GoPro 撮影機材

GoPro HERO10を便利に使うおすすめアクセサリー 7選

GoProHERO10 一緒に購入したいアクセサリー7選

2021年の9月に新しく販売された新機種のアクションカムGoPro HERO10を購入しました。

GoPro Hero10は見た目や形状は前モデルのHERO9と変わりませんが、搭載されているプロセッサーがHERO6からHERO9まではGP1だったのに対して、HERO10ではGP2になり大幅にバージョンアップされました。

これにより各種操作がいままで以上にスムーズになり、記録解像度も向上され、手振れ補正機能HyperSmoothも第4世代になりさらに強力になったりと、様々な点で使いやすくパワーアップされたGoProとなりました。

特に手振れ性能のGoProクオリティーは凄い!

今回はそんなGoPro HERO10をより便利に使うために購入したら揃えたいアクセサリーをご紹介します。

GoProはメーカー以外のサードパーティー製のアクセサリーも充実しており、これらのアクセサリーを組み合わせることで映像の撮影もより簡単に、よりスムーズにできます。

ポイント

またHERO10はHERO9とサイズが変わらないので装着するアクセサリーはHERO9用のものを利用できます。

この記事ではアクセサリーの組み合わせアイデアも合わせて、実際に自分が購入した様々なGoPro専用ガジェットのレビューを交えてお伝えします。

おすすめ1.Homesuit GoPro 交換バッテリー ×3 1800mAh + 充電収納ボックス

Homesuit GoPro 交換バッテリー ×3 1800mAh + 充電収納ボックス

GoProはHERO9からバッテリーが大きくなったことで、従来より充電持ちが良くなりましたが、それでも1時間前後の撮影で1本使い切ってしまうので予備バッテリーは重要です。

参考ページ

そのようなバッテリー問題の解決のために購入したのがHomesuitの交換バッテリーと充電機のセットです。

GoPro HERO10でも使える互換バッテリーが3本セットとなっているので、単純計算で4倍の時間を撮影できるようになります。

純正品ではないので多少電池の持ちは良くないかと思いますが

また付属している充電器にType-Cケーブルを接続することで最大3本同時に充電できます
旅先などで一気にバッテリーを使いきったとしても安心です。

Homesuit GoPro 交換バッテリー ×3 1800mAh + 充電収納ボックス 充電状況

ポイント

1本ごとに充電状況がわかるバッテリーランプが搭載されています。
ちなみに純正のバッテリーも問題なく充電できました。

またそのまま収納ボックスにもなるので小さなバッテリーを無くす心配もなく持ち歩けるのもメリットです。

純正バッテリーが1本3,500円ほどと考えると、5,000円以下でバッテリー3本と充電器が付いてくると考えるとコスパはかなり良いと言えますね。

ココがポイント

GoProでのバッテリー悩みを一気に解消したい人

【オリジナルとまったく同じ】:Homesuit Gopro Hero 9バッテリーは、 Gopro Hero 9Black/ Gopro HERO10 Blackと完全に互換性があります。Homesuitヒーローシリーズのバッテリー、あなたとのすべての瞬間を記録します。【より多くの容量、より多くの写真】:3つの1800mAh Gopro Hero 10/9交換用バッテリーとカバー付きの3チャンネル充電器を含む完全なバックアップパッケージで、カメラのランタイムを3倍にします。

おすすめ2.TELESIN GoPro デュアル インターフェースベース

TELESIN GoPro デュアル インターフェースベース

GoProHero10には本体の下部にGoPro特有の格納式のマウントアダプターがあります。
しかし一般的な1/4ネジ穴がないので自撮り棒や三脚を取り付ける際には別のマウントアダプターをネジを使い装着する必要があります。

ですがネジ穴が付いているこのTELESIN デュアルインターフェースベースに取り換えることで直接三脚などへ装着が可能となります。

TELESIN GoPro デュアル インターフェースベース 取り付けドライバー セット

取り変えは簡単で、付属のドライバーを使いGoProに標準装備のアダプターマウントのネジを4本外し、その代わりにデュアルインターフェースベースを装着しなおすだけです。

TELESIN GoPro デュアル インターフェースベース 作業対応

作業時間としては5分以内で終わりますね

ベースの素材自体も標準のものとあまり変わらず頑丈なアルミ合金で作られています。

GoProのマウントアダプターとしても変わらず使え、単純にネジ穴が追加されたことで活用用途が広がることを考えれば必須レベルでおすすめできるアクセサリーと言えます。

