYのフルサイズミラーレス一眼のα7IIIを買って良かった7つのポイントについて感想をお伝えします。

「一眼レフカメラからミラーレス一眼レフカメラに乗り換えよう!」と考えている方は必見の内容です!

1.小さい、軽いは正義!

Canon6Dもフルサイズ一眼レフからすると軽い分類になりますが比較すると、軽さ・コンパクトさではSonyのα7IIIのほうに分があります

ボディ本体の重量はどちらも600g台とあまり変わりはありません。

しかし大きさは一回りコンパクトになっておりカメラバッグへの納まりはα7IIIのほうが良いです。

α7Ⅲのほうが一回り小さい

ポイント

写真左側がα7III。
比較すると明らかにサイズは一回り小さめです。

一眼レフとミラーレス一眼レフを比較した場合の特徴かもしれませんが、α7IIIに使えるミラーレス用のレンズは比較的軽量・コンパクトなものが多いです。

買い換えてからのフットワークは間違いなく軽くなりました。

おすすめレンズ

・コスパが良い単焦点レンズで評判のSEL55F18Z約281gSEL85F18も重量が約371gと軽量。

・2019年に予約殺到で売れに売れたtamron28-75F/2.8 Di Ⅲ RXDもF値2.8通しの大三元レンズながら約550gと取り回しが良い重量。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) レビュー
タムロン 28-75mm F2.8 Di III RXD レビュー | 最初の1本におすすめのソニー用ズームレンズ

続きを見る

Sonyミラーレスユーザー最初の1本におすすめの単焦点レンズ SEL5518FZ
SEL55F18Z レビュー | ソニーミラーレスカメラで最初の1本におすすめの単焦点レンズ

続きを見る

開放絞り値F1.8の高性能単焦点標準レンズ

カメラバッグに何かと機材を入れがちな自分としては軽くなったことで重量に悩まされることが今までと比較しても減りました。

肩への負担が減ったのが地味に大きな収穫です

慢性的な肩こりで悩み中な自分としてはでかい!…。

また買い替えと合わせてズボンのベルトにカメラを取り付けができるpeak design(ピークデザイン)のキャプチャーを導入しました。

キャプチャーを導入したことで基本的にカメラストラップを使う機会がなくなり持ち運びが気楽になりました。

利用すると便利でたまらないpeak designのキャプチャーを使おうと決めたのも、カメラとレンズを合わせた重量が軽くなりコンパクトになった点が大きいですね。

重量が重いとズボンが下がりそうになるんですよね。あとベルト部分に負担がかかり少し不安。

またレンズが大きいと単純に移動の際に邪魔。うん、けっこー邪魔。

それもありレンズ重量が1kg超えでサイズが大きいsigma 135mm f1.8を使う時はあまりキャプチャーは使わないです。

軽いレンズが多いので移動もらくらく!

ポイント

使用レンズは軽いものが多いので移動もらくらく!

peak designのキャプチャーの魅力やハンドストラップについては下記記事でまとめています。

ピークデザインのクラッチとキャプチャーがめちゃくちゃ便利な件について
【レビュー】ピークデザインのハンドストラップ クラッチとキャプチャーは最強の組み合わせ

続きを見る

2.ミラーレスカメラの使い勝手や操作性が思いのほか良い

当初ミラーレス一眼レフカメラの印象は正直あまりよくありませんでした。

操作性でタイムラグがあるのではないか?電子ファインダーなので覗いたときに違和感があるのではないか?などなどの不安感です。

しかししばらく使ってみた感想としては「これはミラーレスカメラ流行りますわ」でした。

不安はなんだったのか、先ほど挙げた問題らに殆ど悩むこともなく凄い使いやすかったのです。

一眼レフカメラになくミラーレス一眼レフカメラにある利便性の一番大きいところとしては、シャッターを切った際に画面に映っているものがそのまま写真として残る点です。

α7IIIを買う前は「いやいや、そんなの面白くないでしょ?」と声高々に友人らにも語ってましたがそれはもう過去のお話。

いまではすっかりその利便性にやられています。

こうやって人類は利便性に囚われていくのだよ…。

また利便性の点では撮影時にファインダーを覗きながらも画面を拡大表示できる点です。

この機能のお陰でピントの問題に悩まされるのがグっと減りました。

3.瞳AFでポートレートがもの凄く撮りやすい

冒頭に書いた通り、α7IIIを買った理由としては「人物のポートレート写真を上手く撮りたい」と言う点です。

今までのCanon 6DではAFフレームも11点と少なかったのもあり、人物を絞り開放で撮影するとピントが微妙にズレているということが良くありました。

自分の腕のせいも大いにある悲しい現実です。

また85mm、135mmとポートレート向きの明るい単焦点レンズを持っていなかったので、レンズを新しく買うなら「ボディも向いてるものを買っちまおう!」という流れでした。

