ライフハック

Amazon Echoで超集中!テレワークの作業効率をバカ上げする5つのテクニック

AmazonEchoで作業効率をバカ上げする5つのテクニック

テレワークなど自宅作業をおこなう機会が多くなってきた昨今、いかにして集中できる環境を作るかは作業効率化において重要です。

誘惑が多い環境の中でなかなか作業がはじめれずに効率化どころか手がつかないなんて場合もあると思います。

集中できずに作業が進まない。
本当に、あると、思います(自己反省)

「集中して仕事をしたい!」「効率的に作業を進めたい!」そんな方におすすめなアイテムがAmazonから販売されているスマートスピーカー Amazon Echo(アマゾン エコー)です。

「スマートスピーカー便利だよ!」と言う言葉はよく耳にするようになってきたと思いますが、実際に自宅での作業効率化においてどういう使い方ができるか?

今回はその点にスポットをあてて、今や自分の生活において必需品になっているAmazon Echoをご紹介していきます。

まずAmazon Echoってどういうもの?

Amazon Echoってどういうもの?

Amazon Echoは音声で動作できるAmazonが公式で販売しているスマートスピーカーです。

Wi-Fiが繋がっている環境ならば「アレクサ!」と声をかけて指示をするだけで音楽を流したり、天気・ニュースなどを情報を取得したり、照明や家電を制御できたりとかなり多用途です。

Echoのシステムとなる頭脳部分「アレクサ(Alexa)」に自動的に機能が増えていくのが特徴的。

第1世代の時期から購入し使っていますがその当時と比べるとできることはかなり増えています。てか知らないうちにどんどん増えてる。

スピーカー型、画面付き、コンセントタイプと様々なモデルが販売されており、自分は丸いフォルムが可愛らしい画面付きのタイプであるEcho Spotを使ってます。見た目がキュート!

導入次点では「本当にスマートスピーカーって使えるのか?」と疑問視してましたが、いまではもう使わない日がないぐらいの相棒になってます。

サンキュー、アレクサ!
Echo Spot(エコースポット)は、他のEchoシリーズの機能に加えて、スクリーンがついてさらに便利に。

テクニックその1 音楽を流す「~な音楽を流して!」

スマートスピーカーの代表的な使い方の1つですが、やはり最初にあげたいのが音楽を流すことです。

AmazonEchoで音楽を再生

ポイント

画像付きだと曲名やアーティスト名と一緒にジャケットも表示されます。

Amazonではプライム会員になると Prime Musicのサービスを利用でき、200万曲の楽曲を聴くことができます。

さらに追加有料サービスのMusic Unlimitedに加入すると6,500万曲と言う恐ろしい数まで拡張。

自分はこれに加入して耳福なミュージックライフを送ってます。

ポイント

この記事を書く際に楽曲数を調べて知りましたが、数年前に加入した時はプライムが100万曲、Unlimitedが4,000万曲だったのに気がついたらめっちゃ増えてました。Amazonやりおる。

Echoに「(アーティスト名)の曲を流して!」「(曲名)を流して!」と言うと再生してくれますが、おすすめなリクエスト方法が大まかなイメージを伝えるやり方です。

イメージを伝える一例

  • 人気の楽曲を流して!
  • 朝に聴きたい音楽を流して!
  • 落ち着いた洋楽を流して!
  • 90年代の邦楽を流して!
  • 読書するときに聴きたい音楽を流して!
  • 癒やしの音楽を流して!
  • 夜に聴きたいジャズを流して!

その時その時の作業のテンションにあわせた音楽を言葉だけでお願いして流してくれます。

気軽にいままで知らなかった音楽と出会えますよ。

AmazonEchoで歌詞も表示

ポイント

曲の再生と合わせて歌詞も表示され自動的にスクロールされます。便利!

また最近よくEchoにお願いするのが「よく聴く曲を流して」というもの。

よく聴く音楽を勝手に選んでランダムで流してくれるのでおすすめです。

テクニックその2 環境音を流してリラックス

「音楽は気が散るけども無音なのも耳が寂しい」と考える方におすすめなのが環境音を流すという選択です。

Amazon Echoはスキルというアプリケーションのようなものがあり、これらを特別にインストールしなくても音声で「アレクサ、(スキル名)を開いて」と伝えることで利用できます。