ココがポイント

1/4ネジ穴を使い一般的な三脚などに取り付けたい人

【対応機種】GoPro Max Hero 10 Hero 9 Hero 8 Black ウェアラブルカメラ、ユニバーサルアクションカメラマウントアダプター付きます。【取り付け簡単】取り付けと取り外し用ツールが付属しています。【コンパクト】軽量でコンパクト、持ち運びに便利、折りたたみ可能で省スペースです。

おすすめ3.ActyGo 液晶保護フィルム 3か所×2枚 + レンズキャップ

ActyGo 液晶保護フィルム 3か所×2枚 + レンズキャップ

新しいカメラやスマホなどの液晶モニターが付いているガジェットを購入する際に一緒に合わせ買いを考えてしまうのが液晶保護フィルムです。

こちらのActyGo 液晶保護フィルム背面液晶モニター前面の小液晶モニターカメラレンズ部3種類が各2枚と合計6枚入っているお得なセットです。

ActyGo 液晶保護フィルム 3か所×2枚 + レンズキャップ 一式セット

GoProの液晶保護対策ではフィルムタイプ以外にガラスタイプがあります。
しかしガラスフィルムの場合は純正のメディアモジュラーなどのアクセサリーを使うと厚みで干渉してしまい装着できない場合がありますが、このフィルムタイプは厚さが0.25mmとなり問題もなく装着できるようです。

ActyGo 液晶保護フィルム 3か所×2枚 + レンズキャップ

ポイント

フィルムの取り付け方などが書かれてる説明書も日本語で丁寧なのが印象的です。
追加でレンズキャップも付属しておりさらにお得感があります。

ActyGo 液晶保護フィルム 3か所×2枚 + レンズキャップ 貼り付け後

液晶モニターへの取り付けは特に問題なくフィルムサイズもジャストサイズ
装着後もフィルムがついてるかわからないほどです。

フィルム装着が苦手な人でも問題ないかと思います。

ActyGo 液晶保護フィルム 3か所×2枚 レンズフィルム

ただレンズ保護フィルムに関しては、フィルムが浮いてしまうのかうまく装着できませんでした。
これはGoPro HERO10になってから撥水性の高いレンズカバーが装着されたことが要因かもしれません。

ポイント

撥水性の高さを活かしたい場合はそもそもレンズ保護フィルムは邪魔なので、装着しないほうがいいだろうと言う考えに至りました。

それ以外は特に問題なく、値段も安価でかなり満足度が高いのでGoProの液晶保護フィルムを探している人にはおすすめです。

ココがポイント

液晶のキズを防止したい人、レンズカバーが欲しい人

【パネル動作でイライラしない】フィルムを貼りつける事による、タッチ感の劣化はほぼありません。【気泡防止】スッと液晶に貼りつくので、液晶に気泡が入りにくいです。【付属品】前面液晶保護フィルム×2/背面保護フィルム×2/レンズ保護フィルム×2 /ウェット+ドライシート×2/ホコリ取りシート×2/レンズキャップ×1

おすすめ4.Ulanzi G9-3 GoPro バッテリーカバー

Ulanzi G9-3 GoPro バッテリーカバー

「手軽に充電しながらGoProの撮影をしたいなぁ」そんな要望に応えるアクセサリーがUlanziから販売されている交換式のバッテリーカバーです。

GoPro HERO10はType-Cケーブルを使いバッテリーを充電させることができますが、本体側の端子はバッテリーカバーを開封しないと利用できません

ポイント

また開封しっぱなしではバッテリーが外れる恐れもあり、見た目もスマートではないですね

Ulanzi G9-3 GoPro バッテリーカバー 充電口

しかしUlanziのG9-3バッテリーカバーには端子部分に穴が開いているので、わざわざバッテリーカバーを開閉せずとも充電ができるようになります。

取り換えは簡単で既存のカバーを開けた後にそのまま上に押し上げることでパーツが外れます。あとは同じように交換するのみです。

Ulanzi G9-3 GoPro バッテリーカバー 取り外し

最初は交換方法がわからずYoutubeなどで調べましたが力技でいけました!

