アウトドア バッテリー・充電機器

Anker PowerHouse II 400 レビュー | 価格と性能のバランスが良い大容量ポータブルバッテリー

Anker PowerHouse II 400 レビュー 良コスパ!はじめてのポータブルバッテリーにおすすめ

Anker(アンカー)から大容量な小型ポータブル電源の最新モデルとして「PowerHouse II 400 108000mAh」が販売されました。

自分はAnkerの初代PowerHouseを持っていますが、正直言ってこのPowerHouse II 400は最大出力や機能など様々な点でパワーアップされ使い勝手も向上しています。しかもバージョンアップしているのに値段は初代よりもなんと安い価格です。

スペックが上がったのに価格が安いのはホントびっくり!

ポータブルバッテリーはキャンプや車中泊などのアウトドア用途から災害時の予備電源として、ここ数年でかなり注目度があがったアイテムではありますが、実は日々の生活やテレワークなどの自宅作業においてもポータブルバッテリーがあるだけで何かと役立ちます

今回はPowerHouse II 400のレビューと初代PowerHouseと比べた場合の比較と合わせて、実際に自分がポータブルバッテリーをどのように使っているかご紹介します。ポータブルバッテリーが気になるけどまだ持っていない方は特に必見です!

アウトドアや緊急時からテレワークでも使える108,000mAhの大容量ポータブルバッテリー

Anker PowerHouse II 400 レビュー

Anker PowerHouse II 400はポータブルバッテリーでベストセラーになった同社のAnker PowerHouseの後継機モデルです。

バッテリーの大容量はそのままにポートもACコンセント、USBポート、USBType-C、DCポート、シガーソケットと5種類に拡張。
その他、最大出力の向上からディスプレイ表示の改善と様々な点でバージョンアップされていながらも、価格が39,800円(税込)と従来モデルより1万円安い価格で販売されています。

Anker(アンカー)ってどんな会社?

Ankerロゴ

Anker(アンカー)はモバイルバッテリーや急速充電器などのスマートフォン、タブレット関連機器の開発をおこなうハードウェアブランドで、この分野において欧米ではトップクラスの販売実績を誇る企業です。

現在ではその他にオーディオ機器、ホームプロジェクター、ロボット掃除機などでも展開していますがどれも機能の性能から安定性、修理交換の補償体制からコスパと様々な点で高い評価をあげています。

ポータブルバッテリーが一気に知名度や所有者が多くなったのも、Ankerが発売した初代PowerHouseが貢献した点は大きいと言えます。

現在では様々なメーカーがポータブルバッテリーを販売していますが、正直実態がわからない企業の製品も多く「急に壊れた!」「機能が安定しない」などの情報も稀に見ます。

その点PowerHouse IIはバッテリー関連において実績と信頼があるAnker製品の後継機なのでその点も安心です。

PowerHouse II 400の外観

Anker PowerHouse II 400 外観

デザインは旧PowerHouseのシルバー基調からシックなブラックに。

重量も約4.6kgとサイズも他のポータブルバッテリーと比べると比較的小型で、上部に取っ手がついていることで持ち運び時には重量ほどの重さを感じず気軽に持ち運びができます。

Anker PowerHouse II 400 背面LEDライト

本体の背面と側面にはライトがついて明るさも背面で電球色で3段階、側面で白色灯で2段階の調光が可能。メインの背面が落ち着く電球色なので夜間の照明としてポータブルバッテリー自体を利用できます。

