α7Ⅲ レンズ

タムロン 70-180 F2.8 DI III VXD | Sonyユーザーは絶対買い!明るくて軽い望遠ズームレンズ 【レビュー】

SONYミラーレス一眼ユーザーにおすすめ 世界初の最軽量大三元レンズ

タムロンからSonyのミラーレス一眼レフ専用の望遠ズームレンズ、70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE)。

この1本が発売されると聞いたとき「F値2.8の大三元レンズ!?これはポトレにめっちゃ使える望遠レンズやんけ!!」と発表段階でめちゃくちゃ購買意欲を駆り立てられました。

α7Ⅲをメイン機にしてる自分としては「これはいつか買うだろうな…」と確信させられたレンズでした。

そのいつかが案外早いもので発表から1か月ほどで気が付いたらネットでポチっていた自分がいました。

いつの間にか目の前にあった70-180mm F2.8 Di Ⅲ VXD

いつの間にか目の前にどーんと現れた某レンズ様。ようこそ我が家へ!

そんなこんなで使い始めて数か月余り。

予想どおり、いやそれ以上にすでに惚れ込みかけているSonyユーザーにおすすめの望遠レンズ「Tamron 70-180 F2.8 DI III VXD」についてご紹介します。

Tamron 70-180 F2.8 DI III VXD(A056SE) 説明・概要

Tamron 70-180 F2.8 DI III VXD

70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)は、ソニーのEマウント用に開発されたミラーレス専用設計の大口径望遠ズームレンズです。

このレンズの大きな魅力としては、開放がF2.8通しの属に言うところの大三元レンズながら、長さが149mmで重量が810gと言う世界最小、最軽量ボディというコンパクトさです。

タムロンはこの望遠レンズの登場で、先に販売された同じく開放F2.8通しの28-75mmの標準レンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」、17-28mmの広角レンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」の2つと合わせて、タムロンだけで構成できる大三元レンズ一式が揃いました。

TAMRON 70-180mm F/2.8と28-75mm F/2.8

しかしまだ広角はお出迎えしていないので自分の手元には一式は揃ってません。
ほしいいいいいい!(欲)

この標準レンズ、広角レンズも70-180mm F/2.8 Di III VXD と同様で、軽量・コンパクトで明るいズームレンズ。

人気が高く、販売してからミラーレスレンズの売り上げ上位に毎回名前を連ねるほどです。

そして何より価格帯もSony純正レンズと比べると安くお買い得感が高い。そうきたらもう買うしかありません。

…数十万のものがお買い得と考えちゃうあたりがレンズ沼のほんと怖いところです(震え声)

Tamron 70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE) スペック
名称 Tamron 70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE)
レンズマウント ソニー Eマウント
フルサイズ対応
焦点距離 70~180 mm
レンズ構成(群-枚) 14群19枚
開放絞り F2.8
最小絞り F22
絞り羽根 9枚 (円形絞り)
最短撮影距離 AF時 0.85m (ズーム全域)
(MF時 0.27m (WIDE)/0.85m (TELE)
最大撮影倍率 AF時 1:4.6
(MF時 1:2 (WIDE) / 1:4.6 (TELE))*
フィルター径 67mm
外形寸法 最大径x長さ 81x149 mm
質量 810g
ソニーのフルフレームミラーレスのための高速テレズームのクラスで最も軽量でコンパクト。VXDリニアモーターフォーカス機構は、高速、高精度オートフォーカス性能を実現

フルサイズミラーレスカメラでポートレート、動物撮影に最適な距離感

焦点距離が70mmから180mmなのでポートレートや動物の撮影にはうってつけです。

実際の撮影でも使いましたが被写体に寄った撮影も、背景を入れる引きの構図のどちらでも機動力高く対応できます。

ポートレートでも使っていますが今回は動物の写真中心に撮影した写真をお見せします。

またピントを合わせるオートフォーカス(AF)性能も抜群です。

タムロンが新開発したリニアモーターフォーカス機構「VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)」により、AFも高速で高精度。

タムロン史上最高峰!とメーカー側が語っているほどです。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)で猿を撮影

それにより動物園などの動きの早い動物の撮影にも向いています。

AFの動作音も殆どないので動画の撮影でも使えちゃいます。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)でレッサーパンダを撮影

ポイント

プリティーなレッサーパンダ、ずっとせわしなく動いてましたがバッチリ撮れました。

個人的には70mmの距離感はスナップとしても使える長さなので、これ一本での街歩き撮影も結構できちゃいます。

開放F2.8通しのレンズだからすごいボケる!