そこで新しく手に入れたSony α7IIIは693点像面位相差AFとなり、画面の好きな位置に自由にピントを合わせれるようになりました。

また瞳AFの追従性が素晴らしく「どうやって測定してるんだ?」と思わされるほど。

しっかりと瞳に合わせてピントが追従しAFを合わせてくれます。

人形でも瞳AFがききます

ポイント

実はこんなキューピー人形に対しても瞳AFがききます!

ポートレート写真においてピントがあってない時のガッカリ感、やっちまった感は測りしれません。

モデルさんと言う相手がいるものだから余計に失敗できないですね。

6Dを使っていた頃と比較しても、失敗の写真になってしまうパターンが少なくなり、撮影時の安心感も増しました。

4.動画性能が高い 手振れ補正やチルトモニターはやっぱ便利

動画性能でもα7IIIは強く4K動画も撮影できます。

今後は動画の需要が伸びてくることを考えると、今は使わない人でも撮影の選択肢があるのは重要です。

ボディ内に手振れ補正機能がついているので、手持ちでの撮影でも違和感が少ない安定した映像を残せます。

瞳AFの追従性の良さについて前項で語りましたがそれは動画撮影時にも大きく繋がります。

被写体の動きに合わせてぐっと感知してくれるので、動きのある被写体を動画で追いかけたい時もめちゃくちゃ強いです。

やっぱり便利なチルトモニター

あとモニターが上下に稼働するチルトモニターはやっぱり便利

Canonの6Dはモニターも固定で手ブレ補正もありません。

6Dで動画を撮ろうとはなかなか思わなかったもんなぁ…。

5.自由なカスタマイズで使い勝手に合わせて設定できる

カメラ自体にカスタマイズが可能なファンクションキーも多いのが特徴的です。

それもあってか比較しても自分の使い勝手に合わせた各種ボタンアクションのカスタマイズの自由度が高いです。

ファンクションキーはC1からC4と4つあります。 それ以外のAF-ONやAELなどの他のボタンもカスタマイズ対象です。

またα7IIIはメニューの項目欄がめちゃくちゃ多いです。

しかしよく使うメニュー項目をマイメニューにひとまとめ出来るので「あの設定項目どこだったっけ?」と悩むこともなくアクセスすることができます。

よく使う項目をひとまとめ

ポイント

自分がよく使う項目をひとまとめすると本当に便利。
いままでSDカードのフォーマット項目はよく見失いがちになってたもので。

ここのカスタマイズの利便性を知っていてどれだけ自分の撮影法に合わせた下準備をしてるかでα7IIIの使い勝手の感想が分かれる気はします。

α7IIIを持っている方であまりカスタマイズ設定を触られてない方は一度確認してみてはいかがでしょうか?

キーを自分用にカスタマイズできます

ポイント

各種ボタンを押したときの機能の割り振りも自由にできちゃいます。

自分のα7IIIにおこなったカスタマイズ設定もどこかで記事にしたいですね。

6.オールドレンズが予想外に楽しい

CanonからSonyのα7IIIに乗り換える方の代表的な決め手として、今まで買ってきたレンズ資産を活かせる点があります。

SIGMAのマウントコンバーターMC-11を取り付けることで、CanonのレンズをそのままSonyのα7IIIに装着できます。

Canonのレンズ資産を無駄にせずそのまま活用できる、ということですね。

カメラのメーカーを乗り換える際はレンズも新しく買い直す必要があります。

どうしてもそれ相応の予算が必要になりますが、CanonからSonyの乗り換えの場合はMC-11のお陰でコストを抑えることができます。

MC-11の存在でCanonからSonyに乗り換えた方は多くいます。 まさに自分もそうですが。

さらにこのMC-11のマウンターを使うことでフィルム時代のオールドレンズも利用できます

オールドレンズとの組み合わせ

ポイント

MC-11の使い方は、使っていたCanonレンズやオールドレンズとカメラボディの間に取り付けるだけ!

