Adobe 編集方法

Adobe Lightroomで動画の色合い・明るさを編集する使い方

動画ファイルの色や明るさをLightroomで編集する方法

一眼レフなどのカメラで撮影した動画をパソコン内で繋ぎ合わせて作品を作る編集ソフトでAdobe Premiereがあります。

しかし動画に音やテロップを入れて編集するのではなく、複数の撮影した動画ファイルをそのまま誰かに送りたい際に色合いや明るさだけ編集したい場合は少し手間に感じるかと思います。

ポイント

最近仕事で撮影した動画ファイルをそのままクライアントに送る業務がありました。
撮影時に設定が少し暗かったので複数の撮影データを明るくしたい、と言う悩みが先日自分にありました。

「パソコンで簡単に動画の編集ができるソフトやアプリがないかな?」と考えましたが、そんな悩みを解決してくれたのがAdobeの写真現像、管理ソフトのLightroomです。

実はLightroomは写真のみだけではなく動画ファイルもインポートし管理することができます

しかし通常では動画ファイルは再生だけで、色合い等は編集することはできませんが、とある方法を使うことでLightroomでも写真現像と同じ方法で編集することができます

今回はLightroomを使い複数の動画ファイルでも数分で簡単に編集するやり方をお伝えします。

<使い方>動画用に編集プリセットを作成し動画に適用

Adobe Lightroom Classic

先にソフトの使い方の概要をお伝えすると、Lightroom Classicで動画に対して編集用プリセットを適用し色合いや明るさを編集する方法です。

今回の方法はLightroom Classicでおこなう方法でお伝えします!(以下Classic略)

前述したようにLightroomでは動画ファイルに対して現像による編集作業をすることはできませんが、色合い等を調整したプリセットを適用することは可能です。

そしてLightroomには動画をキャプチャーし画像として保存することができるので、そのキャプチャーした画像に対して写真の編集と同じ方法で現像作業後にプリセットを作成

その後に作成したプリセットを動画に適用することで自由に明るさ等の変更ができます。

ポイント

実際にやってみると簡単にできます!
ここからはステップに分けてやり方を説明していきます。

Adobeソフトをお得に使う方法

また余談ではありますが、LightroomをはじめとしたAdobeソフトを大幅割引で使う方法を下記記事で紹介しています。

Adobe Creative Cloudを大幅割引のお得な価格で使う方法
Adobe CCが誰でも学割価格!コンプリートプランを大幅割引で使う方法

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブクラウド)、通称Adobe CC。 イラストを書く人や写真を編集する人、動画を制作する人には必要不可欠なサービスです。 ただこのAdob ...

続きを見る

Step.01 Lightroomへ動画を読み込み

Lightroomへの動画の読み込み

通常の写真のインポートと同じ方法で「読み込み」から動画ファイルを取り込みます。

個人的には写真ファイルと動画ファイルで同じ場所に保存するのでなく、別々に分けたほうが管理や編集作業がしやすくおすすめです。

自分の場合、インポート先をわかりやすくするため「写真_Lightroom」と「動画_Lightroom」の名称ごとでわけています。

動画ファイルを「現像」のモジュール内で選択すると「現像モジュールでビデオはサポートされていません。」と表示されてしまい編集作業はおこなえず動画ファイル自体も確認できません。