望遠レンズの特性として、望遠であればあるほど背景のボケ味が増すので180mmの距離だとだいぶ強めにボケてくれます。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)で馬を撮影

一眼レフの望遠レンズは比較的、焦点距離で明るさとボケ味が関連してくるF値が可変するものが多く180mmになると明るさはF5.6あたりになります。

このF値が固定のF4やF2.8もありますが、価格も重量もかなり増します。

しかしこのレンズは軽量で低コストながら開放がF2.8なのでより一層ボケ味を活かした撮影ができます。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)で撮影した風鈴

一眼レフ用ではなく、ミラーレスカメラ専用のレンズなのでその分、軽量で明るいレンズができたということなんでしょう。

Canon EF 70-200mm f/4L USMとの比較

ポイント

CanonのF4固定の白レンズを持っていますがやはりボケ味が違います。
明るさも上がっていて見た目もコンパクトになってるのはミラーレス一眼専用のレンズ設計になっているお陰もありますね

明るい設定値で撮影できるので、室内や夜などの暗い場所でもシャッター速度も稼げます。

三脚を使わない手持ち撮影が基本の自分としては非常にありがたいポイントです。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)で撮影した下呂温泉

人が多い撮影会や運動会などのイベントや、ウエディング撮影などの、人ごみで動けずフットワークが使えないながらも被写体をボカして撮りたい、そんな時にはめっちゃ使えますね!

サイズも望遠レンズの中では小型で軽量

このレンズの大きな魅力の1つで、重量が810g、長さも149mmとF2.8の望遠レンズの中ではぐんを抜いて最軽量でコンパクトです。

重量が1kg以下のフルサイズ対応で開放F2.8通しの望遠レンズとしては世界初の商品となります。すごい!

手で持った時の重量感やレンズの長さの感覚はちょっと大きめな標準レンズをつけてるぐらい。

Peakdesign のキャプチャーを使った腰下げもサイズ感と重さをそこまで気にせず使えます。

Sigmaの135mm F1.8 Artの単焦点レンズが凄い好きですが、いかんせん重量が重く大きいので徒歩移動が多い撮影の時は諦めることも。。そんな時にもこの70-180mmは頼りになってます!

あと小型だとカメラバッグへの収納スペースも大きく使わないのが良きです。

やはり軽量コンパクトは正義(ジャスティス)!

寄っての撮影もできるのに、70mmのマニュアルだとさらに寄れる

70-180 F2.8 DI III VXD は望遠レンズの中でも被写体にかなり寄って撮れるレンズです。

AFのオートフォーカス時の最短撮影距離はズーム全域で0.85mmとなります。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)のAFの最短撮影距離

オートフォーカスで70mmで撮った栽培中のミント。
結構寄って撮影できます。

このようにただでさえ寄って撮影できるこのレンズですが、更なる特色として手動でのマニュアルフォーカス(MF)で広角側の70mmにした場合、最短撮影距離は0.27mmとハーフマクロのようにかなり接写した撮影ができます。

マクロレンズを持っていない人としてはこれはありがたい!

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)のMFの最短撮影距離

ポイント

同じ70mmでマニュアルフォーカスで撮った同じミント。かなり被写体に寄って撮影できます!

