パソコン関連情報 周辺機器

驚き!MX ERGOのマウスでLightroomやPremiereの作業効率を150%にする方法

MX ERGOマウスでLightroomやPremiereでの作業効率を150%にする方法

自分はクリエイターご用達のAdobeCreative Cloudに加入しています。

写真の編集にLightroomやPhotoshop、動画の編集にはPremiereを使っていますが、マウスを変えるだけでこれらの編集作業がかなり楽になると聞いたらどうでしょう、ちょっと興味ありませんか?

今回はLogicoolのトラックボールマウス、MX ERGOを使って写真編集や動画編集をはじめとしたPC作業の効率をあげる方法をお伝えします。

トラックボールマウスってどういうもの?メリットは?

トラックボールマウスは普通のマウスと操作方法が違います。

マウス自体を動かすのではなく、マウスについている大玉のボールを操作することでマウスのカーソルを移動させます。

通常のマウスとは違い操作性が違うので慣れるまでに少し時間がかかります。

しかし使いこなすとその利便性から「トラックボール以外のマウスは使いたくない!」と言う利用者の声を様々なところで聞くことができます。

そんな自分もすっかりトラックボールマウスの虜です

ここでトラックボールマウスの利点をまとめてみました。

トラックボールマウスの利点

  • マウスポインターをどこまででも動かせる
  • 省スペースで利用が可能
  • 肩こり対策になる
  • 手首の負担が軽減される
  • マウスパッドがいらず置く場所を気にしなくてもいい

この中でも作業効率の点では、マウスポインターをどこまででも動かせることが上げられます。

従来ではPhotoshopやIllustratoで選択範囲を指定する時などに、マウスを動かせる机のスペースが足らずによく四苦八苦してましたがそれがなくなります。

よくあった悩みなだけあってかなりありがたいです。

Logicool トラックボールマウス MX ERGO

MX ERGOは老舗メーカーのロジクールが最高峰と銘打っているトラックボールマウスです。

そんなMX ERGOの特徴としては下記の通り。

MX ERGOの特徴

  • ホイールの上下左右・押し込みに加えカスタマイズ可能な各種ボタン
  • カーソル速度をボタン1つで変更が可能(通常モード・精密モード)
  • 使用PCを2台登録が可能。利用PCをボタン1つで変更が可能
  • FLOW機能で登録したPC間でのファイル転送が可能
  • マウスの角度を0度&20度で調整が可能。手首・肩の負担軽減
  • 1回のフル充電で4ヵ月利用可能

このように「マウスに欲しい機能がすべて入っている」を飛び越え、「そこまでカバーしているのか!」と感じるほどの高性能っぷりです。

ロジクールのベストセラーデバイス トラックボールが、MXシリーズに登場。人の手によって成形された造形と、最も自然な手腕の形で操作が可能な20°傾斜角で、より一層、快適にご使用いただけるトラックボールが誕生しました。8ボタン搭載で、FLOW機能(異なるPC/MAC間でも、対応デバイス1つでファイルのやりとりが可能)にも対応。安心の2年間無償保証。

手首や肩などの負担軽減をはじめとしたMX ERGOの魅力に関しては他の記事でもまとめました!

肩や手首の疲れで悩んでいる人におすすめのマウス logicool MX ERGO
【レビュー】Logicool MX ERGO | 肩コリや手首の負担でお悩みの方必見!おすすめのトラックボールマウス

皆さんパソコンのマウスは何を使っていますか? パソコンで作業をする際にマウスは切っても切り離せない重要なアイテムになりますが、人によっては案外最初にテキトーなものを買ってそのまま使ってる方も多いのでは ...

続きを見る

ショットカットキーをアプリケーションごとに設定

PCに接続すると、自動的に専用のマウス制御用のソフトがインストールされます。

このソフトを使いMX ERGOの各種ボタンに好きなショートカットキーを登録することができます。

ショートカットキーはソフトにすでに登録されている「コピー」「ホーム」「画面を切り替える」などのメニューから選ぶことができます。

それだけではなく、「キーストロークの割り当て」を選択することで、「Alt+C」「Ctrl+F」などのショートカットを自由にキーボードから入力できます。

それによりボタンを押した際の動作を自由自在に設定できます。

しかもこのショートカットキーはアプリケーションごとに違ったものを登録できます。

アプリごとで違うショートカットが使える、これがもう滅茶苦茶便利です!

