α7Ⅲ レンズ

SEL55F18Z | Sonyミラーレスカメラで最初の1本におすすめの単焦点レンズ【レビュー】

Sonyミラーレスユーザー最初の1本におすすめの単焦点レンズ SEL5518FZ

2019年の春頃に一眼レフカメラをCanonの6DからSonyのα7Ⅲに乗り換えました。

世間で言うところの衝動買いとはまったく逆でα7Ⅲのメリットや使えるレンズなど調べに調べて買ったものです。

ミラーレスカメラ一式、乗り換えとなるとなかなかの出費!

限られた予算の中でα7Ⅲ本体のボディの購入に合わせて「この画角のレンズは必要だ!」と選りすぐったSonyマウントのレンズを数本購入しました。

そのⅠ本が神レンズと名高い標準域の単焦点レンズ、SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)です。

購入した感想を結論から先に述べると、どこに撮影に行くにも持って行きたい大満足なレンズです。

Sonyのミラーレスカメラユーザーならぜひ使ってほしい、SEL55F18Zがどれだけ良いレンズかをご紹介します。

Sony Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)の説明・概要

SEL55F18Z 外観

SEL55F18ZはSonyのデジタル一眼カメラのフルサイズに対応している焦点距離55mmの単焦点Eマウントレンズです。

表現力の高さで有名なカールツァイスのレンズなのもあり写りは素晴らしい!

サイズも小型軽量、しかも価格も比較的手頃な価格と、かなりコストパフォマンスに優れているレンズです。

SEL55F18Z 撮影例

SonyのミラーレスのEマウントレンズでは比較的初期のレンズですが、その魅力から多くのSonyユーザーが最初の1本で買っている、いまだ人気がある神レンズです。

よくよく考えてみるとSonyユーザーのカメラ友達もかなりの確率で持ってるなぁ…。
Sony Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z) スペック
名称 Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
型名 SEL55F18Z
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ 35mmフルサイズ
焦点距離 55mm
レンズ構成(群-枚) 5-7
開放絞り F1.8
最小絞り F22
絞り羽根 9枚
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 0.14倍
フィルター径 49mm
外形寸法 最大径x長さ 64.4mm x 70.5mm
質量 281g
35mmフルサイズセンサーを搭載したα7シリーズにマッチする、高性能な55mm標準レンズ。カールツァイスならではの高いコントラストと圧倒的な解像力を実現。

スナップにもポートレートにも使いやすい フルサイズ用の標準単焦点レンズ

標準域の単焦点レンズなのもあり、引いて撮れば風景写真も撮れ、注視すれば1つの被写体にピックアップした写真も撮れます。

何を撮影するのにも対応できる使いやすい距離感です。

SEL55F18Z 撮影例

自分も街撮りスナップをする際にはSEL55F18Zの1本だけα7Ⅲに装着して気軽に撮影しにいくことが多いです。

F1.8なのでボケ感もよく中央の描画力も高いところからポートレート撮影にも使えます。

SEL55F18Z 撮影例

ポイント

公開できる写真の問題で被写体はダンボーさんにお願いを

α6600などのAPS-Cカメラでは焦点距離が1.5倍で凡そ80mmと、ポートレート撮影には最適な距離のレンズとして使うことができます。

55mmと聞くとあまり耳馴染みがない距離感ですが、個人的には50mmの単焦点レンズとあまり変わらない感覚で使っています。

SEL55F18Z 撮影例

何でも撮影できて使いやすい、と言う点は最初の1本としては大事なポイントですね。

カールツァイスレンズならではの解像度 シャープでキレがある絵作り

SEL55F18Z カールツァイスレンズ

SEL55F18Zは高級シリーズで名高く多くのカメラユーザーの憧れでもあるカールツァイスのレンズで、その特徴通りにこのレンズも解像度と描画力が高く、シャドウからハイライトまでのコントラストを忠実に再現してくれます。

