カメラストラップ 機材アクセサリ

めっちゃ便利!Commlite レンズホルダーは単焦点使いのレンズ持ち運びにおすすめ!

おすすめのレンズホルダーCommlite レンズホルダー

皆さん、レンズホルダーと言う便利アイテムはご存知ですか?

一眼レフのレンズ交換を手軽にできる機材ですが、「レンズを気軽に持ち運びたいなー」と思い、自分も今回はじめて導入してみました。

今回は思いつきで買ったけども、思いの外、使い勝手がよく「めっちゃ便利やん!」と大満足だったCommlite レンズホルダーについてご紹介します。

レンズって交換がめんどくさいよね

Commlite レンズホルダー CM-LF-E

ズームができない単焦点レンズを愛用する身としては、撮影には数本のレンズを持っていくので必然的にレンズ交換の機会も多いです。

カメラバッグ、特にリュック型を使っているとわざわざリュックを下ろして開けて交換するのがめんどくさくて「レンズはこのままでいいか…」となってしまうことが多々あります。

めんどくさがりやあるあるだと思います!

あとは軽量装備でスナップを撮りたい時では「できるだけ身軽な撮影がしたい!」なんて時もありますよね。

そんなレンズの携帯のわずらわしさを軽減できるのがレンズホルダーです。

レンズを携帯できるレンズホルダー 概要

Commlite レンズホルダー CM-LF-E

Commlite レンズホルダーにはカメラストラップが装着できるようになっており、一眼レフの交換レンズを装着することで、肩がけでレンズを携帯できるカメラガジェットです。

自分はソニーのα7Ⅲをメイン機で使っています

ソニーのEマウント以外にもキヤノンのEFマウント、ニコンのFマウントにも対応しています。

Commlite レンズホルダー CM-LF-Eの外観と同封ストラップ

レンズホルダー側面にストラップを装着できる穴がついており、ピュアコットン製のショルダーストラップも同封されています。

ポイント

ストラップは太めでスチール製のバックル付き。耐久性も期待できます。

価格も3,000円台と比較的お手頃価格になっており、amazonでのレビューも上々です。

対応レンズマウント:ソニーEマウント。ダブルレンズチェンジャー方式採用。交換レンズをテーブルや地面に置く必要がなく、付属ストラップを体に掛け、交換レンズを常に携帯しながら、迅速・安全に交換が可能。

レンズを2本装着可能で立ちながらレンズ交換ができる!

Commlite レンズホルダーの特徴として、レンズを上下に取り付けることができ、最大2本まで携帯することができます。

Commlite レンズホルダーにレンズ2本を装着

ただあまり長いレンズや重いレンズを複数取り付けるとサイズも重量感もでてしまうので、常時携帯は1本がおすすめです。

また携帯を1本にすることでレンズ交換をその場で立ったままおこなえます。

先にカメラから外すレンズをレンズホルダーの上部に取り付けてから、交換したいレンズをカメラボディに取り付けることで、一時的にでもレンズをどこかに置いたりもせず立ちながらでもスムーズにレンズ交換ができます。

どこでもレンズを気軽に交換できるのはかなり良い点です!ほんと楽!

Commlite レンズホルダーの使用感

アルミニウム合金製なのもあり結構ガッシリ。安っぽさもありません。

レンズの装着も一眼レフに装着する時と一緒でマウントに回しいれるだけです。

ポイント

取り外しも一眼レフと一緒でロック機能があり。押しながら回さないと外れません。

上下のマウントに間には仕切りがあり貫通していない形状です。

Commlite レンズホルダーの仕切りがあり

仕切りがない場合、1つのレンズ装着時には「後ろからホコリなどが入るのでは?」と心配でしたが考えすぎでした。

「でも開けっ放しにしててもそこにホコリが溜まるのでは?」とさらに心配な方はカメラボディ側に取り付けできるフタを装着するといいですね。

残していたα7Ⅲのカメラの箱から漁って装着しました。
着けてたほうが安心ではあるね

ピークデザインのアンカーを使うのがおすすめ!

