アウトドア バッテリー・充電機器

Hypowell ソーラーパネル120W レビュー | 9枚パネルでコンパクト ポータブルバッテリーの充電におすすめ

Hypowell ソーラーパネル120W

キャンプや車中泊のアウトドアや、災害時の対策として年々需要が高まっているガジェットがポータブルバッテリーです。

様々なメーカーから新しいモデルも次々に発売され、大容量のバッテリーも年増しにバージョンアップされ多く販売されるようになってきました。

そしてそんな容量が大きいポータブルバッテリーの充電方法の1つとして、持ち運びができる発電力が高い大出力のソーラーパネルの需要も同時に高まっています。

太陽光充電と言う選択肢が増えることで、「もしものことがあったら…」の安心感もかなり増します!

まさに自分もその1人で所有しているポータブルバッテリーAnker PowerHouseの充電用として、Hypowell ソーラーパネル120WをAmazonで購入しました。

いろいろなメーカーのソーラーパネルがある中でHypowell ソーラーパネルをなぜ購入したのか?実際にAnkerのポータブルバッテリーに使い無事に充電できたのか?Hypowell ソーラーパネル120の使い勝手の紹介、レビューをしていきます。

Hypowell ソーラーパネル120W 概要

Hypowell ソーラーパネル120W 折りたたみ

Hypowell ソーラーパネル120Wはポータブルバッテリーの充電に適した持ち運びが可能な発電量が高いハイパワーなソーラーパネルです。

20%以上の高変換効率を実現した9枚のソーラーパネルが搭載されており太陽光を使い安定した急速充電が可能です。

またパネルはコンパクトに折りたためることができ、重量も僅か5.3kgで持ち運びにも適しています。

付属品に多種多様なポータブルバッテリーの充電に適している10種類のDCプラグとDCケーブルがついてきます。

 

Hypowell ソーラーパネル120W付属品ケーブル

Amazonから引用

 

ポイント

Hypowell製以外のポータブルバッテリーやモバイルバッテリーにもソーラー充電がおこなえます。

24か月保証付きでPL保険にも入っているので製品としての安心感もあります。

Hypowell ソーラーパネル120W 概要 スペック
ワット数 120W
収納サイズ 横520mm 縦200mm 高さ50mm
展開サイズ 横2000mm 縦520mm
重量 5.3kg
出力ポート DC出力、Type-C出力、USB-A1(急速充電口)、USB-A2
変換効率 ≥20%
太陽電池 単結晶
最大電力(Pmax) 120W
開放電圧(Voc) 21.6V
最大動作電圧(Vmp): 18V
短絡電流(Isc) 7.33A
最大動作電流(Imp) 6.66A
USB出力 5V2.4A / 9V2A / 12V1.5A(Max)
DC出力電流 7A(Max)
Type-C出力電流 3A(Max)
【収納便利のソーラーパネル】120Wの高電力ソーラーパネルは折り畳み式を採用し、相当電力のソーラーパネルより大幅に縮めており更に取っても付きのため持ち運びに便利です。また重量はわずか5.3kgでアウトドアでも使い勝手が良いです。キャンプ、車中泊はもちろん、災害、停電時にも対応いたします。

ソーラーパネルって必要?キャンプや車中泊のアウトドア、災害時の電源も安心

Hypowell ソーラーパネル120W

ポータブルバッテリーと合わせて発電量が高いソーラーパネルを持っていることでキャンプ地などの野外でも充電の手段が増え、電力の悩みが減ることで安心さが増します。

大容量バッテリーとは言え、各種電気調理器をはじめ、夏ならポータブル冷蔵庫、冬なら電気毛布と使っていると1~2日でかなりの電力を消費してしまいます。

ポイント

調理器具として車でお米を炊ける「タケルくん」を使っていますが、Anker Powerhouseでは1回の炊飯で約10%ほど消費します。

最大炊飯量:1.5合 ・入力電圧:DC12V ・使用電流:8.5A ・消費電力:110~120W ・本体重量:592g。直流電気(DC12V)で炊飯する為に様々な工夫が施されたポータブル炊飯器となります。密閉釜と内部保温構造により、省エネでもふっくらと炊き上がる仕組みとなっております。

実際の経験として2泊3日以上のキャンプでポータブルバッテリーの残り容量が乏しくなった時にも、朝から夕方までの時間で太陽光充電をおこなうことでかなりの容量をまかなうことができます。

ソーラーパネル購入のキッカケはまさに長期キャンプ中の電力問題の解消です!

