アウトドア バッテリー・充電機器

EcoFlow River Pro レビュー | 車中泊やキャンプにおすすめのポータブル電源

EcoFlow River Pro レビュー

2020年に大容量バッテリー「EFDELTA」を発売したのを皮切りに様々なポータブル電源を販売しているのがEcoFlow(エコフロー)

EcoFlowの製品はクラウドファンディングの「Makuake」で出品した際には5億円以上の応募金額を集めて歴代最高金額を記録したこともあったりと、ポータブル電源において大変注目を浴びている企業です。

今回はそんなEcoFlowが2021年に発売した「RIVERシリーズ」で小型ながら高性能なモデル「EcoFLow RIVER Pro」を実際に購入したので製品の特長やポイントの説明からレビュー、車中泊などに使って見た感想をお伝えします。

ずっと欲しかった大型ポータブル電源!ようやく買えました!

大容量ポータブル電源 EcoFlow RIVER Pro 概要

EcoFlow RIVER Pro(エコフロー リバープロ)」は720Whを誇る大容量ながらキャンプや車中泊などのアウトドアでも持ち運びしやすいポータブル電源です。

ポイント

昔は名称が「RIVER 600 Pro」だったところ「RIVER Pro」へと変更されたようです。

EcoFlow River Pro レビュー

到着時の外観の箱。しっかり梱包されています。

定格出力は最大600Wで瞬間最大出力は1200Wまで対応が可能です。

しかしEcoFlowの大きな特徴の1つとしてX-Boost機能があり、これを活用することでなんと電子レンジやドライヤーなどの1200Wほど必要な家電でも長時間、問題なく動かすことができます。

この機能が他のポータブル電源にはないメリット!

出力端子はUSB、ACコンセントなど最大10製品への同時給電も可能となり、これ1つあれば外出先でも殆どの電化製品の使用から充電をカバーできます。

本体には大画面の液晶ディスプレイが備わっており、残りのバッテリー残量を数字とインジケーターでわかりやすく視覚的に確認できます。

ポイント

使用電源のワット数や使用可能時間、充電中の入力ワット数から充電完了時間を数字で確認できるのも便利です。

付属品にはAC充電ケーブル以外にもシガーソケット用の充電ケーブル、ソーラーパネル用の充電ケーブルがついています。

付属品 一式

付属品 一式

・DC5521-DC5525 ケーブル ・1.5m MC4 to XT60 ソーラーパネル充電ケーブル
・1.5m AC充電ケーブル ・1.5m シガーソケット充電ケーブル ・ユーザーマニュアル

またポータブル電源は海外製品が多い中、説明書から専用アプリ、サポートも日本語対応されているところから安心感もあります。

さらにRIVER Proは拡張機能としてRever Pro専用のエクストラバッテリーが別売されており、これを接続することで容量は2倍の1440Whと超大容量に拡張も可能です。

ポイント

エクストラバッテリーは本体と有線接続。個別に分けて持ち運びできます。

価格は定価が79,800円となりますが、バッテリー容量と使用ワット数の上限などのバランスを考えるとコストパフォーマンスに優れています。

EcoFlow RIVER Pro スペック 製品仕様
商品名 ‎EcoFlow RIVER Pro
容量 720Wh (28.8V)
電池素材 三元素リチウムイオン
保存性 1年(フル充電後)
寿命 800回以上 (80%+)
AC充電入力電力 最大660W(X-Steamテクノロジー)
ソーラーチャージ入力 200W 10V-25V DC最大12A
シガーソケット入力 12V DC最大10A
AC出力 600W (サージ1200W),100V AC( 50Hz/60Hz)
出力ポート数 ・AC出力(x3)・USB-A出力(x2)・USB-A急速充電(x1)・USB-C出力(x1)・シガーソケット出力(x1)・DC5521 出力(x2)
重量 7.2kg
寸法 28.9x 18.0 x 23.5 cm
保証期間 お買い上げ日から24カ月
【3x600W ACコンセントと720Whの容量】RIVER Proは、最大10台のデバイスに同時に電力を供給できます。 3つの純粋な正弦波ACコンセントを備えたRIVER Proは、X-Boostモードをオンにした状態で最大1200Wのデバイスに電力を供給できます。 720Whの容量を備えたRIVER Proは、実際の出力に応じて、お大切なデバイスに数時間の充電することができます。【1時間以内に0%から80%まで充電】EcoFlowの特許申請中のX-Streamテクノロジーにより、1時間もかからない0%から80%まで高速充電して、1.6時間で完全に充電されます。
【容量を720Whから1440Whに倍増】RIVER Pro専用エクストラバッテリーは、RIVER Proと合体して、容量は1440Whまで増やすことができます。なお、RIVER Pro エクストラバッテリーは単独では使用できません。使用するには、モジュールをRIVER Proにインストールする必要があります。