ショートカットは覚えれば便利なものばかりですが、「あれどうやるんだっけ?」と忘れることも案外多いものです。

よく使うアクションのショートカットをマウスに登録することで作業効率をぐーんとアップできます。

Adobe Premierでの設定内容 一例

Adobe Premiere

  • ボタン上:[Ctrl + K] 編集点を追加
  • ボタン下:[Shift + Delete] リップルを削除
  • スクロール押し込み:[Space] 再生/停止
  • スクロール左:[UP] 前の編集ポイントへ移動
  • スクロール右:[DOWN] 次の編集ポイントへ移動


映像の編集で一番時間が必要になりがちなのが、映像の切り貼り作業
です。

作業自体が地味なのもあって実際やってみるとめちゃくちゃめんどくさいですよね、これ。

そこでPremierを使う人で是非に登録して頂きたいショートカットが「編集点を追加」と「リップルを削除」の2点。

「編集点を追加」をすることで、レーザーツールを使った部分カットをボタン1つでおこなえます。

編集点を追加の登録で動画の分割がらくらく!

「編集点を追加」で2か所切り、分割された消したい動画部分をクリックし「リップルの削除」

クリックした部分が消去され自動的に左詰めされます。

リップルの削除で選択した動画が削除され、自動的に左詰めされます

Premierのショートカットを使っていなかった人はこの2つの機能を登録するだけで作業効率が150%どころかめちゃくちゃ早くなります。

この機能は早く知っておきたかった…。

また動画の再生停止や、編集ポイントの移動を追加することでマウスだけで切り張り作業の多くを対応することができます。ほんと便利。

Adobe Lightroomでの設定内容 一例

Adobe Lightroom Classic

  • ボタン上:[K] 補正ブラシツール
  • ボタン下:[P] スポット修正ツール
  • スクロール押し込み:[Y] 補正前、補正後の比較
  • スクロール左:[Ctrl + Z] 編集をひとつ戻る
  • スクロール右:[Ctrl + Y] 編集をひとつ進む

機能として使う頻度が比較的高めでアクセスに手間がいる、補正ブラシツールスポット修正ツールをボタン上下に組み込みました。

また押し込みで「補正前と補正後の比較」が簡単にわかるのでお手軽に自己満足しやすくなりました。

「なかなか良い編集できたやんけ」と満たされる自己肯定感。

「編集の戻る・進む」はよく使いがちな基本操作なだけあって登録しておくとやっぱり便利です。

Adobe Photoshopでの設定内容 一例

Adobe Photoshop

  • ボタン上:[Ctrl + +] キャンパス表示を拡大
  • ボタン下:[Ctrl + -] キャンパス表示を縮小
  • スクロール押し込み:[V] 移動ツールに変更
  • スクロール左:[Ctrl + ]] レイヤーを背面に移動
  • スクロール右:[Ctrl + [] レイヤーを全面に移動


拡大機能、縮小機能や移動ツールへの変更などよく使うキーを登録
しました。

「レイヤーの移動」もよく使うのでスクロールに登録すると円滑に作業ができますね。

Photoshopに限った話ではないですが、スクロール周りは操作時に誤って押すこともあるので、誤動作しても影響が少ない機能を登録したほうがいい気がします。

他のアプリケーションでの便利な設定内容 一例

【通常時の設定】

  • ボタン上:[Ctrl + C] コピー
  • ボタン下:[Ctrl + V] ペースト
  • スクロール押し込み:[中央ボタン] 自動スクロール
  • スクロール左:[戻る] ページを戻る
  • スクロール右:[進む] ページを進む


