【広告・PR】当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

Adobe 編集方法

Adobe Lightroomで動画の色合い・明るさを編集する使い方

動画ファイルの色や明るさをLightroomで編集する方法

一眼レフなどのカメラで撮影した動画をパソコン内で繋ぎ合わせて作品を作る編集ソフトでAdobe Premiereがあります。

しかし動画に音やテロップを入れて編集するのではなく、複数の撮影した動画ファイルをそのまま誰かに送りたい際に色合いや明るさだけ編集したい場合は少し手間に感じるかと思います。

ポイント

最近仕事で撮影した動画ファイルをそのままクライアントに送る業務がありました。
撮影時に設定が少し暗かったので複数の撮影データを明るくしたい、と言う悩みが先日自分にありました。

「パソコンで簡単に動画の編集ができるソフトやアプリがないかな?」と考えましたが、そんな悩みを解決してくれたのがAdobeの写真現像、管理ソフトのLightroomです。

実はLightroomは写真のみだけではなく動画ファイルもインポートし管理することができます

しかし通常では動画ファイルは再生だけで、色合い等は編集することはできませんが、とある方法を使うことでLightroomでも写真現像と同じ方法で編集することができます

今回はLightroomを使い複数の動画ファイルでも数分で簡単に編集するやり方をお伝えします。

<使い方>動画用に編集プリセットを作成し動画に適用

Adobe Lightroom Classic

先にソフトの使い方の概要をお伝えすると、Lightroom Classicで動画に対して編集用プリセットを適用し色合いや明るさを編集する方法です。

今回の方法はLightroom Classicでおこなう方法でお伝えします!(以下Classic略)

前述したようにLightroomでは動画ファイルに対して現像による編集作業をすることはできませんが、色合い等を調整したプリセットを適用することは可能です。

そしてLightroomには動画をキャプチャーし画像として保存することができるので、そのキャプチャーした画像に対して写真の編集と同じ方法で現像作業後にプリセットを作成

その後に作成したプリセットを動画に適用することで自由に明るさ等の変更ができます。

ポイント

実際にやってみると簡単にできます!
ここからはステップに分けてやり方を説明していきます。

Adobeソフトをお得に使う方法

また余談ではありますが、LightroomをはじめとしたAdobeソフトを大幅割引で使う方法を下記記事で紹介しています。

Adobe Creative Cloudを大幅割引のお得な価格で使う方法
Adobe CCが誰でも学割!アドビのコンプリートプランを学生割引で使う方法

続きを見る

Step.01 Lightroomへ動画を読み込み

Lightroomへの動画の読み込み

通常の写真のインポートと同じ方法で「読み込み」から動画ファイルを取り込みます。

個人的には写真ファイルと動画ファイルで同じ場所に保存するのでなく、別々に分けたほうが管理や編集作業がしやすくおすすめです。

自分の場合、インポート先をわかりやすくするため「写真_Lightroom」と「動画_Lightroom」の名称ごとでわけています。

動画ファイルを「現像」のモジュール内で選択すると「現像モジュールでビデオはサポートされていません。」と表示されてしまい編集作業はおこなえず動画ファイル自体も確認できません。