レンズホルダーにピークデザインのアンカーリンクスを装着

カメラストラップが同封されていますが、自分はそれを装着せずにPeak Design(ピークデザイン)のアンカーリンクスを使っています。

PeakDesignのアンカーリンクスがおすすめな理由
【Peak Design】ピークデザインのアンカーリンクスをストラップに付けるべき理由

続きを見る

アンカーリンクスを装着すると好きなストラップをすぐ取り外しができるのでおすすめです。

日常的に財布などを入れるバッグとしてPeak DesignのフィールドポーチにこれまたPeak Designのカメラストラップ、リーシュを取り付けてつかっています。

フィールドポーチとリーシュ

デザイン的にも持ち運び的にもよくてかなりお気に入り!

Commlite のレンズホルダーを使う時にはリーシュのカメラストラップをすぐ付け替えれるので、新しくストラップを買う必要もないのが良きです。

悩める収納事情をらくらく簡単に!peakdesign フィールドポーチ
【Peak Design】ピークデザイン フィールドポーチのカメラバッグで収納事情を解決!【5か月利用レビュー】

続きを見る

【フィールドポーチはカメラを使わない時でも毎日使えるナイスなバッグです!】

他に似た商品もあるが安くて必要十分

他のレンズホルダーとしてはGoWing(ゴーウイング)Peak Design(ピークデザイン)TriLens(トライレンズ)のものがあります。

GoWing(ゴーウイング)

まずGoWingの制品はほぼ全く同じ機能の商品になります。

見た目を比較するとストラップ取り付け部分が小さいのと、カメラストラップの幅が小さい以外はあまり違いが見られません。

しかし価格が約8,000円とCommliteと比べると5,000円ほど価格差があるので安全性や堅牢性に差がなければCommliteのほうがコスパが良いです。

SONY Eマウントレンズ用。レンズの口径や長さに左右されないフリーサイズホルダー。専用サイズのケースや、かさばるバッグとはサヨナラです。

Peak Design(ピークデザイン)

Peak Design好きとしてはキャプチャーレンズは気になりましたが約12,000円なのと、腰のベルトに装着するタイプなので「ローアングル撮影をするときに地面にレンズをぶつけるのでは?」というのが気になりました。

ただカメラリュックの肩部分にも取り付けれるので、バッグに装着したい人には良さそうです。

TriLens(トライレンズ)

TriLensも腰に装着するタイプですが価格は約30,000円とさらに高値。

高級感がありデザイン的には一番カッコよくレンズも3本まで装着できるのは魅力ではありますが…。

30,000円だすなら他の機材を買いたくなるなぁ…。

どのように運用したいかにもよりますが、レンズを気軽に携帯したいという目的を考えると、3,000円台で購入できるCommlite レンズホルダーはかなりコスパが良いアイテムですね!

「こりゃ楽だ!」実際に外撮影で運用してみての感想

休日に花を撮影するためにカメラバッグを持たずに、ソニーのα7Ⅲのミラーレス一眼レフと、レンズホルダーだけ持って撮影にいきました。

カメラの携帯は首掛けのカメラストラップを使わず、ハンドストラップと腰ベルトに装着するPeak Designのキャプチャーで携帯。

レンズはソニー純正の55mm単焦点のSEL55F18Zと、タムロンの20mm F2.8単焦点レンズの軽量コンパクトな2本でいきました。

ピークデザインのクラッチとキャプチャーがめちゃくちゃ便利な件について
【PeakDesign】ピークデザインのハンドストラップ クラッチとキャプチャーの組み合わせが便利すぎる【レビュー】

続きを見る

最初はカメラをハンドストラップで持ちながらレンズ交換をしようとしてあたふたしましたが、カメラ本体を腰ベルトのキャプチャーに取り付けながら交換したらスムーズ且つ安全に交換できました。

キャプチャーに装着しながらレンズを交換

ポイント

交換時には一時的にレンズホルダーにレンズが2つ装着されている状態に。
レンズを落下させないようにロック解除時に取り外したいレンズ側なのか要確認!