この環境音のスキルでおすすめなのがこちら。

婦人画報の京都の音

婦人画報の京都の音

嵯峨野の竹林や、清水寺の鐘の音、建仁寺のお経など京都の風情を楽しめる環境音が再生できます。

またモニター付きのEchoだと選択した音源に合わせた映像も合わせて再生され、目と耳どちらでも癒やしの時間を楽しめます。

婦人画報の京都の音

スキル利用方法


「アレクサ、京都の音を開いて」

海外のカフェの音

海外のカフェの音

カフェにいる時に聴こえるガヤガヤとした音を流せるのがこの「海外のカフェの音」スキル。

ループ再生になっているので一度お願いすると目を閉じればまるでカフェにいるかのような環境になります。

「スタバのほうが集中できる!」「カフェのほうが作業がはかどる!」な方はお気に入りのコーヒーを用意してこのスキルにお願いしてみてはどうでしょう?

スキル利用方法


「アレクサ、海外のカフェの音を開いて」

テクニックその3 「集中タイム」でポモドーロ・テクニック

作業に集中するための時間管理術として、25分作業に集中し、5分休憩を4回繰り返す「ポモドーロ・テクニック」という手法があります。

そのポモドーロ・テクニックをEchoでサポートできるスキルが「集中タイム」です。

集中タイム

集中タイム

スキルを開くと風の音、雨の音などの環境音がランダムで25分再生され、5分の休憩時間になると音声で教えてくれます。

タイマーの設定もいらずスキルを呼び出すだけで使えるのがEchoの優れたメリットです。

ちなみに自分は集中力とメンタルを向上させるために瞑想を日課にしてますが、その際にこの集中タイムのスキルを一緒に使ってます。

25分ワンセットの時間が自分にはしっくりくるんですよねぇ。

集中タイム

スキル利用方法


「アレクサ、集中タイムを開いて」

テクニックその4 タイマーとして活用する

効率化で大事なのは時間を味方にすることです。

集中して作業をしてると時間を忘れてしまうことがあります。また集中するために1つの作業の締切時間を作りたいなんてのも。

そんな時にEchoをタイマーとして使うのがおすすめです。

「アレクサ、25分タイマー」、「アレクサ、1時間で教えて」と呼びかけるだけでタイマー設定できます。

少し仮眠したいなぁとソファーに転がり動きたくない時にも、その場所から動かずに一声かけるだけで設定できちゃいます。

AmazonEchoでのタイマー設定

ポイント

画面にタイマーの情報が表示されます。複数のタイマー設定も可能!

タイマー機能はスマホや据え置きの時計でも設定できる、言ってしまえばありがちな機能です。

しかし手動でタイマーをセットする手間がなくなるだけで使いやすさは倍増。

気軽にタイムキーパーとして使えるようになります。

いままで使っていた機能が簡単に使えるだけでこれだけ実用性があがるとは…。

ちょっとの休憩、ちょっとの気分転換が予想以上にダラダラと長引いてしまった経験なんてのもあるかと思います。

「タイマーが鳴ったらすぐに切り替え!」を習慣化させることでメリハリが効いた作業がおこなえますよ。

テクニック5 わからないことをどんどん質問する

作業してる時にわからないことがあったらどんどんEchoに相談しちゃいましょう。

質問内容の一例

  • 計算をお願いする 「56×18 はいくつ?」
  • 単語や人名を聞く 「ポモドーロ・テクニック ってなに?」
  • Echoでいま流れている曲を聞く 「この曲を教えて」
  • 情報を聞く 「日本の人口を教えて」

資料などの情報を整理してるときや、知識を得るための読書をしてるときに結構使える機能です。

まさに声で使える辞書アシスタント。

ある意味、次世代の秘書サービスってやつですねぇ。

いまAmazon Echoを買うならこれ!おすすめの端末

自分は第1世代のEcho Dotを使い、それから初の画面付きモデルであるEcho Spotを使っています。

発表当時に「画面付きはすごい!このSpotは流行るぞ!」と思い購入しましたが、なんと販売から1年後には終売。

いまではSpotよりも画面も大きくスペックが高く、しかも価格も安いEcho Showが販売されました。なんてこったい!