災害時用にポータブルバッテリーを持っている方も多いとは思いますが、大規模停電などの非常時に電気が止まり続ける期間を考慮すると何処にでも持ち運びができるソーラーパネルを導入することで電力面では初めて完ぺきな災害対策になると言えます。

120Wに対応した急速充電対応の高出力ソーラーパネル

Hypowell ソーラーパネル120W

Hypowell ソーラーパネルの発電量はMAXで120Wと高出力のソーラーパネルです。

発電性能としては23%の高変換効率を誇り、 カタログスペック上、同社Hypowellの540W容量ポータブル電源CN500ならば約8時間ほどで100%充電が可能とのことです。

ポイント

ソーラー充電は太陽光の強さ、気温、影の位置などによって充電効率が変動されます。

またHypowellのソーラーパネルはMTTPTIR-C技術を採用しており、接続されたデバイスに合わせて自動的に認識し適切な電流での充電がおこなえます。

充電できるデバイス

Amazonから引用

逆電流の防止機能もついているのでパネル側、デバイス側どちらも保護しながら安全な高速充電が可能です。

Hypowellソーラーパネルの使い方は簡単で、太陽の向きに合わせてパネルを展開するのみです。

その後は本体についている出力ポートと充電したいデバイスにケーブルを接続することで充電がおこなえます。

パネルの裏側には角度を調整できるスタンドも付属しているので、角度を調整する支えなどを別途準備する必要もなく設置することができます、

パネルはフッ素樹脂コーティングされているので雨や汚れにも強い作りですね。

60W対応などのパネルの枚数や大きさが一回り小さいソーラーパネルも販売されていますが、天候によってマックスの発電量が出ないことも多いので、充電容量が大きいポータブルバッテリーの場合は100W以上のパネルがおすすめです。

9枚のパネルがコンパクトに折り畳み可能で簡単持ち運び

Hypowell ソーラーパネル120W 持ち運び可能

Hypowell ソーラーパネル120Wの最大の魅力がコンパクトな折りたたみが可能な点です。

120W出力のソーラーパネルはパネル数が3~6枚のものが多い中、本製品のパネル枚数は9枚です。
枚数が多い分折り目も多くあり、他社製品と比較してもかなりコンパクトなサイズにできます

Hypowell ソーラーパネル120W 展開時

Amazonから引用

収納時のサイズは横が520mm、縦が200mとなります。他社の同スペック製品の場合は縦のサイズが350mm以上のものが殆どなのでこれはかなりのメリットです。

Hypowell ソーラーパネル120Wの購入に至った大きな理由の1つです!

自分の愛車であるフリードスパイクにはキャンプグッズを積載するために天井にルーフボックス(INOO BRQ55BK)を設置していますがこのサイズだとかさ張ることもなく気軽に収納できます。

Hypowell ソーラーパネル120W ルーフボックス収納

キャンプや車中泊に行く際はキャンプ用品などで収納する荷物が多くなりがちです。
車載スペースの余裕がないことも多いので、コンパクトに収まり車への収納がしやすいのは嬉しいポイントです。

ポイント

手で持った際にも持ち運びしやすい重量バランスでまとまります

10種類のDCプラグ、ケーブルが付属 Type-C出力にも対応

Hypowell ソーラーパネル120W DC接続端子

多くのポータブルバッテリーはDC出力による充電方法を採用していますが、実はDCケーブルの規格は様々ありデバイスごとでDCコネクタ端子が違います。

しかしHypowell ソーラーパネル120Wには10種類のDC変換プラグやアンダーソンケーブルが付属しているので、別途ケーブル類を購入せずとも多くのデバイスでDC出力を使ったポータブルバッテリーやノートパソコンの充電がおこなえます。

