AD200 撮影機材

Godox AD200 | ポートレートやコスプレ撮影でおすすめのモノブロックストロボ【レビュー】

ストロボはこれで決まり!ポトレやコス撮影におすすめのストロボ Godox AD200

ポトレやコスプレなどの人物撮りの写真に力を入れようとした際に、まずは整えるアイテムの筆頭にストロボがあります。

Sonyのα7Ⅲに買い換えた際に使えるストロボがなかったのもあり、最初はGodoxの入門ストロボ「TT600」を購入しました。

しかし光量や使い勝手を考えてさらにステップアップしたいなーと思ってたのもあり、同じGodoxで話題のストロボAD200を追加で購入しました。

使った感想を先に述べるならば「最初に買っておけばよかったぜ!」としみじみ思わされるぐらい満足なストロボでした。

今回はこちらのGodox AD200の特徴や使い勝手、メリットについてご紹介します。

Godox AD200 概要・スペック

Godox AD200 本体

AD200は中国のストロボメーカーGodoxが販売しているモノブロックストロボです。

通常のクリップオンストロボと違い、カメラには装着できずワイヤレスで使う必要がありますが、発光できる光量が強いのが特徴です。

またAD200はバッテリー式でモノブロックストロボながらコンパクトな作りにもなっているので、屋外での撮影にも最適です。

その使い勝手の良さからプロも含めて多くのカメラマンが使っている人気のストロボです。

さらに価格も純正のストロボと比べても安価でコストパフォーマンスに優れています

これはGodoxが話題になるのもわかりますぜ…。
Godox AD200 スペック
ガイドナンバー スピードライトヘッド:52(ISO100・m)
フラッシュチューブヘッド:60(ISO100・m)
最大パワー 200 W/s
パワー出力調整 8段 22段階(1/128〜1/1)
シンクロモード ハイスピードシンクロ(最大1/8000秒)
先幕および後幕シンクロ
TTL
モデリングランプ LED
送信範囲 最大100m
ワイヤレスフラッシュ機能 スレーブ オフ
制御可能なスレーブグループ 5
チャンネル数 32(1~32)
電源 リチウムバッテリーパック(14.4V/2900mAh)
発光回数 500回
リサイクルタイム 約0.01-2.1秒
色温度 5600±200K
サイズ 168mm x 75mm x 50mm(フラッシュヘッド無し)
重量 約560g

Godox AD200 収納ケース

収納ケースもしっかりとした作りになっています。

Godox AD200 収納ケース内容

専用の充電機器などもケース内にひとまとめされています。

Godox AD200 表示モニター

本体ヘッド部分の裏側にある操作画面。見やすくわかりやすい表示。

200wsワイヤレスTTLモノライトは900mAh大容量リチウム電池があり、少なくとも500枚のフルパワーショットを覆い、只0.01〜2.1秒で応答します。キヤノンのE-TTL、ニコンI-TTL、ソニーTTLなどを対応しています。

Godoxのコマンダー(送信機)を使いカメラと連動 様々なメーカーで利用できる

Godox X-Pro

Godoxは純正ではないサードパーティー性ゆえのメリットとして、Canon,Nikon,Sonyとカメラのメーカに縛られず利用できます

純正のストロボは基本そのメーカーのものしか使えないのでこれは大きなメリットです!

AD200をワイヤレス発光するためにはカメラにGodoxのコマンダー(送信機)を取り付ける必要があります。

それによってストロボの発光や設定を制御することができます。

Xpro-s TTLワイヤレスフラッシュトリガーは、内蔵のGodox Wireless Xシステムでカメラフラッシュ、屋外フラッシュ、スタジオフラッシュなどのようなフラッシュを制御できます。

ポイント

上記の「Godox Xpro-S」はソニー用のコマンダーです。

Canon用は最後のアルファベットが"C"、Nikon用が"N"となります。
間違えないよう要注意。

またコマンダーに複数のストロボを登録することができるので、ワイヤレスで複数のストロボを発光させることができる多灯ライティングもおこなえます。

コマンダー側でストロボごとの発光パワーの設定も変えれるので撮影が楽々です。

先に買ったストロボのGodox TT600が無駄にならなかったぜ…!