オールドレンズは価格も1万円以内で買えるものも多くあり、懐かしいボケ感がある印象的な写真を撮影できます

基本的にはマニュアルレンズになるのでピントを自分で合わせる必要がありますが、ピントリングを回すこと自体も楽しさとなります。

α7IIIを買う時はオールドレンズの利用はあまり考えていませんでした。

しかしいやはや、実際に使ってみると撮れる写りも新しいレンズとは違い特徴的なものが多く、マニュアル撮影を強いられることで逆に1枚1枚に集中して撮影できるので予想以上に楽しく、そしてハマります。

同じ街撮りスナップ写真をしてても見え方と楽しみ方が変わりますね

またα7IIIには好きな位置の表示を大きくできる拡大表示機能や、ピントがあってる位置を色で教えてくれるピーキング表示などがありこれがマニュアル撮影時でも適用できます。

マニュアルレンズを使っていても機械的なサポートがあるので、スムーズな撮影ができますよ。

7.スマートフォンへの写真転送がめちゃくちゃ楽

TwitterやInstagramに一眼レフで撮った写真をすぐ投稿したい際に便利な機能がスマートフォン転送

いままでCanonとRICHOの転送システムを使ったことがありますが比較しても、個人的にはSONYのカメラが一番スマートフォンへの転送が直感的で簡単でした。

アプリ連動で写真の移動もスムーズ

ポイント

専用のスマートフォンアプリと連動。
Wi-fi接続や写真選択後の移動もスムーズ!

スマートフォンに送りたい写真の選択や転送に必要な項目にも簡単にアクセスでき、1枚の写真なら数秒でスマートフォンに転送できます。

α7IIIに買い換えてから地味にこの機能の部分で感じるメリットは大きかったです。

ポートレートなどの撮影のときにも被写体さんにその場で写真をすぐ送ることができるので喜ばれることが多かったです。

まとめ

Canonの6DからSonyのα7IIIに乗り換え比較して感じた良かったポイントについてまとめました。

キヤノンからソニーへの乗り換えではありますが、主軸としては一眼レフカメラからミラーレス一眼レフカメラになった場合のメリットになります。

キヤノンもいまでは高性能なミラーレス一眼レフカメラがあります

思い返しながら項目をいろいろと上げて文章にしてみましたが、一番に思うのは「α7IIIは安い買い物じゃなかったけども買ってよかったなぁ」と言う部分ですね。

今回上げた項目1つ1つがさらに掘り下げて深く書ける内容ではあるのでまたこの点に関しての詳細記事も書いていこうと思います。

α7IIIにしてから購入したおすすめのアクセサリーをまとめました。必見です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマートフォン用カメラグリップ、ShutterGrip2

撮影機材

2021/8/1

ShutterGrip2 | スマホを一眼レフに!?多機能な撮影向けカメラグリップ

スマートフォンを一眼レフカメラのような感覚で撮影できるガジェットがあったら気になりませんか? 今回はスマホで写真や動画の撮影を多くするインスタグラマー必見のポケットサイズのスマートフォン用カメラグリップ、ShutterGrip2(シャッターグリップ2)をご紹介します。 ShutterGrip2はクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)で先行発売され評価も高く注目を浴びたカメラガジェットでしたが、とうとう一般での販売も開始されました。 機能性に一目惚れし、はじめてクラウドファンディングで購入し ...

この記事を読む

一眼レフカメラのイメージセンサーのクリーニングを自分でやる賢い方法

カメラ関連情報

2021/7/28

一眼レフカメラのイメージセンサーのクリーニングを自分でやる賢い方法

ミラーレス一眼レフカメラや一眼レフカメラで大事なことにカメラクリーニングがあります。 主なクリーニングとしてはレンズのクリーニングとカメラボディ本体と2種類あります。 レンズのクリーニングではレンズペンやレンズクリーナーなどの方法があり、基本的にはレンズに取り付けているレンズフィルターを掃除してキレイにする作業になるのでそこまで神経質にならなくてもおこなえます。 何かトラブルがあってもレンズフィルターを交換すればいいですしね! カメラボディ本体の写真映りに関連するイメージセンサーのクリーニングは内部構造な ...

