Oculus Quest ライフハック

Oculus Quest2 | 革命的VRゴーグルで世界が変わるVR体験を【レビュー】

Oculus Quest2で世界が変わるVR体験を

10月13日にOculusから新しく発売された最新型のVRゴーグル、OculusQuest2を発売日に合わせて購入しました。

携帯をゴーグルにはめて使う簡易的なVRゴーグルしか使ったことがない自分でしたが、発表時に商品情報をみて「これは買いだ!」と衝動的に思わされポチってしまったそんな最新のガジェットです。

実際に使ってみての結論を先に述べるならば「間違いなく今年一番の買って正解なアイテムだ!」と思わされたガジェットです。

今回はそんな興奮冷めやらぬテンションでOculusQuest2をほぼ毎日愛用している自分が、OculusQuest2とはどういうガジェットなのかを出来るだけわかりやすくを念頭にご紹介していきます。

Oculus Quest2ってどういうVRゴーグルなの?

VRゴーグル オキュラスクエスト2

Oculus Quest2は最新型のオールインワンな単独型VRゴーグルです。

これを被るだけでVRアプリを起動でき様々なバーチャルリアリティーを体験できます。

またVR空間上での自由度も高く、簡易的なVRゴーグルでは「頭の回転や傾きまでを感知できる」3DoFですが、Oculus Quest2は「頭の上下左右前後の動きに対応」できる6DoF対応です。

オキュラスクエスト2は6DoF対応

簡単に言うと、3Dofでは上下左右見渡すだけだったVR体験なります。

そこが6DoFになると実際の自分の移動に合わえてVR空間上を動けるようになり、ジャンプや座りこむことまで反映されます。

ポイント

実際の自分の身体の動きが反映されるのでより現実に近い没入感を得ることができます。

また6DoFに対応した専用のハンドコントローラーも付属しています。

Oculus Quest2のハンドコントローラー

右手用、左手用とあり、コントローラをもつことでVR空間上で掴む、投げる、銃を打つ、パンチするなど実際の手を動かしたアクションもできます。

メガネスペーサーもあるのでメガネをかけても装着できます。

またヘッドストラップには3Dオーディオ対応のスピーカーがついており音質もよく臨場感があります。

Oculus Quest2のイヤホンジャック

ポイント

イヤホンジャックも本体側面にあるので好みのイヤホンも別途つけれます。

OculusはFacebook傘下の企業となり、OculusQuest2を利用するためにはFacebookのアカウントとの同期が必要です。

ただOculusQuest2とSNSでのFacebookで利用するプロフィール情報は分けることができます。

情報共有の可否も設定できるので利用状況がFacebookで他の人に知られる、なんてことも心配もありません。
OculusQuest2 スペック
価格 64GB:37,180円 256GB 49,280円(税込)
解像度 1,832×1,920(単眼)
トラッキング 6DoFサポート
ディスプレイ 高速スイッチLCD(液晶)
メモリ 6GB
プロセッサ Qualcomm Snapdragon XR2 プラットフォーム
リフレッシュレート 72Hz(90Hz対応予定)
IPD(瞳孔間距離) 58mm/63mm/68mm 3段階調整
プレイ空間 静止・最小2×2mルームスケールサポート
バッテリー ゲーム2時間/動画視聴3時間
充電 type-C給電 フル充電2.5時間
サイズ 191.5×102×295.5mm
重量 503g
ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけの簡単セットアップ。すぐにVRの世界が広がります。

なんでOculus Quest2を買ったの?

Oculus Quest2本体

まず初のオールインワンVRゴーグルである初代Oculus Questの発売当時から没入感が高いVRコンテンツにはめちゃくちゃ興味はありました。

しかし初代Questは残念ながら優先順位の問題で買うタイミングを逃してしまいました。

一眼レフのレンズとかストロボとかレンズとか (ボソボソ…)

ただ興味は変わらず持っていたので情報を収集しているなかOculus Quest2の発表とVR界隈のさらなる盛り上がりをみて「時代に遅れないよう、この辺りで最新のITガジェットに触れておくか!」と購入に踏み込んだ次第です。