EcoFlow RIVER Maxやその他モデルとの比較

EcoFlow その他モデルとの比較

画像引用:EcoFlow 公式

EcoFlowのRiverシリーズのベースには「RIVER」と「RIVER Pro」の2種類があります。
それらに加えて、「RIVER」と専用の追加バッテリーが最初からセットになっているのが「RIVER Max」となります。

RIVER ProとRIVER Maxのスペックは性能差や充電ポート数、外観はあまり変わりません。

大きな違いの1つはバッテリー容量で、Proは720Wで、Maxでは576Wです。
AC充電入力はProでは最大660Wで、Maxでは500Wなので充電速度もProのほうが早いです。

また重量は容量と反比例しておりRIVER Proのほうが500gほど軽く、縦の大きさも4mmと若干ながらコンパクトになっています。

基本的にはRIVER Proのほうが優れていますね

但し照明関連においてはRIVER Maxでは搭載されていたムードライト機能はProでは無くなっており、フラッシュライトだけとなりました。

ポイント

ライトの2段階の明るさ変更、SOSの点滅モードと一般的な機能は使えるのでポータブル電源本体の照明にこだわりがなければ問題ありません。

またRIVER Maxは追加バッテリーを外すことで性能や機能はそのままで容量が288Whの小型なポータブル電源「RIVER」として使えるので、気軽に外へ持ち出したい時が多い場合は、RIVER Maxのほうが取り回しが良いとも言えます。

ポイント

RIVER Pro専用のエクストラバッテリーはMaxには装着できません。
価格自体はProよりMaxのほうが安いので必要なバッテリー容量で選択しても良いかと思います。

【3x600WACコンセントと576Wh容量】RIVER Maxには3つのACコンセントと576Whの容量があり、コンパクトでありながら、安心安全な電力をサポートします。【1時間以内に0から80%まで充電】EcoFlow X-Stream チャージテクノロジーは、1時間以内に0〜80%からポータブル電源を再充電します。静かな充電はEcoFlowアプリから有効にできます。APPの「静音モード」ステータスをオンにすることで、より静かな充電状態に切り替えることができます。

最大10口まで同時充電可能 USB-Cは最大100W出力が可能

EcoFlow River Pro 出力可能なポート

画像引用:EcoFlow 公式

EcoFlow RIVERシリーズの充電ポートはAC出力(一般的なコンセント)が3口、USB Type-Aが3口、Type-Cが1口、シガーソケット出力が1口、DC出力が2口の計10口ついています。

充電ポートを複数使っての電化製品の同時充電または同時使用も可能です。

USBは急速充電にも対応しており、USB-Cは最大100W出力が可能です。
これは最新のMacBook Proの充電も可能な出力で、100W出力が可能な5A対応のUSBケーブルさえあればワット数が必要なノートパソコンも問題なく本来のスペックで充電できます。

急速充電でワット数が必要なノートパソコンやスマホも多くなってきたので嬉しいところ!