本当にポータブルバッテリーごとで種類が違います。統一はしないのだろうか…。

DC出力以外にもUSB出力も3つ備わっており、スマートフォンやタブレット、モバイルバッテリーと一度に複数の端末を充電できます。

Hypowell ソーラーパネル120W 充電口

Amazonから引用

3つあるUSB出力の1つは充電効率が良いType-CのQC出力に対応しているので大幅に充電時間を短縮することが可能です。

さらに嬉しい点では車のバッテリー上がり時に必要となるジャンプスターター用のケーブルも付属しているので、車の中に携帯しておくことで日中ならば急なバッテリー上がりの心配もなくなります。

Hypowell ソーラーパネル120W ジャンプスターターケーブル

ポイント

今まで旅先で車のバッテリーが上がった経験も何回かあるのでこの点は購入時にグッときたポイントです。

充電で使ってみた 初代Anker PowerHouse

Hypowell ソーラーパネル120W Anker PowerHouse

自分が最初の1台目で所有したポータブルバッテリーが、バッテリーやITガジェットに強いAnkerから初めて販売された初代PowerHouseです。

Ankerからは大出力のソーラーパネルが販売されておらず、他メーカーであるHypowellのソーラーパネルを今回購入しましたがいろいろと問題もあった中で、結果としては無事に充電ができました。

AnkerのポータブルバッテリーはDCケーブルの規格が他と違うせいか、様々なレビューを見ていても「充電がおこなえなかった」と言う声を多く見かけました。

ポイント

様々なメーカーのソーラーパネル充電の一例情報を見ても、極端にAnker端末に関する画像やテキストが少ないのもこの影響かと思います。

実際それもあってかHypowellに付属しているDCケーブルや別途購入したケーブルを繋げた際には充電ができず当初は頭を抱えましたが、Anker PowerHouse本体を購入した際に同梱されていたDCケーブルを使うことで無事に充電が出来るようになりました。

端子などの形状は同じでも、同梱されていたケーブルだけは問題ありませんでした。

ただこのDCケーブルの長さが30cmほどと非常に短く使い勝手が悪くはありますが、端子の形状にあったDCの延長ケーブルの追加装着でその問題も解消されました。前述通りケーブル相性問題も懸念してましたが延長に関しては特に問題ありませんでした。

初代PowerHouseでソーラーパネルの充電で悩んでいる方は本体購入時のケーブルを活用してみてください。

ポータブル電源:120,600mAhの超大容量と3種類の出力方法を搭載し、コンセントのない場所でも電力を供給できます。スマートフォンなら約40回、ACコンセントからはノートPCを約15回フル充電可能です。
【サイズ】:1コネクタ - メス 2.1mm x 5.5mmジャック。 オス 2.1mm x 5.5mmプラグ。 ケーブル材質:18awg

充電で使ってみた Anker PowerHouse II 400

Anker PowerHouse II 400

そして家にある2台目のポータブルバッテリーが同じAnker製で後継機として新しく販売されたPowerHouse II 400です。

こちらも結果から言うといろいろ問題はありながらも無事ソーラーパネルから充電がおこなえました。

PowerHouse II 400も初代と同じく独自規格なのもあってかソーラーパネルの相性問題もあるようで、なんと自社製品である60WソーラーパネルPowerPort solar 60とも非対応という声も見かけました。

それもあってかDCケーブルでの充電はケーブルを変えたり、端子を変えたりと様々試してみましたが結果DCケーブルでの充電はできませんでした。

この点は未だ謎なのでもう少し調査したいところ…。

しかしHypowell ソーラーパネル120WはType-CのQC出力に対応しており、またPowerHouse II 400もType-Cでの充電が可能で、特に問題もなくType-C接続によるソーラー充電は問題なくおこなえました