この記事を読む

クラウド会計ソフトFreee

Webサービス ライフハック

2021/7/21

クラウド会計ソフトFreee | 無料で始める!青色申告・確定申告のおすすめソフト

個人事業主になるにあたって大きな悩みの1つが「青色の確定申告ってどうやるんだろうか?」と言うもの。 仕事は取れるだろうか、生活できるだろうか、などの悩みはもちろんありますが、確定申告をやったことない人からすると分からない分野すぎて「ちゃんとできるんだろうか…」と言う不安が強く残ります。 特に自営業の方が3月頃にあげる悲鳴の声を聴いてるとその不安も増しますね…。 2021年に晴れてフリーランスとして独立した自分がまさにそれで、「どうしたものか…」と悩んでいる時に出会ったのが確定申告ソフトとして使えるクラウド ...

この記事を読む

FLEXISPOT デスクバイクV9

ライフハック 便利グッズ

2021/7/20

FlexiSpot デスクバイクV9 レビュー | PC作業しながら運動できるエアロバイク

フリーランスにもなり在宅によるパソコンのデスクワークが多い中で「如何にして集中した効率のよい作業がおこなえるか」はかなり重要な課題です。 それもあり作業を効率化できるガジェットや便利グッズは個人的に率先的に取り入れるようにしています。 テレワークにおすすめな作業効率化に関するガジェットの記事は下記にまとめています。 それ以降も「他にも使えるグッズはないか?」と探していたところ、なんとオフィスなどで活用できるデスク関連商品を多く販売しているFLEXISPOT様から運動しながら作業ができるデスクバイクを提供す ...

この記事を読む

マキタ USB電源アダプター

makita アウトドア バッテリー・充電機器

2021/7/8

マキタ USB電源アダプター レビュー | Li-ionバッテリーをスマホ充電器に【各製品の比較】

電動工具で有名なメーカでMakita(マキタ)がありますが、このマキタのコードレスの電動ドリルなどの電力はLi-ion(リチウムイオン)バッテリーとなっています。このバッテリーは取り外しが自由でバッテリーの電圧が対応している他のマキタ工具などに共有し使いまわせます。 マキタ製品を1つ購入するといろいろなマキタ製品も導入しやすくなります またマキタは電動工具以外にもコードレス掃除機や、扇風機など業務用以外の家庭で日常的に使える製品も数多く販売しています。 そしてそんなバッテリーを使いまわせるマキタ製品の中で ...

この記事を読む

オキュラスクエスト2の魅力 できること9選【OculusQuest2】

Oculus Quest VR

2021/7/6

オキュラスクエスト2でできること9選!おすすめな楽しみ方のアレコレ

PCなどの高スペックのパソコンがなくても、単独で高品質なVR体験ができるガジェット、オキュラスクエスト2(OculusQuest2) オキュラスクエスト2はビッグカメラなどの家電量販店でも販売されたことで販売台数も増え、テレビCMなどもおこなわれたことで知る人ぞ知るガジェットから「見たことはある!」と多くの人が感じるようになったVRゴーグルになりました。 価格も3万円台とPS5などのゲーム機より安い価格なのも嬉しい点です オキュラスクエスト2のレビューや詳細については下記記事でもまとめています。 そんな最 ...

この記事を読む

タムロン 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 広角単焦点レンズ

レンズ 撮影機材

2021/7/2

【作例・レビュー】タムロン 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 | 軽量で寄って撮れるソニー用の広角単焦点レンズ

タムロンからソニーのEマウント用として販売された「寄れる広角単焦点シリーズ」の1本にTamron 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)があります。 20mmと言う距離感は超広角とも言える画角の広角レンズで、標準ズームレンズが24mm、または28mmから始まるものが多いのもあり、広角ズームレンズを持っていないとなかなか使う機会が少ない画角のレンズかもしれません。 その中でタムロンの20mm F2.8の広角単焦点はお試しで購入しやすい価格帯でかつ軽量コンパクトと実にカ ...

この記事を読む

マキタのおすすめコードレス掃除機 CL182FDZW

makita 便利グッズ

2021/7/9

【マキタ】紙パック対応のおすすめコードレス掃除機 | CL182FDZW / CL282FDZW

建築用のプロ向け電動工具で有名な企業にマキタ(makita)があります。 電動ドリルなどの工具をはじめ、マキタ製品は交換可能なリチウムイオンバッテリーを使うことでコードレスながらハイパワーで使えるガジェットを多く販売しています。 マキタ製品はキャンプや車中泊でも使えるものも多く、アウトドア好きとしてすっかりマキタの虜になりました笑 マキタ製品の種類は建築用向けも多いですが、一般家庭で使える商品も多くあり、その中で特におすすめな製品ジャンルの1つがコードレス掃除機です。 マキタの掃除機はネットでも評判が高く ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-α7III, 撮影機材
-, , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.