EcoFrow RIVER Proの出力ポート

USB-Aポートの3口も2つは「5V / 2.4A」、もう1つは「QC3.0」に対応しています。

AC出力は純正弦波で定格周波数も50/60Hzの選択式です。
国内で販売されいてる殆どの電化製品に対応しているので安心して利用することができます。

EcoFlow RIVER Pro 充電口

ポイント

ACコンセントの口が3つあるのも使い勝手がよくておすすめなポイントです。

1200Wまでの家電なら使える X-Boost

EcoFlow X-Boost機能

画像引用:EcoFlow 公式

EcoFlowの大きなメリットの1つが使用可能な電化製品の対応の広さです。

RIVERシリーズにはEcoFlow社独自の「X-Boostテクノロジー」が搭載されており、この機能をオンにすることで600W以上の出力が必要な家電も600Wまでに抑えて使用できるようになります。

それにより1200Wほど必要なIHコンロ、電子レンジやドライヤーなども問題なく使うことがおこなえるので、出力ワット数を考える必要があるポータブル電源ながらほぼほぼ家電の制限が無くなるのでのでかなり便利です。

River Pro ドライヤーを利用

600Wの出力でドライヤーを使えます

ポイント

但しあくまで600Wに抑えての利用になるのでドライヤーの場合では風力などは少し弱めになります。

車中泊やキャンプ用のワット数が少ない家電をわざわざ購入しなくても家で普段使っているものを流用できるのは魅力と言えます。

自分も様々な家電をRIVER Proで試しに使って見ましたが現時点では特に問題なく使用できています。

X-Boost機能の注意事項

・X-Boost機能の利用時にはオーバーロードを回避するためデバイス1台のみ接続し複数台の給電は控える
・本体にAC充電しながらX-Boost機能は利用できない
・1200W以上の電化製品も使えるが、1200W以上の機器と接続し不具合が起きた場合は保証対象外に

他のポータブルバッテリーと比較しても早い高速充電

EcoFlow 高速充電

画像引用:EcoFlow 公式

EchoFlow RRIVER Proの魅力の1つが充電速度の速さです。

EcoFlow社の独自技術「X-Streamテクノロジー」によってかさ張るアダプターもなく最大660Wで充電が可能です。
これによって充電時間は0%から80%までなら1時間以内、フル充電なら1.6時間で完了します。

EcoFlow RIVER Pro 充電

6口の延長タップのコンセントから充電。370W充電できていますね。

他のポータブル電源も使っていますがこの充電速度は明らかに早く、現行のAnkerやJackeryなどの製品と比較してもかなり高速です。

またコンセント以外での充電として同封されているDCケーブルを使っての車での充電も100Wほどで可能です。

ポイント

車での移動時間で相当の電力を充電できるので、連泊での車中泊など車を使った旅行が多い人にはかなりおすすめです。

さらに最大200Wでのソーラー充電も可能で、110Wの純正ソーラーパネルを2枚接続することで最短4~8時間で充電が可能となります。
キャンプや災害時においても日中の時間帯で十分に必要分の電力を確保できます。

EcoFlow RIVER Pro 充電口

側面にある充電口。フタ付きの開閉式になってます。

充放電サイクルも800回以上可能とかなり多く、長い期間バッテリー能力の低下などを感じることもなく利用できるのが魅力です。

また停電時に活躍するEPS機能(無電源装置)も備わっており、停電時には30ミリ秒以下で電池給電モードへ自動的に切り替わります。

ブレーカーなどが落ちてもRIVER Proを繋げておけば電源も切れずに運用できます。

その機能によりEcoFlowを充電しながらでも、バッテリーを経由せずに家庭用コンセントから電力を使うことができるのでバッテリーを痛める心配もありません。

ポイント

ポータブル電源を容量と出力可能ワット数だけで比較しがちですが、充電の早やさも加えて入力に関連する部分がEcoFlowはかなり優れています。

スマホアプリとの連携で遠隔操作・情報確認

EcoFlow スマホアプリとの連携

画像引用:EcoFlow 公式

EcoFlowにはiPhon,Androidどちらにも対応している公式アプリがあり、EcoFlow本体とスマホをペアリングすることで消費電力状況の確認から一部機能の設定を遠隔操作でおこなえるようになります。

またEcoFlow本体側だけでは設定変更ができないX-Boost機能のオンオフ設定をはじめ、周波数の変更、ボタン操作時のピープ音など細かな設定のカスタマイズが可能です。

