カメラ関連情報 三脚・一脚 機材アクセサリ

マンフロット PIXI | 手持ち撮影でも大活躍なおすすめミニ三脚 【レビュー】

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。

しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。

ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち運びが苦にならない小型のミニ三脚です。

普段は手持ちでの撮影が基本で三脚を使わない自分ですが、旅先などでちょっと使いたいときって結構あるんですよね。

今回はそんな自分が愛用している人気のミニ三脚、マンフロット(Manfrotto)のPIXIをご紹介します。

マンフロット PIXI 概要

RX100とPIXI

マンフロット PIXIはコンデジやGoPro、OsmoPocketなどの小型のカメラに最適なミニ三脚です。

イタリアンデザインって公式に書かれてたけどもマンフロットってイタリアのブランドだったんだね(記事にするにあたって知るやつ)

見た目が特徴的で丸みがあって可愛いらしい三脚です。

この商品が発売後に類似した形状の他商品が多く発売されたことからデザイン性がいかに優れているのかがよくわかります。

足を広げるだけで使えるシンプルな三脚なので堅牢性も高くガッシリしています。

価格も比較的安いのでラフにガシガシ使えるのが魅力ですね。

自分が持っているのはブラックですが、他にもホワイトとレッドなどのカラー展開があります。

Pixiスペック表
重量 190g
開脚時高さ 13.5㎝
格納時高さ 18.5㎝
最大耐荷重 1.0kg
雲台タイプ 自由雲台
材質 ステンレス
万能性と携帯性に優れた、全く新しいタイプのミニ三脚です。ミニ三脚でありながらも安定性に優れ、様々な小型デジタル撮影機器とご使用いただけます。 マンフロットロゴのボタンを押すことにより雲台のボールの開放、放すとロックを行え、直感的にすばやくカメラの角度を調整できます。

カメラ固定部分の雲台が自由自在!角度の調整もラクラク

首の部分にあるプッシュボタンを押すことにより、ボール部分のロックが解除され回転することでヘッド角度の調整を自由に調整できます。

ボタンを押すと角度が自由に変更できます

ポイント

ヘッド部分が回転して自由に角度が変更できます!

カメラをPIXIに固定した状態で自由に角度の調整ができるので撮影時のセッティングも簡単です。

PIXIならカメラの向きの角度調整も簡単

カメラなどのガジェットとの脱着を簡単にするアルカスイス互換のクイックシューのクランプをヘッド部分に追加でつけるのもありですね。

アルカスイス規格のノブ式クイックリリースクランプ+クイックリリースプレートのセットです。非常に軽量なうえに強度はジュラルミンに匹敵し、耐久力と耐食性も良好です。

三脚だけでなく手持ち用のハンドルとしても利用可能!

PIXIは三脚としての利用以外にも使えます。

たたんだ足の部分を持つことで動画撮影時の手持ちハンドルとしても使えます。

PIXIはカメラのハンドグリップとしても使える

この点ですが「形状的にその用途でも使えるよ!」という訳ではなく、手に馴染むサイズ感で妙にグリップがよく持ちやすいんですよね。

ポイント

ヘッド部分の角度が変わることで手持ち撮影もやりやすい

手持ちでも撮影よりはカメラの安定感が増し手ブレも確実に軽減されます。

高い位置からも撮影しやすくなるので動画の歩き撮り撮影ではめちゃくちゃ使いやすくなりますよ。

カバンの隙間にいれれるコンパクトさ 持ち運びのしやすさがGood!

足をたたんだ状態の長さが18.5cmで重さ190gで荷物の負担にもならずスッとカバンに入れておけます。

カメラリュックのサイドポケットにも他の長物とあわせて収納できるサイズ感です。

他のライトスタンドとも一緒に収納可能

ポイント

カメラリュックのサイドポケットに収納。
ライトスタンドやアンブレラが入っていても隙間にいれれるコンパクトさ!

あと多少の持ち運びの場合はそのままズボンのポケットに差し込めます

ズボンにも差し込めちゃいます

持ち運びに難があると一気に使う頻度が減るめんどくさがりやな自分としては、マンフロットのPIXIは実用性と携帯性のバランスがめちゃくちゃ良きです。

こういう実感は実際に買って使ってみないとわかりませんね。

マンフロット Pixiと組み合わせれるカメラアクセサリ

装着するのはコンデジなどのカメラだけではありません。

ビデオライトや外部マイク、外部モニターなどの撮影アクセサリの三脚としても使えます。

むしろ最近はこの使い方が多いほど。

ビデオライトのテーブル三脚として

あとはスマートフォンホルダーを取り付け、スマホでライブ配信やビデオ通話をする際にも活用してます。

またベルボンのウルトラスティックと組み合わせると長さがある三脚にも早変わり。

手持ち利用でも三脚利用でも、どちらでもメリットがある組み合わせになります。The多用途!

GodoxAD200のストロボとして

ポイント

GodoxAD200のストロボとの組み合わせ。軽量装備で行きたいときにはおすすめ!