2つのヘッドで光の質が変わる!スピードライトヘッドとフラッシュチューブヘッド

Godox AD200

GodoxのAD200はヘッド部分を自由に取り換えることができます。

購入時のセットにはスピードライトヘッドとフラッシュチューブヘッドの2種類がはいっています

スピードライトヘッドはよく見かけるクリップオンストロボのタイプとなっています。

光量と光の硬さはスピードライトヘッドのほうが強めです。

LEDのモデリングランプが内蔵されており、光の当たり方の確認やピント合わせの正確性をあげるために活用することもできます。

Godox AD200 フラッシュチューブヘッド

フラッシュチューブヘッド
は電球のような見た目をしており、満遍なく柔らかい光が広がるのが特徴的です。

様々なアクセサリーを合わせて使うことで汎用性の高い光を作ることができます。

フラッシュチューブヘッド 取り付け

ポイント

ヘッド部分を交換することで好みにあわせた光を作れる!

このフラッシュチューブヘッドが使いたくてAD200を購入した方も多いと思います。

まさに僕がそれです。Yes、自己申告。

また別途購入になりますが他にも取り換え可能なヘッドがあるので、撮影の用途に合わせて自由に使い分けすることができます。

大光量なのにコンパクトで持ち運びしやすい

モノブロックストロボになるのでクリップオンストロボより発光のパワーが強めです。

各社が販売しているガイドナンバー60(比較的光が強いストロボ)の倍あります。

それにより光量が必要な屋外での日中シンクロの撮影でも無理なく光量を確保できます。

Godox AD200とTT600のサイズ比較

またGodoxの入門ストロボTT600と比較してもサイズはそこまで大きく変わらないので持ち運びにもそこまで難がありません。

カメラバッグの横にも収納

ポイント

カメラバッグの横にも収納できるサイズなので持ち運びしやすい!

発光に必要なチャージ時間が早い

リチウムイオンバッテリーを利用しているのもあり、単三電池のタイプより次の発光までのチャージ速度が早いです。

フル発光させた際にも2.1秒の速度

出力を1/4、1/8にすることで比較的ストレスもなく、テンポよい撮影にも対応することができます。

数多い専用アクセサリで用途にあわせた光のカスタマイズが可能

AD200には様々なアクセサリが用意されており、それらを活用することでAD200のポテンシャルをさらに発揮させることができます。

アクセサリも追加で気軽に購入しやすい価格帯のものが多いです。

特にフラッシュチューブヘッドに取り付けれるディフューザーのAD-S17(通称きのこ)は光のムラも減らせ全体的に柔らかく優しい光を拡散できることから一緒に購入する方が多い人気の機材です。

AD-S17

AD-S17をフラッシュチューブヘッドの取り付け

AD-S17をフラッシュチューブヘッドの取り付けるとこんな感じに。確かにきのこ…。

ドーム型ディフューザーは180度のカバレッジを提供します。 直接光を柔らかくして、拡散光を作成します。ポートレートや他の被写体のフレアを除去して、より柔らかく自然な画像がでてきます。
フラッシュ光に簡単にインストールすることができ、直接および偶発衝突から保護します。光の持ち運びや輸送が便利。
200Wボーエンズマウントフラッシュヘッドで、Godox AD200スピードライト特用のデザインです。2M延長ケーブルオフカメラフラッシュライトランプヘッドを付属し、屋外でフラッシュヘッドを保持することができます。

S型ソフトボックスブラケットにも接続可能

「いままでストロボで使ってたアクセサリは使えないの?」と疑問に思う方には朗報です。

ソフトボックスやアンブレラを使う際によく利用するS型ブラケットにも接続できます

GodoxAD200をS型ブラケットに装着

またAD200に三脚穴が付いているので棒型のアンブレラホルダーも使うことができます。

アンブレラホルダーに取り付け

AD200を三脚にも取り付け

ポイント

縦位置にも横位置にも三脚穴がついてます

スピードライトヘッドならば利用していたカラーフィルターやデュフューザー、リフレクターも流用できるものが多いので今までのストロボ装備もそのまま活用することができます。

こんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 屋外で光量があるストロボを使いたい
  • 日中シンクロを撮りたい
  • テンポよくストロボを使った屋外撮影をしたい
  • 複数、安くストロボ機材を揃えたい
  • 人物撮りをもっと気合いれてやっていきたい
  • ストロボのことがよくわからないけど今後使っていきたい