通常時の設定では利用頻度が多いアクションを登録
しておくのが良いと思います。

Excelを使う場合はシートの変更などを登録しておくのも便利かもしれません。

また保存するのを忘れがちな人は、多くのソフトの「保存」ショートカットキーであるCtrl+Sを登録して小まめに押すことで、もしもの時のダメージも少なくてすむかもしれませんね。

FLOW機能でファイルのやりとりも効率化

MX ERGOを2台のパソコンにマウスとして登録することで、FLOW機能を利用できます。

これによりデュアルディスプレイを使っている時のように、2台のPCの画面の端からマウスカーソルが行き来できるようになります

FLOW機能を使うことで2台のパソコン間でのファイルのコピー&ペーストなどの移動がマウスだけでできるようになります。

作業データのやり取りでUSBメモリーなどのデバイスを準備しなくてもいいのは結構便利です。

いやはや、まさかこんな機能がマウスにあるとは…。

まとめ

Adobeのデザイン系アプリケーションごとでのショートカットキーの登録例を交えながら、MX ERGOを使った作業効率アップの話をしました。

アプリ事でカスタマイズできるのは使ってみると思いの他便利だなと実感できます。

またカスタマイズ次第では「パソコンでおこなう他の作業をもっと簡単に便利できるんじゃないか?」という期待感もさらに高まっています。

マウスと考えると安い買い物ではありませんが、MX ERGOをもっと長く使いカスタマイズも加えてくことでその点のコスパや満足度はさらに高まりそうです。

楽にできる部分はどんどん楽をして作業効率をあげていきましょう。

ロジクールのベストセラーデバイス トラックボールが、MXシリーズに登場。人の手によって成形された造形と、最も自然な手腕の形で操作が可能な20°傾斜角で、より一層、快適にご使用いただけるトラックボールが誕生しました。8ボタン搭載で、FLOW機能(異なるPC/MAC間でも、対応デバイス1つでファイルのやりとりが可能)にも対応。安心の2年間無償保証。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2でおすすめのフィットネスアプリ4選

Oculus Quest

2021/3/1

OculusQuest2でVRトレーニング!フィットネスにおすすめのアプリ4選

本体単独で使える最新のVRゴーグル、OculusQuest2。 IT技術の最新ガジェット好きとしては「そろそろ本格的なVR体験をしとくか」と販売日当日に勢いでamazonでポチりました。 Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—64GB ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけの簡単セットアップ。すぐにVRの世界が広がります。 Amazon楽天 ...

この記事を読む

Ulanzi MT-08 自撮り棒になるミニ三脚

三脚・一脚 機材アクセサリ

2021/2/21

Ulanzi MT-08 | 自撮り棒になる!スマホやGoproの動画撮影におすすめのミニ三脚

三脚は一眼レフ用の大きいものから、マンフロットのPIXIを代表とするテーブル三脚と小さいものまで何本か所有していますが、「自撮り棒としても使える三脚なんて便利じゃない??」ってことで見つけたUlanziの軽量ミニ三脚、MT-08を購入してみました。 お家芸となっている、言うところの衝動買いです! 自分の一番の使用用途としては、常に持ち歩く撮影機材としても購入したスマートフォン「Zenfone7 Pro」での動画撮影用です。 Zenfone7 Proはインカメラがない変わりにアウトカメラが前面にフリップしイ ...

この記事を読む

Ulanzi VL-81 LEDビデオライト

撮影機材 照明機材

2021/2/13

Ulanzi VL-81 | 動画撮影やブツ撮りに使える!安価で明るいLEDビデオライト

動画撮影や写真撮影で一番大事なのが光の環境です。 暗い場所では映像が暗くなるだけではなく、ノイズが入ったりカメラのピントが悩んだりします。 撮影時に「くそぉ…暗い…!」と悩んだ方も多いのではないでしょうか? そんな光の環境を簡単に調整できるアイテムがビデオライトです。 今回紹介するUlanziのVL-81はそんな悩みを解消できる、コンパクトで軽量ながら光量も十分。しかも安価な照明機材です。 Youtubeやインスタなど動画撮影の機会が多くなったいま、おすすめのUlanzi VL-81の魅力についてレビュー ...

