AD200 撮影機材

Godox EC200 | AD200のストロボを延長できる屋外ライティングでのおすすめアクセサリ

Godox EC200

大光量なのにコンパクト、持ち運びのしやすさも魅力の人気ストロボGodox Ad200

このGodoxAD200は専用アクセサリも多く発売されていますが、その中でもこれだけは必ず一緒に買ったほうがいいアイテムとして発光部分を延長できるGodox EC200があります。

使い勝手のよいストロボを探してる方や、GodoxAD200を買おうとしている方。すでにAD200だけはもっている方を対象に、GodoxAD200がさらに便利に使いやすくなる専用アクセサリ Godox EC200を紹介いたします。

GodoxAD200ってどんなストロボ?

Godox AD200

Godox AD200は中国の新興メーカーのGodoxが販売しているモノブロックストロボです。

200wで大容量のリチウムイオンバッテリーなことから500枚以上のフル発光を使うことができ、チャージ時間も約0.01-2.1秒と高速。パワーが必要な日中シンクロなどでも気兼ねなく使うことができます。

大光量ながら大きさもストロボで標準的なガイドナンバー60系とあまり変わらず持ち運びにも適しています

Godox AD200とTT600のサイズ比較

ポイント

カメラバッグに収納しやすいサイズと形状!

またCanon、Nikon、Sony、どのメーカーの一眼レフ・ミラーレス一眼のカメラでも使うことができ、さらに純正のストロボより比較しても安価でコストパフォーマンスにも優れています

専用アクセサリを使うことで様々な光を作ることができる対応力の広さから、ポートレートやコスプレなどの人物写真を撮る方を中心に人気が高いストロボです。

こちらAD200に関しては個別に記事をまとめていますのでこちらもご覧ください。

ストロボはこれで決まり!ポトレやコス撮影におすすめのストロボ Godox AD200
【Godox】ストロボはAD200で決まり!ポトレやコス撮影でおすすめの携帯性抜群なモノブロックストロボ【レビュー】

ポトレやコスプレなどの人物撮りの写真に力を入れようとした際に、まずは整えるアイテムの筆頭にストロボがあります。 Sonyのα7Ⅲに買い換えた際に使えるストロボがなかったのもあり、最初はGodoxの入門 ...

続きを見る

Godox EC200でAD200の発光するヘッド部分を延長!

Godox EC200 本体

Godox EC200は簡単に説明するとAD200専用のヘッド部分を分離できる延長ケーブルです。

AD200は発光するヘッド部分をスピードライトヘッド、フラッシュチューブヘッドと光の質に合わせて自由に取り替えることができますが、その部分にEC200を仲介させることで、発光部分を有線で2m延長でき軽量にした状態で光源を自由にセッティングすることができます。

Godox EC200 分離

ポイント

EC200部分に発光するヘッドを取り付けます

延長したEC200側のヘッド部分はホットシューに取り付け可能となっており、標準的な1/4インチのネジ穴もついているので様々な三脚などに固定することができます。

Godox EC200 ホットシュー

またヘッド部分の角度を調整できるようになっています。

Godox EC200 角度調整ボタン

三脚などに固定した際に簡単に光の向きを変更できます。これは素敵ポイント!

2M長さの延長ケーブルオフカメラフラッシュライトヘッドは、簡単に屋外でフラッシュヘッドを保持することができます。Godox EC200は、カメラの上または横のブラケットに取り付けられます。 AD200裸球ヘッドとスピードライトヘッドの機能により完全に互換性があります。

EC200でAD200のこんな悩みを解決

こんな方におすすめ

  • AD200本体をライトスタンドにつけるとヘッド部分が重くなりバランスが悪い
  • ライトスタンドが転倒した時にAD200を壊さないか心配
  • 軽量のポケット三脚につけると重量により倒れる
  • 手持ち撮影するときに重い
  • 水辺の撮影や雨でストロボを守りたい

EC200を取り付ける大きなメリットとしては、ライトスタンドに取り付ける際の重量バランスを向上です。

ストロボのAD200はサイズは比較的コンパクトですが重量が560gと軽くはない重さになるので、ライトスタンドに取り付けると上部が重くなり転倒する可能性があります。風の影響がある屋外撮影だと特にですね。