フラッシュチューブヘッドの光が柔らかく使いやすいので「ストロボは光が固くて使いにくいにんだよなぁ」とストロボに苦手意識がある方ほど取っつきやすいアイテムだと感じました。

実際にAD200を買ってからストロボがより好きになり、それによって使う頻度も増え上達したと思います。
好きこそものの上手なれ、ですね。

まとめ

Godox AD200

GodoxのAD200は多くの撮影現場でも見かけたのもありそこから興味が出たストロボにはなりますが、実際に使って見てその人気の高さがよくわかるアイテムでした。

特にフラッシュチューブヘッドの光の使い勝手がよく、アクセサリのAD-S17やソフトボックスやアンブレラと合わせることで拡散した使いやすい光を作ることができます

他にも使ってみたいヘッドやアクセサリがあるのでそれらを使うのも正直かなりワクワクしてます。

ストロボでの撮影がグッと楽しくなり、使いたくてしょうがなくなる。
そんなストロボになりますので興味がある方は一度チェックしてみてください。

200wsワイヤレスTTLモノライトは900mAh大容量リチウム電池があり、少なくとも500枚のフルパワーショットを覆い、只0.01〜2.1秒で応答します。キヤノンのE-TTL、ニコンI-TTL、ソニーTTLなどを対応しています。
Xpro-s TTLワイヤレスフラッシュトリガーは、内蔵のGodox Wireless Xシステムでカメラフラッシュ、屋外フラッシュ、スタジオフラッシュなどのようなフラッシュを制御できます。

フル発光時のリサイクルタイムを2.1秒から1.8秒に短縮したほか、出力範囲も最小発光量を1/128から1/256へと拡大した「AD200 Pro」が新しく販売しました!

Godox AD200Proは、Nikon、Canon、Sony、Fujifilm、Olympus、PanasonicおよびPentax TTLをサポートしています。 マスター&スレーブ機能により、AD200ProはGodox TTLカメラフラッシュ、TTL屋外フラッシュなどと組み合わせて使用可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アスペクト比最適な比率 写真・動画・SNS共有

カメラ関連情報 撮影方法

2020/12/3

アスペクト比を見直さない?写真・動画・SNS投稿に最適な比率

皆さんアスペクト比はご存知ですか? 撮影で使われるアスペクト比は写真や動画の縦横比率のことを言います。 カメラごとで初期設定値が決まっているので設定を触ったことがない方もいるのでは? 今回はそんなアスペクト比について、どういう比率があるのか、どのような特徴があるのかについてご紹介します。 写真に向いている比率、Youtubeなどの動画に向いている比率、ブロガー必見のTwitterやFacebookなどのSNSの情報共有に向いている比率など。 パターンに合わせたおすすめの比率についても合わせて解説していきま ...

この記事を読む

ソニーのカメラをUSBケーブルだけでWebカメラにする方法

パソコン関連情報 動画配信

2020/11/26

ソニーのカメラをUSBだけでWebカメラに!? Imaging Edge Webcamの設定方法

某ウイルスの影響もあり、テレワークで働いてる方も多くなったかと思います。 その影響もあり利用頻度が高まったのが遠隔でも顔を見ながら会議やミーティングができるZOOMなどのビデオ通話です。 急な需要の高まりもあり通販や家電量販店のWebカメラが売れに売れた背景がありますが、このWebカメラ、手軽に買えるものは画質があまりよくありません。 カメラが趣味で写真や動画を撮っている人が性能を比較すると「この程度か…」と思ってしまい新しく買うのを躊躇してしまう。そんな方もいるのではないでしょうか。 最近パソコンでビデ ...

この記事を読む

おすすめのレンズホルダーCommlite レンズホルダー

カメラストラップ 機材アクセサリ

2020/11/26

めっちゃ便利!Commlite レンズホルダーは単焦点使いのレンズ持ち運びにおすすめ!

皆さん、レンズホルダーと言う便利アイテムはご存知ですか? 一眼レフのレンズ交換を手軽にできる機材ですが、「レンズを気軽に持ち運びたいなー」と思い、自分も今回はじめて導入してみました。 今回は思いつきで買ったけども、思いの外、使い勝手がよく「めっちゃ便利やん!」と大満足だったCommlite レンズホルダーについてご紹介します。 目次 レンズって交換がめんどくさいよね レンズを携帯できるレンズホルダー 概要 レンズを2本装着可能で立ちながらレンズ交換ができる! Commlite レンズホルダーの使用感 ピー ...