ポイント

充電効率としてはDCケーブルと同等の充電がおこなえます。
急速充電できるケーブルを別途購入するのをおすすめします。

PD対応でフルスピード充電:最大60Wの高出力で、USB-Cポートからスマートフォンやタブレット端末、ノートPC等のUSB-C機器にフルスピード充電が可能です。PD対応の充電器と共に使用することでGalaxy S10にわずか30分で50%まで充電することが可能です。

ソーラーパネルへの発電量は120Wとなりますが、PowerHouse II 400自体への給電は仕様上、凡そ60Wまでとなるので十分な効率と言えます。

Anker PowerHouse II 400

この日は5月朝10時の少し雲がある状態で38Wの充電となりました。顔が反射してるのはご愛敬で笑
アウトドアにも、電源を:重さ約4.6kgの小型軽量設計で、持ち運びに便利です。約108,000mAh(388.8Wh)の超大容量と5通りの出力方法で、車中泊やキャンプ、旅行、野外撮影にも大活躍。 照明や小型冷蔵庫を数時間にわたり稼働できます。

まとめ

Hypowell ソーラーパネル120W

Hypowell ソーラーパネル120Wを所有しているAnkerのポータブルバッテリーで充電してみたレビューも合わせて今回ご紹介しました。

キャンプには何度かポータブルバッテリーと合わせて持ち込みましたが、発電量が高いソーラー充電ができるのは想像してたより便利で電源で抱えてた悩みが一気に解消されました。

充電の速度も思っていたより高速です!

また他社製品の120W出力のソーラーパネルと比較した際のメリットとして、やはりコンパクトに折り畳めるところです。

常に野外へ出しっぱなしにするのではなく必要に応じて展開して使うものなので、持ち運びがしやすく収納の際にかさ張りにくいサイズで収まるのはかなり良いポイントと言えます。

ポイント

現在Amazonで販売されている120Wのソーラーパネルでは一番コンパクトになる製品かと思います。

ソーラーパネルはポータブルバッテリーを持っている方でキャンプや車中泊などのアウトドアをやる方からすれば実用性も十分あるガジェットと言えます。

また災害時用ではソーラーパネルがあることで電力面では初めて完ぺきな災害対策の準備ができるので、ご興味がある方は是非一度チェックしてみてください。

【収納便利のソーラーパネル】120Wの高電力ソーラーパネルは折り畳み式を採用し、相当電力のソーラーパネルより大幅に縮めており更に取っても付きのため持ち運びに便利です。また重量はわずか5.3kgでアウトドアでも使い勝手が良いです。キャンプ、車中泊はもちろん、災害、停電時にも対応いたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10

撮影機材

2021/9/22

ZV-E10 | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいなぁ!」と考えていた自分は発表の情報を聞き販売日前にソニーストアで予約しました。 予約して販売日に購入したカメラははじめてです! 今回この記事では自分がつい衝動買いしてしまったZV-E10の機能的なメリットや性能のレビューも合わせて、Youtube撮影などのVLOG動画撮影おいておすすめなポイントを7つご紹介し ...

この記事を読む

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ

カメラ関連情報 撮影機材

2021/9/21

【まとめ】カメラや写真・動画の撮影機材のおすすめ記事

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がってます。 趣味に関連するものはつい物欲が増しちゃいますねぇ 今回はそんな凝り性の自分が購入してきたカメラ関連のガジェットやアクセサリーの紹介を中心に、撮影の方法やAdobe編集ソフトの使い方や、写真や動画に関連する内容など、いままで本ブログでまとめてきた記事をジャンルに分けてご紹介します。 目次 一眼レフカメラ ...

この記事を読む

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ

Oculus Quest VR

2021/9/21

【まとめ】OculusQuest2を完全攻略!おすすめ記事11選

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「OculusQuest2でもっと楽しみたい」と思っている本体をすでに持っている方から、「気になっているけどどういうVRゴーグルなの?」といま購入を考えている人まで満足できるコンテンツばかりです。 実際に使って試してみたレビューばかりなので気になる記事をみつけたらリンク先で詳細をチェックしてみてください。 目次 ...