また既存のカバーよりUlanziのG9-3のカバーのほうが力も入れず開閉もしやすいので、バッテリー交換時のめんどくささが減るのが地味に良いポイントです。

このG9-3以外にもUlanziではバッテリーカバーに三脚ネジ穴とコールドシューが付いているG9-6が販売されています。
他のガジェットをGoPro本体にそのまま取り付けたい方はこちらもおすすめです。

ココがポイント

充電を簡便にスマートにしたい人、ビデオライトなどを直接取り付けたい人

【高い利便性】左側の充電インターフェースから、カバーを外さずにGoPro9を充電することができます。※Ulanzi バッテリーカバーを使用する場合は、GoPro9のオリジナルバッテリーカバーを外してください。【軽量】重量2gと羽のように軽いです
バッテリーがドアで安全に覆われている間に充電ポートへのアクセスを提供し、非常に便利です。タイムラプスやビデオの録画などの連続撮影に最適です。

おすすめ5.Ulanzi G9-4 多機能マウント保護ケース

Ulanzi G9-4 多機能マウント保護ケース

GoProと他の機材をスマートにマウントさせたいと考え購入したのが、保護ケースのような形状をしているUlanzi G9-4です。

こちらはGoPro本体のバッテリーカバーを外した後に、保護ケースの開閉部からそのまま差し込むことでGoProを格納できます。

Ulanzi G9-4 多機能マウント保護ケース 格納の仕方

ポイント

バッテリーカバーを先に紹介したUlanzi G9-3に変えて運用していれば、純正のカバーと比べて取り外しの手間も少なくなるのでおすすめです。

Ulanzi G9-4は多機能な点がポイントです。

Ulanzi G9-4 多機能マウント保護ケース コールドシュースロット

下部には備え付きマウントアダプターがあり、上部には2つコールドシューマウントがついています。

Ulanzi G9-4 多機能マウント保護ケース 外観

またGoPro純正の外部マイクアダプターも差し込めるホルダーがあり、さらに52mmフィルターホルダーが装着されているのでNDフィルターやPLフィルターなどをGoProで使うこともできます

Ulanzi G9-4 多機能マウント保護ケース パーツ取り外し後

コールドシューやフィルターホルダーは取り外してスマートにもできます!

事前によく利用する三脚などの機材にG9-4を装着しておくことで、GoPro本体の装着の手間も減らしたうえで本格的な撮影にも対応できるようになります。

ココがポイント

様々なカメラガジェットをGoProに取り付けたい人

「多機能」:フラッシュまたはマイクを固定する二つホットシューブラケットが上部にあります。調整可能です。レンズ保護カバーと52 mmフィルターホルダーが付属しています。52mm NDまたはCPLフィルターを取り付けることができます。

おすすめ6.ULANZI GP-4クイックリリース三脚マウントベース

ULANZI GP-4クイックリリース三脚マウントベース

GoPro本体と三脚や自撮り棒、その他のマウントとの装着を簡単に素早くできるようにするのがULANZI GP-4クイックリリースです。

GoProを使った撮影方法はそのまま本体を手で持つだけではありません。
自撮り棒や三脚をはじめ、車や自転車に取り付けたり、ヘルメットやネックストラップ、バックパックのショルダーストラップに取り付けたりと装着方法は多岐に渡ります

装着マウントを変更したい場合には、ネジを外しアダプターを取り換えるとめんどくさい作業が必要になりますが、このクイックリリースを使いたい三脚などに事前に装着しておくことで脱着がワンタッチになります。

ULANZI GP-4クイックリリース三脚マウントベース 取り付け

ポイント

クイックリリース同士の装着は取り付けて回してロックするのみ。
中にはマグネットがついているのでガッチリと装着されます。

セット内容としてGoPro本体に取り付けるマウントと、1/4ネジ穴アダプターGoProアダプターの3つがついてきます。

クイックリリースを導入することでGoProと各マウントに対しての脱着のストレスが驚くほど軽減されるので、利用したい三脚などの数に合わせた複数購入もGoodです。

ULANZI GP-4クイックリリース三脚マウントベース

自分はGoPro用の三脚としてUlanziのMT-08に1/4ネジ穴アダプターを装着しました。
ポールの長さも伸ばすことができ、手持ちの自撮り棒としても使えるのでおすすめです。

Ulanzi MT-08の詳細については下記記事でまとめています。

Ulanzi MT-08 自撮り棒になるミニ三脚
Ulanzi MT-08 レビュー | 自撮り棒になる!スマホにおすすめのミニ三脚

三脚は一眼レフ用の大きいものから、マンフロットのPIXIを代表とするテーブル三脚と小さいものまで何本か所有していますが、「自撮り棒としても使える三脚なんて便利じゃない??」ってことで見つけたUlanz ...