モジュールが表示されません

モジュールをライブラリ表示にし、複数のファイルが並ぶグリッド表示から1枚表示(ルーペ表示)することで動画ファイルの確認、再生ができます

ライブラリー表示

Step.02 動画からフレームキャプチャーで画像を作成

編集したい動画をルーペ表示し、再生バーの右側にあるアイコンをクリックし「フレームをキャプチャー」を選択します。

フレームをキャプチャー

フレームキャプチャーをすることで現在表示されている動画を静止画として保存することができます。

動画を再生させ停止させてからキャプチャーするとその停止位置の映像を画像にできます。

Step.03 キャプチャーした画像に対して色合いなどを編集

キャプチャーをすると動画ファイルの隣に静止画の画像ファイルが生成されます。

キャプチャーした画像を選択しモジュールの「現像」をクリック。

キャプチャーファイルを編集

その後は明るさや色合いなどの基本補正や、トーンカーブ、彩度やコントラストなどの動画に適用させたい調整をキャプチャーした画像に対して現像してください。

今回は彩度を強く深みがあるように編集してみました。
後ほど解説しますが一部編集は適用されないので注意が必要です。

Step.04 プリセットを保存

キャプチャー画像に対して現像作業を完了後、メニューの「現像」にある「新規プリセット」を選択します。

メニューから新規プリセットを選択

キーボードのCtrl+Shit+N を押してもショートカットで表示されます。

プリセット名を入力し、保存するグループ先を選択します。
自分の場合ではわかりやすく「動画用カスタマイズ」の名称で新規グループから新しく作成しています。

プリセット作成画面

左下の「すべてをチェック」を選択し、作成をクリックすることで基本補正等が反映されたプリセットが新しく生成されます。

ポイント

今回はアライグマのプリセットと言う名称で作成しました。

Step.05 プリセットを動画ファイルに適用

編集したい動画を選択しモジュールをライブラリに変更。プリセットの反映がわかりやすいよう1枚表示のルーペ表示にします。

右側のパネル内にある「クイック現像」の中に「プリセット」項目があります。

プリセットの反映

プリセットをクリックすると、初期から入っているプリセットに加えて先ほど作成したプリセットグループが表示されるので、グループ内に保存してある作成したプリセットを選択します。

プリセットを適用させたことで静止画に対しておこなった補正を動画全体へ反映することができました。
反映されない編集情報

ポイント

写真ファイルに適用させてた編集内容は、一部動画ファイルには適用できないので注意が必要です。

また保存したプリセットは現像モジュールを選択後、左側のパネルに作成したプリセットを含めた一覧が表示されます。不要な場合は右クリックから削除してください。

プリセットを適用させているだけなので元の状態に戻したり、追加での編集も簡単にできます。

元のデータを壊したり、バックアップを取ることで容量を圧迫させることもないので安心で手間もない作業がおこなえます。

まとめ

プリセットが適用された動画

今回は写真現像ソフトのLightroomを使った動画ファイルの編集方法について説明しました。

この方法を使えば写真ファイルと同じ方法で動画の基本補正ができるので、Lightroomを使っているユーザーならば新しくアプリやソフトの使い方を覚える必要もなく、簡単に動画ファイルの調整がおこなえます。

同じ環境やシチュエーションで撮影した動画ならば一度作成したプリセットを他の動画に適用するだけなので、複数の動画へも手早く対応ができるので撮影点数が多い場合もバッチリです。

Adobeの動画編集ソフトのPremiereはAdobe CCのコンプリートプランでないと使えませんが、フォトプランで契約している方でもLightroomを使うことで動画も編集することができます。

慣れてしまえば数分でできる作業なので、是非一度試してみてくださいね。

Adobe CCのコンプリートプランを格安で使える方法はこちら!更新でも使えます

MX ERGOのマウスでLightroomやPremiereの作業効率がめちゃくちゃ上がります!

写真・動画編集を効率化させる左手用ガジェットです。

自宅作業で使えるおすすめの便利グッズについてまとめました

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
MetaQuest3 おすすめアクセサリー

Meta Quest

2024/4/17

これはおすすめ!MetaQuest3と一緒に買ってほしいアクセサリー5選

新型のVRゴーグルMetaQuest3が2023年の10月に新しく発売されました。 従来のQuest2からは基本性能とカメラ機能が大きく向上されたことで、VR(仮想現実)だけではなく、バーチャルな環境を現実に合わせれるMR(複合現実)を楽しめるVRゴーグルとしても使えるようになりました。 ポイント MRはこれからさらに発展する技術な気はしますが、現在でも楽しみ方から、仕事での活用方法などもグっと増えた印象があります。 今回のこの記事ではそんな最新のガジェットであるMetaQuest3をもっと便利に使えるお ...

この記事を読む

Insta360 X3

撮影機材

2024/4/6

Insta360 X3 レビュー 360度撮影が簡単・本格的にできるアクションカメラ

前後左右に上下とその場の風景をまとめて撮影できるカメラに360度カメラがあります。 写真のみならず動画も撮影できるので、その場の空気感をそのまま伝えることができるカメラと言えます。 ポイント 機材としても比較的、目新しいジャンルのものと言えます。 他のカメラでは撮れないものが撮れることから、個人的にはずっと気になっていたジャンルです そんな中で、手持ちで撮影できるコンパクトな360度の動画カメラやアクションカメラを多く手掛けているInsta360さんから、この度オファーを頂き、最新モデルの「Insta36 ...

