撮影機材

【作例・比較】ブラックミストNo.1で魅せる映画の世界【使い方レビュー】

映画のようなソフトな光を演出するブラックミストNo.1

まるで映画のようなソフトな質感の写真や映像が撮影できる一眼レフカメラのソフトフィルター「ブラックミスト」

このケンコーが販売するブラックミストシリーズの新商品として「ブラックミスト No.05」が発表され、その独特な雰囲気を手軽に作れることから写真撮影系のYoutuberやSNSでいま話題になっているカメラフィルターです。

自分も今回をキッカケにブラックミストシリーズを知り「これは気になる!!!!!」と思ったのが2020年の年の瀬。
意気揚々とネットで購入しようとしたもののどこも完売状態で、人気がですぎて購入できませんでした。

その後ビックカメラなど店舗へも行ったものの、どこの店舗でも「入荷待ちです」の声…。

しかし気になったからにはブラックミストを使ってみたい言う衝動が抑えられず、店舗でまだ残っていた同じシリーズの「ブラックミスト No.1」を衝動買いしたのはしょうがないことでしょう。

<追記>
ブラックミストNo.05も入荷を狙って購入しました!

テレビや映画の世界で使われていた「ブラックミスト」フィルターを写真用にした本商品。
この記事では実際にブラックミスト No.1を使うと写真にどのような変化が現れるかを作例を出し比較しつつ使い方のレビューをしていきます。

ブラックミストNo.1で柔らかな光があふれるシネマティックな写真に

ブラックミストNo.1
ブラックミストNo.1は光の屈折によりハイライトとシャドー部分のコントラスが弱めになることで柔らかな効果が現れるソフトフィルターです。

非常に細かい黒い拡散材が光学ガラスのなかに入っていることで、暖かい光がこもれる印象の写真を撮ることができます。

ブラックミストNo.1 撮影作例

俗に言う「エモい写真が撮れる」と評判です!

通常のソフトフィルターと違い、画面を白っぽくさせないので暗い背景や黒バックでの撮影でも使えます。

F値を絞り込んでもソフト効果があらわれ、ズームやマクロなど様々なレンズでもフィルターをつけるだけで適用できます。

ポイント

<露出倍数>約1.25倍(約1/3絞り分)
ソフト系フィルターは撮影レンズの焦点距離が長くなるほどソフト効果が強くなる傾向があります。

ブラックミストNo.1 撮影作例

フィルターをつけるだけで映画のワンシーンのような独特のニュアンスが効いた写真や映像を、PhotoshopやLightroomなどの編集なく簡単に撮影できるのが魅力です。

□ フィルター径:67mm □ 肌を滑らかに見せることで生々しさを抑える。 □ 暗部を上げつつコントラストを下げ、幻想的な雰囲気に。 □ 他のソフトフィルターに比べ白けにくい。 □ ふんわりしすぎず、柔らかでしっとりとした質感を演出できる。

ブラックミスト No.1とNo.05のフィルター性能の違い

Kenkoスペシャルサイト ブラックミストNo.05

ブラックミストNo.05は20年の10月にケンコーから新しく販売されたレンズフィルターで、ブラックミストNo.1のフィルター効果を半減したものとなります。

商品名のNo.05の数字は1の半分の0.5という意味ですね!

写真や映像にソフトな効果を与えるのはNo.1と同じですが、効果が抑えめになっていることで強い逆光や夜景の拡散する光にも対応できます。

ブラックミストNo.1で起こる光源が明るすぎて飛んでしまうなどの問題も解消され、光源が強いシチュエーションにおいても使いやすくなっています。

パッケージに映画のような質感に仕上げるというキャッチコピーがある通り、夜間の街中などライトが多い空間をドラマチックに仕立て上げてくれるようです。

ポイント

No.1とNo.05で比べた場合、No1は日中、No.05は夜間に使いやすいイメージです。

レタッチの必要なし。撮ったその場で映画のような質感を得られる、コントラスト調整フィルター。「ブラックミストNo.05」は、「ブラックミスト No.1」の約半分のソフト効果に調整。より汎用性が高まりました。非常に微細な黒い拡散材を光学ガラスで挟み込むことで、光を優しく拡散。シネマティックな雰囲気を演出。