その他にも実用的に設定できる変更項目として充電量の上限設定もあります。

充電量の上限を70%などに設定しておくことで自動的に充電が終わるようになります。

長期保管する時やバッテリー寿命のことを考慮した場合には満充電せずに残量を50~70%にして置いたほうがバッテリーに優しいと言われているので、緊急時の備えとしてポータブルバッテリーを準備しておきたい方にもおすすめです。

細かな設定のカスタマイズができるので、購入したら最初にWi-Fi設定はすましておきましょう。

また特出すべき点としてはアプリを経由することでRIVER Pro本体のファームウェアのアップデートもおこなえます。
ちなみに過去のアップデートでは下記内容が改善されました。

参考

・ファンが回りだす仕様の変更 (静かになった)
・シガーソケットからの充電の改善 (安全性の向上)

今後何か不具合やトラブルが起きた際にも改善できる環境が整っているので、品質的な面でも安心して使うことができますね。

自分はこう使う! EcoFlow RIVER Proの使用例・レビュー

EcoFrow RIVER Pro 車中泊での使い勝手

自分はキャンプや遠出をした写真旅などのアウトドアが好きで車を使ってよく外出していますが、その中でも特に車中泊のことを考慮してEcoFlow RIVER Proを購入しました。

車はホンダのフリードスパイクに乗ってます。
パソコン仕事のフリーランスでもあるので、どこでも仕事ができるテレワーク環境を求めて、と言うのもありますね!

いままでは小型で持ち運びに優れているポータブル電源Anker Powerhouse II 400などを使っていました。

Anker PowerHouse II 400 レビュー 良コスパ!はじめてのポータブルバッテリーにおすすめ
Anker PowerHouse II 400 レビュー | 価格と性能のバランスが良いポータブルバッテリー

Anker(アンカー)から大容量な小型ポータブル電源の最新モデルとして「PowerHouse II 400 108000mAh」が販売されました。 自分はAnkerの初代PowerHouseを持ってい ...

続きを見る

どちらのポータブル電源を使ったうえでEcoFlow RIVER Proと比較して改善された使い勝手は下記の通りです。

EcoFlow River Proの良い点

  • 1200Wまでの家電を気にせずに使える
  • ACコンセントの口が3つあるので複数を同時に使える
  • 家での充電なら1時間あれば80%充電できる
  • 追加機材もなく車の中でも1時間で10%以上充電できる

やはり使用ワット数を気にせず使える点は大きく、自宅にある家電もそのまま使えることでかなり勝手は良くなりました。

そして今回EcoFlow RIVER Proと合わせて購入したのが山善のクッキング ポット & プレートです。

山善のクッキング ポット & プレート

取っ手が折り畳み可能な鍋とフライパンのセットで600W出力の調理器具になります。
3つのパーツすべてが1つに重ねてスタッキングも出来てコンパクト。車にも収納しやすいサイズ感です。

山善のクッキング ポット & プレート

袋ラーメンも鍋の中に入れておけます。火力も強いので時間もかからず作れます。

ポータブル電源の調理器では300W以下で使える「ちょこっと家電」などもありますが、600Wなだけあり火力は強く2~3分もあれば珈琲2杯分ぐらいのお湯はすぐ沸かすことができます。

山善のクッキング ポット & プレート トランギアのケトル

ポイント

クッキング ポット & プレートの電気コンロにはシェラカップやトランギアのケトルなども使えます。
ケトルは鍋の中にも収納できるのでその点でも便利!

●オシャレなデザインでインテリアも楽しめるクッキングポット&プレート。●ひとり暮らしに最適のコンパクトサイズ。●2WAY(鍋・焼きプレート)仕様なので、お鍋や焼き肉などその日の気分で楽しめる。●鍋と焼きプレートの取っ手は折りたためるので、収納時もコンパクトに。●料理に合わせて約80℃~230℃まで温度調節が可能。
無垢のアルミを使ったケトル。Sサイズのクッカー(別売り)のソースパンの中に収納することができる。コッヘルなどとの相性を考えて作られた独特の形が特徴。直径13.5cm×高さ7.5cm。日本正規品。

ワット数の多い調理器具の消費電力は多めではありますが、それを補うのがEcoFlow RIVER Proの充電速度の速さです。

今までは2泊以上のキャンプや車中泊にいくと容量残量に注意してしまい節約する必要がありましたが、車のシガーソケットでもかなり充電できるようになったことでその心配がなくなったのがかなり喜ばしいポイントです。

EcoFrow RIVER Pro 車中泊での使い勝手

電気毛布を使いノートパソコンを充電しながら作業もできます。実に快適。

このバッテリーさえあれば日本一周の長旅でも快適だ!と思わせるほど!

