編集方法

モーションエレメンツの使い方 動画素材で評判の定額素材サイト

モーションエレメンツ

動画制作やWebサイト制作、デザイン制作において、あればあるほど嬉しいのが編集の元となる「素材」です。

一般的にデザイン素材と言うと写真やイラストなどの画像が思い当たるところだと思います。

有名所でいうとPOPなキャラが評判な、いらすと屋さんですね

それに加えYoutubeなど動画コンテンツが主流にもなってきたことで、動画素材、BGM、効果音など映像に関連する動画素材の需要も高まっています。
しかしこれらの素材でクオリティの高いものを無料で探すのはなかなか難易度が高いのが現実です。

ポイント

無料は種類が多くなく、よく聞くと複数のYoutube動画で同じ曲が使われてたりしますね

そんな動画素材に関する悩みをもっており「クオリティの高い動画にしたい!」と思っている方におすすめしたいのが評判の高い動画素材提供サービスモーションエレメンツ(Motion Elements)です。

今回のこの記事では、まさに同じような悩みや考えの元で実際に契約したモーションエレメンツ(Motion Elements)の特徴から、提供素材の使い方から、他の素材サービスと比較した感想も含めてご紹介します。

モーションエレメンツ 公式サイトはこちら

動画素材サイト モーションエレメンツ(Motion Elements)ってどんなサービス?

モーションエレメンツ

モーションエレメンツ(Motion Elements)はシンガポールを拠点にしている企業で、世界最大規模を誇る動画素材のオンラインマーケットです。

素材点数は400万点以上と動画制作で利用できる映像素材からBGMなどの音楽と様々な動画に関連する素材データを提供しています。

以前の購入方法は素材ごとの買い切りでしたが、年間25,800円の価格でダウンロードし放題の無制限定額プランが追加されました。

様々な素材をWeb上で必要な時にいくつでもダウンロードできます、これが便利!

また提供している全素材はロイヤルフリーで商用利用も問題なしです。

クレジット表示も必要がないのはかなり使いやすく、素材を使う際に著作権を気にする必要がないので変な心配もなく動画制作などの作業に集中することができます。

ポイント

Youtubeや主要SNSでの利用はもちろん、企業との請負業務にも自由に使えます。

またモーションエレメンツの特徴としては、日本語対応されていない素材提供サービスが多い中でWebサイト全体が日本語対応されている点です。
英語が苦手な方でも問題なく、普通の日本サイトと同じように使えるのはかなりのメリットです。

このようにモーションエレメンツは使いやすさ、素材点数の多さから映像制作のプロからも評判の高い動画素材サイトとなります。

モーションエレメンツ 公式サイトはこちら

モーションエレメンツでダウンロードできる動画素材・テンプレート

モーションエレメンツ 素材内容

モーションエレメンツでダウンロードできる素材数は400万点以上ありますが、その種類は様々で他の素材サイトと比較しても広いジャンルを整えていると言えます。

ダウンロード素材の種類

  • 動画素材 300万点以上の素材数
  • 音楽 BGM素材が50万曲以上
  • 画像 イラストや写真素材
  • 効果音 動画で使えるSE
  • 3Dモデル mayaモデル、cinema 4Dモデル
  • LOTTIE アニメーション
  • After Effectsテンプレート
  • Adobe Premiere Proテンプレート
  • FCPX Apple Motionテンプレート
  • DaVinci Resolveテンプレート

動画製作でおすすめなテンプレート

モーションエレメンツ

モーションエレメンツで特におすすめな素材がAdobeソフトのAfterEffectsやPremiereProで利用できるデザインテンプレートです。

このテンプレートを使うことで、プロが作ったかのような動きのあるオープニングムービーやテキストアニメーションなどを簡単に動画内に組み込めます。

クール、POP、ビジネス向けとジャンルも分かれているので動画にマッチしたデザインテンプレートやデザインパーツを適用することで一気に映像クオリティを向上させれます。

ポイント

何よりテンプレートを使うことで映像の編集時間をグッと短縮できます。
使い方は素材ごとに変わりますが、基本的にはテンプレートを選んで文章を編集したり、写真などの画像を入れ替えるだけと簡単です。

