α7III レンズ

SEL55F18Z レビュー | これは神レンズ!最初の1本におすすめの単焦点

Sonyミラーレスユーザー最初の1本におすすめの単焦点レンズ SEL5518FZ

2019年の春頃に一眼レフカメラをCanonの6DからSonyのα7IIIに乗り換えました。

世間で言うところの衝動買いとはまったく逆でα7IIIのメリットや使えるレンズなど調べに調べて買ったものです。

ミラーレス一眼レフカメラに一式で乗り換えとなるとなかなかの出費!

限られた予算の中でα7III本体のボディの購入に合わせて「この画角のレンズは必要だ!」と選りすぐったソニーマウントのレンズを数本購入しました。

そのⅠ本が神レンズと名高い標準域の単焦点レンズ、SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)です。

購入した感想を結論から先に述べると、どこに撮影に行くにも持って行きたい大満足なレンズです。

ソニーのミラーレスカメラユーザーならぜひ使ってほしい、SEL55F18Zがどれだけ良いレンズかをレビューも合わせてご紹介します。

35mmフルサイズセンサーを搭載したα7シリーズにマッチする、高性能な55mm標準レンズ。カールツァイスならではの高いコントラストと圧倒的な解像力を実現。

Sony Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)の説明・概要

SEL55F18Z 外観

SEL55F18Zはソニーのミラーレス一眼レフカメラのフルサイズに対応している焦点距離55mmの単焦点Eマウントレンズです。

表現力の高さで有名なカールツァイスのレンズなのもあり写りは素晴らしい!

サイズも小型軽量でしかも価格も比較的手頃な価格と、かなりコストパフォマンスに優れている単焦点レンズです。

SEL55F18Z 撮影例

ソニーのミラーレスカメラのEマウントレンズでは比較的初期のレンズですが、その魅力から多くのソニーユーザーが最初の1本で買っている、いまだ人気がある神レンズです。

よくよく考えてみるとソニーユーザーのカメラ友達もかなりの確率で所有してるなぁ…。
Sony Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z) スペック
名称 Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
型名 SEL55F18Z
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ 35mmフルサイズ
焦点距離 55mm
レンズ構成(群-枚) 5-7
開放絞り F1.8
最小絞り F22
絞り羽根 9枚
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 0.14倍
フィルター径 49mm
外形寸法 最大径x長さ 64.4mm x 70.5mm
質量 281g
35mmフルサイズセンサーを搭載したα7シリーズにマッチする、高性能な55mm標準レンズ。カールツァイスならではの高いコントラストと圧倒的な解像力を実現。

スナップにもポートレートにも使いやすい フルサイズ用の標準単焦点レンズ

標準域の単焦点レンズなのもあり、引いて撮れば風景写真も撮れ、注視すれば1つの被写体にピックアップした写真も撮れます。

何を撮影するのにも対応できる使いやすい距離感です。

SEL55F18Z 撮影例

自分も街撮りスナップをする際にはSEL55F18Zの1本だけα7IIIに装着して気軽に撮影しにいくことが多いです。

F1.8なのでボケ感もよく中央の描画力も高いところからポートレート撮影にも使えます。

浅緋 桃さん(Twitter:@Ruki_asaake)

しょうごさん(Twitter:@Shogo_abys)

α6600などのAPS-Cカメラでは焦点距離が1.5倍で凡そ80mmと、ポートレート撮影には最適な距離のレンズとして使うことができます。

SEL55F18Z 撮影例

55mmと聞くとあまり耳馴染みがない距離感ですが、個人的には50mmの単焦点レンズとあまり変わらない感覚で使っています。

SEL55F18Z 撮影例

何でも撮影できて使いやすい、と言う点は最初の1本としては大事なポイントですね。

カールツァイスレンズならではの解像度 シャープでキレがある絵作り

SEL55F18Z カールツァイスレンズ

SEL55F18Zは高級シリーズで名高く多くのカメラユーザーの憧れでもあるカールツァイスのレンズで、その特徴通りにこのレンズも解像度と描画力が高く、シャドウからハイライトまでのコントラストを忠実に再現してくれます。

SEL55F18Z 撮影例

開放にした時のボケは柔らかいですが、ピント部分はカリカリにピシッと綺麗に撮影できます。

SEL55F18Z 撮影例

絞り羽根は9枚で円形絞り。開放から2段絞ったところまでは円形をキープしてくれます。

夜景の玉ボケも綺麗に撮れるので夜に持っていっても楽しいです。

SEL55F18Z 撮影例

F1.8ではボケに流れが出る場合がありますがこれが条件によってまちまち。

ただこれもF2.5まですれば問題がなくなる傾向があります。

またSEL55F18Zはオートフォーカスも速く、動作が静かなのも特徴

同じ用途で使うソニー純正で50mmの入門用単焦点レンズとして2万円代で買えるSEL50F18Fがありますが、オートフォーカスの性能が遅く、フォーカス時のモーター音がうるさいと言う問題があります。

カタログスペック上ではわかりにくいですが、これらの問題がなくストレス無くテンポよく撮影できるのは良いポイントです。

長く愛用するにあたって撮影時に気持ちよく撮れるかどうかは地味に大事なところです。

コンパクトで軽量 カメラバッグにいれやすく携帯性も良し

これはめちゃくちゃメリットを感じる部分ですが、レンズ口径が49mmと非常に小型で重量が281gとかなり軽くコンパクトなレンズです。

SEL55F18Z

ポイント

49mmなのでフィルターの値段も安いのは嬉しい!

