Oculus Quest

AMVRフェイスカバー | OculusQuest2の汗対策はこれで決まり!

AMVRフェイスカバー

OculusQuest2を購入した際に汗対策として絶対に追加で買って欲しいアクセサリーがフェイスカバーです。

それと言うもののOculusQuest2はVRゴーグルの目に当たる部分がスポンジ製となっており、このまま何も対策をせず汗をかく運動量の高いアプリをするとスポンジが汗を吸収してしまい、再装着に抵抗があるほどのヒドい状態になります。

一度自分で体験すると「これはどうにかしないと…」と激しく思うポイントです

装着感のみならず衛生的にもよくないことから、汗対策としてサードパーティーのシリコン製のフェイスカバーがOculusQuest2販売当時から多く販売されており、自分もこちらの商品を使っていました。

実用機能:このアイマスクを使用するとゲームで快適に着用でき、ヘッドホンを汗から保護できます。快適で耐久性:アイマスクは高品質のシリカゲルでできており、手触りが快適で安全で衛生的、皮膚への刺激がありません。

その効果は抜群で「これがないと運動系アプリはできない!」と言う改善度ではありましたが、くもりやすい、蒸れるなど細かい部分で悩みがありこれらの点がどうにかならないかなーと不満に思ってました。

そんな中でOculusQuest2販売から半年以上たってからAmazonで新しく見つけたのがPUレザー製のAMVRフェイスカバー

商品ページの説明や画像をみて「これだ!」と即ポチって買った本アクセサリー
今回はOculusQuest2の使用感をさらにバージョンアップできるAMVRフェイスカバーの紹介、レビューをしていきます。

汗対策で使えるPUレザー製のOculusQuest2専用フェイスカバーセット

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー

AMVRフェイスカバーはOculusQuest2のVRヘッドセットに装着できるアクセサリーセットです。

PUレザー製のフェイスカバーで通気性と防水性に優れ、清掃がしやすく汗も簡単にふき取ることができます。
クッション性にも優れている素材で装着感を上げつつも汗やくもりなどの問題を解消させた没入感の高いVRゲーム、運動ができます。

カバーをゴーグルの上から被せるタイプではなく、通気性に考慮した専用のフェイスブラケットに対して各種パーツを装着していく形となります。

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー アクセサリー一式

AMVRフェイスカバー 付属アクセサリーの一式

  • Oculus Quest2フェイシャルインターフェースブラケット
  • Oculus Quest2フェイスカバー(8mm / 12mm)
  • サイドウェッジフォームパッド × 2
  • 漏れ防止ノーズパッド
  • OculusQuest2 VRレンズカバー
  • ユーザーマニュアル

メガネユーザーにも配慮されている作りで、窮屈さを感じている方などは装着感の調整もしやすい仕様になっています。

フェイスブラケットのカラー展開もブラック、ホワイト、オレンジの3色あり、見た目も好みに合わせたカスタマイズが可能です。

Amazonでの販売価格は約2,500円と他のフェイスカバーと比べると割高ですが、機能性の高さ、パーツの豊富さから考えるとお買い得感があります。

【OculusQuest2を清潔で防汗性に保つ】OculusQuest2フェイスカバーはPUとスポンジフォームでできており、柔らかく快適です。 Quest 2 VRヘッドセットを清潔に保ち、汗に濡れることを防ぎます。それはあなたにより多くの共有と経験をもたらすことができ、あなたはあなたの家族や友人とあなたのVRデバイスを率直に共有することができます。

ゴーグル内の空気を循環させる通気口付きのフェイスブラケット

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー フェイスブラケット

AMVRフェイスカバーにはOculusQuest2にデフォルトで付いているフェイスブラケットと交換して使う専用のフェイスブラケットパーツが付属されています。

このフェイスブラケットの上部には通気口、排気口が付いている独自のデザインのものになっており、運動時にVRゴーグル内でくもりの発生に繋がる熱を外部へ排出できる仕様となっています。

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー ブラケット

ポイント

ブラケット装着後に上部から見ても通気口の穴が確認できます。
購入前に「おぉ!?」と思わされたポイントの1つです。

またOculusQuest2の既存のブラケットはプラスチック製ですが、AMVRフェイスカバーのブラケットは柔らかく弾力性のある特殊素材のTPUとなります。

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー ブラケットの比較

比較してみると通気口の穴や材質の違いがわかります。

その素材の性質から顔とゴーグルとの密着感が高くなり、身体を動かしたときに発生する縦や横のブレも軽減されます。

ジャンプしたりと身体全体を動かす系のアプリの場合はブレ軽減の恩恵は強いですね!