モーションエレメンツ PremierePro

モーションエレメンツ After Effects

Premere Pro、AfterEffectなどの種類別でページが分かれており、目的のカテゴリーごとにも分かれているので素材も探しやすいです。

モーションエレメンツで評判のお得な無制限定額プラン

モーションエレメンツ 定額プラン

モーションエレメンツの素材は1つ1つ個別に購入することも可能ですが、より便利にサービスを活用できる「無制限定額制プラン」が用意されています。

無制限定額プランは名前の通りで、モーションエレメンツで掲載されている300万点以上と多くの素材がダウンロード制限なく利用できる評判の高いプランです。

支払い方法は年払いで金額は25,800円月額換算にすると2,150円で契約が可能です。

ポイント

モーションエレメンツが指定する定額制カタログからダウンロードできる仕組みで、定期的に新しい素材も追加されます。
すべての素材がダウンロードできるのではなく、一部有料な素材もあります。

特定のSNSのみでしか使えない、個人利用でしか使えないなどの制限もなく、商用利用も可能なロイヤルフリーで使用用途を制限せずに様々な制作物に素材を活用できます。

また嬉しいポイントとして一度ダウンロードした素材は定額プランの解約後もそのまま制限なく利用できます。

極端な話、最初の1年契約内で必要な素材を一通りダウンロードすることで2年目以降の契約は不要となります。

無制限定額プランの特典:ウェビナー動画が見放題

モーションエレメンツ ウェビナー

無制限定額プランに加入することで、毎月2~4回開催している日本のトップ動画クリエイターによるウェビナー(Webセミナー)のアーカイブ動画を視聴できるようになります。

また一部の有料ウェビナーにも無料で参加できるので、動画編集やデザイン制作コンテンツのアクセスアップなどを向上させたいと考えている方の学習ツールとしても活用できます。

ポイント

正直に言うと加入してから知ったサービスでした!
ジャンルも様々なのでこれは嬉しいところ!

モーションエレメンツ 公式サイトはこちら

ダウンロードできる動画素材の一例・使い方

Premiere Proの素材

モーションエレメンツ PremiereProの素材

Adobeの動画編集ソフト、PremiereProで使える素材です。
動画の切り替わりのトランジションや、テロップの出し方で使える素材が多くあります。

モーションエレメンツ PremiereProの素材

素材の詳細画面でどのような内容なのかを動画を見て確認できます。

ポイント

複数の素材がセットになっている素材パックも多いですが、動画をみることでどんな素材が入っているのか、どんな効果を与えれるのかが具体的にわかります。

ログインしている状態で素材の詳細画面を表示するとダウンロードできます。
素材ごとで利用方法は変わりますがダウンロード後のファイル内や、素材詳細画面の下部に使い方が記載されています。

After Effectsの素材

モーションエレメンツ AfterEffectの素材

Adobeの動画エフェクト作成ツールのAfterEffectの素材をダウンロードできます。
映画的な動画のオープニング映像を簡単に導入することができます。
凝った素材からシンプルに使えるものなど様々あるのでどんな動画でもクオリティアップに繋げれます。

動画の素材

モーションエレメンツ 動画の素材
イメージを保管するために使える様々なジャンルの動画をダウンロードできます。
ビジネスから、Youtubeでも使える素材があり、CG動画から360度動画とバリエーションも豊かです。

日本人のイメージなど国内向けの素材も多くあります

モーションエレメンツ 動画の素材

CG的なイメージでは動画のオープニングなどの背景にも使えたりと汎用性もありますね。

音楽の素材

モーションエレメンツ 音楽の素材
動画のBGMに使える音楽素材をダウンロードできます。
様々な音楽をエネルギッシュ、神秘的などのムードに合わせたイメージから、ジャズ・ヒップホップなどのジャンルを見て好みの音楽を探すことができます。

欲しい種類の音楽を検索しやすいのはメリットですね

モーションエレメンツ 音楽の素材

音楽の詳細画面で長さやテンポなどの詳細を確認できます。

音源に関しての注意としては一部JASRACに登録済みのものがあります。
トラブルを避けるためにも、ライセンス部分は確認のうえ登録済みのものは回避したほうが無難です。

効果音の素材

モーションエレメンツ 効果音
動画の没入感をあげるのに必須の効果音の素材をダウンロードできます。
比較的、素材の名前が日本語でも表示されておりわかりやすいのでタイトル名だけでも判断しやすいのがメリットです。

