カメラ関連情報 三脚・一脚 機材アクセサリ

マンフロット PIXI | 手持ち撮影でも大活躍なおすすめミニ三脚 【レビュー】

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。

しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。

ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち運びが苦にならない小型のミニ三脚です。

普段は手持ちでの撮影が基本で三脚を使わない自分ですが、旅先などでちょっと使いたいときって結構あるんですよね。

今回はそんな自分が愛用している人気のミニ三脚、マンフロット(Manfrotto)のPIXIをご紹介します。

マンフロット PIXI 概要

RX100とPIXI

マンフロット PIXIはコンデジやGoPro、OsmoPocketなどの小型のカメラに最適なミニ三脚です。

イタリアンデザインって公式に書かれてたけどもマンフロットってイタリアのブランドだったんだね(記事にするにあたって知るやつ)

見た目が特徴的で丸みがあって可愛いらしい三脚です。

この商品が発売後に類似した形状の他商品が多く発売されたことからデザイン性がいかに優れているのかがよくわかります。

足を広げるだけで使えるシンプルな三脚なので堅牢性も高くガッシリしています。

価格も比較的安いのでラフにガシガシ使えるのが魅力ですね。

自分が持っているのはブラックですが、他にもホワイトとレッドなどのカラー展開があります。

Pixiスペック表
重量 190g
開脚時高さ 13.5㎝
格納時高さ 18.5㎝
最大耐荷重 1.0kg
雲台タイプ 自由雲台
材質 ステンレス
万能性と携帯性に優れた、全く新しいタイプのミニ三脚です。ミニ三脚でありながらも安定性に優れ、様々な小型デジタル撮影機器とご使用いただけます。 マンフロットロゴのボタンを押すことにより雲台のボールの開放、放すとロックを行え、直感的にすばやくカメラの角度を調整できます。

カメラ固定部分の雲台が自由自在!角度の調整もラクラク

首の部分にあるプッシュボタンを押すことにより、ボール部分のロックが解除され回転することでヘッド角度の調整を自由に調整できます。

ボタンを押すと角度が自由に変更できます

ポイント

ヘッド部分が回転して自由に角度が変更できます!

カメラをPIXIに固定した状態で自由に角度の調整ができるので撮影時のセッティングも簡単です。

PIXIならカメラの向きの角度調整も簡単

カメラなどのガジェットとの脱着を簡単にするアルカスイス互換のクイックシューのクランプをヘッド部分に追加でつけるのもありですね。

アルカスイス規格のノブ式クイックリリースクランプ+クイックリリースプレートのセットです。非常に軽量なうえに強度はジュラルミンに匹敵し、耐久力と耐食性も良好です。

三脚だけでなく手持ち用のハンドルとしても利用可能!

PIXIは三脚としての利用以外にも使えます。

たたんだ足の部分を持つことで動画撮影時の手持ちハンドルとしても使えます。

PIXIはカメラのハンドグリップとしても使える

この点ですが「形状的にその用途でも使えるよ!」という訳ではなく、手に馴染むサイズ感で妙にグリップがよく持ちやすいんですよね。

ポイント

ヘッド部分の角度が変わることで手持ち撮影もやりやすい

手持ちでも撮影よりはカメラの安定感が増し手ブレも確実に軽減されます。

高い位置からも撮影しやすくなるので動画の歩き撮り撮影ではめちゃくちゃ使いやすくなりますよ。

カバンの隙間にいれれるコンパクトさ 持ち運びのしやすさがGood!

足をたたんだ状態の長さが18.5cmで重さ190gで荷物の負担にもならずスッとカバンに入れておけます。

カメラリュックのサイドポケットにも他の長物とあわせて収納できるサイズ感です。

他のライトスタンドとも一緒に収納可能

ポイント

カメラリュックのサイドポケットに収納。
ライトスタンドやアンブレラが入っていても隙間にいれれるコンパクトさ!

あと多少の持ち運びの場合はそのままズボンのポケットに差し込めます

ズボンにも差し込めちゃいます

持ち運びに難があると一気に使う頻度が減るめんどくさがりやな自分としては、マンフロットのPIXIは実用性と携帯性のバランスがめちゃくちゃ良きです。

こういう実感は実際に買って使ってみないとわかりませんね。

マンフロット Pixiと組み合わせれるカメラアクセサリ

装着するのはコンデジなどのカメラだけではありません。

ビデオライトや外部マイク、外部モニターなどの撮影アクセサリの三脚としても使えます。

むしろ最近はこの使い方が多いほど。

ビデオライトのテーブル三脚として

あとはスマートフォンホルダーを取り付け、スマホでライブ配信やビデオ通話をする際にも活用してます。

またベルボンのウルトラスティックと組み合わせると長さがある三脚にも早変わり。

手持ち利用でも三脚利用でも、どちらでもメリットがある組み合わせになります。The多用途!