Anker PowerHouse II 400 側面ライト

また側面のライトにはSOSを伝えるフラッシュモードも搭載。キャンプやアウトドアの日常使いのみならず、緊急時にも利用できるポータブルバッテリーと言えます。

Anker PowerHouse II 400 付属品

付属品として充電用のDCケーブルと、USB充電ケーブルとして両側がType-Cのものと、片側がType-A のものが同封されています。

Anker PowerHouse II 400 商品概要・スペック
製品名 Anker PowerHouse II 400
バッテリー容量 108,000mAh
ポート ACコンセント / DC x 2 / USB-A x 3 / USB-C / シガーソケット
入力 DC:最大65W、USB-C:最大60W(合計125W)
出力 AC:最大300W シガーソケット + 5.5mm DC x 2:最大120W
USB-A x 3:各最大12W USB-C:最大60W(合計516W)
サイズ 約255 x 148 x 139 mm
重さ 約4.6kg
アウトドアにも、電源を:重さ約4.6kgの小型軽量設計で、持ち運びに便利です。約108,000mAh(388.8Wh)の超大容量と5通りの出力方法で、車中泊やキャンプ、旅行、野外撮影にも大活躍。 照明や小型冷蔵庫を数時間にわたり稼働できます。

最大300Wの出力で8台同時の充電が可能

Anker PowerHouse II 400 最大出力300Wで合計8台まで充電可能

Anker PowerHouse IIは最大300WのACポート、シガーソケット、USB Type-Cが1口、Type-Aが3口、DCポートが2口で5種類合計8つの充電ポートを備えています。

充電ポートは8つ同時利用も可能で合計で最大516W、スマートフォンやガジェットなどを同時充電できます。

バッテリー容量も108,000mAhと大容量。MacBookなどのノートパソコンでも約5回、iPhone12 Proなどのバッテリー容量が強化された最新型スマートフォンでも約20回以上の充電が可能です。

スマートフォンやタブレットの充電だけで容量を全部使うのは結構大変です(笑)

また PowerHouse IIはAnker独自技術のPowerIQ 3.0 (Gen2)を搭載。USB Power Deliveryとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm Quick Chargeなど幅広い機器への急速充電にも対応しています。

昨今、様々なバッテリー商品も容量が大型化してきている中での急速充電の対応範囲の広さはかなりありがたい点です。

各種機器への充電回数 参考値 ※Anker調べ

  • スマートフォン:23回
  • ノートPC(60Wh):5回
  • タブレット(30Wh):11+回
  • LEDランタン(10W):29回
  • カメラ(16Wh):20+回
  • ドローン(60Wh):4回

家電製品への給電時間 参考値 ※Anker調べ

  • 小型冷蔵庫(50W):6時間
  • 扇風機(30W):9-10時間
  • Wi-Fiルーター(10W):29-30時間
  • 43インチTV(110W):3時間
  • コードレスドリル(30Wh):10+時間
10万mAhのポータブル電源があると充電の悩みがかなり解消されますね!

最短4時間で充電完了 Type-CとDC入力ポートでダブル急速充電

Anker PowerHouse II 400 の充電

Anker PowerHouse IIの本体はDC入力ポートからの充電だけではなく、USB PD対応のUSB-Cポートの2種類から充電がおこなえます。

ポイント

従来のポータブルバッテリーの殆どはDC入力ポートでの給電のみなので、Type-Cケーブルでも充電できるのはかなり便利です。

充電効率としてはDC入力ポートの充電が最大65W入力USB-Cでは最大60W入力となります。

USB-Cでの充電の場合、別途60W出力対応の充電器があると充電能力が最大限活用できます。

さらにPowerHouse IIは同時給電にも対応しており、ダブルで充電すれば最大125W入力になり最短4時間でフル充電が可能です。

最大容量が多いだけあってポータブルバッテリーは満充電するには時間が必要なので、利用用途が多い時や、外出先で充電をしたい場合には特に嬉しいポイントです。

またパススルー充電にも対応しているので、Anker PowerHouse IIを充電しながらでもガジェットに給電することができます。

大画面で見やすいLEDディスプレイ 使用ワット数と残り利用時間もわかる

Anker PowerHouse II 400 大型LEDモニター

本体の前面には大型のLEDディスプレイが搭載。本体の充電状況を1%刻みで直感的にわかりやすく確認できます。

またバッテリー自体への充電時には充電ワット数、充電完了時間の充電状況が表示され、ガジェットへの給電時には使用ワット数、使用可能時間の給電状況が表示されます。

ポイント

調理器具など消費電力が多い家電を使う場合、バッテリーを使える残り時間が分単位でわかるのは使いやすいです

またディスプレイ下にはACコンセント、USBケーブル、カーソケットごとへの給電ボタンがあり、対応するボタンを使うことでその種類のみの電源のオンオフ操作ができます。