モジュールが表示されません

モジュールをライブラリ表示にし、複数のファイルが並ぶグリッド表示から1枚表示(ルーペ表示)することで動画ファイルの確認、再生ができます

ライブラリー表示

Step.02 動画からフレームキャプチャーで画像を作成

編集したい動画をルーペ表示し、再生バーの右側にあるアイコンをクリックし「フレームをキャプチャー」を選択します。

フレームをキャプチャー

フレームキャプチャーをすることで現在表示されている動画を静止画として保存することができます。

動画を再生させ停止させてからキャプチャーするとその停止位置の映像を画像にできます。

Step.03 キャプチャーした画像に対して色合いなどを編集

キャプチャーをすると動画ファイルの隣に静止画の画像ファイルが生成されます。

キャプチャーした画像を選択しモジュールの「現像」をクリック。

キャプチャーファイルを編集

その後は明るさや色合いなどの基本補正や、トーンカーブ、彩度やコントラストなどの動画に適用させたい調整をキャプチャーした画像に対して現像してください。

今回は彩度を強く深みがあるように編集してみました。
後ほど解説しますが一部編集は適用されないので注意が必要です。

Step.04 プリセットを保存

キャプチャー画像に対して現像作業を完了後、メニューの「現像」にある「新規プリセット」を選択します。

メニューから新規プリセットを選択

キーボードのCtrl+Shit+N を押してもショートカットで表示されます。

プリセット名を入力し、保存するグループ先を選択します。
自分の場合ではわかりやすく「動画用カスタマイズ」の名称で新規グループから新しく作成しています。

プリセット作成画面

左下の「すべてをチェック」を選択し、作成をクリックすることで基本補正等が反映されたプリセットが新しく生成されます。

ポイント

今回はアライグマのプリセットと言う名称で作成しました。

Step.05 プリセットを動画ファイルに適用

編集したい動画を選択しモジュールをライブラリに変更。プリセットの反映がわかりやすいよう1枚表示のルーペ表示にします。

右側のパネル内にある「クイック現像」の中に「プリセット」項目があります。

プリセットの反映

プリセットをクリックすると、初期から入っているプリセットに加えて先ほど作成したプリセットグループが表示されるので、グループ内に保存してある作成したプリセットを選択します。

プリセットを適用させたことで静止画に対しておこなった補正を動画全体へ反映することができました。
反映されない編集情報

ポイント

写真ファイルに適用させてた編集内容は、一部動画ファイルには適用できないので注意が必要です。

また保存したプリセットは現像モジュールを選択後、左側のパネルに作成したプリセットを含めた一覧が表示されます。不要な場合は右クリックから削除してください。

プリセットを適用させているだけなので元の状態に戻したり、追加での編集も簡単にできます。

元のデータを壊したり、バックアップを取ることで容量を圧迫させることもないので安心で手間もない作業がおこなえます。

まとめ

プリセットが適用された動画

今回は写真現像ソフトのLightroomを使った動画ファイルの編集方法について説明しました。

この方法を使えば写真ファイルと同じ方法で動画の基本補正ができるので、Lightroomを使っているユーザーならば新しくアプリやソフトの使い方を覚える必要もなく、簡単に動画ファイルの調整がおこなえます。

同じ環境やシチュエーションで撮影した動画ならば一度作成したプリセットを他の動画に適用するだけなので、複数の動画へも手早く対応ができるので撮影点数が多い場合もバッチリです。

Adobeの動画編集ソフトのPremiereはAdobe CCのコンプリートプランでないと使えませんが、フォトプランで契約している方でもLightroomを使うことで動画も編集することができます。

慣れてしまえば数分でできる作業なので、是非一度試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Powerextraソニー NP-F980L 互換バッテリー

動画機材

2022/9/16

Powerextraソニー NP-F980L 互換バッテリーがモバイルバッテリーにも使えて便利すぎ!

ライトや外部モニターなどの撮影機材を利用する際に何かと必要になってくるのが対応の外付けバッテリーです。 これらの機材は有線のDCケーブルやUSBなどで電源を確保すれば利用できるものが殆どです。 しかし出先などで小回りをきかせるために無線接続で運用したい場合には別途外付けのバッテリーを導入する必要があります。 ポイント 例えばビデオモニター、自分はいままで2,000mAhほどの小型のバッテリーを数個導入して運用していました。 ただバッテリー容量の少なさと充電の手間もあってか、自然とめんどくさくなりそれらの製 ...

この記事を読む

SIGMA 35mm F1.4 DG DN Art

レンズ

2022/9/13

【作例・レビュー】SIGMA 35mm F1.4 DG DN Art | 撮影が楽しくなる画質最高の単焦点レンズ

自分はソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラをここ数年愛用しています。 年々装着できるレンズも増しており、焦点距離が変えれる性能の高いズームレンズも多く発売されるようになっています。 ポイント 標準、広角、望遠ともにF2.8のズームレンズが基本なラインナップに! 便利なズームレンズが1本あれば様々な距離がカバーできますが、レンズ沼に沈みかけてる自分としては同じ35mmの距離でもより背景もボケて暗所にも強く画質も良い撮影ができる単焦点レンズが欲しくなると言うものです。 単焦点レンズとズームレンズを揃えたい欲 ...

この記事を読む

SwitchBot 見守りカメラ | アレクサと連動できる防犯カメラ

Amazon ライフハック

2022/8/23

SwitchBot 見守りカメラ | アレクサと連動できる防犯カメラ

自宅などの防犯を考えた時に、一番最初に思い浮かぶ対策の1つが防犯カメラです。 また防犯カメラを防犯用途ではなく、ペットなどの見守りカメラとして使う需要も増えています。 これらの防犯、見守りカメラの導入と考えた際、費用もかかりそうに感じるものですが、コストもあまり掛けずに気軽に導入できるのがSwitchBotの見守り防犯カメラです。 自分も長期旅行前に防犯目的で購入し導入しました! スマホとも連携しモニタリングもでき、Amazon Echoとの連動でアレクサと呼びかけた音声操作も可能なSwitchBotの見 ...