EcoFlow RIVER Proと一緒に購入したいアクセサリー・家電製品

EcoFlow RIVER Pro専用エクストラバッテリー 720Wh

RIVER Proのバッテリー容量を2倍に増やせる専用のエクストラバッテリーです。必要な時に有線接続すればいいので別々の運用もしやすいです。
さらに容量を確保したい方にはおすすめです。

【容量を720Whから1440Whに倍増】RIVER Pro専用エクストラバッテリーは、RIVER Proと合体して、容量は1440Whまで増やすことができます。なお、RIVER Pro エクストラバッテリーは単独では使用できません。使用するには、モジュールをRIVER Proにインストールする必要があります。

EcoFlow ソーラーチャージャー 160W or 110W

EcoFlowからは純正のソーラーパネルで160Wと110Wのものが展開されています。110Wのものを2枚準備することで最高効率で太陽光充電が可能になります。
キャンプや災害時の対策に頼もしいガジェットです。

【折り畳み式 & 持ち運びにも便利]】効率良く太陽光を集められ、発電能力が非常に高いので数日間のアウトドアや災害時の備えとして持っておくのに最適です。折り畳み時のコンパクト化と軽量化を実現したので、収納時も場所を取りません。
【最速のソーラーパワー充電器&高い発電効率】EcoFlowのソーラーパネル充電器は、最先端の単結晶シリコンセルを使用し、高速で最速の充電速度を実現します。太陽光の転換効率は21〜23%と高く、太陽光エネルギーを効率的に使って充電ができます。

dretec(ドリテック) IH クッキングヒーター

1000WのA4サイズより小さいIHクッキングヒーターです。
何よりもサイズのコンパクトさが特徴的で車中泊やキャンプなど大きな荷物では支障がある環境では活躍します。

A4サイズよりも小さいIHクッカー「ピコ」は卓上を広々と使いながら調理が可能です。使用できる鍋は12〜18cmで、一人暮らしの方にぴったり!コンパクトだからキッチンで調理せず、直接テーブルで食事を作りながら家族でご飯を食べたりなどもおすすめです。IHの方がカセットコンロのように火を使わないので手軽で、ガス経済的にもお得です。

ROAD WARRIOR トラベルケトルスマート

海外でも使える湯沸かしポット。450Wほどの出力で500mlまでお湯を作ることができるのでカップラーメンから珈琲やお茶を手間なく作りたい時に便利です。

底面の「電圧切替え切替えスイッチ」をご使用の国の電圧に合わせたら、ケトルにお水を入れます。あとは、電源変換アダプターを介してコンセントに差し込んで、電源スイッチをON!これだけで簡単にお湯が沸かせます。

直流炊飯器 タケルくん DC12V専用

車にもあるDCソケットを使って車内で炊き立てのご飯が食べれる炊飯器です。120Wと省電力で使えるのも魅力で多くの車中泊好きの方が使われてます。
別売りオプション品のムスヨ婆さんを使うと蒸し料理なども作ることができます。

直流電気(DC12V)で炊飯する為に様々な工夫が施されたポータブル炊飯器となります。密閉釜と内部保温構造により、省エネでもふっくらと炊き上がる仕組みとなっております。

Sugiyama 電気ひざ掛け毛布 洗える 日本製 140×82cm

自分も実際に愛用している電気毛布です。デザインも可愛くて暖房効果もしっかりあるので不満な点は今のところありません。
寒い時期の車中泊や車の中でノートパソコンでテレワーク作業するときにはかなり助かってます。

●仕様:ホットブランケット、電気ひざ掛け毛布、電気膝掛け毛布(電気毛布)●ダニ退治機能搭載 ●室温センサー ●ウォッシャブル:洗える、丸洗いOK(洗濯OK) ●日本製:ナカギシ製品は、安心の日本製。●本体寸法:約140(135)×82(80)cm ●消費電力:55W

