OsmoPocket

OsmoPocketの外部接続の幅を広げるたった1つの冴えたやり方

OsmoPocketの外部接続の幅を広げるたった1つの冴えたやり方

気軽に手振れがない高品質な映像を撮影できるDJIのジンバル内蔵カメラ、OsmoPocket

このカメラ1つだけあれば様々なシチュエーションで動画の撮影ができます。

街撮りで歩きながらのVlog撮影にももちろん便利ですが、カメラを三脚などに据え置いた静的な撮影でも使えます。

例えばYoutubeでの自撮りの商品レビューや、ライブなどのイベントでの定点の動画撮影ですね。

さて、OsmoPocketで静的な撮影をした人は「こんな風にできればいいな」と思いませんか?

こんな使い方がしたい!と言う悩み例

・撮影中の映像を本体の小さな画面ではなく大きな画面で確認したい
・カメラの動作や映像を本体と離れた手元で制御・確認したい
・外部マイクを接続し高音質な録音をしたい
・長時間の連続撮影がしたいので充電しながら利用したい

この悩みを1つだけ解決するのではなく、2つ・3つを同時に解消したいと考えたらどうでしょう?

「あれ?どうやればいいんだ?」となりませんか?実際自分はなりました。

今回はそんな課題をどうにか解決したいと悩みに悩んだ結果「これは便利じゃないか?」と確信した、OsmoPocketの外部接続の幅を広げるたった1つの冴えたやり方をご紹介します。

無線?有線?OsmoPocketの撮影中の映像をスマートフォン、タブレット端末に表示する方法

DJIの公式アプリ「DJI Mimo」を使うことでOsmoPocketで撮影中の映像をスマートフォン・タブレット端末に表示できます。

また撮影中の映像を表示するだけではなく、カメラの向きや撮影設定の制御をアプリ側で操作できます。

DJI Mimoアプリを使うためにスマートフォン・タブレットに接続する方法は2つ。

Bluetoothによる無線接続か、USBによる有線接続です。

「え?それなら無線接続でスマホと繋げて、USBで充電やマイクと繋げるだけじゃん」

…となれば話は早いのですが、そうは問屋が卸してくれません。

まずOsmoPocket本体にはBluetooth接続機能がないので、別途アクセサリのワイヤレスモジュールを購入する必要があります。

ワイヤレス モジュールは、Osmo Pocketとお使いのモバイル端末間にBluetoothやWi-Fiで接続し、 シームレスに遠隔操作できるので、撮影をより柔軟に行えます。また、Osmo Pocketを平らな面に設置する際のベースにもなります。さらにOsmo PocketをUSB-Cポートから充電することもできます。

しかしこのワイヤレスモジュールを使うにあたり問題点があります。

それは下記の通り。

ワイヤレスモジュールの問題

・価格が高い(6,500円ほど)
・映像の遅延が発生する
・モジュール側面増設のUSBポートに外部マイクアダプタが認識しない(情報あり)

このような点を考慮し今回はBluetoothの無線接続ではなく、USBを使った有線による外部接続でどうにかする方法を考えてみました。

 離れた位置で映像の確認をしながら外部マイクも使いたい! 外部接続の問題

OsmoPocketには外部接続するために使える端子が2つあります。

1つは本体の下部にあるUSB TypeC端子

2つめはスマートフォンと接続するために使えるOsmoPocket独自のスマートフォンアダプターです。

モニター部分の下にある端子を裏側に装着しなおすことでスマートフォンと接続できるようになります。

名前の通りスマートフォンアダプタにスマートフォン端末を接続することで「DJI Mimo」のアプリも使うことができます。

しかしOsmoPocket本体をスマートフォンなどの端末側面に直接接続するので、これではカメラと離れた位置でアプリの制御・映像の確認ができません。

下部にあるUSB端子にUSBケーブルを使いスマートフォンと接続すれば離れた位置でアプリも使えます。

しかし今度はUSB端子が埋まることで、アプリを使いながらの充電や外部マイクアダプターの利用は諦めなければなりません。

そしてこのスマートフォンアダプタは名前の通りスマートフォンとの接続用なので、端子が差し込むオス側なので他のUSB機器と繋げる設計になっていません。

さてどうしたものか…?