形状もシンプルな筒型。機材が多くなりがちなカメラバッグの隙間に気軽に放り込めます。

しかも見た目は安っぽくなくアルミ素材のシンプルなカッコよさ!

α7IIIにつけてもカメラ全体のバランスがよくカッコいいのです。

SEL55F18Z α7Ⅲ装着例

また自分は首からカメラをぶら下げるカメラストラップを基本つかっておらず、腰ベルトにカメラを固定できるピークデザインのカメラアクセサリー「キャプチャー」を使っています。

キャプチャーにα7IIIと組み合わせたSEL55F18Zを装着しても、レンズの軽量さから重さもあまり感じず、そのコンパクトさからスタイリッシュに携帯できます。

SEL55F18Z キャプチャー使用例

ポイント

ベルトにキャプチャーを装着した一例。このサイズ・重量だと腰の負担も少ないです。

スナップ写真を撮りに行く時には、映りも素晴らしいのに運用が便利すぎるところから自然と使用頻度が高くなった、そんなお気に入りの機材一式ですね。

キャプチャーとα7IIIについてるおすすめのハンドストラップについてはこちらの記事で紹介してます。

ピークデザインのクラッチとキャプチャーがめちゃくちゃ便利な件について
ピークデザインのハンドストラップ クラッチとキャプチャーは最強の組み合わせ

続きを見る

SEL55F18Zの気になるポイント

このレンズでデメリットをあえて上げるならば、被写体に寄れないことです。

最短焦点距離は50cmになっているので、テーブルフォトには適していません。

「インスタ映えだ!」とスイーツや料理を撮ろうとしたときにはそのままの座った姿勢ではちょっとツライです。

SEL55F18Z 撮影例

ポイント

腰をかなり角度のけ反りながらひーひー言いつつ撮った1枚。
でも映り自体は凄く良い。

また四隅が黒く映ってしまう周辺光量落ちの現象も比較的あります

が、個人的には周辺光量が落ちている写真が好みなので問題なし。

安価でコスパ良し!最初の1本としておすすめ

レンズを買う際に気になる部分の大きいポイントとしてコストの問題がありますが、フルサイズ用レンズとしては比較的お手頃に買うことができ、カールツァイスレンズではありますが新品でも8万円前後の価格で購入することができます。

これだけ映りよくて使い勝手が良いカールツァイスのレンズがこの価格で購入できるのはほんとありがたい…。

SEL55F18Z 撮影例

また発売から期間がたっているので中古市場でも本数があり6万円台で購入できます

予算に限りがあり、複数の画角のレンズを安く揃えたい人なんかには特にうってつけのチョイスでしょう。

その他のソニーのミラーレスカメラのおすすめレンズに関しては下記記事にてまとめています。

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ
【まとめ】カメラや写真・動画の撮影機材のおすすめ記事

続きを見る

まとめ

SEL55F18Z 外観

今回は神レンズと名高いソニーミラーレス一眼レフのフルサイズに対応しているSEL55F18Zについてレビューしました。

Sony α7IIIと同じタイミングでゲットしそこからいろいろなレンズを購入し使ってきましたが、いまだに出撃率が高い間違いなく買ってよかったと思うレンズです。

ソニーのα7IIIなどのフルサイズのミラーレスだけでなくα6600などのAPS-Cでもポートレート撮影の画角としても使いやすいレンズです。

最初の1本はもちろん、映りが良くコンパクトで使い勝手が良い交換レンズを探している人は是非に一度この神レンズをつかってみてください。

35mmフルサイズセンサーを搭載したα7シリーズにマッチする、高性能な55mm標準レンズ。カールツァイスならではの高いコントラストと圧倒的な解像力を実現。

タムロンの標準ズーム大三元レンズの28mm-75mm F2.8は最初の1本におすすめ!

この1本でポートレート写真はだいたいイケる、ナイスな望遠レンズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるフルサイズ魚眼レンズ

レンズ

2022/5/25

TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるミラーレス対応の魚眼レンズ

風景などの自然をダイナミックに撮影するのに使えるのが超広角レンズです。 その中でも得に広い範囲を撮影でき、特徴的な写真が撮れるのが魚眼レンズです。 「何か良い広角レンズないかなぁ」と探している時に見つけたのが、ソニーのα7IIIをはじめ様々なミラーレスカメラで装着できるフルサイズ対応な単焦点の魚眼レンズ、TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDです。 今回はレンズながらあまりの格安さでつい衝動買いしてしまったTTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDについて作例を交え ...