GodoxAD200のストロボとして

ポイント

GodoxAD200のストロボとの組み合わせ。軽量装備で行きたいときにはおすすめ!

何かと使えて便利すぎる自撮り棒 Velbon ULTRA STICK SELFIE
ULTRA STICK SELFIE | 撮影から照明まで大活躍!超おすすめなVelbonの自撮り棒

続きを見る

また以前この装備の組み合わせで真下を映す俯瞰撮影にもチャレンジしてみました。

ほんと何かと使えますなぁ!

俯瞰撮影 持っている機材とアイデアで撮る方法
動画の俯瞰撮影を持ってるカメラ機材で撮る2つの賢い方法

続きを見る

一眼レフなどの重いカメラは上位グレードのPIXI EVOがおすすめ

PIXIは小型軽量で使い勝手が良いミニ三脚ですが、積載重量が1kgなので一眼レフサイズのカメラにはちょっと向いてません。

重さがあるのでコテン、と倒れちゃうんですよね。

一眼レフカメラで使いたい場合は2.5kgまで対応のPIXI EVOがあるのでこちらがおすすめ!

 

PIXI EVO

見た目は同じながら比較してみると全伸高が20cm、格納時も23cmとひと回り大きいので安定性も向上しています。

足の長さが可動式で伸ばせることからハイポジションの撮影、足をさらに広げてのローポジション撮影と、3パターンの高さを変えた撮影が可能です。

他にも通常のPIXIと比較してPIXI EVOでは縦構図のセッティングもできるのが魅力ポイントですね。

但しサイズ感が大きいので手持ちのハンドルグリップとしての使い勝手はちょっと悪いとのこと。

欲しいと思いつつまだ買えてないアイテムなのでどこかで購入しよう、うん。

サイズアップした本PIXI EVOでは、縦位置撮影も可能となりました。また、最大耐荷重は2.5kgまでにアップしました。 開脚角度は2段階に変更可能で、脚の長さは5段階に変更ができますので撮影の幅が広がります。

まとめ

マンフロント PIXI

マンフロットのPIXIはコンデジやスマートフォンの三脚としての使い方から、手持ちでの動画撮影用のグリップからカメラアクセサリの三脚と幅広く使えるナイスなアイテムです。

自分が持っているアイテムの中でも携帯もしやすいことから何かと使用率が高い機材になります。まさに縁の下の力持ち。

決して派手なアイテムではありませんが自分の買ってよかったランキングを作るならば結構上位にランクインされる機材ですね。

汎用性が高く、価格もお手頃、使い勝手も幅広いので「何かいい小型な三脚はないかな~」と探してる人はぜひにお試しください。

万能性と携帯性に優れた、全く新しいタイプのミニ三脚です。ミニ三脚でありながらも安定性に優れ、様々な小型デジタル撮影機器とご使用いただけます。 マンフロットロゴのボタンを押すことにより雲台のボールの開放、放すとロックを行え、直感的にすばやくカメラの角度を調整できます。

PIXI とウルトラスティックセルフィーの組み合わせはかなりおすすめ!

軽量のライトとの組み合わせも動画撮影やブツ撮りで使えます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2でおすすめのフィットネスアプリ4選

Oculus Quest

2021/3/1

OculusQuest2でVRトレーニング!フィットネスにおすすめのアプリ4選

本体単独で使える最新のVRゴーグル、OculusQuest2。 IT技術の最新ガジェット好きとしては「そろそろ本格的なVR体験をしとくか」と販売日当日に勢いでamazonでポチりました。 Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—64GB ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけの簡単セットアップ。すぐにVRの世界が広がります。 Amazon楽天 ...

この記事を読む

Ulanzi MT-08 自撮り棒になるミニ三脚

三脚・一脚 機材アクセサリ

2021/2/21

Ulanzi MT-08 | 自撮り棒になる!スマホやGoproの動画撮影におすすめのミニ三脚

三脚は一眼レフ用の大きいものから、マンフロットのPIXIを代表とするテーブル三脚と小さいものまで何本か所有していますが、「自撮り棒としても使える三脚なんて便利じゃない??」ってことで見つけたUlanziの軽量ミニ三脚、MT-08を購入してみました。 お家芸となっている、言うところの衝動買いです! 自分の一番の使用用途としては、常に持ち歩く撮影機材としても購入したスマートフォン「Zenfone7 Pro」での動画撮影用です。 Zenfone7 Proはインカメラがない変わりにアウトカメラが前面にフリップしイ ...