そこで考えだした答えがスマートフォンアダプターをメス側に変更しUSBケーブルに繋げれるようにすると言う手段です。

 スマートフォンアダプターに両方メス側のUSB中継ハブをつかう

そこで登場するのが両方メス側のUSB端子です。

自分はAndroidを利用しているので今回は両面がTypeCのメス側になるものを準備しました。

最初は近所の家電屋で探しましたが一向に見つからず。こういうアイテムはやはりamazonは品揃えが強いです。

さすがamazon、やりおるamazon。

これをスマートフォンアダプターとTypeCケーブルの間に取り付けることで、OsmoPocket本体と離した位置でのスマートフォンの接続が可能となります。

高耐久プレミアムUSB-C & USB-C ケーブル。便利なフェルトポーチ付き

実際にこのシステムを利用することで下部のTypeCで外部マイクと接続またはOsmoPocketの充電をしながら、離れた位置から有線接続によるタブレットでの映像の確認・撮影操作が可能な環境を作れました。

この結果には大満足です!

またいろいろなパターンでの接続のを試しましたが、スマートフォンアダプター側では充電や外部マイクアダプターは認識しませんでした。この点は要注意ですね。

大きな画面で離れたところからの操作。これが思いの外便利!

また自分が利用しているタブレットはmicroUSBの端子のみですが、TypeCをmicroUSBに変換するパーツを使うことで無事に接続できました。実際に試してみるって大事。

ARKTEK Micro USB → USB-CアダプタはUSB Type Cケーブル/充電器から Micro USBデバイスへのコンパクトで簡単な変換を提供します。

まとめ

スマートフォンアダプターに両方メス側のUSB延長ハブを使うことでさらにOsmoPocketを活用できる幅が広がります。

パーツ1つ1つの価格も安価なのでとりあえず試せるのもおすすめポイントです。

タイトルにたった1つの冴えたやりかたと入れましたが、まだ他にも見つけてないOsmoPocketの新しい可能性があると思うので引き続き便利な使い方を模索していきます。

高耐久プレミアムUSB-C & USB-C ケーブル。便利なフェルトポーチ付き

<追記>
新しくDJIからOsmoPocket2が発売されました!様々な点でバージョンアップされてますよ

手にすっぽり収まるDJI Pocket 2は、鞄やポケットに収納して、どこにでも持ち運べます。旅先や日常で、何気なく目に留まったものでも、Pocket 2があれば、すぐに撮影できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるフルサイズ魚眼レンズ

レンズ

2022/5/25

TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるミラーレス対応の魚眼レンズ

風景などの自然をダイナミックに撮影するのに使えるのが超広角レンズです。 その中でも得に広い範囲を撮影でき、特徴的な写真が撮れるのが魚眼レンズです。 「何か良い広角レンズないかなぁ」と探している時に見つけたのが、ソニーのα7IIIをはじめ様々なミラーレスカメラで装着できるフルサイズ対応な単焦点の魚眼レンズ、TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDです。 今回はレンズながらあまりの格安さでつい衝動買いしてしまったTTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDについて作例を交え ...

この記事を読む

Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

アウトドア

2022/5/9

すぐ冷えて長時間つかえる! Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

車中泊やキャンプであると便利な家電、それが持ち運びできるコンパクトな冷蔵庫です。 持ち運びができるポータブル冷蔵庫も大容量のポータブル電源がメジャーになってきたことで、キャンピングカーのみならずアウトドアを趣味としている方の車にも搭載しやすくなりました。 ポイント 自分も少し大きめのポータブル冷蔵庫を使ったりしています。 他にも小型のペルチェ式の冷蔵庫も持っていたりします。 しかし所有しているポータブル冷蔵庫は気軽に使う点では大きく、ペルチェ式のものは中々冷えず電力が大きいのもあり「コンパクトで使いやすい ...