EchoShow5

ポイント

長方形で見やすい5.5インチのコンパクトスクリーン付きモデル。
画面付きのEcho Showは他にも8インチと10インチモデルの合計3種類あります。

Spotは見た目も可愛らしくいまだにお気に入りではありますが、やはり画像の表示、特に動画の再生は横長の画面のほうが圧倒的に見やすいです。

AmazonEchoでのニュース画面

ポイント

EchoSpotでニュースを読み上げてもらった時の画面。丸い画面に合わせて長方形表示されるので、元から長方形のEchoShowのほうが見やすいですね。

作業テーブルに気軽における点を考えると、5.5インチのEcho Show5が最適です。
価格も1万円以内とスマートスピーカーで新しく出来ることを考えればめちゃくちゃコスパが良いアイテムと言えるでしょう。

スクリーン付きでますます便利に。5.5インチのコンパクトなスクリーンで、スケジュールの管理や、エンターテインメントを楽しんだり、家族や友人とつながったり、日々の生活を便利にしてくれます。

最もコスパが良い月額サービス Amazonプライム会員になろう

Amazonプライム会員とは

Amazon Echoのポテンシャルを発揮させるためには、月額利用料500円のAmazonプライム会員になる必要があります。

Amazonプライム会員になると下記のサービスを利用することができます。

Amazonプライム会員のサービス内容

  • 100万曲が無料で聴ける Prime Music
  • 映画・アニメが見放題のPrime Video
  • Amazonでの買い物の送料無料 お届け日時指定便の利用
  • 写真を容量無料で無制限に保存 Amazonフォト
  • 生鮮食品から日用品まで、まとめてお届け Amazonフレッシュ
  • 対象のKindle本を追加料金なしで読み放題 Prime Reading
  • 対象のファッション用品を購入前に試着 プライムワードロープ
  • プライム会員限定タイムセール など

正直、Prime MusicやPrime Videoだけで十分元が取れてしまうぐらいのボリューム感。

いま世間で様々ある月額サービスのなかで「Amazonプライム会員が一番コスパが良いお得なサービスだ!」と言う声も多くあがってます。

言ってしまえば「たった500円でこんなにも!」ってやつですね。

プライム会員でない方はEchoの導入と合わせることで確実に生活が豊かにできちゃいますよ。

まとめ

AmazonEcho

自宅での作業効率をあげたい!と悩んでる方にはスマートスピーカーのAmazon Echoはかなりおすすめです。

特に音楽好きの方からすると、ひと声かけるだけで様々な音楽を流してくれると言う機能だけでもめちゃくちゃ作業場の環境を豊かにできます。

もう自分の生活からは切っては切り離せないほどの相棒です。

今回紹介したもの以外で作業効率化に関してのものだけとっても、便利なスキルや機能、使えるアイデアなどが他にも盛りだくさんなので是非いろいろとAmazon Echoを使って試してみてくださいね。

スクリーン付きでますます便利に。5.5インチのコンパクトなスクリーンで、スケジュールの管理や、エンターテインメントを楽しんだり、家族や友人とつながったり、日々の生活を便利にしてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アスペクト比最適な比率 写真・動画・SNS共有

カメラ関連情報 撮影方法

2020/12/3

アスペクト比を見直さない?写真・動画・SNS投稿に最適な比率

皆さんアスペクト比はご存知ですか? 撮影で使われるアスペクト比は写真や動画の縦横比率のことを言います。 カメラごとで初期設定値が決まっているので設定を触ったことがない方もいるのでは? 今回はそんなアスペクト比について、どういう比率があるのか、どのような特徴があるのかについてご紹介します。 写真に向いている比率、Youtubeなどの動画に向いている比率、ブロガー必見のTwitterやFacebookなどのSNSの情報共有に向いている比率など。 パターンに合わせたおすすめの比率についても合わせて解説していきま ...

この記事を読む

ソニーのカメラをUSBケーブルだけでWebカメラにする方法

パソコン関連情報 動画配信

2020/11/26

ソニーのカメラをUSBだけでWebカメラに!? Imaging Edge Webcamの設定方法

某ウイルスの影響もあり、テレワークで働いてる方も多くなったかと思います。 その影響もあり利用頻度が高まったのが遠隔でも顔を見ながら会議やミーティングができるZOOMなどのビデオ通話です。 急な需要の高まりもあり通販や家電量販店のWebカメラが売れに売れた背景がありますが、このWebカメラ、手軽に買えるものは画質があまりよくありません。 カメラが趣味で写真や動画を撮っている人が性能を比較すると「この程度か…」と思ってしまい新しく買うのを躊躇してしまう。そんな方もいるのではないでしょうか。 最近パソコンでビデ ...

この記事を読む

おすすめのレンズホルダーCommlite レンズホルダー

カメラストラップ 機材アクセサリ

2020/11/26

めっちゃ便利!Commlite レンズホルダーは単焦点使いのレンズ持ち運びにおすすめ!