ソーラーパネルの利用で太陽光での充電も可能

Ankerから公式でPowerHouse対応のソーラーパネルが販売されており、ポータブルバッテリーと接続することで太陽光によるソーラー充電がおこなえます。

キャンプなどで2泊以上する場合などでも、日中に接続して太陽の向きに合わせて置いておくだけでかなりの量を充電できるので電力問題がかなり解消されます。

ポイント

パススルー機能がついているので、例えばポータブル冷蔵庫を使いながらでも充電できるのでソーラーパネルがあるとかなり便利です。

また自分は他社のHypowell 120Wソーラーパネルを購入しましたが、こちらでも問題なく充電できました。

Hypowell 120Wソーラーパネル

【収納便利のソーラーパネル】120Wの高電力ソーラーパネルは折り畳み式を採用し、相当電力のソーラーパネルより大幅に縮めており、更に取っ手付きのためお持ち運びには便利です。

こちらのソーラーパネルは9枚の構成となっており、他メーカー商品の3枚・4枚構成と比べて折り畳み枚数が多く、よりコンパクトにして持ち運べます。

車のルーフボックスに入る幅になるのが良きポイント!

ソーラーパネルは実際使ってみると太陽光の強さや雲の状態などの天候の状態によって給電状況が大きく変わり、ソーラーパネルに記載スペックの最大ワット数で給電できるのがほぼありません。

Hypowell 120Wソーラーパネルの影

このように遮蔽物で日陰になると充電効率が下がってしまいます。

購入する際には求めている給電ワット数より大きめのソーラーパネルを買っておいたほうが後悔が少ないかと思います。

Hypowell ソーラーパネル120Wについて詳細の記事をまとめたのでこちらもご確認ください。

Hypowell ソーラーパネル120W
Hypowell ソーラーパネル120W レビュー | 9枚パネルでコンパクト ポータブルバッテリーの充電におすすめ

キャンプや車中泊のアウトドアや、災害時の対策として年々需要が高まっているガジェットがポータブルバッテリーです。 様々なメーカーから新しいモデルも次々に発売され、大容量のバッテリーも年増しにバージョンア ...

続きを見る

初代Anker PowerHouseと比較してみた

初代Anker PowerHouseとの比較
2018年に購入してから未だ現役で活躍している初代のAnker PowerHouseと比較してみます。
先に結論を述べると、トータル的に性能が向上し機能も追加され、かなり使いやすくなっています。

初代Anker PowerHouseと比較してみた

  • 最大出力が150Wから300Wに
  • Type-Cでポータブルバッテリーが充電可能
  • ディスプレイへの出力情報、入力情報の表示
  • バッテリー容量が120,600mAhから108,000mAhと減少
  • 本体にLEDライトの照明が追加
  • 奥行のサイズがコンパクト化
  • 取っ手部分が非可動式に

一番の大きなポイントはやはり最大出力が300Wになったところ。
初代PowerHouseはポータブルバッテリーが流行るキッカケになった初期型の製品なのもあり最大出力が150Wと少し弱め。

目安としてスマートフォンなどの電子機器の充電やUSB機器を使う分には150Wもあれば充分ですが、ケトルや調理器具などコンセントを使う家電だと出力が対応していないものも多いです。