ブラックミストNo.1で撮影した作例と比較

今回はいつも使っているレンズから趣向を変えて、マニュアルレンズのCarl Zeiss Distagon T* 2/35SigmaのMC-11のマウントアダプタと合わせてSonyのα7IIIを使い撮影しました。

ポイント

フィルター無し、フィルター有りの順番で撮影した作例を比較していきます。
撮影時の設定はどちらも一緒で、撮影後に加工はおこなっていません。

日中撮影

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

比較するとブラックミストをつけると目に見えて光が柔らかくなります。
光の入る量が多くなると効果量も大きくなるのがよくわかります。

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

シャドウ部分のコントラストが抑え気味になり、影などもふんわりした描写になります。

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

輪郭がふんわりした印象になり、質感も落ち着いた色合いになります。
ブラックミストNo.1を使うと光量がない場所でも独特の空気感が得られます。

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

逆光で太陽をいれて撮影すると光が拡散した広がり具合がよくわかります。
また全体的にコントラストを抑えられた、ふんわりとしたムードになります。

夜間撮影

ブラックミストNo.1 夜間撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 夜間撮影作例・比較

夜間で撮影すると街頭や車のヘッドライトの明かりがだいぶ大きく広がります。
玉ボケは固さがなくなり柔らかい印象になります。

ブラックミストNo.1 夜間撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 夜間撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 夜間撮影作例・比較

ブラックミストNo.1 夜間撮影作例・比較

光源が強いと光が大きくなり過ぎ、中心部の白飛びが目立ちがちです。
コントラストの薄さからでる雰囲気は良いのですが、街中など光の量が多い場所だと少し騒がしい印象です。

ブラックミストNo.1の向いている撮影シチュエーションや使い方

ブラックミストNo.1 日中撮影作例

ブラックミストNo.1は順光での撮影や光が弱い環境での撮影には使いやすいと感じました。

光が足らない暗い場所でも暖かな光の表現になるのが良きポイントです。

また逆光撮影時には強く光源が広がるのが印象的です。

柔らかな印象の写真を撮るのが得意ではないので、今後も活用していきそうです

ブラックミストNo.1 日中撮影作例・比較

今回は35mmの単焦点で撮影しましたが、広角側より望遠側のほうがソフト効果が強く現れるのでブラックミストのソフト効果を強く適用させたい場合は望遠側に調整することで変化を楽しめるようです。

またポートレート撮影で使っても人肌が柔らかできめ細やかな印象になるので、女性らしい暖かな雰囲気の写真を撮影したい際にも活用できます。

夜の街中など光源が多い場所での撮影は露出補正をかなり暗めにしないと白飛びするほどの光を取り込む効果が現れるので、夜間向けなブラックミスト No.05への興味がかなり増し増しに。

品薄で購入できなかったブラックミストNo.05も調達できたらレビューでまとめてみたいと思います。

<追記>
ブラックミストNo.05も入荷を狙って購入しました!

持ってるレンズの中で大きな口径に合わせるのがおすすめ

フィルター経に合わせるステップアップリング

ブラックミスト No.1は写真に与える効果を考えると比較的安価ではありますが、他のフィルターと変わらずフィルターサイズがアップすると値段も高くなり、amazon価格で一番小さな49mmが1,000円台、一番大きな82mmだと4,000円台となります。

使うレンズごとにフィルターを揃えると撮影運用的には楽ですが価格も馬鹿にならないので、所有レンズの中で一番レンズ径が大きいものや使用頻度の高いレンズに合わせて大きなフィルターを購入し、ステップアップリングで運用するのがおすすめです。

