Adobe パソコン関連情報

Adobe CCユーザーは必見!フリーに使える無料フォント「Adobe Fonts」を使いこなそう!【商用・個人OK】

商用・個人でも無料で利用できるフォント AdobeFont

Adobeのソフトが使える月額サービスCreative Cloud(Adobe CC)に加入する人は、大抵目的や使いたいソフトがあって契約してるかと思います。

写真編集でLightroomやPhotoshopが使いたい、デザインを作るためにIllustratorが使いたい、映像を編集するためにPremiereが使いたい、などなど。
そして契約時に必要なソフトをインストールしたら満足しちゃう、そんな人もいるのではないでしょうか?

実はAdobeのCCユーザーなら様々なフォントが使えるクラウドサービス「Adobe Fonts」が無料で使えます。

Adobe CCを使っている人はみんな活用して欲しい、そんなAdobe Fontsについてご紹介します。

Adobe Creative Cloudの契約で15,000以上のフォントが無料で使える

AdobeFont Webサイト

Adobe FontsはAdobe CCに契約すると使えるオプションで、好みのフォントをWeb上で選択し利用できるクラウドサービスです。

プラン内容に限りはなく、Adobe CCの中で月額980円と1番値段が安いフォトプランでも利用することができます。これはお得!

使用できるフォント数に制限はなく、15,000以上のフォントを自由に使えます
日本語のフォントもかなりの数があるので、それを気兼ねなく無料で使えるのはかなりのメリットです。

ポイント

Adobe Fontsはライセンスが付与されているので商用利用・個人利用ともに利用できます

有名なモリサワフォントなどなど、こんなフォントが使えます!

モリサワフォントは株式会社モリサワが提供しているフォントの名称です。
多くのデザイナーが仕事において愛用している、デザイン業界においてまさに必需品ともいえる日本語フォントです。

使う人の目線で作られた華麗で読みやすい高品質なフォントが様々あり、代表的なものとしてゴシック体で「新ゴ」「見出しゴ」明朝体では「リュウミン」などがあげられます。

AdobeFont 使えるフォント

昔はこれらのフォントは購入せねばならず、またその価格も数万円レベルとなかなか個人では手が出しにくいものでした。
それがAdobe CCを利用しているだけでそれらの有名なモリサワフォントを使うことができます

あまりフォントに興味をもっていなかった方はピンとこないかもしれませんが、デザインにおいてフォントが変わるだけで全体のイメージはガラリと変わります。
クリエイターにとってこれらのフォントを使えるのは本当にありがたいことです。

いやぁ、いい時代になったものだ…。

Adobe Fontsの使い方は簡単

Creative Cloudのデスクトップアプリケーションを起動し、ログインします。

AdobeCCからAdobeFontへの行き方

その後サイドバーの「フォント」を選ぶと「Adobe Fonts」のWebサイトに移動します。
また直接Adobe FontsのWebサイト( https://fonts.adobe.com)に移動しログインします。

サイト内で使いたいフォントを検索し、選択後に「アクティベート」のスイッチをクリックします。

AdobeFontでアクティベート

ポイント

これで選択したフォントが使えます

説明はこれだけ!めっちゃ簡単!

注意としては利用期間は180日(6ヶ月間)と一応区切りがついています。

しかし利用期間の終了後にまた再選択することで再びフォントを使うことができます。
「急に使えなくなった!」となった時には要チェックですね。

どのフォントがいいのかわからない!そんな人におすすめの「フォントパック」

「フォントの種類が多すぎてどれがいいのかわからない」と悩んでしまう方におすすめなのが、Adobe側がテーマごとにフォントをまとめてくれてるフォントパック

これをインストールするだけで、使い勝手がよいフォントを悩まずにすぐ使うことができます。こりゃ便利!

AdobeFont フォントパック

ポイント

「フォントパック」から選んでアクティベートするだけなので簡単!

「日本語フォント基本パック」「動画用パック」「ロゴパック」「ウェディング用パック」など用途に合った数種類のパックがあるので、自分が求めているフォントが感覚的にわかります

Adobe Creative Cloudを使っている複数のパソコンでフォントの共有が可能

Adobe Fontsはクラウドサービスなので、同じAdobe CCのアカウントを使っている複数のパソコンで選択肢したフォントを共有できます。
1つのパソコンでフォントのアクティベートをするだけで共有できるので、フォントのインストール作業が大変楽になります。

「ノートPCではフォントがないからデザインが崩れた!」「家のPCで使いたいフォントがはいってない!」などの複数のパソコンで編集する際にありがちなフォント問題の心配がなくなります。

ポイント

一度使えるようにしたフォントは、ローカルではなくブラウザの「My Adobe Fonts」で管理されます

フォントでイメージ変わるよね!ってお話

撮影したダンボーの写真にフォントを変えて文字をいれてみました。結構イメージ変わるよね。

小塚ゴシックPr6N_B

小塚ゴシックPr6N_B

UD新丸ゴPr6N

UD新丸ゴ Pr6N

RoぶらっしゅStd

RoぶらっしゅStd

TA-方眼K500

TA-方眼K500

かづらき SP2N

かづらき SP2N

りいてがき筆

りいてがき筆

まとめ

AdobeFontsはオプション的な立ち位置ですが、Adobe CCを契約している人は使わないとかなりもったいないサービスです。

実際、フォントの種類が多くなるだけでデザインの幅がそれだけでグッと広がるってものです。
Adobe CCを契約していて、まだAdobe Fontsを確認されていない方ははぜひ使ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな男です。最近は動画の編集も勉強中。興味があることはなんでも試してみたくなる人。当サイトではそんな管理人がクリエイティブに関する情報をお届けいたします。

-Adobe, パソコン関連情報
-, , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.