SEL55F18Z 撮影例

開放にした時のボケは柔らかいですが、ピント部分はカリカリにピシッと綺麗に撮影できます。

SEL55F18Z 撮影例

絞り羽根は9枚で円形絞り。開放から2段絞ったところまでは円形をキープしてくれます。

夜景の玉ボケも綺麗に撮れるので夜に持っていっても楽しいです。

SEL55F18Z 撮影例

F1.8ではボケに流れが出る場合がありますがこれが条件によってまちまち。

ただこれもF2.5まですれば問題がなくなる傾向があります。

またSEL55F18Zはオートフォーカスも速く、動作が静かなのも特徴

同じ用途で使うSony純正で50mmの入門用単焦点レンズとして2万円代で買えるSEL50F18Fがありますが、オートフォーカスの性能が遅く、フォーカス時のモーター音がうるさいと言う問題があります。

カタログスペック上ではわかりにくいですが、これらの問題がなくストレス無くテンポよく撮影できるのは良いポイントです。

長く愛用するにあたって撮影時に気持ちよく撮れるかどうかは地味に大事なところです。

コンパクトで軽量 カメラバッグにいれやすく携帯性も良し

これはめちゃくちゃメリットを感じる部分ですが、レンズ口径が49mmと非常に小型で重量が281gとかなり軽くコンパクトなレンズです。

SEL55F18Z

ポイント

49mmなのでフィルターの値段も安いのは嬉しい!

形状もシンプルな筒型。機材が多くなりがちなカメラバッグの隙間に気軽に放り込めます。

しかも見た目は安っぽくなくアルミ素材のシンプルなカッコよさ!

α7Ⅲにつけてもカメラ全体のバランスがよくカッコいいのです。

SEL55F18Z α7Ⅲ装着例

また自分は首からカメラをぶら下げるカメラストラップを基本つかっておらず、腰ベルトにカメラを固定できるピークデザインのカメラアクセサリー「キャプチャー」を使っています。

キャプチャーにα7Ⅲと組み合わせたSEL55F18Zを装着しても、レンズの軽量さから重さもあまり感じず、そのコンパクトさからスタイリッシュに携帯できます。

SEL55F18Z キャプチャー使用例

ポイント

ベルトにキャプチャーを装着した一例。このサイズ・重量だと腰の負担も少ないです。

スナップ写真を撮りに行く時には、映りも素晴らしいのに運用が便利すぎるところから自然と使用頻度が高くなった、そんなお気に入りの機材一式ですね。

キャプチャーとα7Ⅲについてるおすすめのハンドストラップについてはこちらの記事で紹介してます。

ピークデザインのクラッチとキャプチャーがめちゃくちゃ便利な件について
【PeakDesign】ピークデザインのハンドストラップ クラッチとキャプチャーの組み合わせが便利すぎる【レビュー】

1年ほど前にフルサイズミラーレス一眼レフのSonyのα7Ⅲを購入しました。 それと同じタイミングで機能性・デザイン性にグッと心を惹かれたカメラガジェットメーカー、PeakDesign(ピークデザイン) ...

続きを見る

SEL55F18Zの気になるポイント

このレンズでデメリットをあえて上げるならば、被写体に寄れないことです。

最短焦点距離は50cmになっているので、テーブルフォトには適していません。

「インスタ映えだ!」とスイーツや料理を撮ろうとしたときにはそのままの座った姿勢ではちょっとツライです。

SEL55F18Z 撮影例

ポイント

腰をかなり角度のけ反りながらひーひー言いつつ撮った1枚。
でも映り自体は凄く良い。

また四隅が黒く映ってしまう周辺光量落ちの現象も比較的あります

が、個人的には周辺光量が落ちている写真が好みなので問題なし。

安価でコスパ良し!最初の1本としておすすめ

レンズを買う際に気になる部分の大きいポイントとしてコストの問題がありますが、フルサイズ用レンズとしては比較的お手頃に買うことができ、カールツァイスレンズではありますが新品でも8万円前後の価格で購入することができます。