この記事を読む

Oculus Quest2で世界が変わるVR体験を

Oculus Quest ライフハック

2020/11/23

Oculus Quest2 | 革命的VRゴーグルで世界が変わるVR体験を【レビュー】

10月13日にOculusから新しく発売された最新型のVRゴーグル、OculusQuest2を発売日に合わせて購入しました。 携帯をゴーグルにはめて使う簡易的なVRゴーグルしか使ったことがない自分でしたが、発表時に商品情報をみて「これは買いだ!」と衝動的に思わされポチってしまったそんな最新のガジェットです。 実際に使ってみての結論を先に述べるならば「間違いなく今年一番の買って正解なアイテムだ!」と思わされたガジェットです。 今回はそんな興奮冷めやらぬテンションでOculusQuest2をほぼ毎日愛用してい ...

この記事を読む

SONYミラーレス一眼ユーザーにおすすめ 世界初の最軽量大三元レンズ

α7Ⅲ レンズ

2020/11/26

タムロン 70-180 F2.8 DI III VXD | Sonyユーザーは絶対買い!明るくて軽い望遠ズームレンズ 【レビュー】

タムロンからSonyのミラーレス一眼レフ専用の望遠ズームレンズ、70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE)。 この1本が発売されると聞いたとき「F値2.8の大三元レンズ!?これはポトレにめっちゃ使える望遠レンズやんけ!!」と発表段階でめちゃくちゃ購買意欲を駆り立てられました。 α7Ⅲをメイン機にしてる自分としては「これはいつか買うだろうな…」と確信させられたレンズでした。 そのいつかが案外早いもので発表から1か月ほどで気が付いたらネットでポチっていた自分がいました。 いつの間にか目の前 ...

この記事を読む

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi

カメラ関連情報 三脚・一脚 機材アクセサリ

2020/11/26

マンフロット PIXI | 手持ち撮影でも大活躍なおすすめミニ三脚 【レビュー】

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。 しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。 ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち運びが苦にならない小型のミニ三脚です。 普段は手持ちでの撮影が基本で三脚を使わない自分ですが、旅先などでちょっと使いたいときって結構あるんですよね。 今回はそんな自分が愛用している人気のミニ三脚、マンフロット(Manfrotto)のPIXIをご紹介します。 目次 マンフロット PIXI 概要 カメラ固定部分の ...

この記事を読む

AmazonEchoで作業効率をバカ上げする5つのテクニック

ライフハック

2020/11/26

Amazon Echoで超集中!テレワークの作業効率をバカ上げする5つのテクニック

テレワークなど自宅作業をおこなう機会が多くなってきた昨今、いかにして集中できる環境を作るかは作業効率化において重要です。 誘惑が多い環境の中でなかなか作業がはじめれずに効率化どころか手がつかないなんて場合もあると思います。 集中できずに作業が進まない。 本当に、あると、思います(自己反省) 「集中して仕事をしたい!」「効率的に作業を進めたい!」そんな方におすすめなアイテムがAmazonから販売されているスマートスピーカー Amazon Echo(アマゾン エコー)です。 「スマートスピーカー便利だよ!」と ...

この記事を読む

OsmoPocket コントローラーホイール

OsmoPocket 撮影機材

2020/11/25

OsmoPocketユーザー必須!? コントローラホイールでレンズを自由に動かす動画撮影を【レビュー】

小型な手のひらサイズでジンバル内蔵のビデオカメラ DJIのOsmoPocket。 手ブレもなくスムーズな動画撮影がおこなえることからVlogなどの外での歩き撮影には最適な機材の1つと言えます。 今回はそんなOsmoPocketでのVlog撮影をさらにサポートする専用アクセサリーのコントローラーホイールをご紹介します。 目次 融通がきかないジンバルの操作がコントローラホイールで自由自在に! 上下・左右のジンバル操作が直感的にやりやすくなる! ボタンひとつでカメラ反転操作・ジンバルモード切り替えができて簡単 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-AD200, 撮影機材
-, , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.