この記事を読む

OculusQuest2 ヘッドストラップを徹底比較

Oculus Quest VR

2021/8/16

【OculusQuest2】ヘッドストラップを徹底比較!エリートストラップと非純正品を比べてみた

VRゴーグル、OculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 高性能なパソコンなども必要なくゴーグル単体でVR体験ができることからVRゴーグルの中でいま話題の人気モデルです。 販売価格も3万円代とバーチャル体験のクオリティーを考えるとコスパにも優れているOculusQuest2ですが、さらに没入感の高い高品質なVR体験をするうえで大事な要素がゴーグルのヘッドストラップです。 OculusQuest2のヘッドストラップは付け替えが可能となっており、純正品ではエリートストラップ(Eliteストラップ)があ ...

この記事を読む

スマートフォン用カメラグリップ、ShutterGrip2

撮影機材

2021/8/1

ShutterGrip2 | スマホを一眼レフに!?多機能な撮影向けカメラグリップ

スマートフォンを一眼レフカメラのような感覚で撮影できるガジェットがあったら気になりませんか? 今回はスマホで写真や動画の撮影を多くするインスタグラマー必見のポケットサイズのスマートフォン用カメラグリップ、ShutterGrip2(シャッターグリップ2)をご紹介します。 ShutterGrip2はクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)で先行発売され評価も高く注目を浴びたカメラガジェットでしたが、とうとう一般での販売も開始されました。 機能性に一目惚れし、はじめてクラウドファンディングで購入し ...

この記事を読む

一眼レフカメラのイメージセンサーのクリーニングを自分でやる賢い方法

カメラ関連情報

2021/7/28

一眼レフカメラのイメージセンサーのクリーニングを自分でやる賢い方法

ミラーレス一眼レフカメラや一眼レフカメラで大事なことにカメラクリーニングがあります。 主なクリーニングとしてはレンズのクリーニングとカメラボディ本体と2種類あります。 レンズのクリーニングではレンズペンやレンズクリーナーなどの方法があり、基本的にはレンズに取り付けているレンズフィルターを掃除してキレイにする作業になるのでそこまで神経質にならなくてもおこなえます。 何かトラブルがあってもレンズフィルターを交換すればいいですしね! カメラボディ本体の写真映りに関連するイメージセンサーのクリーニングは内部構造な ...

この記事を読む

クラウド会計ソフトFreee

Webサービス ライフハック

2021/7/21

クラウド会計ソフトFreee | 無料で始める!青色申告・確定申告のおすすめソフト

個人事業主になるにあたって大きな悩みの1つが「青色の確定申告ってどうやるんだろうか?」と言うもの。 仕事は取れるだろうか、生活できるだろうか、などの悩みはもちろんありますが、確定申告をやったことない人からすると分からない分野すぎて「ちゃんとできるんだろうか…」と言う不安が強く残ります。 特に自営業の方が3月頃にあげる悲鳴の声を聴いてるとその不安も増しますね…。 2021年に晴れてフリーランスとして独立した自分がまさにそれで、「どうしたものか…」と悩んでいる時に出会ったのが確定申告ソフトとして使えるクラウド ...

この記事を読む

FLEXISPOT デスクバイクV9

ライフハック 便利グッズ

2021/7/20

FlexiSpot デスクバイクV9 レビュー | PC作業しながら運動できるエアロバイク

フリーランスにもなり在宅によるパソコンのデスクワークが多い中で「如何にして集中した効率のよい作業がおこなえるか」はかなり重要な課題です。 それもあり作業を効率化できるガジェットや便利グッズは個人的に率先的に取り入れるようにしています。 テレワークにおすすめな作業効率化に関するガジェットの記事は下記にまとめています。 それ以降も「他にも使えるグッズはないか?」と探していたところ、なんとオフィスなどで活用できるデスク関連商品を多く販売しているFLEXISPOT様から運動しながら作業ができるデスクバイクを提供す ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-アウトドア, バッテリー・充電機器
-, , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.