身体を動かす系のアプリをやれば運動不足の解消にもなるしね。

VRアプリ BEAT SABER

と言う大義名分掲げながら音ゲーのBeat Saberがやりたかっただけだなんて言えない

ただコロナの影響で外にでにくい昨今、自宅でも楽しみつつ身体を動かせたり、VRでコンテンツを楽しむのは時代に合ってるともいえますね。

オールインワンVRゴーグル! いままでのVRゴーグルとの違い

オキュラスストア

OculusQuest2は本体自体にAndroidベースのシステムが導入されています。

それにより従来のような高性能なパソコンなどを使わなくともOculusQuest2だけで高品質なVR体験ができます。

またパソコンと繋げる場合は有線のケーブルで繋げる必要がありましたがもちろんその必要もありません。

ですのでゲーム中にケーブルにひっかかって邪魔になる、なんてこともありません。

ポイント

快適なVR体験のためにはこのあたりの煩わしさや、めんどくささがないのは結構重要です

わざわざパソコンを立ち上げてセッティングするなんて手間もなく、ゴーグルだけ持っていけばいつでもどこでも気軽にできるのもかなりのメリットです。

VR画面

ゴーグルをつけるだけですぐVRの空間に!

またミラーリング機能もあるので、無線でテレビやスマートフォンにVRで見てる画面を写すことができます。

Virtual Reality Playing Man Game - mohamed_hassan / Pixabay

mohamed_hassan / Pixabay

ポイント

家族や友人と同じ画面をみることができるのでみんなで楽しむことができます。

OculusQuest2、スマートフォンから簡単にミラーリングの共有設定が開始できます。

あとは価格です。

従来では5~10万円もするVRヘッドセットに加えて、だいたい10万円以上のゲーミングPCが必要でした。

しかしOculusQuest2はVR空間上での動き回れる6DoFながら価格も64GBモデルが37,100円(税込)256GBモデルが49,200円(税込)と、3万円台で本格的なVR体験が可能と導入コストがめちゃくちゃ安いです。

「安いから品質もそれなりじゃないの?」と思うかもしれませんがそんなことはありません。

下記にて記載しますが、スペック自体も他のハイスペックなVRゴーグルに匹敵するものとなっています。

Facebookの本気が感じれます!

史上最高の解像度 初代Questとの比較

OclusQuest2と初代OculusQuestの比較

1,832×1,920の解像度の液晶ディスプレイを両目用に2枚搭載しており、PC接続型のハイエンドモデルレベルに高解像度となっています。

初代のOculusQuestが1,440✕1,600ドットのなのを比べれば解像度は約1.5倍になっています。

OculusQuest2のゴーグル内

VRで高解像度なのかどうかは非常に重要で、臨場感や没入感などに大きく関わってきます。

ポイント

初代のOculusQuestでも評価が高かったところからこのスペックの向上は凄い!

その他の比較した場合のプラスポイント

  • 価格が初代Questの税込49,800円から税込37,180円と、1万円以上も安い
  • メモリも6GBと1.5倍で、CPU処理速度も2倍
  • 質量は571gから503gと、約10%軽量化
  • コントローラーも小型になり、指の配置も使いやすい用に変更
  • 今後のアップデート予定でリフレッシュレートも初代が72Hzから90HZへ
  • OculusQuest2のスペック合わせたアプリを楽しめる

ただ価格が安くなったこともあり良いことばかりではなく、初代OculusQuestと比べたときのマイナスポイントもあります。

比較した場合のマイナスポイント

  • ヘッドストラップが柔らかい素材のゴムバンドに変更
  • ディスプレイが有機ELから液晶に変更
  • PD(瞳孔間距離)調整が無段階から3段階

マイナスのポイントではありますが、ディスプレイの変更は解像度が上がりそもそも綺麗な描画になったことで差が感じれないとの意見が多いです。

また映像のズレや歪みを調整するPD(瞳孔間距離)も3段階の設定で多くはカバーできるとのことと、一度設定してしまえばあまり触らないのでそこまで気になりません。

ヘッドストラップは初代Questでは固めのゴム素材でできてましたが、ここはよくあるゴムバンドに変更されており見てわかるコストカットの部分になります。

oclusQuest2ヘッドストラップ

ヘッドストラップで安定感や疲労感が変わるので結構重要な点です。

ただその点を改善したい場合は、オフィシャルで別途付け替えれる「Eliteストラップ」が販売されています。

実際に使ってみて気になるようならそちらに変更するのもありですね。

OclusQuest2のEliteストラップ

ポイント

後ろのダイヤルで調整がらくらく!
しばらくしてEliteストラップに変更しましたが、フィット感があがり、脱着がめちゃくちゃ簡単になりました。家族や友人複数で使う場合は特におすすめ!