何かと使えて便利すぎる自撮り棒 Velbon ULTRA STICK SELFIE
ULTRA STICK SELFIE | 撮影から照明まで大活躍!超おすすめなVelbonの自撮り棒

自撮り棒、安いものは100均からあり、amazonなどのサイトを見ても様々な製品があります。 自分はあまり自撮りはしてこなかったので正直いままで興味もないカテゴリーでした。 ですが小型の三軸ジンバル内 ...

続きを見る

また以前この装備の組み合わせで真下を映す俯瞰撮影にもチャレンジしてみました。

ほんと何かと使えますなぁ!

俯瞰撮影 持っている機材とアイデアで撮る方法
動画の俯瞰撮影を持ってるカメラ機材で撮る2つの賢い方法

真上から真下を見下ろす俯瞰(ふかん)の構図があります。 テーブルフォトなどで机の上の撮影物を平面的に撮りたい時に効果的な撮影構図です。 しかし写真の撮影ならいざしらず、手ブレがないように三脚に固定して ...

続きを見る

一眼レフなどの重いカメラは上位グレードのPIXI EVOがおすすめ

PIXIは小型軽量で使い勝手が良いミニ三脚ですが、積載重量が1kgなので一眼レフサイズのカメラにはちょっと向いてません。

重さがあるのでコテン、と倒れちゃうんですよね。

一眼レフカメラで使いたい場合は2.5kgまで対応のPIXI EVOがあるのでこちらがおすすめ!

 

PIXI EVO

見た目は同じながら比較してみると全伸高が20cm、格納時も23cmとひと回り大きいので安定性も向上しています。

足の長さが可動式で伸ばせることからハイポジションの撮影、足をさらに広げてのローポジション撮影と、3パターンの高さを変えた撮影が可能です。

他にも通常のPIXIと比較してPIXI EVOでは縦構図のセッティングもできるのが魅力ポイントですね。

但しサイズ感が大きいので手持ちのハンドルグリップとしての使い勝手はちょっと悪いとのこと。

欲しいと思いつつまだ買えてないアイテムなのでどこかで購入しよう、うん。

サイズアップした本PIXI EVOでは、縦位置撮影も可能となりました。また、最大耐荷重は2.5kgまでにアップしました。 開脚角度は2段階に変更可能で、脚の長さは5段階に変更ができますので撮影の幅が広がります。

まとめ

マンフロント PIXI

マンフロットのPIXIはコンデジやスマートフォンの三脚としての使い方から、手持ちでの動画撮影用のグリップからカメラアクセサリの三脚と幅広く使えるナイスなアイテムです。

自分が持っているアイテムの中でも携帯もしやすいことから何かと使用率が高い機材になります。まさに縁の下の力持ち。

決して派手なアイテムではありませんが自分の買ってよかったランキングを作るならば結構上位にランクインされる機材ですね。

汎用性が高く、価格もお手頃、使い勝手も幅広いので「何かいい小型な三脚はないかな~」と探してる人はぜひにお試しください。

万能性と携帯性に優れた、全く新しいタイプのミニ三脚です。ミニ三脚でありながらも安定性に優れ、様々な小型デジタル撮影機器とご使用いただけます。 マンフロットロゴのボタンを押すことにより雲台のボールの開放、放すとロックを行え、直感的にすばやくカメラの角度を調整できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アスペクト比最適な比率 写真・動画・SNS共有

カメラ関連情報 撮影方法

2020/12/3

アスペクト比を見直さない?写真・動画・SNS投稿に最適な比率

皆さんアスペクト比はご存知ですか? 撮影で使われるアスペクト比は写真や動画の縦横比率のことを言います。 カメラごとで初期設定値が決まっているので設定を触ったことがない方もいるのでは? 今回はそんなアスペクト比について、どういう比率があるのか、どのような特徴があるのかについてご紹介します。 写真に向いている比率、Youtubeなどの動画に向いている比率、ブロガー必見のTwitterやFacebookなどのSNSの情報共有に向いている比率など。 パターンに合わせたおすすめの比率についても合わせて解説していきま ...

この記事を読む

ソニーのカメラをUSBケーブルだけでWebカメラにする方法

パソコン関連情報 動画配信

2020/11/26

ソニーのカメラをUSBだけでWebカメラに!? Imaging Edge Webcamの設定方法

某ウイルスの影響もあり、テレワークで働いてる方も多くなったかと思います。 その影響もあり利用頻度が高まったのが遠隔でも顔を見ながら会議やミーティングができるZOOMなどのビデオ通話です。 急な需要の高まりもあり通販や家電量販店のWebカメラが売れに売れた背景がありますが、このWebカメラ、手軽に買えるものは画質があまりよくありません。 カメラが趣味で写真や動画を撮っている人が性能を比較すると「この程度か…」と思ってしまい新しく買うのを躊躇してしまう。そんな方もいるのではないでしょうか。 最近パソコンでビデ ...