フォーカスのマニュアル切り替えがスイッチの変更ではできない 手振れ補正もなし

良いことばかりあげてきたので少しマイナス点を。

70-180 F2.8 DI III VXD の外観部にはフォーカスのAF、MFの切り替えスイッチがありません。

オートからマニュアルに変えたい時にはカメラ側の設定で切り替える必要があります。

外観部にはレンズロックのスイッチ

ポイント

外観部にあるのはレンズロックのスイッチ。運搬時などに勝手にレンズが伸びるのを防止できます。

またレンズに手振れ補正機能がないので、カメラ本体側の手振れ補正機能に頼る形になります。

手振れ補正機能は欲しかった点ではあります。

しかし機能を最小限にしシンプルにすることでコストダウンや軽量化が図れてることを考えれば仕方ない部分かもしれません。

むしろそのプラス点に目を向けるべきですね。

望遠レンズの200mmと180mmの違いは正直あんまりない

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)の撮影写真

また懸念する点としては望遠側の焦点距離

一般的なこの焦点距離帯の望遠レンズでは望遠側が200mmなのが殆どです。

70-180 F2.8 DI III VXDは望遠側が180mmとなり20mmの差があるので購入する際にはその点を気にする方もいるかと思います。

…が正直な話この20mmの差はあまり気にならないレベルでした。

広角側はともかく、望遠側の20mmの差はあまり大きくなく、感覚としては一歩踏み込めば大体同じくらいの距離間になるので個人的にはそこまで気にしなくてもいい点です。

フィルターサイズが67mm 他のTamronレンズのフィルターと共用できる

このレンズも含めたタムロンの大三元レンズ一式のレンズ経が67mmで統一されています、

NDフィルターなども67mmの1種類ですみます。

NDフィルターやPLフィルターも結構値が張り、サイズごとに買うと出費がかなり手厳しいのでこの点は嬉しいポイントですね。

NDフィルターとステップアップリング

ステップダウンリングなどで使いまわしできるけどもやっぱりめんどくさい。あとよく無くしがちです(遠い目)

また大三元レンズ一式だけではなく、最近タムロンから新しくラインナップされた20mm,24mm,35mmの安価な単焦点シリーズも67mmです。

自分もこの単焦点の20mmをもっていますがかなりコスパが良いレンズなのでこちらもおすすめですよ。

まとめ

Tamron 70-180 F2.8 DI III VXD(A056SE)

開放F2.8通しの明るい望遠レンズで、重量は1kg以下と軽量コンパクト。

しかも被写体に寄って撮れるうえにコスパも良い。

70-180 F2.8 DI III VXD はソニーのフルサイズミラーレス一眼を持っているユーザーにとってかなりおすすめの望遠レンズです!

明るい望遠のズームレンズが1本あるだけで、ポートレートやアニマルフォト、各種イベントなどなど様々なシチュエーションで使うことができるのでミラーレス一眼用の望遠レンズを持っていない方は一度ご検討してみてはいかがでしょう?

ソニーのフルフレームミラーレスのための高速テレズームのクラスで最も軽量でコンパクト。VXDリニアモーターフォーカス機構は、高速、高精度オートフォーカス性能を実現

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2でおすすめのフィットネスアプリ4選

Oculus Quest

2021/3/1

OculusQuest2でVRトレーニング!フィットネスにおすすめのアプリ4選

本体単独で使える最新のVRゴーグル、OculusQuest2。 IT技術の最新ガジェット好きとしては「そろそろ本格的なVR体験をしとくか」と販売日当日に勢いでamazonでポチりました。 Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—64GB ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけの簡単セットアップ。すぐにVRの世界が広がります。 Amazon楽天 ...

この記事を読む

Ulanzi MT-08 自撮り棒になるミニ三脚

三脚・一脚 機材アクセサリ

2021/2/21

Ulanzi MT-08 | 自撮り棒になる!スマホやGoproの動画撮影におすすめのミニ三脚

三脚は一眼レフ用の大きいものから、マンフロットのPIXIを代表とするテーブル三脚と小さいものまで何本か所有していますが、「自撮り棒としても使える三脚なんて便利じゃない??」ってことで見つけたUlanziの軽量ミニ三脚、MT-08を購入してみました。 お家芸となっている、言うところの衝動買いです! 自分の一番の使用用途としては、常に持ち歩く撮影機材としても購入したスマートフォン「Zenfone7 Pro」での動画撮影用です。 Zenfone7 Proはインカメラがない変わりにアウトカメラが前面にフリップしイ ...

この記事を読む

Ulanzi VL-81 LEDビデオライト

撮影機材 照明機材

2021/2/13

Ulanzi VL-81 | 動画撮影やブツ撮りに使える!安価で明るいLEDビデオライト

動画撮影や写真撮影で一番大事なのが光の環境です。 暗い場所では映像が暗くなるだけではなく、ノイズが入ったりカメラのピントが悩んだりします。 撮影時に「くそぉ…暗い…!」と悩んだ方も多いのではないでしょうか? そんな光の環境を簡単に調整できるアイテムがビデオライトです。 今回紹介するUlanziのVL-81はそんな悩みを解消できる、コンパクトで軽量ながら光量も十分。しかも安価な照明機材です。 Youtubeやインスタなど動画撮影の機会が多くなったいま、おすすめのUlanzi VL-81の魅力についてレビュー ...