またピークデザインのカメラストラップ、リーシュは手軽に装着中に長さ調整ができるので、持ち運び中にもレンズホルダーが必要以上にブラブラしないことから何かにぶつかる心配もなく、肩への負担も少なかったです。

いやぁ、単焦点レンズでのお気楽撮影にはめっちゃいいですね。

Commlite レンズホルダーをもってぶらり撮影

1日撮り終わって感じたことだと、違う画角の単焦点レンズをすぐ交換できると撮影自体がすごく楽しくなるなぁと言う点です。

カメラリュックを背負っての装備でも、使いたいレンズをレンズホルダーに取り付けておけば、わざわざリュックを下ろしての手間がなくなるので、撮影自体の楽しさと言う部分はより感じられそうです。

別日に20mmの単焦点と70-180の望遠のセットでいきましたがこれも便利でした!

まとめ

レンズホルダーは単焦点ユーザーには特におすすめ!

ずっとどこかで導入したいなぁと考えていたレンズホルダーでしたが実際に使ってみると「便利になったなぁ」と感じれただけではなく「撮影がもっと楽しくなった!」と思えたのが予想外な良き点でした。

単焦点レンズを愛用してる人はもちろん、ズームレンズでも2本以上携帯する方や、自分のようにめんどくさくてレンズ交換を辞めがちな方には特におすすめなです。

Commlite レンズホルダーは比較的安価でコスパも良いアイテムなので、興味がある方は装備の1つとして付け加えてみてはいかがでしょうか?

対応レンズマウント:ソニーEマウント。ダブルレンズチェンジャー方式採用。交換レンズをテーブルや地面に置く必要がなく、付属ストラップを体に掛け、交換レンズを常に携帯しながら、迅速・安全に交換が可能。
対応レンズマウント:キヤノンEFマウント。ダブルレンズチェンジャー方式採用。交換レンズをテーブルや地面に置く必要がなく、付属ストラップを体に掛け、交換レンズを常に携帯しながら、迅速・安全に交換が可能。
対応レンズマウント:ニコンFマウント。ダブルレンズチェンジャー方式採用。交換レンズをテーブルや地面に置く必要がなく、付属ストラップを体に掛け、交換レンズを常に携帯しながら、迅速・安全に交換が可能。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2でおすすめのフィットネスアプリ4選

Oculus Quest

2021/3/1

OculusQuest2でVRトレーニング!フィットネスにおすすめのアプリ4選

本体単独で使える最新のVRゴーグル、OculusQuest2。 IT技術の最新ガジェット好きとしては「そろそろ本格的なVR体験をしとくか」と販売日当日に勢いでamazonでポチりました。 Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—64GB ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけの簡単セットアップ。すぐにVRの世界が広がります。 Amazon楽天 ...

この記事を読む

Ulanzi MT-08 自撮り棒になるミニ三脚

三脚・一脚 機材アクセサリ

2021/2/21

Ulanzi MT-08 | 自撮り棒になる!スマホやGoproの動画撮影におすすめのミニ三脚

三脚は一眼レフ用の大きいものから、マンフロットのPIXIを代表とするテーブル三脚と小さいものまで何本か所有していますが、「自撮り棒としても使える三脚なんて便利じゃない??」ってことで見つけたUlanziの軽量ミニ三脚、MT-08を購入してみました。 お家芸となっている、言うところの衝動買いです! 自分の一番の使用用途としては、常に持ち歩く撮影機材としても購入したスマートフォン「Zenfone7 Pro」での動画撮影用です。 Zenfone7 Proはインカメラがない変わりにアウトカメラが前面にフリップしイ ...

この記事を読む

Ulanzi VL-81 LEDビデオライト

撮影機材 照明機材

2021/2/13

Ulanzi VL-81 | 動画撮影やブツ撮りに使える!安価で明るいLEDビデオライト

動画撮影や写真撮影で一番大事なのが光の環境です。 暗い場所では映像が暗くなるだけではなく、ノイズが入ったりカメラのピントが悩んだりします。 撮影時に「くそぉ…暗い…!」と悩んだ方も多いのではないでしょうか? そんな光の環境を簡単に調整できるアイテムがビデオライトです。 今回紹介するUlanziのVL-81はそんな悩みを解消できる、コンパクトで軽量ながら光量も十分。しかも安価な照明機材です。 Youtubeやインスタなど動画撮影の機会が多くなったいま、おすすめのUlanzi VL-81の魅力についてレビュー ...

