OsmoPocket 撮影機材

OsmoPocketをもっと気軽に使う!5つのおすすめアクセサリ

OsmoPocketを気軽に使う5つのアイテム

DJIから発売された、内蔵ジンバルによって手振れがしない動画を気軽に撮影できる映像撮影用カメラ、OsmoPocket
GoProのように現在では純正はもちろんサードパーティーでも様々アクセサリが販売されています。

今回は様々なアクセサリとの組み合わせの中でも「気軽な撮影」に焦点をあてて、めんどくさがり屋な管理人が実際に買って試してみてOsmoPocketを使った時に「こいつは便利だ!」と思ったアクセサリをご紹介します。

 

Hand Linkerネックストラップ

OsmoPocketを撮影に持ち出す際に、購入時に一緒についてきたケースを使う人が多いと思います。
バッグに気軽に収納する分にはいいのですが、旅などの撮り歩きで一時撮影を中断したい際にわざわざケースに戻してバッグに入れるのが思いの外めんどくさいです。

そこをどうにかしたいと思って購入したのがハンドリンカーのネックストラップ

これをケースにつけることで首にぶら下げて持ち運びができめちゃくちゃ携帯性がアップします。

またこのハンドリンカーはストラップ部分を外すことでカラビナのように使えます

服のファッション的に首からぶら下げたくない時や、一眼レフなどをすでに首から下げている時などでも、ベルトループやバッグなどいろんなところにひっかけれるので応用の幅がかなり広くおすすめです。

ネックストラップHand Linker(ハンドリンカー)取り外し簡単なネックストラップ×カラビナリング

三脚穴付きマウントアダプター

OsmoPocketには三脚穴がついていないので、三脚などを利用したい際には何かしらのマウントアダプターが必要になります。

いろいろなタイプのマウントアダプターがありますが手軽さを考えた場合、OsmoPocket本体をそのままアダプターに差し込むだけで使えるタイプがおすすめです。

いろいろなマウントタイプを実際に試しましたが結果一番使ってるのはこのタイプです。
The めんどくさがり向け!

自分が購入したのはOsmoPocket販売直後で販売されていたマウントですが、いまでは横から充電できるタイプや、アルカスイス互換のものも出てるので正直そちらのほうがおすすめです。
(自分も買い直したい…。)

こちらの商品は充電がマウントの横からできるので便利そう。ただOsmoPocket用の外付けマイクのアダプターが反応しないとの情報もあるので外付けマイクを使う方は要注意です。

HAKUBA ハンドストラップ

前述のアクセサリーで三脚穴が利用できるようになったことでおすすめしたいのがHAKUBA ハンドストラップ

移動中に食べたり飲む、買い物で支払いをする、一眼レフで写真の撮影をするなど、動画の撮影に出向いた際でも両手を使いたくなるタイミングは結構頻繁にあります。
そしてその際にわざわざケースに入れるのがめんどくさいと思うのが人情と言うものです。

そんな時にハンドストラップを使えば、手からぶら下げることができるのでいちいち収納する煩わしさともおさらばです。

しかもこの商品の良い点として、数百円とめちゃくちゃお得に買えるのでとりあえず持っておく感じでも良いかと思います。
いろいろな使い方で流用もできるしね。

カメラの底ネジに装着するタイプ。 シンプルな形状で売れています。

Velbon 自撮り棒 ULTRA STICK SELFIE

OsmoPocketを使って自撮りをする人はたぶん誰しも思ったことでしょう。
もう少し画角がほしいと。

広角に出来るコンバージョンレンズも発売されていますが、収納の度に取り外す手間、周辺がボケる、小さくて無くすなどを考えて自分はまだ購入に至っていないのが現状です。

じゃあどうする?「物理的に距離をあければいいじゃないか!」ということで選んだのが軽量で持ち運びも容易で応用の幅が広いVelbonの自撮り棒「ULTRA STICK SELFIE」です。

伸縮も簡単に自由自在で棒を軽くひねって回すだけで18cmから72cmまで伸ばすことができます。

2秒たらずで時間もかけずに伸縮できる点がかなりの魅力ポイントです。
伸縮の手間がめんどくさいとその機能自体を使わなかったりしますからね。

自撮り棒の下部には三脚穴がついているのでManfrottoのPIXIなどの小型三脚をつけることで高い位置からの三脚で固定した撮影環境も手軽に作ることができます。

またこの自撮り棒自体にもハンドストラップがついてるのでその気軽さは前述どおりで手ぶら環境を実現できます。
カラビナもつけてあげれば携帯性もアップです。

ULTRA STICK SELFIEを使った便利な応用方法については別記事でまとめました!

高い伸縮比で人気のウルトラスティックシリーズに自分撮りに活用できる『セルフィー』が登場。旅先での撮影に活躍します。

ワークマンで買ったポーチ(商品名わからず…。)

正直な話、自分は「あれもいるか?これもいるか?」と念には念をいれすぎて持ち運ぶ装備が多くなるタイプです。カメラバッグはいつも重めです。(どうにかしたい)

OsmoPocketに関してもその例から漏れずいろいろなアクセサリを複数のケースにいれて持ち運んでいましたが、持ち運ぶにあたりしっくりくる入れ物がなかなか見当たりませんでした。

…が、そんな中でしっくりくるバッグを発見した場所がなんとまさかのワークマン。

容量もポケットも多くカラビナもベルトにもつけれるようになっててしかも販売価格は1000円前後。
こんな収納性高いものがこの価格で買えるとかいやもう強すぎる…。

これだけのものがひとまとめできちゃいます。

まとめ

DJIのOsmoPocketの撮影で「気軽さ」にポイントをあてたおすすめのアクセサリをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ジンバル内蔵によりお手軽に手振れがしない動画が撮影できるOsmoPocket。
その機動力の魅力をさらに活かして、使い勝手よく気軽に撮影していきましょう。

驚くほど小さいのに、とってもスムーズ:Osmo Pocketは、手持ちタイプでDJI史上最小の3軸メカニカルジンバルです。手ブレの動きをリアルタイムで調整できるので、美しい夕日や子供がはじめて歩いたときの感動を、まるで映画のようなスムーズな映像で残せます。

その他アクセサリを使ってOsmoPocketの外部接続の幅を広げる方法についてはこちら。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな男です。最近は動画の編集も勉強中。興味があることはなんでも試してみたくなる人。当サイトではそんな管理人がクリエイティブに関する情報をお届けいたします。

-OsmoPocket, 撮影機材
-, , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.