皆さん、レンズホルダーと言う便利アイテムはご存知ですか? 一眼レフのレンズ交換を手軽にできる機材ですが、「レンズを気軽に持ち運びたいなー」と思い、自分も今回はじめて導入してみました。 今回は思いつきで買ったけども、思いの外、使い勝手がよく「めっちゃ便利やん!」と大満足だったCommlite レンズホルダーについてご紹介します。 目次 レンズって交換がめんどくさいよね レンズを携帯できるレンズホルダー 概要 レンズを2本装着可能で立ちながらレンズ交換ができる! Commlite レンズホルダーの使用感 ピー ...

この記事を読む

Oculus Quest2で世界が変わるVR体験を

Oculus Quest ライフハック

2020/11/23

Oculus Quest2 | 革命的VRゴーグルで世界が変わるVR体験を【レビュー】

10月13日にOculusから新しく発売された最新型のVRゴーグル、OculusQuest2を発売日に合わせて購入しました。 携帯をゴーグルにはめて使う簡易的なVRゴーグルしか使ったことがない自分でしたが、発表時に商品情報をみて「これは買いだ!」と衝動的に思わされポチってしまったそんな最新のガジェットです。 実際に使ってみての結論を先に述べるならば「間違いなく今年一番の買って正解なアイテムだ!」と思わされたガジェットです。 今回はそんな興奮冷めやらぬテンションでOculusQuest2をほぼ毎日愛用してい ...

この記事を読む

SONYミラーレス一眼ユーザーにおすすめ 世界初の最軽量大三元レンズ

α7Ⅲ レンズ

2020/11/26

タムロン 70-180 F2.8 DI III VXD | Sonyユーザーは絶対買い!明るくて軽い望遠ズームレンズ 【レビュー】

タムロンからSonyのミラーレス一眼レフ専用の望遠ズームレンズ、70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE)。 この1本が発売されると聞いたとき「F値2.8の大三元レンズ!?これはポトレにめっちゃ使える望遠レンズやんけ!!」と発表段階でめちゃくちゃ購買意欲を駆り立てられました。 α7Ⅲをメイン機にしてる自分としては「これはいつか買うだろうな…」と確信させられたレンズでした。 そのいつかが案外早いもので発表から1か月ほどで気が付いたらネットでポチっていた自分がいました。 いつの間にか目の前 ...

この記事を読む

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi

カメラ関連情報 三脚・一脚 機材アクセサリ

2020/11/26

マンフロット PIXI | 手持ち撮影でも大活躍なおすすめミニ三脚 【レビュー】

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。 しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。 ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち運びが苦にならない小型のミニ三脚です。 普段は手持ちでの撮影が基本で三脚を使わない自分ですが、旅先などでちょっと使いたいときって結構あるんですよね。 今回はそんな自分が愛用している人気のミニ三脚、マンフロット(Manfrotto)のPIXIをご紹介します。 目次 マンフロット PIXI 概要 カメラ固定部分の ...

この記事を読む

AmazonEchoで作業効率をバカ上げする5つのテクニック

ライフハック

2020/11/26

Amazon Echoで超集中!テレワークの作業効率をバカ上げする5つのテクニック

テレワークなど自宅作業をおこなう機会が多くなってきた昨今、いかにして集中できる環境を作るかは作業効率化において重要です。 誘惑が多い環境の中でなかなか作業がはじめれずに効率化どころか手がつかないなんて場合もあると思います。 集中できずに作業が進まない。 本当に、あると、思います(自己反省) 「集中して仕事をしたい!」「効率的に作業を進めたい!」そんな方におすすめなアイテムがAmazonから販売されているスマートスピーカー Amazon Echo(アマゾン エコー)です。 「スマートスピーカー便利だよ!」と ...

この記事を読む

OsmoPocket コントローラーホイール

OsmoPocket 撮影機材

2020/11/25

OsmoPocketユーザー必須!? コントローラホイールでレンズを自由に動かす動画撮影を【レビュー】

小型な手のひらサイズでジンバル内蔵のビデオカメラ DJIのOsmoPocket。 手ブレもなくスムーズな動画撮影がおこなえることからVlogなどの外での歩き撮影には最適な機材の1つと言えます。 今回はそんなOsmoPocketでのVlog撮影をさらにサポートする専用アクセサリーのコントローラーホイールをご紹介します。 目次 融通がきかないジンバルの操作がコントローラホイールで自由自在に! 上下・左右のジンバル操作が直感的にやりやすくなる! ボタンひとつでカメラ反転操作・ジンバルモード切り替えができて簡単 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-ライフハック
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.