【広告・PR】当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

Adobe

Adobe CCが誰でも学割!アドビのコンプリートプランを学生割引で使う方法

Adobe Creative Cloudを大幅割引のお得な価格で使う方法

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブクラウド)、通称Adobe CC
イラストを書く人や写真を編集する人、動画を制作する人には必要不可欠なサービスです。

ただこのAdobe CC、結構高くないですか?

Adobe CCは買い切りではなく、常に最新版が使える月額または年額課金性のサービスとなり、Photoshop、Premiere、Illustratorなどのアドビソフトが全部使えるコンプリートプランは5,680円/月(税別)になります。

必須なサービスだけあってしょうがない気持ちもありますが月で6,000円相当の費用は少し痛いところです。

しかしこのAdobe CCのコンプリートプランを違法ではない方法で毎回大幅な割引価格で使えてしかもソフトの学習プランもついてくると聞いたらどうでしょう、興味がわきませんか?

今回はAdobeの編集ソフトを使っている、または今後使っていきたい人は、知らないと損をするデジタルハリウッド、通称デジハリを使ったAdobe CC コンプリートプランを誰でも学割なお得な割引価格で使う方法をご紹介します。

結構価格が高い!Adobe CC コンプリートプランの一般的な価格

Adobe Creative Cloud

Adobe CCはクラウド型サービスで、サービスに課金することでPhotoshopやIllstratorをはじめとしたアドビが提供している20種類以上あるクリエイティブ系のソフトを利用できるようになります。

Adobeのソフトはクリエイターにとって無いと困りまくるので必要経費ですねぇ。

プランは大きくわけて、すべてのアプリを利用できるコンプリートプラン、写真関連のソフトを利用できるフォトプラン、各種ソフトの単体プランの3つがあり、それぞれ月額払いと年間一括払いがあります。

個人で利用できるプラン料金と内容は下記の通りです。

プラン名 コンプリートプラン フォトプラン 単体プラン
使用ソフト Photoshop / Illustrator / InDesign / Adobe XD
Lightroom / Acrobat Pro / Animate / Dreamweaver / Premiere Pro / Premiere Rush / After Effects / Dimension / Audition / InCopy / Lightroom Classic / Media Encoder / Character Animator / Prelude / Fuse / Bridge
Lightroom / Lightroom Classic / Photoshop コンプリートプラン内のソフト1つ
クラウドストレージ 100GB 20GB 100GB
年間プラン(月々払い) 5,680円/月(税別) 980円/月(税別) 2,480円/月(税別)
年間プラン(一括払い) 65,760円/年(税別) 11,760円/年(税別) 26.160円/年(税別)
月々プラン 8,980円/月(税別) - 3,480円/月(税別)

※単体プランの価格はIllustratorやPremiereなどの主要ソフト

プランによって大きく違うのは使えるソフトの種類です。

Adobe Creative Cloudで使えるソフト

PhotoshopやLightroomだけを使いたい場合はフォトプランがおすすめですが、フォトプランには無いソフトを使いたい場合はコンプリートプラン一択といっても過言ではありません。

また月々払いのプランもありますが、年間プランでは割引された価格が適用されるので推奨は年間プランです。

そしてどっちみち年間契約になるならば、月割計算だと5,480円(税別)とさらに割引になる一括払いのプランのほうがお得ですね。

割引率が高い!Adobe CC コンプリートプランの学割価格

Adobe Creative Cloud 学生・教職員向けプラン

Adobe CCには学生・教職員なら最大65%の大幅割引が受けれる「学割」があります。

一般のアドビの個人版コンプリートプランと全く同じ内容でソフトやクラウドサービスを使うことができます。

コンプリートプラン学生・教職員版

1,980円/月(税別)
※次年度以降は2,980円/月(税別)での利用。

一般価格と比較すると月額3,500円以上も安くなる計算に!