Goture 8L コンパクト 車載冷蔵庫

-20度から20度まで温度変更が可能な8Lのコンパクトな車載冷蔵庫です。縦長なのもありスペースに余裕がない車には使いやすいサイズ感です。
消費電力も少なく、温度が下がりにくいペルチェ式ではないのでしっかりとした冷蔵庫として使えると好評です。

【急速冷凍】-20℃~20℃まで幅広い温度設定が可能!-20℃まで設定ができるため、様々な食材に合わせて氷などを入れることなく冷凍にも対応ができます!

まとめ

EcoFlow RIVER Proポータブル電源

EcoFlowの大型ポータブル電源、RIVER Proを実際に購入して使ってみた感想やレビューをまとめました。

いままでも様々なポータブル電源を使ってきましたが、容量、性能、コンパクトさ、そして価格と他のポータブル電源と比較しても強みが多く隙がない製品となっています。

日本語対応で、保証期間も2年間あって安心!

特に1200Wの家電も問題なく使えるX-Boost機能は素晴らしく、自宅にある消費電力が大きいIHコンロやドライヤーも利用できるのでアウトドアでの制限がかなり解消されます。

そして充電速度が早くどのような環境でも対応できることから、長期旅行から災害などの緊急時にも安心できるポータブル電源です。

EcoFlow RIVER Proはどのようなニーズにもマッチする製品なので、ポータブル電源をお探しの方は是非チェックしてみてください。

【3x600W ACコンセントと720Whの容量】RIVER Proは、最大10台のデバイスに同時に電力を供給できます。 3つの純粋な正弦波ACコンセントを備えたRIVER Proは、X-Boostモードをオンにした状態で最大1200Wのデバイスに電力を供給できます。 720Whの容量を備えたRIVER Proは、実際の出力に応じて、お大切なデバイスに数時間の充電することができます。【1時間以内に0%から80%まで充電】EcoFlowの特許申請中のX-Streamテクノロジーにより、1時間もかからない0%から80%まで高速充電して、1.6時間で完全に充電されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2 おすすめゲーム9選

Oculus Quest VR

2022/1/21

OculusQuest2でプレイしてほしいおすすめVRゲームソフト 9選

Meta(旧Oculus)が販売している単独型のVRゴーグル「Oculus Quest2(オキュラスクエスト2)」 3万円代で購入でき高性能なパソコンも不要。Wi-Fiによる無線接続でVRゲームが体験できるのもあって、OculusQuest2の登場からVRゲームの業界はかなり活発になりました。 ポイント その人気からOculusQuest2の販売台数は1000万台を超えたとの噂もあります。 TVでもOculusQuest2のCMも流れるようになり、それをキッカケに「VRゲームって面白いのかな?」と興味を持 ...

この記事を読む

GoProをWebカメラにする設定方法

GoPro

2022/1/13

広角のおすすめWebカメラならこれ! GoProをWebカメラにする設定方法

「気軽にライブ配信やLINEの動画通話に使えるWebカメラが欲しいな」とAmazonでいろいろ探しはじめましたがこれが思いの外、性能とコストのバランス的に何が良いかわからず悩みました。 とは言うもの、一眼レフカメラなどの高性能カメラを使っての撮影が趣味なのもあり性能や映りなどはこれらと比較しがちです。 設定に手間がありながらも、一眼レフカメラをライブ配信カメラとして使っているのもあるとどうしてもそうなってしまいます。 ポイント HDMI接続を用いて配信ソフトのOBSを使ったやり方と、ソニーカメラをWebカ ...

この記事を読む

しまうまプリント フォトブックのおすすめ

写真サービス

2021/12/19

しまうまプリント | おすすめのフォトブックの作り方からやり方まで

皆さん写真は撮っていますか? フィルム写真を撮る人は少なくなりましたが、スマートフォンとTwitterやInstagramなどのSNSの普及もあって、デジタルデータとしての写真撮影はすでに日常的な行為になっているとも思います。 自分自身は一眼レフカメラを使った写真撮影を10年以上と趣味でやってきました。 それもあり今ではこのような写真関連のガジェットブログもおこなうようになり、またありがたいことに仕事でも撮影のご依頼を頂けるようにもなりました。 こんなに写真と密接になるとは昔は思いませんでした。 撮影した ...