人間工学に基づいたストラップで快適性がアップすれば、ゲームプレイも向上します。ダイヤルを回すだけでフィット感が調整でき、より良いバランスと安定感が得られます

Oculus Quest2で何ができる? VR体験をサポートするアレコレ

ガーディアンシステム

ガーディアンシステムは閲覧時に選択できる静止モード歩行モードに合わせてVR利用時に机や椅子などの障害物に当たらないよう視覚的に警告を出してくれる機能です。

歩行モードを選択した場合、プレイ可能なエリアをコントローラーを使いスプレーでマーキングするように動ける範囲を自由に設定できます。

VR利用時にプレイエリア外に近づくと警告の格子が表示されるので、壁や家具などへの衝突を未然に防げて安心です。

逆にそのまま警告を無視しプレイエリア外に行くと、表示されている映像がゴーグルに搭載されているカメラからの映像に切り替わります。

ゴーグルを被っていながらも実際の視野情報を確認できます。

ちょっとの移動などではわざわざゴーグルを外す必要がないので何かと楽です

また設定したプレイエリアは保存されるので起動ごとに毎回設定する必要もないのでめんどくささもありません。

ポイント

プレイ空間の推奨は2m×2mですが、それより狭い範囲でもガーディアンシステムのお陰でゲームはできます。
いまのところはぶつかったことは無し。でも周辺のお片付けは大事!

ハンドトラッキング

コントローラーを使わずに手の動作に合わせて操作できるハンドトラッキングに対応してます。

ジェスチャーを使った操作によって手だけで様々なアクションができます。

実際にこの機能を使ってみたけども驚きです。冷静に考えてこれ、どういう技術使ってるんだろうか…。

また設定してもコントローラーを持った時と持っていない時で自動的に操作方法が切り替わります。

新しい技術なので対応しているアプリもまだ少ないですが、今後どんどん増えていきそうです。

Oculus Link

Oculus Link

PCとOculusQuestが対応するtype-Cケーブルで接続し同期することでOculusQuestをPC用のVRゴーグルとして利用できます。

それによりPCでしか配信されていないVRアプリもOculusQuestで使えるようになります。

ポイント

OculusQuest2だけでPC用ゴーグルも必要なし!

PC版のほうが現在多くのアプリ、ゲームがでておりアプリの選択肢がグッと多くなります。

また同じアプリでも画面描写がキレイに、精細になっているのもあります。

さらなるVRの深みに入りたい人にはOculus Linkはおすすめな機能ですね。

Oculus Quest2で得られる体験

OculusQuest2のホーム画面

一言でいうならばゴーグルをかけるだけで異世界に行くことができます。お手軽な異世界転生ですね。

全身の動きをトレースして反映してくれる6DoFを体験したことない人ならまず最初のホーム画面を見るだけで感動するでしょう。

ポイント

デフォルトのホーム画面が和風な空間。富士山がキレイ!実際にしゃがむとVR空間上でも座ることができます。
そのまま寝転ぶとVR空間の畳の上で寝転がることができます。

OculusQuest2の有料・無料アプリ


無料、有料問わず様々なアプリ
がありますが、無料で見ることができるVR動画もかなりのクオリティです。

アプリはOculusストアからダウンロードできます。(OculusQuest、スマホどちらからでも可能)

アポロ11のシャトル打ち上げの動画とかほんと凄い!
Oculusが作っている動画がおすすめ。

BeatSaberのゲーム画面

VR空間で2本のライトセーバーを両手に音楽に合わせて向かってくるブロックを叩き切る「Beat Saber(ビートセイバー」をはじめとした、実際に身体を動かすアプリをやると遊びながらなかなかな有酸素運動がおこなえます。

Fit XRゲーム画面

フィットネスアプリもやってますがもう数十分間もやると冬なのに汗がびっしょり

またAmazon PrimeやNetflixの動画も映画館にいる感覚で大型スクリーンに映し出されたかのように映像を見ることができます。

というか本当に映画館の椅子に座った空間に移動させられそんな環境で閲覧できます。

まさに夢の自分一人だけの上映会ですね。

バーチャルハンドで遊ぶ

他にもロッククライミングの体験をしたり、空を飛べたり凄腕のヒットマンになれたりと体験できることは盛りだくさん。

様々なアプリを体験するたびに新しい驚きと感動があります。

いや、ほんと感動するためにいろいろなアプリをやりたい(散財)