また使っているライトスタンドが軽量なものになればその影響は特に現れます。

高い位置にストロボを固定し転倒した際には勿論壊れる可能性が高くなるので、出来るだけ故障の危険性を少なくしたいというのが人情でしょう。(自分がまさにコレです)

EC200を取り付けることで、ライトスタンドのヘッド部分を軽くすることができます

Godox EC200 ライトスタンド

またAD200の本体をライトスタンドの下部に固定し重量を移すことでライトスタンドがグッと倒れにくくなります。

実際に使ってみるとこの恩恵はかなりデカいです。

また水濡れ対策も発光部分が分離することで濡れると問題が大きいAD200本体のカバーがしやすくなるので雨や水辺での撮影もやりやすくなります。

ライトスタンドにAD200を固定する際におすすめのアイテム

FOMITO 収納ケース 収納ポーチ AD200専用

FOMITO AD200用 収納ケース

AD200の収納ポーチとしてこちらのケースがあると便利です。
専用のケースになっているのでボタン周りもくり抜き処理がされており収納している状態で操作することができます。EC200を装着してても問題なく使えます

このケースが便利な点としては、背面がマジックテープで止めれるようになっているので簡単にライトスタンドに巻きつけることができます

FOMITO AD200用 収納ケースを使ったライトスタンドの固定

ポイント

ベルトループやカラビナをつけての利用もできます

その他の固定方法としては、ライトスタンドへ取り付けれるクランプのような機材もありますが、こっちのほうがラクだと思い自分はこっちの方法で装着してます。
楽さは正義

同じメーカーでAD200 Pro用のケースは別にあるようです。

ボール止めバンジーコード

ボール止めバンジーコード

FOMITO 収納ケースだけでも固定できますがマジックテープ式な点と固定部分のテープの長さの問題もあり、ライトスタンドの移動中に外れないかちょっと心配になります。

これをさらに固定するのにボール止めバンジーコードがおすすめです。
ちょうど収納ケースにベルトループがあるのでここに巻きつけるとしっかりと固定できます。

ボール止めバンジーコード

ポイント

ホームセンターに安価で売ってます。アイデアひとつで簡単固定!

サイズも小さく他にも何かと役立ってくれるナイスなアイテムなので、カメラバッグにとりあえず放り込んでおきましょう。

EC200でこんな使い方もできちゃいます

EC200にベルボンのウルトラスティック セルフィーなどの自撮り棒を取り付けることで「右手にカメラ、左手にストロボ」なワンオペ撮影のスタイルを軽量な重量で実現できます。

Velbon ULTRA STICK SELFIEとGodoxAD200

AD200だけでも自撮り棒を取り付けれますが重量が560gになるものを腕を伸ばして片手で操るのは筋トレの目的がなければおすすめできません。

ライトスタンドを立てることができない場所での撮影や、移動が多いイベントなどでは特にこのワンオペ撮影スタイルは使えますね。
結婚式の披露宴や2次会などの室内パーティー系で結構活用してます。

AD200の収納の点ではカメラリュックのサイドポケットにでもいれておけば負担なく持ち運び運用することができるでしょう。

GodoxAD200の手持ちストロボスタイル

ポイント

移動中でも気軽にAD200が使える撮り歩きスタイルが実現!

その他ベルボンのウルトラスティック セルフィーの使い勝手の良さは下記記事で紹介してます。

まとめ

Godox EC200とAD200

Godox EC200があるだけでAD200がかなり便利に使うことができます。

自分もAD200と同じタイミングで購入してから常にEC200はつけっぱなしで使っています。

AD200を活用するのにあたって誰にでも勧める必需品のようなアクセサリなのでAD200の購入を検討されている方は是非一緒に買って使ってみてください。

2M長さの延長ケーブルオフカメラフラッシュライトヘッドは、簡単に屋外でフラッシュヘッドを保持することができます。Godox EC200は、カメラの上または横のブラケットに取り付けられます。 AD200裸球ヘッドとスピードライトヘッドの機能により完全に互換性があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな男です。最近は動画の編集も勉強中。興味があることはなんでも試してみたくなる人。当サイトではそんな管理人がクリエイティブに関する情報をお届けいたします。

-AD200, 撮影機材
-, , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.