出力ワット数を購入時まったく考慮してなかった自分も、買ってから「もう少し余裕があればよかったなぁ」と思わされました。

キャンプや車中泊でも使いたい際には最大出力ワットは大事なポイントです。

バッテリー容量自体は初代と比べ若干少なくなりましたが、本体への充電速度の向上とType-Cでも充電できるようになったのが運用にあたっての強みと言えます。

初代Anker PowerHouseとの上からの比較

本体サイズは比較すると初代PowerHouseと比べると奥行きがなくなりましたが少し横長に。収納場所によって使いやすさは変わりそうですがどちらもコンパクトなのは変わりありませんね。

Anker PowerHouse II 400 取っ手部分

ひとつ残念な点をあげるならば、取っ手部分が可動式から非可動式になったことで運搬性は上がりましたが天板部分に充電中の機器などを置きにくくなりました。

取っ手を初代と同じ可動式にするとPowerHouse IIにしか装備がない裏面の照明部分と重なることを避けての配慮感があるので照明が追加でついたことをメリットと考えるべきですね。

ポイント

機器を充電する目的だけ考えればどのポータブルバッテリーも一緒に見えていましたが、自分で実際に比較してみるとPowerHouse IIの魅力が改めてわかりました。

テレワークな今こそ使える ポータブル電源があればどこでも職場に

ポータブルバッテリーがあればどの場所でも作業スペースに

キャンプなどのアウトドアや災害などの緊急時以外でも、ポータブルバッテリーは家庭でも1つあれば何かと活用できます。

「コンセントが使いたいけどもすでに埋まっていて使えない」「延長ケーブルがなくて使えない」などよくありがちな悩みもポータブルバッテリーが1つあればそれらの問題は解決できます。

テレワークなど自宅作業の需要が多くなってきた昨今、リビングなどの共有スペースにノートパソコンを広げて仕事をしている人から、場合によっては落ち着ける場所を求めた結果、車を作業場にしている人をもいるかと思います。

ポータブルバッテリーがあれば、パソコンの電源の心配や、Wi-Fi やスマートフォンなどの業務に必要な電子機器のバッテリー残量を気にせずに長時間利用できるので、自由にどこでも仕事ができる環境を手に入れることができます。

愛車を作業スペースにする自分の使い方

Anker PowerHouse II 400 車の中で作業

自分はキャンプや写真撮影などアウトドアな趣味もあり、休日の前日から車中泊をおこない朝一から撮影できるようにマイカーのフリードスパイクをキャンピングカー仕様にしています。

後部座席はフルフラットにしマットを設置し足を延ばして寝れる長さを確保し、常設の荷台も兼ね揃えた机を設置しているので環境としてはさながら漫画喫茶のフラット席。その空間にポータブルバッテリーを持ち込むことで車を移動オフィスとして利用できます。

その際にはポータブルバッテリーをノートパソコンの充電のみではなく、車内の照明をはじめ様々な電化製品の電力として使用しています。

暖かい飲み物もすぐ作れる 車用電気ケトル

車載用電気ケトル

電気ケトルを使えば車内でも温かい飲み物が手軽に作ることができます。

しかし一般的な電気ケトルは使用ワット数が600W以上と出力を求めるものが多いので、自分は車のシガーソケットの電力でお湯を作れる車内専用のケトルを使っています。

ポイント

車のシガーソケットで使える製品は概ね利用できます

低電力で利用できる反面、そこまで高温にならず湯沸かしに時間がかかったりしますが、車内で作業しながら休憩がてらコーヒーを飲む、なんて使い方でしたら問題なく使うことができます。

長距離ドライブやアウトドア、車中泊などに活躍する電気ケトル。車内でお湯を注いで、いろいろ調理が可能。(コーヒー2.5杯・カップメン1杯など)