この記事を読む

Ulanzi VL-81 LEDビデオライト

撮影機材 照明機材

2021/2/13

Ulanzi VL-81 | 動画撮影やブツ撮りに使える!安価で明るいLEDビデオライト

動画撮影や写真撮影で一番大事なのが光の環境です。 暗い場所では映像が暗くなるだけではなく、ノイズが入ったりカメラのピントが悩んだりします。 撮影時に「くそぉ…暗い…!」と悩んだ方も多いのではないでしょうか? そんな光の環境を簡単に調整できるアイテムがビデオライトです。 今回紹介するUlanziのVL-81はそんな悩みを解消できる、コンパクトで軽量ながら光量も十分。しかも安価な照明機材です。 Youtubeやインスタなど動画撮影の機会が多くなったいま、おすすめのUlanzi VL-81の魅力についてレビュー ...

この記事を読む

映画のようなソフトな光を演出するブラックミストNo.1

撮影機材

2021/2/17

【作例・比較】ブラックミストNo1で魅せる映画の世界【使い方レビュー】

まるで映画のようなソフトな質感の写真や映像が撮影できる一眼レフカメラのソフトフィルター「ブラックミスト」。 このケンコーが販売するブラックミストシリーズの新商品として「ブラックミスト No.05」が発表され、その独特な雰囲気を手軽に作れることから写真撮影系のYoutuberやSNSでいま話題になっているカメラフィルターです。 自分も今回をキッカケにブラックミストシリーズを知り「これは気になる!!!!!」と思ったのが2020年の年の瀬。 意気揚々とネットで購入しようとしたもののどこも完売状態で、人気がですぎ ...

この記事を読む

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) レビュー

レンズ 撮影機材

2021/2/17

タムロン 28-75mm F2.8 Di III RXD | 最初の1本におすすめのソニーEマウント用標準ズームレンズ 【レビュー】

自分が写真や動画の撮影でメインで使っているミラーレス一眼はソニーのα7Ⅲになります。 この愛用機はCanonの6Dからの乗り換えで購入しましたが、レンズ資産が全くない中で最初に購入した1本が開放が通しF2.8の標準ズームレンズ、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)です。 最初に購入しただけあり「取り回しがよく使いやすい1本を」と思い購入し、その後も様々なレンズを迎え入れしてきましたが撮影で大活躍している1本です。 今回はフルサイズ対応のEマウントレンズで ...

この記事を読む

WearOS対応 おすすめスマートウォッチ FOSSIL ジェネレーション5

スマートウォッチ スマートウォッチ ライフハック

2021/2/16

FOSSILジェネレーション5 | おしゃれでおすすめなAndroid Wear OSスマートウォッチ

いままで2年以上使っていたAndroid対応のWearOSスマートウォッチの動作や充電状況が怪しくなってきたので「これは買い時だな…」と免罪符を得て高スペックモデルのFOSSIL ジェネレーション5(Gen5) のFTW4025を新しく購入しました。 自分としてはmoto 360、FOSSIL Q EXPLORISTに続き3台目のスマートウォッチです。 今回はそんな自分が今まで持っていたスマートウォッチと比較しつつ、FOSSIL ジェネレーション5(Gen5)についてレビューしていきます。 目次 FOSS ...

この記事を読む

OculusQuest2ユーザーにおすすめのアクセサリー5選

Oculus Quest ライフハック

2021/3/1

OculusQuest2と一緒に買ってよかったおすすめアクセサリー・アイテム5選

Facebook傘下のOculus(オキュラス)から2020年の10月に最新型の単独型VRゴーグルOculusQuest2(オキュラスクエスト2)が販売されました。 発売日に購入してから数か月たちましたが、身体を動かすフィットネス系アプリを中心に今もほぼほぼ毎日ペースで利用しています。 今回はOculusの公式から、サードパーティー製と様々なアクセサリーも揃いつつある中で、実際に購入して使ってみてよかったOculusQuest2のアクセサリーやアイテムのレビューをしていきます。 OculusQuest2を ...

この記事を読む

Anker PowerHouse II 400 レビュー 良コスパ!はじめてのポータブルバッテリーにおすすめ

バッテリー・充電機器 ライフハック

2021/2/17

Anker PowerHouse II 400 レビュー | 価格と性能のバランスが良い大容量ポータブルバッテリー

Anker(アンカー)から大容量な小型ポータブル電源の最新モデルとして「PowerHouse II 400 108000mAh」が販売されました。 自分はAnkerの初代PowerHouseを持っていますが、正直言ってこのPowerHouse II 400は最大出力や機能など様々な点でパワーアップされ使い勝手も向上しています。しかもバージョンアップしているのに値段は初代よりもなんと安い価格です。 スペックが上がったのに価格が安いのはホントびっくり! ポータブルバッテリーはキャンプや車中泊などのアウトドア用 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-カメラ関連情報, 三脚・一脚, 機材アクセサリ
-, , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.