この記事を読む

おすすめのレンズホルダーCommlite レンズホルダー

カメラストラップ 機材アクセサリ

2020/11/26

めっちゃ便利!Commlite レンズホルダーは単焦点使いのレンズ持ち運びにおすすめ!

皆さん、レンズホルダーと言う便利アイテムはご存知ですか? 一眼レフのレンズ交換を手軽にできる機材ですが、「レンズを気軽に持ち運びたいなー」と思い、自分も今回はじめて導入してみました。 今回は思いつきで買ったけども、思いの外、使い勝手がよく「めっちゃ便利やん!」と大満足だったCommlite レンズホルダーについてご紹介します。 目次 レンズって交換がめんどくさいよね レンズを携帯できるレンズホルダー 概要 レンズを2本装着可能で立ちながらレンズ交換ができる! Commlite レンズホルダーの使用感 ピー ...

この記事を読む

Oculus Quest2で世界が変わるVR体験を

Oculus Quest ライフハック

2020/11/23

Oculus Quest2 | 革命的VRゴーグルで世界が変わるVR体験を【レビュー】

10月13日にOculusから新しく発売された最新型のVRゴーグル、OculusQuest2を発売日に合わせて購入しました。 携帯をゴーグルにはめて使う簡易的なVRゴーグルしか使ったことがない自分でしたが、発表時に商品情報をみて「これは買いだ!」と衝動的に思わされポチってしまったそんな最新のガジェットです。 実際に使ってみての結論を先に述べるならば「間違いなく今年一番の買って正解なアイテムだ!」と思わされたガジェットです。 今回はそんな興奮冷めやらぬテンションでOculusQuest2をほぼ毎日愛用してい ...

この記事を読む

SONYミラーレス一眼ユーザーにおすすめ 世界初の最軽量大三元レンズ

α7Ⅲ レンズ

2020/11/26

タムロン 70-180 F2.8 DI III VXD | Sonyユーザーは絶対買い!明るくて軽い望遠ズームレンズ 【レビュー】

タムロンからSonyのミラーレス一眼レフ専用の望遠ズームレンズ、70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE)。 この1本が発売されると聞いたとき「F値2.8の大三元レンズ!?これはポトレにめっちゃ使える望遠レンズやんけ!!」と発表段階でめちゃくちゃ購買意欲を駆り立てられました。 α7Ⅲをメイン機にしてる自分としては「これはいつか買うだろうな…」と確信させられたレンズでした。 そのいつかが案外早いもので発表から1か月ほどで気が付いたらネットでポチっていた自分がいました。 いつの間にか目の前 ...

この記事を読む

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi

カメラ関連情報 三脚・一脚 機材アクセサリ

2020/11/26

マンフロット PIXI | 手持ち撮影でも大活躍なおすすめミニ三脚 【レビュー】

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。 しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。 ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち運びが苦にならない小型のミニ三脚です。 普段は手持ちでの撮影が基本で三脚を使わない自分ですが、旅先などでちょっと使いたいときって結構あるんですよね。 今回はそんな自分が愛用している人気のミニ三脚、マンフロット(Manfrotto)のPIXIをご紹介します。 目次 マンフロット PIXI 概要 カメラ固定部分の ...

この記事を読む

AmazonEchoで作業効率をバカ上げする5つのテクニック

ライフハック

2020/11/26

Amazon Echoで超集中!テレワークの作業効率をバカ上げする5つのテクニック

テレワークなど自宅作業をおこなう機会が多くなってきた昨今、いかにして集中できる環境を作るかは作業効率化において重要です。 誘惑が多い環境の中でなかなか作業がはじめれずに効率化どころか手がつかないなんて場合もあると思います。 集中できずに作業が進まない。 本当に、あると、思います(自己反省) 「集中して仕事をしたい!」「効率的に作業を進めたい!」そんな方におすすめなアイテムがAmazonから販売されているスマートスピーカー Amazon Echo(アマゾン エコー)です。 「スマートスピーカー便利だよ!」と ...

この記事を読む

OsmoPocket コントローラーホイール

OsmoPocket 撮影機材

2020/11/25

OsmoPocketユーザー必須!? コントローラホイールでレンズを自由に動かす動画撮影を【レビュー】

小型な手のひらサイズでジンバル内蔵のビデオカメラ DJIのOsmoPocket。 手ブレもなくスムーズな動画撮影がおこなえることからVlogなどの外での歩き撮影には最適な機材の1つと言えます。 今回はそんなOsmoPocketでのVlog撮影をさらにサポートする専用アクセサリーのコントローラーホイールをご紹介します。 目次 融通がきかないジンバルの操作がコントローラホイールで自由自在に! 上下・左右のジンバル操作が直感的にやりやすくなる! ボタンひとつでカメラ反転操作・ジンバルモード切り替えができて簡単 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-カメラ関連情報, 三脚・一脚, 機材アクセサリ
-, , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.