この記事を読む

EcoFlow River Pro レビュー

アウトドア バッテリー・充電機器

2022/1/12

EcoFlow River Pro レビュー | 車中泊やキャンプにおすすめのポータブル電源

2020年に大容量バッテリー「EFDELTA」を発売したのを皮切りに様々なポータブル電源を販売しているのがEcoFlow(エコフロー)。 EcoFlowの製品はクラウドファンディングの「Makuake」で出品した際には5億円以上の応募金額を集めて歴代最高金額を記録したこともあったりと、ポータブル電源において大変注目を浴びている企業です。 今回はそんなEcoFlowが2021年に発売した「RIVERシリーズ」で小型ながら高性能なモデル「EcoFLow RIVER Pro」を実際に購入したので製品の特長やポイ ...

この記事を読む

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

Oculus Quest

2022/1/21

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

当ブログへのアクセスキーワードを見てみると「OculusQuest2 飽きた」で検索されている方がボチボチと見られます。 OculusQuest2は新しいガジェットなのもあり初めてのVRゴーグルとして購入される方も多いと思います。 そして購入するときにやりたかったゲームなどが一通り終わると満足してしまうからだと予想しています。 また側面としてアプリの情報やレビューなどが少ないのもあって、他にどんなゲームをやったらいいかわからない、なんてこともあるのではないでしょうか。 OculusQuest2を持っている ...

この記事を読む

ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

動画機材

2021/11/27

【2021年版】ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

カメラやスマホでなめらなか動画を撮影するのに使える機材にジンバルがあります。 YoutubeをはじめTwitterやInstagramのSNSで、クリエイティブな動画作品や日常を映すVLOG動画などの動画も人気がでているのもあり注目をあびているカメラアクセサリーです。 しかし動画初心者からすると「ジンバルは動画で使えると聞くけどどういうものだろ?」「自分にあったジンバルがどれかわからない」「実際どうやって使うの?」などの疑問も色々あるかと思います。 自分は使う前は何が良いかわからず勢いで購入しましたが、も ...

この記事を読む

一眼レフ用ジンバルのおすすめの持ち運び方・使い方

動画機材

2021/11/27

一眼レフカメラ用ジンバルの簡単なおすすめ持ち運び方法・使い方

一眼レフカメラなどを使い移動しながらでも動画を手振れなくスムーズに撮影できるカメラ機材に「ジンバル」があります。 数十万と高額でなかなか趣味レベルでは買えない…とはもう昔のこと。 手振れを抑える性能も向上しコンパクトになりながらも数万円からと手ごろな価格で買えるようになりました。 スマホ用のジンバルは4桁から買えるように!昔からすると考えれませんね しかしコンパクトになったとはいえ持ち運びにはなかなか難があるのがこのジンバルです。 今回はサイズが大きめな一眼レフカメラ用のジンバルをアイデアを使って簡単に持 ...

この記事を読む

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで Eマウント広角単焦点レンズ

レンズ 撮影機材

2022/1/13

【作例・レビュー】SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで おすすめの広角単焦点レンズ

Sony α6400などのAPS-C ミラーレスカメラで使えるEマウントレンズの1つにSIGMAが出している「16mm F1.4 DC DN Contemporary」があります。 明るくて軽量小型で高画質。しかもコストパフォーマンスに優れてると評判の高い広角単焦点レンズです。 映りが良いのに安くて手軽に買えるのはかなり魅力なポイント! 今回はスナップ写真からポートレート、動画撮影と幅広く使えるこのレンズを実際に撮ってみた作例を交えてSIGMA 16mm F1.4 DC DNをレビューします。 目次 SI ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がって ...

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「O ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしていますか? 自分はネットの買い物の8割はAmazonを使うというほどで月に何人かの諭吉さんがAmazon経由で旅立っています。 ガジェット好きとしてはツラいところで ...

-アウトドア, バッテリー・充電機器
-, , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.