OsmoPocket 撮影機材

OsmoPocketの外部接続の幅を広げるたった1つの冴えたやり方【外部マイク・アプリ連動】

OsmoPocketの外部接続の幅を広げるたった1つの冴えたやり方

気軽に手振れがなく高品質な映像を撮影できるDJIのジンバル内蔵カメラ、OsmoPocket
本体1つだけあれば様々なシチュエーションに合わせて動画の撮影をすることができます。

街撮りなどの動きながらな動的な撮影ではもちろん便利ですが、カメラを三脚などに据え置いた静的な撮影でも使えます。
例えば、Youtubeでの商品レビューなどの自分を写しながらの撮り方や、ライブなどのイベントでの定点の動画撮影ですね。

そして特にOsmoPocketで静的な撮影をした人は「こんな風にできればいいな」と思いませんでしたか?

こんな使い方がしたい!と言う悩み例

・撮影中の映像を本体の小さな画面ではなく大きな画面で確認したい
・カメラの動作や映像を本体と離れた手元で制御・確認したい
・外部マイクを接続し高音質な録音をしたい
・長時間の連続撮影がしたいので充電しながら利用したい

この悩みを1つだけ解決するのではなく、2つ・3つを同時に解消したいと考えたらどうでしょう?
「あれ?どうやればいいんだ?」となりませんか?
実際自分はなりました。

今回はそんな課題をどうにか解決したいと悩みに悩んだ結果「これは便利じゃないか?」と確信した、OsmoPocketの外部接続の幅を広げるたった1つの冴えたやり方をご紹介します。

無線?有線?OsmoPocketの撮影中の映像をスマートフォン、タブレット端末に表示する方法

DJIの公式アプリ「DJI Mimo」を使うことでOsmoPocketの撮影中の映像をスマートフォン・タブレット端末に表示することができます。
また「DJI Mimo」を使うことでカメラの向きなどの制御をアプリ側で動かすことができます。

スマートフォン・タブレットと接続する方法は2つ。
Bluetoothによる無線接続か、USBによる有線接続です。

「え?それなら無線接続で離れた位置で大きな画面を見ながら操作できるじゃん!簡単!」
…となれば話は早いのですが、そうは問屋が卸してくれません。

まずOsmoPocket本体にはBluetooth接続機能がないので、別途アクセサリのワイヤレスモジュールを購入する必要があります。

ワイヤレス モジュールは、Osmo Pocketとお使いのモバイル端末間にBluetoothやWi-Fiで接続し、 シームレスに遠隔操作できるので、撮影をより柔軟に行えます。また、Osmo Pocketを平らな面に設置する際のベースにもなります。さらにOsmo PocketをUSB-Cポートから充電することもできます。

しかしこのワイヤレスモジュールを使うにあたり問題点があります。
それは下記の通り。

ワイヤレスモジュールの問題

・価格が高い(6,500円ほど)
・映像の遅延が発生する
・モジュール側面増設のUSBポートに外部マイクアダプタが認識しない(情報あり)

このような点を考慮し今回はBluetoothの無線接続ではなく、USBを使った有線による外部接続でどうにかする方法を考えてみました。

 離れた位置で映像の確認をしながら外部マイクも使いたい! 外部接続の問題

OsmoPocketには外部接続するために使える端子が2つあります。

1つは本体の下部にあるUSB TypeC端子
2つめはスマートフォンと接続するための、OsmoPocket独自のスマートフォンアダプターです。

名前の通りスマートフォンアダプタにスマートフォン端末を接続することで「DJI Mimo」のアプリも使うことができます。
しかしOsmoPocket本体をスマートフォンなどの端末側面に直接接続する形となり、これでは離れた位置でアプリの制御・映像の確認をすることができません。

下部にあるUSB端子にUSBケーブルを使えば離れた位置でスマートフォンと接続しアプリも使うことができます。
しかし今度はUSB端子が埋まることで、充電をしながらの利用や外部マイクアダプターの利用を諦めなければなりません。
そしてこのスマートフォンアダプタは名前の通りスマートフォンとの接続用なので、端子が差し込むオス側なので他のUSB機器と繋げる設計になっていません。

さてどうしたものか…?
そこで考えだした答えがスマートフォンアダプターをメス側に変更しUSBケーブルに繋げれるようにすると言う手段です。

 スマートフォンアダプターに両方メス側のUSB中継ハブをつかう

そこで登場するのが両方メス側のUSB端子
自分はAndroidを利用しているのもあるので今回は両面がTypeCのメス側のものを準備しました。

最初は近所の家電屋で探しましたが一向に見つからず。こういうアイテムはやはりamazonは品揃えが強いです。さすがamazon、やりおるamazon。

これをスマートフォンアダプターに取り付けて反対側にTypeCのケーブル等を取り付けることで、OsmoPocket本体と離した位置でスマートフォンを接続できます。

高耐久プレミアムUSB-C & USB-C ケーブル。便利なフェルトポーチ付き

実際にこのシステムを利用することで下部のTypeCで"外部マイクと接続"または"OsmoPocketの充電"をしながら、離れた位置から有線接続によるタブレットでの映像の確認・撮影操作が可能な環境を作れました。
この結果には大満足です。

いろいろなパターンでの接続の仕方を試しましたが、スマートフォンアダプター側では充電や外部マイクアダプターは認識しませんでした。
この点は要注意ですね。

大きな画面で離れたところからの操作。これが思いの外便利!

また自分が利用しているタブレットはmicroUSBの端子のみですが、TypeCをmicroUSBに変換するパーツを使い無事に接続できました。
実際に試してみるって大事。

ARKTEK Micro USB → USB-CアダプタはUSB Type Cケーブル/充電器から Micro USBデバイスへのコンパクトで簡単な変換を提供します。

まとめ

スマートフォンアダプターに両方メス側のUSB延長ハブを利用することでさらにOsmoPocketを便利に利用できる幅が広がります。
パーツ1つ1つの価格も安価なのでとりあえず試してみることができるのもおすすめポイントです。

タイトルにたった1つの冴えたやりかたと入れましたが、まだ他にも見つけてないOsmoPocketの新しい可能性があると思うので引き続き便利な使い方を模索していきます。

高耐久プレミアムUSB-C & USB-C ケーブル。便利なフェルトポーチ付き

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな男です。最近は動画の編集も勉強中。興味があることはなんでも試してみたくなる人。当サイトではそんな管理人がクリエイティブに関する情報をお届けいたします。

-OsmoPocket, 撮影機材
-, , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.