ポイント

アプリの返品サービスが充実しており、ゲーム時間が2時間以内、または購入から2週間以内なら払い戻しが可能です。
VR酔いが酷かったり、ゲームが肌に合わない場合でも安心です。

VRとクリエイティブ関連への今後の可能性

VirtualDesktop

Oculus Quest2ではすでにVRでPCのデスクトップ環境を構築できる「Virtual Desktop(バーチャルデスクトップ)」のアプリを使えます。

PCでできることをそのままOculus Questのアプリ上で使うことができるので、メールの返信から書類制作などの様々な業務や、コンテンツ制作・デザインなども可能になります。

VRでできるお絵かきソフトなどはすでにありますね!

現状では通常のPC操作は仮想空間の大画面上でおこなうものなので、実際のマウスやキーボードの操作に難があったりとまだまだ実用性が高いものではありません。

ただVR体験をサポートするガジェットやアプリなどがかなりの速度で進化、発表されているので、バーチャル空間での作業が当たり前になる日も近いかもしれません。

「VRを使うのが当たり前になるかも」
Oculus Quest2を使っているとそんな未来も見えてきます。

まとめ

買ってよかったOclusQuest2

VRに興味があっての軽い気持ちで買ったOculus Quest2。

「買ったはいいもののすぐに使わなくなるのでは?」と言う予想を裏切り、身体を動かすアプリを中心にほぼ毎日どハマリして使っています。

その成果もあり、ずっと筋肉痛で確実に身体も絞れてます!

この1年間で購入したものの中では確実に買ってよかったランキング上位ですし、Oculus Quest2の性能自体が他VRゴーグルと比べてもお得です。

なによりOculus Quest2を通して感じれる「バーチャル空間での体験による感動」と言う対価の意味では最高のコスパの良さです。

興味があるみなさんもぜひOculus Quest2でそんな目からウロコなバーチャル体験をしてみてくださいね!

ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけの簡単セットアップ。すぐにVRの世界が広がります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アスペクト比最適な比率 写真・動画・SNS共有

カメラ関連情報 撮影方法

2020/12/3

アスペクト比を見直さない?写真・動画・SNS投稿に最適な比率

皆さんアスペクト比はご存知ですか? 撮影で使われるアスペクト比は写真や動画の縦横比率のことを言います。 カメラごとで初期設定値が決まっているので設定を触ったことがない方もいるのでは? 今回はそんなアスペクト比について、どういう比率があるのか、どのような特徴があるのかについてご紹介します。 写真に向いている比率、Youtubeなどの動画に向いている比率、ブロガー必見のTwitterやFacebookなどのSNSの情報共有に向いている比率など。 パターンに合わせたおすすめの比率についても合わせて解説していきま ...

この記事を読む

ソニーのカメラをUSBケーブルだけでWebカメラにする方法

パソコン関連情報 動画配信

2020/11/26

ソニーのカメラをUSBだけでWebカメラに!? Imaging Edge Webcamの設定方法

某ウイルスの影響もあり、テレワークで働いてる方も多くなったかと思います。 その影響もあり利用頻度が高まったのが遠隔でも顔を見ながら会議やミーティングができるZOOMなどのビデオ通話です。 急な需要の高まりもあり通販や家電量販店のWebカメラが売れに売れた背景がありますが、このWebカメラ、手軽に買えるものは画質があまりよくありません。 カメラが趣味で写真や動画を撮っている人が性能を比較すると「この程度か…」と思ってしまい新しく買うのを躊躇してしまう。そんな方もいるのではないでしょうか。 最近パソコンでビデ ...

この記事を読む

おすすめのレンズホルダーCommlite レンズホルダー

カメラストラップ 機材アクセサリ

2020/11/26

めっちゃ便利!Commlite レンズホルダーは単焦点使いのレンズ持ち運びにおすすめ!