この記事を読む

映画のようなソフトな光を演出するブラックミストNo.1

撮影機材

2021/2/17

【作例・比較】ブラックミストNo1で魅せる映画の世界【使い方レビュー】

まるで映画のようなソフトな質感の写真や映像が撮影できる一眼レフカメラのソフトフィルター「ブラックミスト」。 このケンコーが販売するブラックミストシリーズの新商品として「ブラックミスト No.05」が発表され、その独特な雰囲気を手軽に作れることから写真撮影系のYoutuberやSNSでいま話題になっているカメラフィルターです。 自分も今回をキッカケにブラックミストシリーズを知り「これは気になる!!!!!」と思ったのが2020年の年の瀬。 意気揚々とネットで購入しようとしたもののどこも完売状態で、人気がですぎ ...

この記事を読む

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) レビュー

レンズ 撮影機材

2021/2/17

タムロン 28-75mm F2.8 Di III RXD | 最初の1本におすすめのソニーEマウント用標準ズームレンズ 【レビュー】

自分が写真や動画の撮影でメインで使っているミラーレス一眼はソニーのα7Ⅲになります。 この愛用機はCanonの6Dからの乗り換えで購入しましたが、レンズ資産が全くない中で最初に購入した1本が開放が通しF2.8の標準ズームレンズ、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)です。 最初に購入しただけあり「取り回しがよく使いやすい1本を」と思い購入し、その後も様々なレンズを迎え入れしてきましたが撮影で大活躍している1本です。 今回はフルサイズ対応のEマウントレンズで ...

この記事を読む

WearOS対応 おすすめスマートウォッチ FOSSIL ジェネレーション5

スマートウォッチ スマートウォッチ ライフハック

2021/2/16

FOSSILジェネレーション5 | おしゃれでおすすめなAndroid Wear OSスマートウォッチ

いままで2年以上使っていたAndroid対応のWearOSスマートウォッチの動作や充電状況が怪しくなってきたので「これは買い時だな…」と免罪符を得て高スペックモデルのFOSSIL ジェネレーション5(Gen5) のFTW4025を新しく購入しました。 自分としてはmoto 360、FOSSIL Q EXPLORISTに続き3台目のスマートウォッチです。 今回はそんな自分が今まで持っていたスマートウォッチと比較しつつ、FOSSIL ジェネレーション5(Gen5)についてレビューしていきます。 目次 FOSS ...

この記事を読む

OculusQuest2ユーザーにおすすめのアクセサリー5選

Oculus Quest ライフハック

2021/3/1

OculusQuest2と一緒に買ってよかったおすすめアクセサリー・アイテム5選

Facebook傘下のOculus(オキュラス)から2020年の10月に最新型の単独型VRゴーグルOculusQuest2(オキュラスクエスト2)が販売されました。 発売日に購入してから数か月たちましたが、身体を動かすフィットネス系アプリを中心に今もほぼほぼ毎日ペースで利用しています。 今回はOculusの公式から、サードパーティー製と様々なアクセサリーも揃いつつある中で、実際に購入して使ってみてよかったOculusQuest2のアクセサリーやアイテムのレビューをしていきます。 OculusQuest2を ...

この記事を読む

Anker PowerHouse II 400 レビュー 良コスパ!はじめてのポータブルバッテリーにおすすめ

バッテリー・充電機器 ライフハック

2021/2/17

Anker PowerHouse II 400 レビュー | 価格と性能のバランスが良い大容量ポータブルバッテリー

Anker(アンカー)から大容量な小型ポータブル電源の最新モデルとして「PowerHouse II 400 108000mAh」が販売されました。 自分はAnkerの初代PowerHouseを持っていますが、正直言ってこのPowerHouse II 400は最大出力や機能など様々な点でパワーアップされ使い勝手も向上しています。しかもバージョンアップしているのに値段は初代よりもなんと安い価格です。 スペックが上がったのに価格が安いのはホントびっくり! ポータブルバッテリーはキャンプや車中泊などのアウトドア用 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-カメラストラップ, 機材アクセサリ
-, , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.