カテゴリーの種類でも絞り込みができ、音楽・効果音は一覧画面の状態でも再生することができるのでチェックも素早くおこなえます。

モーションエレメンツを契約してみた感想

実際に定額プランに加入して数か月たちましたが、動画制作面においてはやはりPremiereProなどの高品質なテンプレートが使えるのはかなり心強いです。

Youtubeの動画も年々全体的にクオリティは上がってきており、内容は勿論重要ですが、編集に素人っぽさがあるとそれだけで見てもらう可能性が減ってしまいます。

手の込んだエフェクトやロゴの表示方法、スタイリッシュな文字の出し方を1から作ろうとするとそれだけで相当の時間が必要ですが、それも簡単に高品質なものが準備できるとなれば時間コストを考えると年額プランでの費用はすぐ回収できると言えます。

ポイント

素材を単品で購入すると5,000円以上するものもあります。
素材に掛かる単品での費用と比較しても定額プランはかなりお得と言えます。

音楽素材もメインで使えるBGMから足音や風の音などの効果音(サウンドエフェクト)もあるのでモーションエレメンツがあれば音楽素材は一通り揃えることができます。

ただボーカル曲は少なめでサウンドBGMが多い傾向です。
方向性としてはスタイリッシュなVLOG動画と言うよりは企業のプロモーション動画などに向いているかなと思われます。

ボーカル曲が欲しい場合は後で紹介するArtlistがおすすめです。

ただ地味に大きな魅力なのが、Webサイトが完全に日本語に対応されているので素材も探しやすく非常に使いやすい点も上げれます。

ポイント

英語の素材サイトも使ってますが、検索ワードやタグも英語なのは英語力がない自分としては正直手間ですね。

商用利用の緩さや、解約後も変わらず素材を利用可能な点を考えると正直かなりお買い得だったなと満足してます。

その他で評判のおすすめな素材・Webサービス

Artlist (音楽・効果音)

Artlist

ボーカル入りのBGMをはじめ、高品質な音源をダウンロードしたい人におすすめなのが音楽素材サイトArtlist(アートリスト)です。

楽曲のクオリティーも非常に高く評判も高いこともあり、ここ数年で世界中から登録ユーザーが急増したサブスクです。
ライセンスの自由度が高いところから、マイクロソフトやBMWなどの大手企業のプロモーション動画などにも使われています。

Youtubeのみなど特定のサービスのみで使える価格の安いPersonal(個人)から、モーションエレメンツと同様のどのサービスにも使えるロイヤルフリーでダウンロードし放題のUnlimited(無制限)と複数のプランがあります。

Artlist 料金価格

■Personal(個人) :$14.99/月 $119.88/年(1ヶ月あたり$9.99)
■Unlimited(無制限):
Music + SFX(効果音) → $299/年
Musicのみ → $199/年
SFXのみ → $149/年

モーションエレメンツの契約後にArtlistも契約しました!

サービスの契約前からどんな音楽があるのかは視聴することができるので一度視聴してみてください。
下記から公式サイトに移動し年契約して頂くことで2か月分期間が延長されます。(合計14か月利用可能)

イラストAC (写真・イラスト・アイコンなど)

イラストAC

イラストや写真などの素材を補うのにおすすめなのがイラストACです。

Webサイトのデザインパーツ、ブログで使う写真から、チラシなどの紙面媒体などには最適な素材が多数掲載されています。

素材を無制限にダウンロードできるプレミアム会員に3年間以上契約しています。

国内のWebサービスなので人物写真なども日本人のものも多く、素材自体が全体的に使いやすい印象があります。
その他、背景で使えるテクスチャーから年賀状のパーツ、パワーポイントのテンプレートなど静的なデザイン素材の種類も多岐に渡るのもおすすめできるポイントです。

ポイント

プレミアム会員の価格は現在で月額1,500円ほどです。
ただ、イラストACの特徴で一定の期間ごとに値段が少しずつ上昇しているので興味のある方は早い加入をおすすめします。

Adobe Creative Cloud (各種Adobeソフト、フォントなど)

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブクラウド)

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブクラウド)、通称AdobeCCは各種デザインソフトを提供するAdobeのサブスクのサービスです。

加入することでプロも利用する動画編集ソフトPremiere Proや、動画のエフェクトなどを作成できるAfterEffects、写真編集ソフトのPhotoShopなどの最新版のAdobeソフトを常に使えるようになります。

モーションエレメンツで使える動画テンプレートも有用活用できますね

またソフトのみならずAdobeCCの加入でAdobe fontのサービスが利用でき、日本語、英語と様々なデザイン性があるフォント文字をインストールできるようになります。