皆さん、レンズホルダーと言う便利アイテムはご存知ですか? 一眼レフのレンズ交換を手軽にできる機材ですが、「レンズを気軽に持ち運びたいなー」と思い、自分も今回はじめて導入してみました。 今回は思いつきで買ったけども、思いの外、使い勝手がよく「めっちゃ便利やん!」と大満足だったCommlite レンズホルダーについてご紹介します。 目次 レンズって交換がめんどくさいよね レンズを携帯できるレンズホルダー 概要 レンズを2本装着可能で立ちながらレンズ交換ができる! Commlite レンズホルダーの使用感 ピー ...

この記事を読む

Oculus Quest2で世界が変わるVR体験を

Oculus Quest ライフハック

2020/11/23

Oculus Quest2 | 革命的VRゴーグルで世界が変わるVR体験を【レビュー】

10月13日にOculusから新しく発売された最新型のVRゴーグル、OculusQuest2を発売日に合わせて購入しました。 携帯をゴーグルにはめて使う簡易的なVRゴーグルしか使ったことがない自分でしたが、発表時に商品情報をみて「これは買いだ!」と衝動的に思わされポチってしまったそんな最新のガジェットです。 実際に使ってみての結論を先に述べるならば「間違いなく今年一番の買って正解なアイテムだ!」と思わされたガジェットです。 今回はそんな興奮冷めやらぬテンションでOculusQuest2をほぼ毎日愛用してい ...

この記事を読む

SONYミラーレス一眼ユーザーにおすすめ 世界初の最軽量大三元レンズ

α7Ⅲ レンズ

2020/11/26

タムロン 70-180 F2.8 DI III VXD | Sonyユーザーは絶対買い!明るくて軽い望遠ズームレンズ 【レビュー】

タムロンからSonyのミラーレス一眼レフ専用の望遠ズームレンズ、70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE)。 この1本が発売されると聞いたとき「F値2.8の大三元レンズ!?これはポトレにめっちゃ使える望遠レンズやんけ!!」と発表段階でめちゃくちゃ購買意欲を駆り立てられました。 α7Ⅲをメイン機にしてる自分としては「これはいつか買うだろうな…」と確信させられたレンズでした。 そのいつかが案外早いもので発表から1か月ほどで気が付いたらネットでポチっていた自分がいました。 いつの間にか目の前 ...

この記事を読む

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi

カメラ関連情報 三脚・一脚 機材アクセサリ

2020/11/26

マンフロット PIXI | 手持ち撮影でも大活躍なおすすめミニ三脚 【レビュー】

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。 しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。 ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち運びが苦にならない小型のミニ三脚です。 普段は手持ちでの撮影が基本で三脚を使わない自分ですが、旅先などでちょっと使いたいときって結構あるんですよね。 今回はそんな自分が愛用している人気のミニ三脚、マンフロット(Manfrotto)のPIXIをご紹介します。 目次 マンフロット PIXI 概要 カメラ固定部分の ...

この記事を読む

AmazonEchoで作業効率をバカ上げする5つのテクニック

ライフハック

2020/11/26

Amazon Echoで超集中!テレワークの作業効率をバカ上げする5つのテクニック

テレワークなど自宅作業をおこなう機会が多くなってきた昨今、いかにして集中できる環境を作るかは作業効率化において重要です。 誘惑が多い環境の中でなかなか作業がはじめれずに効率化どころか手がつかないなんて場合もあると思います。 集中できずに作業が進まない。 本当に、あると、思います(自己反省) 「集中して仕事をしたい!」「効率的に作業を進めたい!」そんな方におすすめなアイテムがAmazonから販売されているスマートスピーカー Amazon Echo(アマゾン エコー)です。 「スマートスピーカー便利だよ!」と ...

この記事を読む

OsmoPocket コントローラーホイール

OsmoPocket 撮影機材

2020/11/25

OsmoPocketユーザー必須!? コントローラホイールでレンズを自由に動かす動画撮影を【レビュー】

小型な手のひらサイズでジンバル内蔵のビデオカメラ DJIのOsmoPocket。 手ブレもなくスムーズな動画撮影がおこなえることからVlogなどの外での歩き撮影には最適な機材の1つと言えます。 今回はそんなOsmoPocketでのVlog撮影をさらにサポートする専用アクセサリーのコントローラーホイールをご紹介します。 目次 融通がきかないジンバルの操作がコントローラホイールで自由自在に! 上下・左右のジンバル操作が直感的にやりやすくなる! ボタンひとつでカメラ反転操作・ジンバルモード切り替えができて簡単 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-Oculus Quest, ライフハック
-, , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.