今回は出先で持っているレンズにすぐ使いたかったので58mmを購入しました。
が、やはりよく使う67mmにしておけばよかった…。

ステップアップリングは小さいサイズのレンズ経に合わせて大きいフィルターを取り付ける変換アダプターになります。
このステップアップリングを所有している対象レンズに合わせて用意し1つのフィルターを使いまわすことでコストを抑えれます。

ポイント

逆の大きいサイズのレンズ経に合わせて小さいフィルターを取り付けれるステップダウンリングもありますが、こちらを使うと端がケラレてしまうので注意です。

特製アルミ合金により、高い強度、耐衝撃性、ねじれや圧力に対する耐久性を高めた機械加工が施されています。表面加工: ハイメッシュのサンドブラスティング加工された高級感のあるピュアマットブラック ・シルバーをご用意しました。 製造工程の化学薬品の残留物は超低量です。

まとめ

ブラックミストNo.1 撮影作例

ケンコーのブラックミストNo.1についてフィルター未装着時との比較、作例を出しながら使い方のレビューをしました。

フィルターを装着するだけでソフトな効果が表れ、エモいインスタ映えする映画風な写真が撮影できます。

室内や暗所など光量が足らない場所で使うと光あふれる効果が安定して演出されます。
逆に逆光や光源が強い場所で使うとソフト効果が効きすぎるので、その際にはブラックミストNo.05に交換しバランスを見ながら使うとよさそうです。

ポートレート写真で使っても柔らかく撮れるので喜ばれそうです!

いままでと違った作風を撮るために新しいレンズやストロボの購入をする考えがある中で、フィルターの購入は忘れがちかもしれませんが、レンズの新規購入などと比べると安価に導入して試せるのも魅力なポイントです。

違った作風も撮れるメリットはありますが、撮影がいつもよりちょっとワクワクできるそんなアイテムでもあるので、写真好きな方は是非一度お試しください。

□ フィルター径:67mm □ 肌を滑らかに見せることで生々しさを抑える。 □ 暗部を上げつつコントラストを下げ、幻想的な雰囲気に。 □ 他のソフトフィルターに比べ白けにくい。 □ ふんわりしすぎず、柔らかでしっとりとした質感を演出できる。
レタッチの必要なし。撮ったその場で映画のような質感を得られる、コントラスト調整フィルター。「ブラックミストNo.05」は、「ブラックミスト No.1」の約半分のソフト効果に調整。より汎用性が高まりました。非常に微細な黒い拡散材を光学ガラスで挟み込むことで、光を優しく拡散。シネマティックな雰囲気を演出。

新商品のブラックミストNo.05も購入しました!夜での撮影におすすめ!

お手頃価格で撮影のバリエーションを増やしたいならRGBライトもおすすめ!

実はカメラボディのイメージセンサーも簡単に自分でクリーニングできます

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

GoPro 撮影機材

2021/10/19

GoPro HERO10 レビュー | HERO9と比較して進化したポイント

2021年9月にGoProから新型のアクションカム「GoPro HERO10 Black」が販売されました。 GoProはスマホのiPhoneと同じく毎年秋ごろに新しいナンバリングのものが発表されていますが今年の発売でとうとう2桁の大台に突入しました。 ちなみに前モデルのHERO9は2020年の9月に販売されました! 様々なメーカーからGoProと同じ形状や用途とアクションカムが販売されましたが、昨年発表されたHERO9の性能の高さも相まってか、今では同じジャンルのカメラではGoProの一強と言えます。 ...

この記事を読む

GoProHERO10 一緒に購入したいアクセサリー7選

GoPro 撮影機材

2021/10/19

GoPro HERO10が便利になるおすすめアクセサリー 7選

2021年の9月に新しく販売された新機種のアクションカムGoPro HERO10を購入しました。 GoPro Hero10は見た目や形状は前モデルのHERO9と変わりませんが、搭載されているプロセッサーがHERO6からHERO9まではGP1だったのに対して、HERO10ではGP2になり大幅にバージョンアップされました。 これにより各種操作がいままで以上にスムーズになり、記録解像度も向上され、手振れ補正機能HyperSmoothも第4世代になりさらに強力になったりと、様々な点で使いやすくパワーアップされたG ...

