OsmoPocket

OsmoPocketユーザー必須!? コントローラホイールでレンズを自由に動かす使い方

OsmoPocket コントローラーホイール

小型な手のひらサイズでジンバル内蔵のビデオカメラ DJIのOsmoPocket(オズモポケット)

手ブレもなくスムーズな動画撮影がおこなえることからVlogなどの外での歩き撮影には最適な機材の1つと言えます。

今回はそんなOsmoPocketでのVlog撮影をさらにサポートする専用アクセサリーのコントローラーホイールをご紹介します。

コントローラーホイールはDJI Pocket2にも装着可能!

OsmoPockeの新型のDJI Pocket2にもコントローラーホイールは装着可能です。DJI Pocket2に付属しているホイールより機能も多くサイズも大きいので使いやすいのが魅力です。

正確なジンバル制御。ジンバルモードを素早く切り替え。サイズ: 44.9 × 30.5 × 22.7 mm。重量:9.7 g。

融通がきかないジンバルの操作がコントローラホイールで自由自在に!

DJI OsmoPocket コントローラーホイール

OsmoPocketに備わっているジンバルとは水平を保ったり上下左右の揺れを吸収することができる機能
です。

内蔵されたジャイロの効果で手持ちでは考えられないブレのないスムーズな撮影が可能です。

しかし逆に機械的なジャイロに従った制御がされることから、上下・左右の方向と撮影者が撮りたいものにカメラの向きを合わせるのがちょっと特徴的で難しいのです

例えば街撮りの最中に空を写したいとおもってカメラを上に向けても水平を維持しようとし上手く動かない、みたいな感じですね。

視点移動しやすい撮影モードにしていても、空や地面を映そうとすると手首をかなりひねった角度にする必要があったりします。

それらの動作を自由に制御できるようにするのがOsmo Pocketの専用アクセサリであるコントローラホイールです。

コントローラーホイールをユニバーサルポートに接続

ポイント

軽量でシンプルなオプション。重量は9.7g。
OsmoPocketのユニバーサルポートに接続するだけですぐに利用可能。

正確なジンバル制御。ジンバルモードを素早く切り替え。サイズ: 44.9 × 30.5 × 22.7 mm。重量:9.7 g。

上下・左右のジンバル操作が直感的にやりやすくなる!

コントローラーホイールは名前の通り上下に回せるホイールがついており、ホイールを操作することでOsmoPocket本体を動かさずにカメラ向きの上下操作がおこなえます

ホイールを回して操作

ポイント

ホイールをまわすだけの直感的な操作でカメラの向きを変更!

ホイールの下にあるスイッチの切り替えでカメラの稼働方向が上下から左右の移動に変更されます。

上下左右の操作を2つ同時におこなうことはできないのはちょっと残念。

コントローラーホイールを使わない場合、上下の移動はOsmoPocket本体の小さな液晶の端っこをスワイプしないとできません。これがなかなかにやりにくい。

ですが、コントローラーホイールがあれば歩きながら画面を見なくても親指だけで操作できます。

自由度ではかなりの大きな差です。実際使ってみるとほんと楽ですよ、コレ。

コントローラーホイールはDJI Pocket2にも装着可能!

OsmoPockeの新型のDJI Pocket2にもコントローラーホイールは装着可能です。DJI Pocket2に付属しているホイールより機能も多くサイズも大きいので使いやすいのが魅力です。

手にすっぽり収まるDJI Pocket 2は、鞄やポケットに収納して、どこにでも持ち運べます。旅先や日常で、何気なく目に留まったものでも、Pocket 2があれば、すぐに撮影できます。

ボタンひとつでカメラ反転操作・ジンバルモード切り替えができて簡単

コントローラーホイールには2つのボタンがついていますがこれがなかなかに使い勝手が良し。

・左のボタン:ジンバルの撮影モード(チルト固定・フォロー・FPV)を変更。
・右のボタン:通常撮影、自撮り撮影のモード変更。長押しで撮影モードをチルト固定。

液晶の操作でも変更できる部分ですが、やっぱり物理ボタンでの操作変更は簡単でGood

また右のボタンを押し続けてる間だけのチルト固定に変更は、コントローラーホイールがないと使えない機能だったりします。

これ、案外知らない方も多い機能ですが、歩いている最中だけ固定にしたい時など、いざ使ってみると結構便利です。

コントローラーホイールの装着時では持ち運びには少し難あり?

コントローラーホイールはOsmoPocketno操作性がグッとあがるナイスなアイテムですが、OsmoPocketのウリは持ち運びに優れたポケットに入る超小型なジンバルカメラという点です。

ですので携帯性は大事な部分ですが、残念ながらコントローラーホイールをつけた状態では本体を買った際に同封されているケースに収納できません。

コントローラーホイール付きだと収納できない

参考

残念ながらちょっと引っかかる…。

持ち運びの際にはケース収納時に取り外すか、別途サードパーティで販売されているカメラ部分を保護するカバータイプに変更するといいですね。

ジンバルプロテクターを装着

ポイント

一番保護したいジンバル部分のみを保護するプロテクター。ポケットにいれるならこれが一番かな?