この記事を読む

TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるフルサイズ魚眼レンズ

レンズ

2022/6/17

【作例・レビュー】TTArtisan 11mm F2.8 | 格安で買えるミラーレス魚眼レンズ

風景などの自然をダイナミックに撮影するのに使えるのが超広角レンズです。 その中でも得に広い範囲を撮影でき、特徴的な写真が撮れるのが魚眼レンズです。 「何か良い広角レンズないかなぁ」と探している時に見つけたのが、ソニーのα7IIIをはじめ様々なミラーレスカメラで装着できるフルサイズ対応な単焦点の魚眼レンズ、TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDです。 今回はレンズながらあまりの格安さでつい衝動買いしてしまったTTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDについて作例を交え ...

この記事を読む

Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

アウトドア

2022/6/17

Goture 8L 車載冷蔵庫 | 車中泊・キャンプでおすすめの冷えるポータブル冷蔵庫

車中泊やキャンプであると便利な家電、それが持ち運びできるコンパクトな冷蔵庫です。 持ち運びができるポータブル冷蔵庫も大容量のポータブル電源がメジャーになってきたことで、キャンピングカーのみならずアウトドアを趣味としている方の車にも搭載しやすくなりました。 ポイント 自分も少し大きめのポータブル冷蔵庫を使ったりしています。 他にも小型のペルチェ式の冷蔵庫も持っていたりします。 しかし所有しているポータブル冷蔵庫は気軽に使う点では大きく、ペルチェ式のものは中々冷えず電力が大きいのもあり「コンパクトで使いやすい ...

この記事を読む

WiMAX 5GのモバイルWi-Fiを契約した6つの魅力

便利グッズ

2022/6/17

WiMAX 5G ポケットWiFi | 機種変更・乗り換えても契約すべき6つの魅力

パソコン仕事でカフェや喫茶店などでノマドワークをする自分のようなフリーランスで重要なガジェットの1つがポケットWiFiです。 いままではWiMAX 2+を家電量販店のエディオンで経由で契約して2年ほど利用してました。 ポイント 話を聞きに行った流れとエディオンカードによる割引があったので、珍しくネットで比較せずそのまま即決した思い出です。 そんなある日にエディオンから条件の良い、5Gの高速通信が可能の新しい端末への乗り換えプランの案内がありました。 製品説明を聞きにいきましたが、思いのほか新しいWiMAX ...

この記事を読む

Amazonスマートプラグ

Amazon

2022/6/17

Amazonスマートプラグがおすすめ!普通の家電をスマート家電にする使い方と活用方法

スマホやAIスピーカーと技術が発達したことで音声による操作が当たり前のようになってきました。 自分は音声入力を可能とするAIスピーカー「Amazon Echo(エコー)」を自室に置いて音楽再生機器として使っています。 その他にもタブレットのFire HD10をスマートディスプレイとして使ったり、Echo Autoを導入して車内でもアレクサを使えるようにして音楽を楽しんでます。 すっかりAmazonさんにライフスタイルの大部分を握られてますね(笑 その他でも率先的にAmazonのサービスを使っているのもあり ...

この記事を読む

TourBox Elite

PC周辺機器

2022/6/17

TourBox Elite レビュー | 動画編集を効率化させる左手用ガジェット

PhotoshopやPremiere Proなどの写真編集、動画編集ソフトを使う際に「なにか効率化できる方法ないかなぁ」とよく考えてしまいます。 Adobeなどの高性能なソフトはツールが多くて覚えきれない、ショートカットキーが使いこなせない、操作の切り替えでマウス移動が多いなどの問題がありますね。 ポイント 作業効率の向上は仕事でも趣味でも大事なポイントなのでよく研究してます。 ショートカットの有効活用ではロジクールのマウス、MX ERGOも以前導入しました。 「その他にも何か方法がないかな」と探している ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がって ...

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「O ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしていますか? 自分はネットの買い物の8割はAmazonを使うというほどで月に何人かの諭吉さんがAmazon経由で旅立っています。 ガジェット好きとしてはツラいところで ...

-Adobe, 編集方法
-, , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.