この記事を読む

Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

アウトドア

2022/5/9

すぐ冷えて長時間つかえる! Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

車中泊やキャンプであると便利な家電、それが持ち運びできるコンパクトな冷蔵庫です。 持ち運びができるポータブル冷蔵庫も大容量のポータブル電源がメジャーになってきたことで、キャンピングカーのみならずアウトドアを趣味としている方の車にも搭載しやすくなりました。 ポイント 自分も少し大きめのポータブル冷蔵庫を使ったりしています。 他にも小型のペルチェ式の冷蔵庫も持っていたりします。 しかし所有しているポータブル冷蔵庫は気軽に使う点では大きく、ペルチェ式のものは中々冷えず電力が大きいのもあり「コンパクトで使いやすい ...

この記事を読む

WiMAX 5GのモバイルWi-Fiを契約した6つの魅力

便利グッズ

2022/4/12

WiMAX 5G モバイルWi-Fiを乗り換えても契約すべき6つの魅力

パソコン仕事でカフェや喫茶店などでノマドワークをする自分のようなフリーランスで重要なガジェットの1つがモバイルWi-Fiです。 いままではWiMAX 2+を家電量販店のエディオンで経由で契約して2年ほど利用してました。 ポイント 話を聞きに行った流れとエディオンカードによる割引があったので、珍しくネットで比較せずそのまま即決した思い出です。 そんなある日にエディオンから条件の良い、5Gの高速通信が可能の新しい端末への乗り換えプランの案内がありました。 製品説明を聞きにいきましたが、思いのほか新しいWiMA ...

この記事を読む

Amazonスマートプラグ

Amazon

2022/5/1

Amazonスマートプラグ | 普通の家電をスマート家電にするおすすめの使い方

自分は音声入力を可能とするAIスピーカー「Amazon Echo(エコー)」を自室に置いて音楽再生機器として使っています。 その他にもタブレットのFire HD10をスマートディスプレイとして使ったり、Echo Autoを導入して車内でもアレクサを使えるようにして音楽を楽しんでます。 すっかりAmazonさんにライフスタイルの大部分を握られてますね(笑 その他でも率先的にAmazonのサービスを使っているのもあり、「家の中の家電もアレクサで音声制御したいな!」と唐突に思い、試しに購入したのがAmazonス ...

この記事を読む

TourBox Elite

PC周辺機器

2022/3/29

TourBox Elite レビュー | 編集作業をぐっと効率化させる左手用ガジェット

PhotoshopやPremiere Proなどの写真編集、動画編集ソフトを使う際に「なにか効率化できる方法ないかなぁ」とよく考えてしまいます。 Adobeなどの高性能なソフトはツールが多くて覚えきれない、ショートカットキーが使いこなせない、操作の切り替えでマウス移動が多いなどの問題がありますね。 ポイント 作業効率の向上は仕事でも趣味でも大事なポイントなのでよく研究してます。 ショートカットの有効活用ではロジクールのマウス、MX ERGOも以前導入しました。 「その他にも何か方法がないかな」と探している ...

この記事を読む

USKEYVISION WLZ10

レンズ

2022/3/24

ソニーAPS-Cユーザー必見!ZV-E10キットレンズを超広角レンズにする方法

ソニーのAPS-C用Vlogカメラ「ZV-E10」をキットレンズで購入し、しばらく使ったうえで求めたものの1つが「広角レンズが欲しい!」でした。 キットレンズのSELP1650の焦点距離は16mm-50mmと、35mm換算で24mm-75mmと使いやすい標準ズームレンズです。 またレンズ内手振れ補正機能のOSSが搭載で116gと軽量とZV-E10やα6600で使いやすいVlogカメラ向きのレンズではありますが、Vlog動画で自撮りをする際には24mmでは少し狭さを感じます。 特に動画撮影時には写真より映る ...

この記事を読む

モーションエレメンツ

編集方法

2022/5/1

モーションエレメンツの使い方 | 評判の高い映像素材 おすすめ定額サービス

動画制作やWebサイト制作、デザイン制作において、あればあるほど嬉しいのが編集の元となる「素材」です。 一般的にデザイン素材と言うと写真やイラストなどの画像が思い当たるところだと思います。 有名所でいうとPOPなキャラが評判な、いらすと屋さんですね それに加えYoutubeなど動画コンテンツが主流にもなってきたことで、動画素材、BGM、効果音など動画に関連する素材の需要も高まっています。 しかしこれらの素材でクオリティの高いものを無料で探すのはなかなか難易度が高いのが現実です。 ポイント 無料は種類が多く ...

この記事を読む

Zhiyun CRANE M3

動画機材

2022/3/20

Zhiyun CRANE M3 レビュー | フルサイズ一眼も乗せれる小型ジンバル

移動しながらでもブレの少ない映像を撮影できるガジェットが手振れを抑えるジンバルです。 自分は今までジンバル内蔵型の小型カメラOsmoPocketや、RX100などの小型のコンデジが向いているZhiyun Crane Mを使い動画撮影してましたが、普段ミラーレスカメラで写真を撮影している身としては日に日にミラーレスカメラで映像も撮影したくなりました。 それもあり動画用のミラーレスカメラとしてソニーのVLOGカメラ ZV-E10を購入しました そこで「ミラーレスカメラのジンバルで何かいいものないかな?」と探し ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-α7III, レンズ
-, , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.