これだけ映りよくて使い勝手が良いカールツァイスのレンズがこの価格で購入できるのはほんとありがたい…。

SEL55F18Z 撮影例

また発売から期間がたっているので中古市場でも本数があり6万円台で購入できます

予算に限りがあり、複数の画角のレンズを安く揃えたい人なんかには特にうってつけのチョイスでしょう。

まとめ

SEL55F18Z 外観

今回は神レンズと名高いSEL55F18Zについて紹介しました。

α7Ⅲと同じタイミングでゲットし、そこからいろいろなレンズを購入し使ってきましたが、いまだに出撃率が高い間違いなく買ってよかったと思うレンズです。

α7Ⅲなどのフルサイズのミラーレスだけでなくα6600などのAPS-Cでもポートレート撮影の画角としても使いやすいレンズです。

最初の1本はもちろん、映りが良くコンパクトで使い勝手が良いレンズを探している人は是非に一度この神レンズをつかってみてください。

35mmフルサイズセンサーを搭載したα7シリーズにマッチする、高性能な55mm標準レンズ。カールツァイスならではの高いコントラストと圧倒的な解像力を実現。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アスペクト比最適な比率 写真・動画・SNS共有

カメラ関連情報 撮影方法

2020/12/3

アスペクト比を見直さない?写真・動画・SNS投稿に最適な比率

皆さんアスペクト比はご存知ですか? 撮影で使われるアスペクト比は写真や動画の縦横比率のことを言います。 カメラごとで初期設定値が決まっているので設定を触ったことがない方もいるのでは? 今回はそんなアスペクト比について、どういう比率があるのか、どのような特徴があるのかについてご紹介します。 写真に向いている比率、Youtubeなどの動画に向いている比率、ブロガー必見のTwitterやFacebookなどのSNSの情報共有に向いている比率など。 パターンに合わせたおすすめの比率についても合わせて解説していきま ...

この記事を読む

ソニーのカメラをUSBケーブルだけでWebカメラにする方法

パソコン関連情報 動画配信

2020/11/26

ソニーのカメラをUSBだけでWebカメラに!? Imaging Edge Webcamの設定方法

某ウイルスの影響もあり、テレワークで働いてる方も多くなったかと思います。 その影響もあり利用頻度が高まったのが遠隔でも顔を見ながら会議やミーティングができるZOOMなどのビデオ通話です。 急な需要の高まりもあり通販や家電量販店のWebカメラが売れに売れた背景がありますが、このWebカメラ、手軽に買えるものは画質があまりよくありません。 カメラが趣味で写真や動画を撮っている人が性能を比較すると「この程度か…」と思ってしまい新しく買うのを躊躇してしまう。そんな方もいるのではないでしょうか。 最近パソコンでビデ ...

この記事を読む

おすすめのレンズホルダーCommlite レンズホルダー

カメラストラップ 機材アクセサリ

2020/11/26

めっちゃ便利!Commlite レンズホルダーは単焦点使いのレンズ持ち運びにおすすめ!

皆さん、レンズホルダーと言う便利アイテムはご存知ですか? 一眼レフのレンズ交換を手軽にできる機材ですが、「レンズを気軽に持ち運びたいなー」と思い、自分も今回はじめて導入してみました。 今回は思いつきで買ったけども、思いの外、使い勝手がよく「めっちゃ便利やん!」と大満足だったCommlite レンズホルダーについてご紹介します。 目次 レンズって交換がめんどくさいよね レンズを携帯できるレンズホルダー 概要 レンズを2本装着可能で立ちながらレンズ交換ができる! Commlite レンズホルダーの使用感 ピー ...