しかし学割サービスはもちろん学生が対象になります。
購入時には購入資格の証明や資格証明書類の提出が必要で高校、大学、専門学校等に所属していないと基本的に学割による割引を適用することができません。

それじゃあ意味がない情報じゃないかとお思いかもしれませんが、この学生プランの価格をベースに大幅な割引価格でAdobe CCを利用できるオンラインスクールと言う方法があります。

オンラインスクール デジタルハリウッド【デジハリONLINE】ってどういうサービス?

デジタルハリウッド デジハリONLINE

デジタルハリウッドは約20年間ほどの教育ノウハウが蓄積されている有名なWeb・ITのスクールです。

このデジタルハリウッドがデジハリONLINEと言う名称の通信講座として、Adobe CCのコンプリートプランをセットにした講座を提供しています。

デジハリONLINEで様々なコースがありますがAdobe Creative Cloudをお得な価格で使う点でおすすめなのがAdobeマスター講座
各種Adobeソフトの基礎を学べるAdobeマスター講座ではAdobe CCのコンプリートプラン1年間の利用料込みでなんと36,346円(税別)と大幅に割引された価格で申し込みできます。

通常価格でのコンプリートプランの年間一括払いが65,760円(税別)なので、約30,000円と半額に迫る割引率です。

さらに通信講座として約46時間のオンライン動画教材が1ヶ月間視聴できたり、デザインのプロによる2ヶ月間の課題添削期間がついてきたりと大幅な割引が適用されているのに加えお得な付加価値がついてきます。

普通にコンプリートプランを契約するのがもったいなくてしょうがないレベル…!

デジハリONLINE Adobeマスター講座はこちら

誰でも学生で学割!デジハリONLINEの講座のお得感

デジハリONLINE Adobeマスター講座

デジタルハリウッドはAdobeが公式で認定しているスクールパートナーです。

デジタルハリウッドが運営しているデジハリONLINEはアドビが指定した通信教育コースなので、誰でも学生として受講者になれます

安いけどもAdobe公式、っていうところが安心ですね

Adobeマスター講座に含まれる内容

デジハリONLINEのAdobeマスター講座では、通常のAdobe CCのコンプリートプランと同じ学生・教職員版のライセンスがセットになっておりAdobeが提供している全ソフトを1年間利用できます。
支払いは一括払いのみなので月割り払いのようには払えません。

またAdobe CCの契約が切れた1年後にも同じAdobeマスター講座を契約すれば更新も可能です。

自分も問題なく2年目の更新も問題なくおこなえました!

ちなみに割引率のお得感ですが、Amazonの1年に1回の一番のセールであるプライムセールより安い価格です。

ポイント

2020年10月のプライムデーではAdobe CCのコンプリートプラン12か月版が通常65,760円のところが42,744円でした。
1年に一回のセールよりもお得!

デジハリのAdobeマスター講座で学べる講習内容

デジハリONLINE プラン内容

Adobeマスター講座の内容は、デジハリONLINEで本格的な講座を受講する前の入門講座の立ち位置的なもので、IllustratorやPhotoshopなどの各アプリケーションの特徴を動画講習を見ながら学習できます。

また動画を見るだけでなく教材素材もダウンロードし課題を動画講習とあわせてこなすことで、実際にソフトを使った実習形式で覚えることができます。
※視聴可能期間は1か月間

学習できるソフト内容

  • Illustrator/Photoshop実習
  • HTML/Dreamweaver実習
  • After Effects/Premiere実習
  • InDesign実習

また実習形式で作成した課題をプロのクリエイターの講師に添削してもらうサービスも付帯しています。

あまり使ったことのないソフトをこれからガッツリ学びたい人にはありがたいですね!
※添削期間2ヶ月間 / 3回まで

ポイント

自分も動画編集のPremiereを実際に学習してみましたが、動画内容もレベルごとにわかれており学びたい講座ごとに選択できるのでわかりやすかったです。

最短10分で完了!デジハリONLINEのAdobeマスター講座の申込み

デジハリONLINE AdobeWebマスター講座 申し込みの流れ

デジハリONLINEのAdobeマスター講座の申し込みはWebで申し込みします。

デジハリONLINE Adobeマスター講座はこちら

Webサイトに移動し、「この講座のお申し込み」をクリックすることで講座のお申込み画面になりますので、Adobeマスター講座の内容を改めて確認したうえでチェックを入れお申込みください。