焼く炒める蒸す煮るがこれ1つ ちょこっと家電

焼く煮る炒める蒸すがこれ1つで ちょこっと家電

車内でちょっと料理をしたいなぁとおもった時に使えるのがこの「ちょこっと家電」

キャンプやアウトドア系のYoutuberの紹介から知名度がぐっとあがったアイテムですが、これ1つで焼き料理から炒め料理、蒸し料理から煮込み料理もできるまさに万能な小型鍋です。

特徴として出力も250Wほどと300W以内で使えPowerHouse IIには最適な調理器具です。

初代PowerHouseでは150Wまでで使えなかったのでこれはありがたいところ

サイズも小さいので邪魔にならないのと、アルミホイルや100均のアルミ鍋などを上に置くことで洗い物なく使えるのもメリットです。

焼肉も鍋もこれ一台で楽しめて便利なプレート。鍋は取り外し可能で、こちらを外すとプレートに変身します。蓋は取っ手付きで便利。

寒い時もぬくぬく 電気毛布

車内も電気毛布でぬくぬく

冬の寒い車内でも気にせずぬくぬくな環境で作業できるのは電気毛布のお陰です。

使っている電気毛布はアウトドア用などではない一般的コンセントタイプのものをAmazonで購入しましたがこちらも PowerHouse IIを使うことで問題なく利用できます。

弱中強と3段階ありますが、中程度ならば一晩中でも使えるほどなので長時間の作業でも問題なく利用できます。

もちろん車中泊などの車での利用だけではなくキャンプでも自宅での日常でも使えるので冬の時期は大活躍です。

仕様:ホットブランケット、電気ひざ掛け毛布、電気膝掛け毛布(電気毛布)●ダニ退治機能搭載 ●室温センサー ●ウォッシャブル:洗える、丸洗いOK(洗濯OK) ●日本製:ナカギシ製品は、安心の日本製。

カメラ、LEDライト、スマートウォッチ、様々な電子機器の充電として

様々なガジェットを充電

土曜日、日曜日と日をまたいで撮影する場合は車中泊をすることが多いですが、その際にポータブルバッテリーがあれば一眼レフなどの撮影機材のバッテリー問題の心配もありません。

一眼レフ以外にも、ストロボや外部モニター、ドローンからジンバル、スマートウォッチと充電が必要なものは様々ありますが、バッテリーを使い切ってもポータブルバッテリーがあれば1日目の終わりに充電することで2日目も問題なく撮影の活動ができます。

カバンなどに入れる持ち運び用のモバイルバッテリーへの給電にも使えますね

車で移動することが多いカメラマンの方は大容量のバッテリーを1つ持っているだけ充電トラブルをだいぶ回避することができますよ。

ポイント

車のシガーソケットからでも充電はできるのでポータブルバッテリーの走行充電も可能です。

まとめ

PowerHouse II 400

Anker PowerHouse II 400をレビューしましたが、この記事を書くためにいろいろと調べたり実験することでPowerHouse IIの製品としての良さをさらに実感しました。

そんなPowerHouse IIがおすすめな人としては下記の通りです。

こんな方におすすめ

  • はじめての1台としてポータブルバッテリーを買いたい人
  • コンパクトなポータブルバッテリーを使いたい人
  • 300W以上を必要とする家電を使う予定がない方
  • 安心して安定感があり安価なものを使いたい人

Ankerの初代PowerHouseを皮切りに、現在では様々なメーカーからポータブルバッテリーが発売されていますが、正直モノが多すぎるのもあり「どれがいいかわからない!」と悩んでいる方もいるかと思います。

その点 PowerHouse IIはバッテリー関連製品に実績があるAnker製品で、ベストセラーとなった初代PowerHouseのバージョンアップ版ということもあり製品としての安心感があります。

ポイント

バッテリー関連の安全性の重要度は高いのでこの「安心」はかなり重要です。

さらに容量が大きい大型のポータブルバッテリーもありますが、これ以上のクラスになると価格はもちろん重量やサイズ感もかなり増し取り回しも悪くなり、出力ワット数が高い家電などを使う用途が無い場合は、これ以上のクラスはオーバースペックになりがちです。