続きを見る

ココがポイント

いろいろなマウントを使って撮影したい人、脱着の手間を減らしたい人

1/4スレッド三脚マウントアダプター:ユニバーサル1/4ネジ三脚一脚バッテリーハンドルグリップ拡張ポールスティックと互換性があります。ユニバーサルアクションカメラマウント:アクションカム三脚Gopro Shortyに対応

おすすめ7.GoPro ネックレス式マウント

GoPro ネックレス式マウント

VLOGなどで使える自分視点の映像を手ぶらで撮れる便利なアクセサリーが首掛け式のネックレス型マウントです。

GoPro ネックレス式マウント 取り外し方

ボタンを押すことでリングの片方部分のロックが外れ、簡単に首に装着することができます。
また軽量な作りなのでマウント自体の重さもあまり感じません。

GoPro ネックレス式マウント 伸縮

GoPro装着部分の長さを2段階に調整することが可能で、さらに延長アダプターなどのパーツも付属されていることから、正面、逆さ、横向きと様々なパターンでGoProを固定できます。

ポイント

スマホホルダーも付属されているのでスマホ撮影でも使えます。

GoProは手振れ補正や水平維持も強力なことから首掛けのマウントには最適で、歩きながらでも両手を自由に使った撮影が問題なくできます

首掛けだと撮影してる感も少ないのが良い点です

GoPro ネックレス式マウント各種アクセサリー組み合わせ

個人的には先に紹介したUlanziの多機能マウント保護ケースクイックリリースはまさにこのネックレス型マウントのために購入しました。

これを組み合わせることで、首掛けしたい時、手持ち撮影したい時、GoPro本体だけ持ち歩きたい時、それぞれ手間なく切り替えれるようになりました。

GoPro ネックレス式マウント 装着イメージ

この組み合わせは実際に使ってみたら本当に便利でした、おすすめ!

ココがポイント

両手を自由にした撮影がしたい人

適用機種:gopro Osmo Actionスマートフォンやその他の屋外スポーツカメラ。 製品付属品:首輪ホルダーX 1スマートフォンクリップX 1、回転継手X 1、長ネジX 1短ネジX 1。ネジレンチX 1

まとめ

GoProHERO10 一緒に購入したいアクセサリー7選

アクションカムのGoPro HERO10を購入したら一緒に揃えたいアクセサリーについてレビューを交え紹介しました。

GoProにはサードパーティー製で様々なアクセサリーが販売されていますが、これらを自分の使い方に合わせてガジェットと組み合わせることで便利にカスタマイズできます。

ポイント

特に装着面を簡単にすることで利便性がグッと上がるので、「これを組み合わせたら使えそうだな?」と考えるのが大事だと言えます。

また改めてにはなりますが、GoPro HERO10はHERO9と外観上は同じ仕様になっているので、基本的にHERO9のものを揃えても問題ないかと思います。

是非自分にあったGoProアクセサリーを揃えて動画の撮影がしやすい装備を整えていきましょう。

【GP2革新的なプロセッサー】Faster. Smoother. Better. パワフルな新しいGP2エンジンによって、撮影性能が大幅に向上しています。機敏なタッチコントロール、2倍のフレームレートによる驚くほど滑らかなビデオを実現できる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
GoProHERO10 一緒に購入したいアクセサリー7選

GoPro 撮影機材

2021/10/13

GoPro HERO10を便利に使うおすすめアクセサリー 7選

2021年の9月に新しく販売された新機種のアクションカムGoPro HERO10を購入しました。 GoPro Hero10は見た目や形状は前モデルのHERO9と変わりませんが、搭載されているプロセッサーがHERO6からHERO9まではGP1だったのに対して、HERO10ではGP2になり大幅にバージョンアップされました。 これにより各種操作がいままで以上にスムーズになり、記録解像度も向上され、手振れ補正機能HyperSmoothも第4世代になりさらに強力になったりと、様々な点で使いやすくパワーアップされたG ...