申し込み後に届くメールに記載の振込先へ料金を支払うことで、受講者IDとAdobe CC コンプリートプランのライセンスがメールで届きます

「すぐにAdobeを使いたい!」そんな時にでもすぐさま契約できるのが良きポイントです。

ポイント

支払い方法はクレジットカード、銀行振り込み、コンビニ決済から選択できます。
スピーディーに使うためにも支払いがすぐ反映されるクレジットカードがおすすめです。

Adobeのインストールの手順や、登録方法なども受講者IDと一緒にくるメール内に詳細が書かれているので順当におこなうことで問題なく利用できます。

まとめ

Adobeクリエイティブクラウドをお得に使う方法

デジハリを利用しAdobe CCコンプリートプランを通常の学生プラン並みの学割価格でお得に使う方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

誰でもAmazonプライムセール以上の割引価格でAdobe CCを利用することができ、しかもAdobeの各種ソフトのオンライン学習もセットでついてくる。
これだけ割引ができお得になるのを知った後では、デジハリONLINEを使わずに一般価格でAdobe CCを利用するのはかなりもったいないです。

Adobe CCのコンプリートプランをお得に使いたい人…正直Adobeソフトを使っている人ならばみんなそんな人だと思うので、デジタルハリウッドを知らなかった方は是非に一度チェックしてみてください。

デジハリONLINE Adobeマスター講座はこちら

AIを活用した写真現像ソフトのLuminar Neoもおすすめです!

Adobe CCを契約すると有名フォントが追加料金なく使えます。使ってない人は必見!

マウスを上手く使うだけでAdobeソフトの作業効率がめちゃくちゃあがりますよ

Adobeソフトで動画編集する方はモーションエレメンツがおすすめ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
MetaQuest3 おすすめアクセサリー

Meta Quest

2024/4/17

これはおすすめ!MetaQuest3と一緒に買ってほしいアクセサリー5選

新型のVRゴーグルMetaQuest3が2023年の10月に新しく発売されました。 従来のQuest2からは基本性能とカメラ機能が大きく向上されたことで、VR(仮想現実)だけではなく、バーチャルな環境を現実に合わせれるMR(複合現実)を楽しめるVRゴーグルとしても使えるようになりました。 ポイント MRはこれからさらに発展する技術な気はしますが、現在でも楽しみ方から、仕事での活用方法などもグっと増えた印象があります。 今回のこの記事ではそんな最新のガジェットであるMetaQuest3をもっと便利に使えるお ...

この記事を読む

Insta360 X3

撮影機材

2024/4/6

Insta360 X3 レビュー 360度撮影が簡単・本格的にできるアクションカメラ

前後左右に上下とその場の風景をまとめて撮影できるカメラに360度カメラがあります。 写真のみならず動画も撮影できるので、その場の空気感をそのまま伝えることができるカメラと言えます。 ポイント 機材としても比較的、目新しいジャンルのものと言えます。 他のカメラでは撮れないものが撮れることから、個人的にはずっと気になっていたジャンルです そんな中で、手持ちで撮影できるコンパクトな360度の動画カメラやアクションカメラを多く手掛けているInsta360さんから、この度オファーを頂き、最新モデルの「Insta36 ...

この記事を読む

オープンイヤー型イヤホン HUAWEI FreeClip

イヤホン

2024/2/26

【比較・レビュー】HUAWEI FreeClip アクセサリーみたいに使えるオープンイヤー型イヤホン

最近流行ってきたのか多くなってきたイヤホンの種類として、耳の穴に入れずに耳に引っかけるオープンイヤー型のタイプがあります。 耳を塞がないので、周囲の音を聴きやすいことから、ランニングなどの運動や街中の移動などにも安全に使える利点があります。 ポイント 自分もオープンイヤー型を日常向けからスポーツ向けと幾つかの種類を使っています。 喫茶店でのテレワークの作業にも活用してますね! それらのイヤホンを愛用している中で、この度HUAWEI(ファーウェイ)さんからアクセサリーのように付けれるオープンイヤー型のワイヤ ...