【対応機種】DJI OSMO POCKET パン・チルト用 保護カバーです。【高品質】ポリカーボネート素材のハードケースので、耐衝撃で、さらに高い保護力を発揮します。

他のOsmoPocketアクセサリとの組み合わせ例

カメラ部分を保護するカバータイプとの組み合わせをお話しましたが、実際の撮影運用にあたってその他のアクセサリと組み合わせた場合どうなるのかを少し紹介します。

Ulanzi 多機能 拡張ケース

DJI OSMO POCKET VLOGマイク拡張ケース+ミニ三脚。マイク接続の問題を解決できます。スナップオンロックで、取付、分解がより便利で早くなります。3つの標準GoProインターフェースアダプター付き、GoPro設備に接続可能になります。

OsmoPocketのアクセサリを数多く販売しているUlanziの拡張ケースです。

他のアクセサリーと接続できるマウント部分が多く、三脚や自撮り棒、外部マイクやビデオライトなどを使う際には便利なケースではありますが、残念ながらこちらの拡張ケース利用時にはコントローラーホイールを取り付けることができません。

Ulanzi 多機能 拡張ケースとコントローラーホイール

参考

若干はいりそうなスペースがあって「おお…?」となったけども、微妙に上部が引っかかる…。

ただ調べてみるとケースの引っかかる部分を自分で削り使えるようにしている人もいたのでここは要カスタマイズですね。

DJI OSMO POCKET用 シリコンケース+ネックストラップ

対応機種:DJI OSMO POCKETジンバル専用のシリコンケースです。カラー:ブラック ※OSMO POCKET本体などは付属しておりません。耐久性と弾力性のあるシリコン素材で作られています、衝撃からDJI Osmo pocket本体をしっかり保護します。防塵、耐衝撃性や汚れを防ぐこと等に優れています。

自分もまだ購入していないアクセサリではありますが、こちらのケースを利用すればコントローラーホイールをOsmoPocketにつけた状態で収納できます。自分もいつか買おう、うん。

USB-C & USB-C ケーブル

高耐久プレミアムUSB-C & USB-C ケーブル。便利なフェルトポーチ付き

コントローラーホイールを取り付ける場所は、OsmoPocketとスマートフォンを接続するために使うユニバーサルポートになります。

それによりスマートフォンと接続する専用アプリのDJI Mimoを使う場合はコントローラーホイールを外す必要があるように思えます。

しかし実はOsmoPocket下部にあるUSB-Cのポートを使ってもスマートフォンとの接続が可能です。

USB-C & USB-C

最近のAndroidの場合はUSB-C &USB-Cのケーブル、iOSの場合はUSB-C & Lightningのケーブルを準備することでコントローラーホイールを使いながらでもDji Mimoのアプリを利用できます。

まとめ

DJI OsmoPocketとコンローラーホイール

コントローラーホイールはOsmoPocket本体を買ってしばらくしてからゲットしたアクセサリーになりますが、撮影のしやすさは格段にあがります。

OsmoPocketの歩き撮りでは必須レベルの便利アイテムと言えます。

コントローラーホイールと合わせて、気軽に手ブレしない動画撮影ができるOsmoPocketをポケットにいれて休日に撮影にでかけてみてはいかがでしょうか。

正確なジンバル制御。ジンバルモードを素早く切り替え。サイズ: 44.9 × 30.5 × 22.7 mm。重量:9.7 g。
手にすっぽり収まるDJI Pocket 2は、鞄やポケットに収納して、どこにでも持ち運べます。旅先や日常で、何気なく目に留まったものでも、Pocket 2があれば、すぐに撮影できます。

<div class="graybox">

OsmoPocketについて書いた記事たち


</div>

<div class="graybox">

アクションカメラ、GoPro HERO10もやはりおすすめ!購入しました!

</div>

<div class="graybox">

peakdesignのフィールドポーチは小型のカメラバッグに最適!

</div>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるフルサイズ魚眼レンズ

レンズ

2022/5/25

TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるミラーレス対応の魚眼レンズ

風景などの自然をダイナミックに撮影するのに使えるのが超広角レンズです。 その中でも得に広い範囲を撮影でき、特徴的な写真が撮れるのが魚眼レンズです。 「何か良い広角レンズないかなぁ」と探している時に見つけたのが、ソニーのα7IIIをはじめ様々なミラーレスカメラで装着できるフルサイズ対応な単焦点の魚眼レンズ、TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDです。 今回はレンズながらあまりの格安さでつい衝動買いしてしまったTTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDについて作例を交え ...