この記事を読む

ZV-E10 動画用VLOGカメラで使いたいAPS-Cレンズ 7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/6

ZV-E10 ソニーの動画用VLOGカメラで使いたいAPS-Cレンズ 7選

ソニーから販売されたVLOG用カメラZV-E10は、動画が撮りやすいように設計されているAPS-C型のミラーレス一眼レフです。 Youtube撮影に最適なVLOG用カメラとしては、同じソニーから先に発売されたコンデジ「ZV-1」がありますが、これと比較した場合に何より大きな違いはレンズの交換ができることです。 レンズ交換ができることによって広角、望遠などと撮りたいイメージに合わせてレンズを選択できます! 今回はZV-E10で動画を撮影するうえで揃えておくと便利なおすすめのAPS-CのEマウントレンズを紹介 ...

この記事を読む

ZV-E10を購入してから最初にやるべきカメラ本体の設定・準備

ZV-E10 撮影機材

2021/10/15

ZV-E10の購入後に最初にやるべき準備と設定・便利な使い方

「そろそろ動画もがっつり撮っていきたいなー」と思いソニーのVLOGカメラZV-E10を新しく購入しました。 思わず発売日に衝動買いしてしまったミラーレス一眼のカメラでしたが、実際に使って見ると機能や操作的な面が動画用にカスタマイズされているのもあり使い勝手がよく、あまり動画はガッツリやってきてない自分が「これからの動画撮影が楽しみだ!」と思わせてくれるものとなりました。 ZV-E10の動画カメラとしての魅力は下記記事にてまとめています 今回はそんなZV-E10を実際に購入してから撮影前に準備した内容と、使 ...

この記事を読む

ZV-E10 おすすめのアクセサリー7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/6

ZV-E10と一緒に買うと幸せになれるおすすめアクセサリー7選

ソニーからAPS-Cミラーレス一眼レフのVLOGカメラZV-E10が販売されました。 a6400シリーズのカメラを動画向けにカスタマイズされたもので、先に発売されたコンデジタイプのVLOG用カメラZV-1のコンセプトをミラーレス用にしたものとなります。 レンズ交換も可能なところから撮影用途に合わせての応用も効き、軽量・コンパクトでしかも安いと、クオリティーの高い動画撮影やYoutube投稿をしたい人にとっておすすめのカメラといえます。 ZV-E10は発売日に購入しました!詳細の魅力は下の記事で紹介していま ...

この記事を読む

VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10

ZV-E10 撮影機材

2021/10/6

ZV-E10 レビュー | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいなぁ!」と考えていた自分は発表の情報を聞き販売日前にソニーストアで予約しました。 予約して販売日に購入したカメラははじめてです! 今回この記事では自分がつい衝動買いしてしまったZV-E10の機能的なメリットや性能のレビューも合わせて、Youtube撮影などのVLOG動画撮影おいておすすめなポイントを7つご紹介し ...

この記事を読む

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ

カメラ関連情報 撮影機材

2021/10/15

【まとめ】カメラや写真・動画の撮影機材のおすすめ記事

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がってます。 趣味に関連するものはつい物欲が増しちゃいますねぇ 今回はそんな凝り性の自分が購入してきたカメラ関連のガジェットやアクセサリーの紹介を中心に、撮影の方法やAdobe編集ソフトの使い方や、写真や動画に関連する内容など、いままで本ブログでまとめてきた記事をジャンルに分けてご紹介します。 目次 一眼レフカメラ ...

この記事を読む

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ

Oculus Quest VR

2021/9/21

【まとめ】OculusQuest2を完全攻略!おすすめ記事11選

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「OculusQuest2でもっと楽しみたい」と思っている本体をすでに持っている方から、「気になっているけどどういうVRゴーグルなの?」といま購入を考えている人まで満足できるコンテンツばかりです。 実際に使って試してみたレビューばかりなので気になる記事をみつけたらリンク先で詳細をチェックしてみてください。 目次 ...

この記事を読む

OculusQuest2 ヘッドストラップを徹底比較

Oculus Quest VR

2021/8/16

【OculusQuest2】ヘッドストラップを徹底比較!エリートストラップと非純正品を比べてみた

VRゴーグル、OculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 高性能なパソコンなども必要なくゴーグル単体でVR体験ができることからVRゴーグルの中でいま話題の人気モデルです。 販売価格も3万円代とバーチャル体験のクオリティーを考えるとコスパにも優れているOculusQuest2ですが、さらに没入感の高い高品質なVR体験をするうえで大事な要素がゴーグルのヘッドストラップです。 OculusQuest2のヘッドストラップは付け替えが可能となっており、純正品ではエリートストラップ(Eliteストラップ)があ ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-GoPro, 撮影機材
-, , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.