この記事を読む

映画のようなソフトな光を演出するブラックミストNo.1

撮影機材

2021/2/17

【作例・比較】ブラックミストNo1で魅せる映画の世界【使い方レビュー】

まるで映画のようなソフトな質感の写真や映像が撮影できる一眼レフカメラのソフトフィルター「ブラックミスト」。 このケンコーが販売するブラックミストシリーズの新商品として「ブラックミスト No.05」が発表され、その独特な雰囲気を手軽に作れることから写真撮影系のYoutuberやSNSでいま話題になっているカメラフィルターです。 自分も今回をキッカケにブラックミストシリーズを知り「これは気になる!!!!!」と思ったのが2020年の年の瀬。 意気揚々とネットで購入しようとしたもののどこも完売状態で、人気がですぎ ...

この記事を読む

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) レビュー

レンズ 撮影機材

2021/2/17

タムロン 28-75mm F2.8 Di III RXD | 最初の1本におすすめのソニーEマウント用標準ズームレンズ 【レビュー】

自分が写真や動画の撮影でメインで使っているミラーレス一眼はソニーのα7Ⅲになります。 この愛用機はCanonの6Dからの乗り換えで購入しましたが、レンズ資産が全くない中で最初に購入した1本が開放が通しF2.8の標準ズームレンズ、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)です。 最初に購入しただけあり「取り回しがよく使いやすい1本を」と思い購入し、その後も様々なレンズを迎え入れしてきましたが撮影で大活躍している1本です。 今回はフルサイズ対応のEマウントレンズで ...

この記事を読む

WearOS対応 おすすめスマートウォッチ FOSSIL ジェネレーション5

スマートウォッチ スマートウォッチ ライフハック

2021/2/16

FOSSILジェネレーション5 | おしゃれでおすすめなAndroid Wear OSスマートウォッチ

いままで2年以上使っていたAndroid対応のWearOSスマートウォッチの動作や充電状況が怪しくなってきたので「これは買い時だな…」と免罪符を得て高スペックモデルのFOSSIL ジェネレーション5(Gen5) のFTW4025を新しく購入しました。 自分としてはmoto 360、FOSSIL Q EXPLORISTに続き3台目のスマートウォッチです。 今回はそんな自分が今まで持っていたスマートウォッチと比較しつつ、FOSSIL ジェネレーション5(Gen5)についてレビューしていきます。 目次 FOSS ...

この記事を読む

OculusQuest2ユーザーにおすすめのアクセサリー5選

Oculus Quest ライフハック

2021/3/1

OculusQuest2と一緒に買ってよかったおすすめアクセサリー・アイテム5選

Facebook傘下のOculus(オキュラス)から2020年の10月に最新型の単独型VRゴーグルOculusQuest2(オキュラスクエスト2)が販売されました。 発売日に購入してから数か月たちましたが、身体を動かすフィットネス系アプリを中心に今もほぼほぼ毎日ペースで利用しています。 今回はOculusの公式から、サードパーティー製と様々なアクセサリーも揃いつつある中で、実際に購入して使ってみてよかったOculusQuest2のアクセサリーやアイテムのレビューをしていきます。 OculusQuest2を ...

この記事を読む

Anker PowerHouse II 400 レビュー 良コスパ!はじめてのポータブルバッテリーにおすすめ

バッテリー・充電機器 ライフハック

2021/2/17

Anker PowerHouse II 400 レビュー | 価格と性能のバランスが良い大容量ポータブルバッテリー

Anker(アンカー)から大容量な小型ポータブル電源の最新モデルとして「PowerHouse II 400 108000mAh」が販売されました。 自分はAnkerの初代PowerHouseを持っていますが、正直言ってこのPowerHouse II 400は最大出力や機能など様々な点でパワーアップされ使い勝手も向上しています。しかもバージョンアップしているのに値段は初代よりもなんと安い価格です。 スペックが上がったのに価格が安いのはホントびっくり! ポータブルバッテリーはキャンプや車中泊などのアウトドア用 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-パソコン関連情報, 周辺機器
-, , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.