大きすぎるから、重たいから使わない…では本末転倒ですしね

パソコンやスマートフォンなどの電子機器の充電が中心で、最初の1台としてポータブルバッテリーが欲しい方にはコスパも合わせて丁度いいバランスの製品と言えます。

ポータブルバッテリーが1つあると災害時などの緊急時だけではなく、何かと生活でも使えるアイテムなので興味がある方はチェックしてみてください。

アウトドアにも、電源を:重さ約4.6kgの小型軽量設計で、持ち運びに便利です。約108,000mAh(388.8Wh)の超大容量と5通りの出力方法で、車中泊やキャンプ、旅行、野外撮影にも大活躍。 照明や小型冷蔵庫を数時間にわたり稼働できます。

さらに容量、出力が欲しい方向けに一回り大型のAnker PowerHouse II 800が新しく販売されました。
大型のポータブルバッテリーを求めている方はこちらがおすすめです。

超大容量ポータブル電源: 216,000mAh (778Wh)の超大容量と11台同時かつ合計最大770Wの超高出力を兼ね備えたシリーズ史上最もパワフルなスペックを誇るポータブル電源。家族や友人とも一緒に使える超大容量バッテリーで2泊3日のキャンプ、車中泊に最適です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スマートフォン用カメラグリップ、ShutterGrip2

撮影機材

2021/8/1

ShutterGrip2 | スマホを一眼レフに!?多機能な撮影向けカメラグリップ

スマートフォンを一眼レフカメラのような感覚で撮影できるガジェットがあったら気になりませんか? 今回はスマホで写真や動画の撮影を多くするインスタグラマー必見のポケットサイズのスマートフォン用カメラグリップ、ShutterGrip2(シャッターグリップ2)をご紹介します。 ShutterGrip2はクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)で先行発売され評価も高く注目を浴びたカメラガジェットでしたが、とうとう一般での販売も開始されました。 機能性に一目惚れし、はじめてクラウドファンディングで購入し ...

この記事を読む

一眼レフカメラのイメージセンサーのクリーニングを自分でやる賢い方法

カメラ関連情報

2021/7/28

一眼レフカメラのイメージセンサーのクリーニングを自分でやる賢い方法

ミラーレス一眼レフカメラや一眼レフカメラで大事なことにカメラクリーニングがあります。 主なクリーニングとしてはレンズのクリーニングとカメラボディ本体と2種類あります。 レンズのクリーニングではレンズペンやレンズクリーナーなどの方法があり、基本的にはレンズに取り付けているレンズフィルターを掃除してキレイにする作業になるのでそこまで神経質にならなくてもおこなえます。 何かトラブルがあってもレンズフィルターを交換すればいいですしね! カメラボディ本体の写真映りに関連するイメージセンサーのクリーニングは内部構造な ...

この記事を読む

クラウド会計ソフトFreee

Webサービス ライフハック

2021/7/21

クラウド会計ソフトFreee | 無料で始める!青色申告・確定申告のおすすめソフト

個人事業主になるにあたって大きな悩みの1つが「青色の確定申告ってどうやるんだろうか?」と言うもの。 仕事は取れるだろうか、生活できるだろうか、などの悩みはもちろんありますが、確定申告をやったことない人からすると分からない分野すぎて「ちゃんとできるんだろうか…」と言う不安が強く残ります。 特に自営業の方が3月頃にあげる悲鳴の声を聴いてるとその不安も増しますね…。 2021年に晴れてフリーランスとして独立した自分がまさにそれで、「どうしたものか…」と悩んでいる時に出会ったのが確定申告ソフトとして使えるクラウド ...