この記事を読む

Oculus Quest2で世界が変わるVR体験を

Oculus Quest ライフハック

2020/11/23

Oculus Quest2 | 革命的VRゴーグルで世界が変わるVR体験を【レビュー】

10月13日にOculusから新しく発売された最新型のVRゴーグル、OculusQuest2を発売日に合わせて購入しました。 携帯をゴーグルにはめて使う簡易的なVRゴーグルしか使ったことがない自分でしたが、発表時に商品情報をみて「これは買いだ!」と衝動的に思わされポチってしまったそんな最新のガジェットです。 実際に使ってみての結論を先に述べるならば「間違いなく今年一番の買って正解なアイテムだ!」と思わされたガジェットです。 今回はそんな興奮冷めやらぬテンションでOculusQuest2をほぼ毎日愛用してい ...

この記事を読む

SONYミラーレス一眼ユーザーにおすすめ 世界初の最軽量大三元レンズ

α7Ⅲ レンズ

2020/11/26

タムロン 70-180 F2.8 DI III VXD | Sonyユーザーは絶対買い!明るくて軽い望遠ズームレンズ 【レビュー】

タムロンからSonyのミラーレス一眼レフ専用の望遠ズームレンズ、70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE)。 この1本が発売されると聞いたとき「F値2.8の大三元レンズ!?これはポトレにめっちゃ使える望遠レンズやんけ!!」と発表段階でめちゃくちゃ購買意欲を駆り立てられました。 α7Ⅲをメイン機にしてる自分としては「これはいつか買うだろうな…」と確信させられたレンズでした。 そのいつかが案外早いもので発表から1か月ほどで気が付いたらネットでポチっていた自分がいました。 いつの間にか目の前 ...

この記事を読む

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi

カメラ関連情報 三脚・一脚 機材アクセサリ

2020/11/26

マンフロット PIXI | 手持ち撮影でも大活躍なおすすめミニ三脚 【レビュー】

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。 しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。 ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち運びが苦にならない小型のミニ三脚です。 普段は手持ちでの撮影が基本で三脚を使わない自分ですが、旅先などでちょっと使いたいときって結構あるんですよね。 今回はそんな自分が愛用している人気のミニ三脚、マンフロット(Manfrotto)のPIXIをご紹介します。 目次 マンフロット PIXI 概要 カメラ固定部分の ...

この記事を読む

AmazonEchoで作業効率をバカ上げする5つのテクニック

ライフハック

2020/11/26

Amazon Echoで超集中!テレワークの作業効率をバカ上げする5つのテクニック

テレワークなど自宅作業をおこなう機会が多くなってきた昨今、いかにして集中できる環境を作るかは作業効率化において重要です。 誘惑が多い環境の中でなかなか作業がはじめれずに効率化どころか手がつかないなんて場合もあると思います。 集中できずに作業が進まない。 本当に、あると、思います(自己反省) 「集中して仕事をしたい!」「効率的に作業を進めたい!」そんな方におすすめなアイテムがAmazonから販売されているスマートスピーカー Amazon Echo(アマゾン エコー)です。 「スマートスピーカー便利だよ!」と ...

この記事を読む

OsmoPocket コントローラーホイール

OsmoPocket 撮影機材

2020/11/25

OsmoPocketユーザー必須!? コントローラホイールでレンズを自由に動かす動画撮影を【レビュー】

小型な手のひらサイズでジンバル内蔵のビデオカメラ DJIのOsmoPocket。 手ブレもなくスムーズな動画撮影がおこなえることからVlogなどの外での歩き撮影には最適な機材の1つと言えます。 今回はそんなOsmoPocketでのVlog撮影をさらにサポートする専用アクセサリーのコントローラーホイールをご紹介します。 目次 融通がきかないジンバルの操作がコントローラホイールで自由自在に! 上下・左右のジンバル操作が直感的にやりやすくなる! ボタンひとつでカメラ反転操作・ジンバルモード切り替えができて簡単 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-α7Ⅲ, レンズ
-, , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.