フォントが変わるだけでデザインの印象は一気に変わるので、動画のタイトル、Youtubeのサムネイルなどに力を入れていきたい人にはかなり心強いサービスとなります。

Adobeフォントの内容や使い方、またAdobeCCを学生割引並みの価格で契約する使い方を下記記事で紹介してるので興味のある方は参考にしてください。

商用・個人でも無料で利用できるフォント AdobeFont
Adobe Fontsがおすすめ!商用利用もできる無料フォントの使い方

Adobeのソフトが使える月額サービスAdobe Creative Cloud(Adobe CC)に加入する人は、利用目的や決め打ちで使いたいソフトがあって契約してるかと思います。 写真編集でLigh ...

続きを見る

Adobe Creative Cloudを大幅割引のお得な価格で使う方法
Adobe CCが誰でも学割価格!コンプリートプランを大幅割引で使う方法

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブクラウド)、通称Adobe CC。 イラストを書く人や写真を編集する人、動画を制作する人には必要不可欠なサービスです。 ただこのAdob ...

続きを見る

まとめ

モーションエレメンツ

評判の高いおすすめの動画素材サイト、モーションエレメンツ(Motion Elements)の内容や使い方についてご紹介しました。

モーションエレメンツの無制限定額プランは動画の素材からテキストアニメーションなどのテンプレートを好きなだけダウンロードが可能で、ロイヤルフリーで商用利用も可能。

年間プランの解約後でも変わらずダウンロードした素材を活用できると使い勝手が良い素材サイトです。

ポイント

特にAdobeのPremiere ProやAfterEfectのテンプレートが使えるのは魅力的なポイントです

動画制作は今後どんどん需要が高まっている傾向にあり動画のクオリティもより比較される中で、高品質な素材で簡単にクオリティを上げれるので編集時間も短縮し空いた時間を次の動画の製作時間に当てることもできます。

Youtubeなどでは作品数を増やすのが大事ですしね

動画クリエイターにとってはモーションエレメンツはかなり有用なサービスなので動画の品質を上げたいと思っている方は「どんなテンプレートや素材があるのかな?」と一度サイトをチェックしてみてください。

モーションエレメンツ 公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Powerextraソニー NP-F980L 互換バッテリー

動画機材

2022/9/16

Powerextraソニー NP-F980L 互換バッテリーがモバイルバッテリーにも使えて便利すぎ!

ライトや外部モニターなどの撮影機材を利用する際に何かと必要になってくるのが対応の外付けバッテリーです。 これらの機材は有線のDCケーブルやUSBなどで電源を確保すれば利用できるものが殆どです。 しかし出先などで小回りをきかせるために無線接続で運用したい場合には別途外付けのバッテリーを導入する必要があります。 ポイント 例えばビデオモニター、自分はいままで2,000mAhほどの小型のバッテリーを数個導入して運用していました。 ただバッテリー容量の少なさと充電の手間もあってか、自然とめんどくさくなりそれらの製 ...

この記事を読む

SIGMA 35mm F1.4 DG DN Art

レンズ

2022/9/13

【作例・レビュー】SIGMA 35mm F1.4 DG DN Art | 撮影が楽しくなる画質最高の単焦点レンズ

自分はソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラをここ数年愛用しています。 年々装着できるレンズも増しており、焦点距離が変えれる性能の高いズームレンズも多く発売されるようになっています。 ポイント 標準、広角、望遠ともにF2.8のズームレンズが基本なラインナップに! 便利なズームレンズが1本あれば様々な距離がカバーできますが、レンズ沼に沈みかけてる自分としては同じ35mmの距離でもより背景もボケて暗所にも強く画質も良い撮影ができる単焦点レンズが欲しくなると言うものです。 単焦点レンズとズームレンズを揃えたい欲 ...

この記事を読む

SwitchBot 見守りカメラ | アレクサと連動できる防犯カメラ

Amazon ライフハック

2022/8/23

SwitchBot 見守りカメラ | アレクサと連動できる防犯カメラ

自宅などの防犯を考えた時に、一番最初に思い浮かぶ対策の1つが防犯カメラです。 また防犯カメラを防犯用途ではなく、ペットなどの見守りカメラとして使う需要も増えています。 これらの防犯、見守りカメラの導入と考えた際、費用もかかりそうに感じるものですが、コストもあまり掛けずに気軽に導入できるのがSwitchBotの見守り防犯カメラです。 自分も長期旅行前に防犯目的で購入し導入しました! スマホとも連携しモニタリングもでき、Amazon Echoとの連動でアレクサと呼びかけた音声操作も可能なSwitchBotの見 ...