この記事を読む

映画のようなソフトな光を演出するブラックミストNo.1

撮影機材

2021/2/17

【作例・比較】ブラックミストNo1で魅せる映画の世界【使い方レビュー】

まるで映画のようなソフトな質感の写真や映像が撮影できる一眼レフカメラのソフトフィルター「ブラックミスト」。 このケンコーが販売するブラックミストシリーズの新商品として「ブラックミスト No.05」が発表され、その独特な雰囲気を手軽に作れることから写真撮影系のYoutuberやSNSでいま話題になっているカメラフィルターです。 自分も今回をキッカケにブラックミストシリーズを知り「これは気になる!!!!!」と思ったのが2020年の年の瀬。 意気揚々とネットで購入しようとしたもののどこも完売状態で、人気がですぎ ...

この記事を読む

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) レビュー

レンズ 撮影機材

2021/2/17

タムロン 28-75mm F2.8 Di III RXD | 最初の1本におすすめのソニーEマウント用標準ズームレンズ 【レビュー】

自分が写真や動画の撮影でメインで使っているミラーレス一眼はソニーのα7Ⅲになります。 この愛用機はCanonの6Dからの乗り換えで購入しましたが、レンズ資産が全くない中で最初に購入した1本が開放が通しF2.8の標準ズームレンズ、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)です。 最初に購入しただけあり「取り回しがよく使いやすい1本を」と思い購入し、その後も様々なレンズを迎え入れしてきましたが撮影で大活躍している1本です。 今回はフルサイズ対応のEマウントレンズで ...

この記事を読む

WearOS対応 おすすめスマートウォッチ FOSSIL ジェネレーション5

スマートウォッチ スマートウォッチ ライフハック

2021/2/16

FOSSILジェネレーション5 | おしゃれでおすすめなAndroid Wear OSスマートウォッチ

いままで2年以上使っていたAndroid対応のWearOSスマートウォッチの動作や充電状況が怪しくなってきたので「これは買い時だな…」と免罪符を得て高スペックモデルのFOSSIL ジェネレーション5(Gen5) のFTW4025を新しく購入しました。 自分としてはmoto 360、FOSSIL Q EXPLORISTに続き3台目のスマートウォッチです。 今回はそんな自分が今まで持っていたスマートウォッチと比較しつつ、FOSSIL ジェネレーション5(Gen5)についてレビューしていきます。 目次 FOSS ...

この記事を読む

OculusQuest2ユーザーにおすすめのアクセサリー5選

Oculus Quest ライフハック

2021/3/1

OculusQuest2と一緒に買ってよかったおすすめアクセサリー・アイテム5選

Facebook傘下のOculus(オキュラス)から2020年の10月に最新型の単独型VRゴーグルOculusQuest2(オキュラスクエスト2)が販売されました。 発売日に購入してから数か月たちましたが、身体を動かすフィットネス系アプリを中心に今もほぼほぼ毎日ペースで利用しています。 今回はOculusの公式から、サードパーティー製と様々なアクセサリーも揃いつつある中で、実際に購入して使ってみてよかったOculusQuest2のアクセサリーやアイテムのレビューをしていきます。 OculusQuest2を ...

この記事を読む

Anker PowerHouse II 400 レビュー 良コスパ!はじめてのポータブルバッテリーにおすすめ

バッテリー・充電機器 ライフハック

2021/2/17

Anker PowerHouse II 400 レビュー | 価格と性能のバランスが良い大容量ポータブルバッテリー

Anker(アンカー)から大容量な小型ポータブル電源の最新モデルとして「PowerHouse II 400 108000mAh」が販売されました。 自分はAnkerの初代PowerHouseを持っていますが、正直言ってこのPowerHouse II 400は最大出力や機能など様々な点でパワーアップされ使い勝手も向上しています。しかもバージョンアップしているのに値段は初代よりもなんと安い価格です。 スペックが上がったのに価格が安いのはホントびっくり! ポータブルバッテリーはキャンプや車中泊などのアウトドア用 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-α7Ⅲ, レンズ
-, , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.