この記事を読む

ZV-E10 動画用VLOGカメラで使いたいAPS-Cレンズ 7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10 ソニーの動画用VLOGカメラにおすすめなレンズ 7選

ソニーから販売されたVLOG用カメラZV-E10は、動画が撮りやすいように設計されているAPS-C型のミラーレス一眼レフです。 Youtube撮影に最適なVLOG用カメラとしては、同じソニーから先に発売されたコンデジ「ZV-1」がありますが、これと比較した場合に何より大きな違いはレンズの交換ができることです。 レンズ交換ができることによって広角、望遠などと撮りたいイメージに合わせてレンズを選択できます! 今回はZV-E10で動画を撮影するうえで揃えておくと便利なおすすめのAPS-CのEマウントレンズを紹介 ...

この記事を読む

ZV-E10を購入してから最初にやるべきカメラ本体の設定・準備

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10の購入後に最初にやるべき準備と設定・便利な使い方

「そろそろ動画もがっつり撮っていきたいなー」と思いソニーのVLOGカメラZV-E10を新しく購入しました。 思わず発売日に衝動買いしてしまったミラーレス一眼のカメラでしたが、実際に使って見ると機能や操作的な面が動画用にカスタマイズされているのもあり使い勝手がよく、あまり動画はガッツリやってきてない自分が「これからの動画撮影が楽しみだ!」と思わせてくれるものとなりました。 ZV-E10の動画カメラとしての魅力は下記記事にてまとめています 今回はそんなZV-E10を実際に購入してから撮影前に準備した内容と、使 ...

この記事を読む

ZV-E10 おすすめのアクセサリー7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10と一緒に買うと幸せになれるおすすめアクセサリー7選

ソニーからAPS-Cミラーレス一眼レフのVLOGカメラZV-E10が販売されました。 a6400シリーズのカメラを動画向けにカスタマイズされたもので、先に発売されたコンデジタイプのVLOG用カメラZV-1のコンセプトをミラーレス用にしたものとなります。 レンズ交換も可能なところから撮影用途に合わせての応用も効き、軽量・コンパクトでしかも安いと、クオリティーの高い動画撮影やYoutube投稿をしたい人にとっておすすめのカメラといえます。 ZV-E10は発売日に購入しました!詳細の魅力は下の記事で紹介していま ...

この記事を読む

VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10 レビュー | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいなぁ!」と考えていた自分は発表の情報を聞き販売日前にソニーストアで予約しました。 予約して販売日に購入したカメラははじめてです! 今回この記事では自分がつい衝動買いしてしまったZV-E10の機能的なメリットや性能のレビューも合わせて、Youtube撮影などのVLOG動画撮影おいておすすめなポイントを7つご紹介し ...

この記事を読む

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ

カメラ関連情報 撮影機材

2021/10/21

【まとめ】カメラや写真・動画の撮影機材のおすすめ記事

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がってます。 趣味に関連するものはつい物欲が増しちゃいますねぇ 今回はそんな凝り性の自分が購入してきたカメラ関連のガジェットやアクセサリーの紹介を中心に、撮影の方法やAdobe編集ソフトの使い方や、写真や動画に関連する内容など、いままで本ブログでまとめてきた記事をジャンルに分けてご紹介します。 目次 一眼レフカメラ ...

この記事を読む

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ

Oculus Quest VR

2021/10/21

【まとめ】OculusQuest2を完全攻略!おすすめ記事11選

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「OculusQuest2でもっと楽しみたい」と思っている本体をすでに持っている方から、「気になっているけどどういうVRゴーグルなの?」といま購入を考えている人まで満足できるコンテンツばかりです。 実際に使って試してみたレビューばかりなので気になる記事をみつけたらリンク先で詳細をチェックしてみてください。 目次 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-撮影機材
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.