この記事を読む

オープンイヤー型イヤホン HUAWEI FreeClip

イヤホン

2024/2/26

【比較・レビュー】HUAWEI FreeClip アクセサリーみたいに使えるオープンイヤー型イヤホン

最近流行ってきたのか多くなってきたイヤホンの種類として、耳の穴に入れずに耳に引っかけるオープンイヤー型のタイプがあります。 耳を塞がないので、周囲の音を聴きやすいことから、ランニングなどの運動や街中の移動などにも安全に使える利点があります。 ポイント 自分もオープンイヤー型を日常向けからスポーツ向けと幾つかの種類を使っています。 喫茶店でのテレワークの作業にも活用してますね! それらのイヤホンを愛用している中で、この度HUAWEI(ファーウェイ)さんからアクセサリーのように付けれるオープンイヤー型のワイヤ ...

この記事を読む

SOUNDPEATS GoFree2

イヤホン

2024/2/26

【比較・レビュー】SOUNDPEATS GoFree2 高音質・コスパ良しのオープンイヤーイヤホン

電車での外出時や、カフェでのテレワーク、ジムでの運動中にイヤホンを愛用している、なんて人は多いんじゃないでしょうか。 各言う自分も周りの音を遮断しすぎないオープンイヤー型のイヤホンをよく使っています。 ポイント いまは外出時の作業にはメガネ型スピーカーのHUAWEI Eyewear、 ジムでの筋トレやランニングには首掛け型のSOUNDPEATS RunFreeを使ってます。 いろいろなオープンイヤー型のイヤホンを使い分けている自分ですが、この度SOUNDPEATSさんから23年の11月に発売されたSOUN ...

この記事を読む

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ

AD200 ストロボ

2024/1/8

【比較・レビュー】Godox AD100 Pro 持ち運びに最適な小型ストロボ

自分はストロボを使った撮影はGodoxでまとめており、現在メインのストロボとしてはAD200を使っています。 AD200のアクセサリーも揃えてで満足していたところですが、「多灯ライティングをしたい」「軽く持ち運べるものも欲しい」と思い、AD200を小型化したモノブロックストロボGodox AD100 Proを新しく購入してみました。 今回はそのコンパクトさが魅力なAD100 Proを実際に使いAD200とも比較したうえでレビューをしていきます。 一緒に使うと便利なアクセサリーもご紹介します! 目次 God ...

この記事を読む

Vlogカメラ OsmoPocket3 レビュー

OsmoPocket

2024/1/8

OsmoPocket3 比較・レビュー Vlog最強のジンバルカメラ おすすめな10の理由

DJIのOsmo Pocketシリーズは、手ぶれを抑えるジンバル機能が搭載のVlogカメラです。 このシリーズは2018年に初代Osmo Pocketが登場し、続いて2020年にはDJI Pocket2が発売されました。 Pocket2は特に評判が良く、Vlogや日常生活、旅行の動画撮影におすすめな1台です。 自分は初代のOsmoPocketを愛用してましたが、2は買うタイミングを見逃しました… Pocket2の時点ですでに完成度が非常に高いカメラでしたが、2023年の10月にさらにパワーアップした「DJ ...

この記事を読む

GOOPASS レビュー | コスパ良し!カメラ・レンズ撮影機材のレンタルサブスク

写真サービス

2023/10/14

GOOPASS レビュー | コスパ良し!カメラ・レンズ撮影機材のレンタルサブスク

カメラやレンズ選びで迷ったことはありませんか? 「このレンズが欲しいけど使い勝手はどうなんだろう?」「2つの機材を比較してるけど情報だけだとわからないなぁ…」 そんな悩みを持つ写真愛好家の方に利用してほしいのがカメラ・レンズのレンタルサービスです。 カメラ機材のレンタルサービスは様々ありますが、その中でも特に自由度高く様々な機材を手軽に試せるサブスクリプションサービスが「GOOPASS」です。 この記事ではGOOPASSの特徴、利用方法、そしてどんな機材がレンタルできるのかを実際にサービスを使ってみてのレ ...

この記事を読む

MetaQuest3

Meta Quest

2024/1/8

MetaQuest3発売! スペック・価格・新機能・Quest2との比較

Metaが販売するVRゴーグルでMetaQuest2(メタクエスト2)がありますが、今回新しく最新型のMetaQuest3の発売が決定しました。 従来のMetaQuest2は2020年10月に販売されたモデルですが今でも利用者が最も多いと言える人気のVRゴーグルですが、そんなMetaQuestの待ちに待った最新モデルと言えます。 この記事ではMetaQuest3の詳細から、Quest2と比較した際にアップグレードした性能やポイント、同時販売のアクセサリーなど関連する情報をお伝えします。 目次 MetaQu ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-Adobe, 編集方法
-, , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.