この記事を読む

TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるフルサイズ魚眼レンズ

レンズ

2022/6/17

【作例・レビュー】TTArtisan 11mm F2.8 | 格安で買えるミラーレス魚眼レンズ

風景などの自然をダイナミックに撮影するのに使えるのが超広角レンズです。 その中でも得に広い範囲を撮影でき、特徴的な写真が撮れるのが魚眼レンズです。 「何か良い広角レンズないかなぁ」と探している時に見つけたのが、ソニーのα7IIIをはじめ様々なミラーレスカメラで装着できるフルサイズ対応な単焦点の魚眼レンズ、TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDです。 今回はレンズながらあまりの格安さでつい衝動買いしてしまったTTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDについて作例を交え ...

この記事を読む

Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

アウトドア

2022/6/17

Goture 8L 車載冷蔵庫 | 車中泊・キャンプでおすすめの冷えるポータブル冷蔵庫

車中泊やキャンプであると便利な家電、それが持ち運びできるコンパクトな冷蔵庫です。 持ち運びができるポータブル冷蔵庫も大容量のポータブル電源がメジャーになってきたことで、キャンピングカーのみならずアウトドアを趣味としている方の車にも搭載しやすくなりました。 ポイント 自分も少し大きめのポータブル冷蔵庫を使ったりしています。 他にも小型のペルチェ式の冷蔵庫も持っていたりします。 しかし所有しているポータブル冷蔵庫は気軽に使う点では大きく、ペルチェ式のものは中々冷えず電力が大きいのもあり「コンパクトで使いやすい ...

この記事を読む

WiMAX 5GのモバイルWi-Fiを契約した6つの魅力

便利グッズ

2022/6/17

WiMAX 5G ポケットWiFi | 機種変更・乗り換えても契約すべき6つの魅力

パソコン仕事でカフェや喫茶店などでノマドワークをする自分のようなフリーランスで重要なガジェットの1つがポケットWiFiです。 いままではWiMAX 2+を家電量販店のエディオンで経由で契約して2年ほど利用してました。 ポイント 話を聞きに行った流れとエディオンカードによる割引があったので、珍しくネットで比較せずそのまま即決した思い出です。 そんなある日にエディオンから条件の良い、5Gの高速通信が可能の新しい端末への乗り換えプランの案内がありました。 製品説明を聞きにいきましたが、思いのほか新しいWiMAX ...

この記事を読む

Amazonスマートプラグ

Amazon

2022/6/17

Amazonスマートプラグがおすすめ!普通の家電をスマート家電にする使い方と活用方法

スマホやAIスピーカーと技術が発達したことで音声による操作が当たり前のようになってきました。 自分は音声入力を可能とするAIスピーカー「Amazon Echo(エコー)」を自室に置いて音楽再生機器として使っています。 その他にもタブレットのFire HD10をスマートディスプレイとして使ったり、Echo Autoを導入して車内でもアレクサを使えるようにして音楽を楽しんでます。 すっかりAmazonさんにライフスタイルの大部分を握られてますね(笑 その他でも率先的にAmazonのサービスを使っているのもあり ...

この記事を読む

TourBox Elite

PC周辺機器

2022/6/17

TourBox Elite レビュー | 動画編集を効率化させる左手用ガジェット

PhotoshopやPremiere Proなどの写真編集、動画編集ソフトを使う際に「なにか効率化できる方法ないかなぁ」とよく考えてしまいます。 Adobeなどの高性能なソフトはツールが多くて覚えきれない、ショートカットキーが使いこなせない、操作の切り替えでマウス移動が多いなどの問題がありますね。 ポイント 作業効率の向上は仕事でも趣味でも大事なポイントなのでよく研究してます。 ショートカットの有効活用ではロジクールのマウス、MX ERGOも以前導入しました。 「その他にも何か方法がないかな」と探している ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がって ...

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「O ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしていますか? 自分はネットの買い物の8割はAmazonを使うというほどで月に何人かの諭吉さんがAmazon経由で旅立っています。 ガジェット好きとしてはツラいところで ...

-編集方法
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.