この記事を読む

Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

アウトドア

2022/5/9

すぐ冷えて長時間つかえる! Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

車中泊やキャンプであると便利な家電、それが持ち運びできるコンパクトな冷蔵庫です。 持ち運びができるポータブル冷蔵庫も大容量のポータブル電源がメジャーになってきたことで、キャンピングカーのみならずアウトドアを趣味としている方の車にも搭載しやすくなりました。 ポイント 自分も少し大きめのポータブル冷蔵庫を使ったりしています。 他にも小型のペルチェ式の冷蔵庫も持っていたりします。 しかし所有しているポータブル冷蔵庫は気軽に使う点では大きく、ペルチェ式のものは中々冷えず電力が大きいのもあり「コンパクトで使いやすい ...

この記事を読む

WiMAX 5GのモバイルWi-Fiを契約した6つの魅力

便利グッズ

2022/4/12

WiMAX 5G モバイルWi-Fiを乗り換えても契約すべき6つの魅力

パソコン仕事でカフェや喫茶店などでノマドワークをする自分のようなフリーランスで重要なガジェットの1つがモバイルWi-Fiです。 いままではWiMAX 2+を家電量販店のエディオンで経由で契約して2年ほど利用してました。 ポイント 話を聞きに行った流れとエディオンカードによる割引があったので、珍しくネットで比較せずそのまま即決した思い出です。 そんなある日にエディオンから条件の良い、5Gの高速通信が可能の新しい端末への乗り換えプランの案内がありました。 製品説明を聞きにいきましたが、思いのほか新しいWiMA ...

この記事を読む

Amazonスマートプラグ

Amazon

2022/5/1

Amazonスマートプラグ | 普通の家電をスマート家電にするおすすめの使い方

自分は音声入力を可能とするAIスピーカー「Amazon Echo(エコー)」を自室に置いて音楽再生機器として使っています。 その他にもタブレットのFire HD10をスマートディスプレイとして使ったり、Echo Autoを導入して車内でもアレクサを使えるようにして音楽を楽しんでます。 すっかりAmazonさんにライフスタイルの大部分を握られてますね(笑 その他でも率先的にAmazonのサービスを使っているのもあり、「家の中の家電もアレクサで音声制御したいな!」と唐突に思い、試しに購入したのがAmazonス ...

この記事を読む

TourBox Elite

PC周辺機器

2022/3/29

TourBox Elite レビュー | 編集作業をぐっと効率化させる左手用ガジェット

PhotoshopやPremiere Proなどの写真編集、動画編集ソフトを使う際に「なにか効率化できる方法ないかなぁ」とよく考えてしまいます。 Adobeなどの高性能なソフトはツールが多くて覚えきれない、ショートカットキーが使いこなせない、操作の切り替えでマウス移動が多いなどの問題がありますね。 ポイント 作業効率の向上は仕事でも趣味でも大事なポイントなのでよく研究してます。 ショートカットの有効活用ではロジクールのマウス、MX ERGOも以前導入しました。 「その他にも何か方法がないかな」と探している ...

この記事を読む

USKEYVISION WLZ10

レンズ

2022/3/24

ソニーAPS-Cユーザー必見!ZV-E10キットレンズを超広角レンズにする方法

ソニーのAPS-C用Vlogカメラ「ZV-E10」をキットレンズで購入し、しばらく使ったうえで求めたものの1つが「広角レンズが欲しい!」でした。 キットレンズのSELP1650の焦点距離は16mm-50mmと、35mm換算で24mm-75mmと使いやすい標準ズームレンズです。 またレンズ内手振れ補正機能のOSSが搭載で116gと軽量とZV-E10やα6600で使いやすいVlogカメラ向きのレンズではありますが、Vlog動画で自撮りをする際には24mmでは少し狭さを感じます。 特に動画撮影時には写真より映る ...

この記事を読む

モーションエレメンツ

編集方法

2022/5/1

モーションエレメンツの使い方 | 評判の高い映像素材 おすすめ定額サービス

動画制作やWebサイト制作、デザイン制作において、あればあるほど嬉しいのが編集の元となる「素材」です。 一般的にデザイン素材と言うと写真やイラストなどの画像が思い当たるところだと思います。 有名所でいうとPOPなキャラが評判な、いらすと屋さんですね それに加えYoutubeなど動画コンテンツが主流にもなってきたことで、動画素材、BGM、効果音など動画に関連する素材の需要も高まっています。 しかしこれらの素材でクオリティの高いものを無料で探すのはなかなか難易度が高いのが現実です。 ポイント 無料は種類が多く ...

この記事を読む

Zhiyun CRANE M3

動画機材

2022/3/20

Zhiyun CRANE M3 レビュー | フルサイズ一眼も乗せれる小型ジンバル

移動しながらでもブレの少ない映像を撮影できるガジェットが手振れを抑えるジンバルです。 自分は今までジンバル内蔵型の小型カメラOsmoPocketや、RX100などの小型のコンデジが向いているZhiyun Crane Mを使い動画撮影してましたが、普段ミラーレスカメラで写真を撮影している身としては日に日にミラーレスカメラで映像も撮影したくなりました。 それもあり動画用のミラーレスカメラとしてソニーのVLOGカメラ ZV-E10を購入しました そこで「ミラーレスカメラのジンバルで何かいいものないかな?」と探し ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-OsmoPocket
-, , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.