この記事を読む

WiMAX 5GのモバイルWi-Fiを契約した6つの魅力

便利グッズ

2022/4/12

WiMAX 5G モバイルWi-Fiを乗り換えても契約すべき6つの魅力

パソコン仕事でカフェや喫茶店などでノマドワークをする自分のようなフリーランスで重要なガジェットの1つがモバイルWi-Fiです。 いままではWiMAX 2+を家電量販店のエディオンで経由で契約して2年ほど利用してました。 ポイント 話を聞きに行った流れとエディオンカードによる割引があったので、珍しくネットで比較せずそのまま即決した思い出です。 そんなある日にエディオンから条件の良い、5Gの高速通信が可能の新しい端末への乗り換えプランの案内がありました。 製品説明を聞きにいきましたが、思いのほか新しいWiMA ...

この記事を読む

Amazonスマートプラグ

Amazon

2022/5/1

Amazonスマートプラグ | 普通の家電をスマート家電にするおすすめの使い方

自分は音声入力を可能とするAIスピーカー「Amazon Echo(エコー)」を自室に置いて音楽再生機器として使っています。 その他にもタブレットのFire HD10をスマートディスプレイとして使ったり、Echo Autoを導入して車内でもアレクサを使えるようにして音楽を楽しんでます。 すっかりAmazonさんにライフスタイルの大部分を握られてますね(笑 その他でも率先的にAmazonのサービスを使っているのもあり、「家の中の家電もアレクサで音声制御したいな!」と唐突に思い、試しに購入したのがAmazonス ...

この記事を読む

TourBox Elite

PC周辺機器

2022/3/29

TourBox Elite レビュー | 編集作業をぐっと効率化させる左手用ガジェット

PhotoshopやPremiere Proなどの写真編集、動画編集ソフトを使う際に「なにか効率化できる方法ないかなぁ」とよく考えてしまいます。 Adobeなどの高性能なソフトはツールが多くて覚えきれない、ショートカットキーが使いこなせない、操作の切り替えでマウス移動が多いなどの問題がありますね。 ポイント 作業効率の向上は仕事でも趣味でも大事なポイントなのでよく研究してます。 ショートカットの有効活用ではロジクールのマウス、MX ERGOも以前導入しました。 「その他にも何か方法がないかな」と探している ...

この記事を読む

USKEYVISION WLZ10

レンズ

2022/3/24

ソニーAPS-Cユーザー必見!ZV-E10キットレンズを超広角レンズにする方法

ソニーのAPS-C用Vlogカメラ「ZV-E10」をキットレンズで購入し、しばらく使ったうえで求めたものの1つが「広角レンズが欲しい!」でした。 キットレンズのSELP1650の焦点距離は16mm-50mmと、35mm換算で24mm-75mmと使いやすい標準ズームレンズです。 またレンズ内手振れ補正機能のOSSが搭載で116gと軽量とZV-E10やα6600で使いやすいVlogカメラ向きのレンズではありますが、Vlog動画で自撮りをする際には24mmでは少し狭さを感じます。 特に動画撮影時には写真より映る ...

この記事を読む

モーションエレメンツ

編集方法

2022/5/1

モーションエレメンツの使い方 | 評判の高い映像素材 おすすめ定額サービス

動画制作やWebサイト制作、デザイン制作において、あればあるほど嬉しいのが編集の元となる「素材」です。 一般的にデザイン素材と言うと写真やイラストなどの画像が思い当たるところだと思います。 有名所でいうとPOPなキャラが評判な、いらすと屋さんですね それに加えYoutubeなど動画コンテンツが主流にもなってきたことで、動画素材、BGM、効果音など動画に関連する素材の需要も高まっています。 しかしこれらの素材でクオリティの高いものを無料で探すのはなかなか難易度が高いのが現実です。 ポイント 無料は種類が多く ...

この記事を読む

Zhiyun CRANE M3

動画機材

2022/3/20

Zhiyun CRANE M3 レビュー | フルサイズ一眼も乗せれる小型ジンバル

移動しながらでもブレの少ない映像を撮影できるガジェットが手振れを抑えるジンバルです。 自分は今までジンバル内蔵型の小型カメラOsmoPocketや、RX100などの小型のコンデジが向いているZhiyun Crane Mを使い動画撮影してましたが、普段ミラーレスカメラで写真を撮影している身としては日に日にミラーレスカメラで映像も撮影したくなりました。 それもあり動画用のミラーレスカメラとしてソニーのVLOGカメラ ZV-E10を購入しました そこで「ミラーレスカメラのジンバルで何かいいものないかな?」と探し ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-OsmoPocket
-, , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.