この記事を読む

FLEXISPOT デスクバイクV9

ライフハック 便利グッズ

2021/7/20

FlexiSpot デスクバイクV9 レビュー | PC作業しながら運動できるエアロバイク

フリーランスにもなり在宅によるパソコンのデスクワークが多い中で「如何にして集中した効率のよい作業がおこなえるか」はかなり重要な課題です。 それもあり作業を効率化できるガジェットや便利グッズは個人的に率先的に取り入れるようにしています。 テレワークにおすすめな作業効率化に関するガジェットの記事は下記にまとめています。 それ以降も「他にも使えるグッズはないか?」と探していたところ、なんとオフィスなどで活用できるデスク関連商品を多く販売しているFLEXISPOT様から運動しながら作業ができるデスクバイクを提供す ...

この記事を読む

マキタ USB電源アダプター

makita アウトドア バッテリー・充電機器

2021/7/8

マキタ USB電源アダプター レビュー | Li-ionバッテリーをスマホ充電器に【各製品の比較】

電動工具で有名なメーカでMakita(マキタ)がありますが、このマキタのコードレスの電動ドリルなどの電力はLi-ion(リチウムイオン)バッテリーとなっています。このバッテリーは取り外しが自由でバッテリーの電圧が対応している他のマキタ工具などに共有し使いまわせます。 マキタ製品を1つ購入するといろいろなマキタ製品も導入しやすくなります またマキタは電動工具以外にもコードレス掃除機や、扇風機など業務用以外の家庭で日常的に使える製品も数多く販売しています。 そしてそんなバッテリーを使いまわせるマキタ製品の中で ...

この記事を読む

オキュラスクエスト2の魅力 できること9選【OculusQuest2】

Oculus Quest VR

2021/7/6

オキュラスクエスト2でできること9選!おすすめな楽しみ方のアレコレ

PCなどの高スペックのパソコンがなくても、単独で高品質なVR体験ができるガジェット、オキュラスクエスト2(OculusQuest2) オキュラスクエスト2はビッグカメラなどの家電量販店でも販売されたことで販売台数も増え、テレビCMなどもおこなわれたことで知る人ぞ知るガジェットから「見たことはある!」と多くの人が感じるようになったVRゴーグルになりました。 価格も3万円台とPS5などのゲーム機より安い価格なのも嬉しい点です オキュラスクエスト2のレビューや詳細については下記記事でもまとめています。 そんな最 ...

この記事を読む

タムロン 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 広角単焦点レンズ

レンズ 撮影機材

2021/7/2

【作例・レビュー】タムロン 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 | 軽量で寄って撮れるソニー用の広角単焦点レンズ

タムロンからソニーのEマウント用として販売された「寄れる広角単焦点シリーズ」の1本にTamron 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)があります。 20mmと言う距離感は超広角とも言える画角の広角レンズで、標準ズームレンズが24mm、または28mmから始まるものが多いのもあり、広角ズームレンズを持っていないとなかなか使う機会が少ない画角のレンズかもしれません。 その中でタムロンの20mm F2.8の広角単焦点はお試しで購入しやすい価格帯でかつ軽量コンパクトと実にカ ...

この記事を読む

マキタのおすすめコードレス掃除機 CL182FDZW

makita 便利グッズ

2021/7/9

【マキタ】紙パック対応のおすすめコードレス掃除機 | CL182FDZW / CL282FDZW

建築用のプロ向け電動工具で有名な企業にマキタ(makita)があります。 電動ドリルなどの工具をはじめ、マキタ製品は交換可能なリチウムイオンバッテリーを使うことでコードレスながらハイパワーで使えるガジェットを多く販売しています。 マキタ製品はキャンプや車中泊でも使えるものも多く、アウトドア好きとしてすっかりマキタの虜になりました笑 マキタ製品の種類は建築用向けも多いですが、一般家庭で使える商品も多くあり、その中で特におすすめな製品ジャンルの1つがコードレス掃除機です。 マキタの掃除機はネットでも評判が高く ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-アウトドア, バッテリー・充電機器
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.