この記事を読む

SOUNDPEATS GoFree2

イヤホン

2024/2/26

【比較・レビュー】SOUNDPEATS GoFree2 高音質・コスパ良しのオープンイヤーイヤホン

電車での外出時や、カフェでのテレワーク、ジムでの運動中にイヤホンを愛用している、なんて人は多いんじゃないでしょうか。 各言う自分も周りの音を遮断しすぎないオープンイヤー型のイヤホンをよく使っています。 ポイント いまは外出時の作業にはメガネ型スピーカーのHUAWEI Eyewear、 ジムでの筋トレやランニングには首掛け型のSOUNDPEATS RunFreeを使ってます。 いろいろなオープンイヤー型のイヤホンを使い分けている自分ですが、この度SOUNDPEATSさんから23年の11月に発売されたSOUN ...

この記事を読む

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ

AD200 ストロボ

2024/1/8

【比較・レビュー】Godox AD100 Pro 持ち運びに最適な小型ストロボ

自分はストロボを使った撮影はGodoxでまとめており、現在メインのストロボとしてはAD200を使っています。 AD200のアクセサリーも揃えてで満足していたところですが、「多灯ライティングをしたい」「軽く持ち運べるものも欲しい」と思い、AD200を小型化したモノブロックストロボGodox AD100 Proを新しく購入してみました。 今回はそのコンパクトさが魅力なAD100 Proを実際に使いAD200とも比較したうえでレビューをしていきます。 一緒に使うと便利なアクセサリーもご紹介します! 目次 God ...

この記事を読む

Vlogカメラ OsmoPocket3 レビュー

OsmoPocket

2024/1/8

OsmoPocket3 比較・レビュー Vlog最強のジンバルカメラ おすすめな10の理由

DJIのOsmo Pocketシリーズは、手ぶれを抑えるジンバル機能が搭載のVlogカメラです。 このシリーズは2018年に初代Osmo Pocketが登場し、続いて2020年にはDJI Pocket2が発売されました。 Pocket2は特に評判が良く、Vlogや日常生活、旅行の動画撮影におすすめな1台です。 自分は初代のOsmoPocketを愛用してましたが、2は買うタイミングを見逃しました… Pocket2の時点ですでに完成度が非常に高いカメラでしたが、2023年の10月にさらにパワーアップした「DJ ...

この記事を読む

GOOPASS レビュー | コスパ良し!カメラ・レンズ撮影機材のレンタルサブスク

写真サービス

2023/10/14

GOOPASS レビュー | コスパ良し!カメラ・レンズ撮影機材のレンタルサブスク

カメラやレンズ選びで迷ったことはありませんか? 「このレンズが欲しいけど使い勝手はどうなんだろう?」「2つの機材を比較してるけど情報だけだとわからないなぁ…」 そんな悩みを持つ写真愛好家の方に利用してほしいのがカメラ・レンズのレンタルサービスです。 カメラ機材のレンタルサービスは様々ありますが、その中でも特に自由度高く様々な機材を手軽に試せるサブスクリプションサービスが「GOOPASS」です。 この記事ではGOOPASSの特徴、利用方法、そしてどんな機材がレンタルできるのかを実際にサービスを使ってみてのレ ...

この記事を読む

MetaQuest3

Meta Quest

2024/1/8

MetaQuest3発売! スペック・価格・新機能・Quest2との比較

Metaが販売するVRゴーグルでMetaQuest2(メタクエスト2)がありますが、今回新しく最新型のMetaQuest3の発売が決定しました。 従来のMetaQuest2は2020年10月に販売されたモデルですが今でも利用者が最も多いと言える人気のVRゴーグルですが、そんなMetaQuestの待ちに待った最新モデルと言えます。 この記事ではMetaQuest3の詳細から、Quest2と比較した際にアップグレードした性能やポイント、同時販売のアクセサリーなど関連する情報をお伝えします。 目次 MetaQu ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-Adobe
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.