シリコンカバーにはないPUフォームカバーのクッション性によるフィット感

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー PUフォームカバー

AMVRフェイスカバーのゴーグルと顔が当たる部分交換可能なPUレザーのフェイスパッドとなります。

PUとはポリウレタンの略で、素材としては柔らかさとしなやかさを取り揃えているのが特徴です。
本革(天然皮)に近い質感で、柔軟で弾力性に優れており疑似的な本革としては最高峰です。

実際に装着してみると肌にあたる感触が包まれる感じがあり良好で、デザイン的な見た目も何も装備していないOculusQuest2と比べだいぶカッコよくなります。

また安価なPVC(塩化ビニル樹脂)レザーと比べると通気性に優れており撥水性も高くなっています。

ポイント

素材のみならずPUフォームカバー自体にも細かな通気孔があり熱がこもりにくい加工がされています。

メンテナンスはタオルやティッシュなどで拭くだけと非常に簡単なので、PUレザーはVRゴーグルのフェイスカバーとして最適な素材と言えます。

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー

またこのPUフォームカバーは8mm用と12mm用と2つ付属されています。

ロゴが付いているほうが8mmとなります

装着感に合わせて好みの厚さを選択でき、装着自体もフェイスブラケットに付いているマジックテープに合わせるだけなので利用ごとのフォームカバーの使いまわしも簡単です。

ポイント

PUフォームカバー単体でも売っているので、セットのものが劣化してしまった、利用するユーザーに合わせて交換したい際にも追加購入できます。

OculusQuest2用の2ピースセット。Oculus Quest2フェイスカバー(8mm / 12mm)

顔に合わせたフィット感・鼻の隙間用などの各種調整パーツも付属

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー 各種アクセサリー

PUフォームカバーだけでも良好な付け心地ですが、AMVRフェイスカバーのセットにはさらに装着感を増すための各種パーツが付属されています。

その1つとして小さいサイズのサイドウェッジフォームパッドが2つ付属されており、目じりからこめかみ部分に追加で装着することでPUフォームカバーのフォット感を人それぞれ違う顔の形に合わせての調整ができます。

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー サイドパーツの挟み方

自分は2つとも装着しています。装着方法は先に追加パッドを入れ込みPUフォームカバーで挟んであげる感覚です。

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー ノーズパッド

またVRゴーグルを装着時に鼻の隙間を埋めるノーズパッドもセットに含まれています。

OculusQuest2が比較的鼻が高い西洋人の顔向けに作られているのもあってか、通常ではVRゴーグルと鼻の隙間が出来てしまい、光が漏れ込むだけならず少し目線を下げるだけで否が応でも外の情報が見えてしまいます。

しかしこのノーズパッドを取り付けることで鼻の隙間が埋まり、外の情報をシャットアウトすることができます。

ポイント

フィット感もかなり良く自分の場合だと完全に外の情報が入らなくなりました。
鼻の隙間問題はVRの没入感を上げるためにはかなり重要なポイントになります。

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー VRレンズカバー

また装着感を上げるパーツではないですが、VRレンズを保護するレンズカバーも付属されています。

VRゴーグル未使用時にレンズ部分に被せることで、傷や汚れから大事なVRレンズを保護できるので外へ持ち運びをする際にも安心です。

これらの一式がセットで付いてくるのでかなりのお得感です!

装着しての全体の感想・シリコン製フェイスカバーとの比較

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー シリコンカバーとの比較

アクセサリーとしてはシリコン製のフェイスカバーから乗り換える形で今回AMVRフェイスカバーを導入しましたが、比較するとVR体験をする上で様々な点が改善されました。

  • 顔へのフィット感が向上した
  • 運動中のゴーグルのズレが少なくなった
  • FitXRなどの運動中に映像の縦のブレが少なくなった
  • シリコン製カバーよりムレが軽減された
  • 鼻の隙間からの入り込みがさらにシャットアウトされた
  • 汗がゴーグル中に溜まることが減った

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー

まず圧倒的に変わったのは顔へのフィット感です。

シリコン製は今まで汗対策としては必須なアクセサリーでしたが、個人的に肌さわりは好みではありませんでした。しかし肌に当たる部分の素材がPUレザーになったことで付け心地としてはかなり向上しました。

またフェイスブラケット自体が弾力性がある素材になったことで装着感や安定感がグッとあがりました

ポイント

いままではエリートストラップで後ろのダイヤルで強く固定した際には、圧による痛さを感じてましたがその点もかなり和らぎました。

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー

VRゴーグル内の汗によるムレや熱も通気性が向上したことで、くもりや汗による視界不良も改善されました。

また購入したシリコンカバーの種類にもよりますが、OculusQuest2に被せるタイプなことから運動中にズレたりなどもありましたがそれも無くなりました。

またシリコンカバーも鼻の隙間から光を遮断するノーズパッド付きでしたが外の情報をより遮断できるようになったのが良いポイントです。

ポイント

フェイスカバーはOculusQuest2の汗対策としては必要なアクセサリーです。
費用を安く収めて試したいならシリコンカバー、装着感も含めて使い勝手を向上させたいならAMVRフェイスカバーがおすすめです。

一緒に使いたいVRグッズ くもり止めクロスVR

くもり止めクロスVR

AMVRフェイスカバーをOculusQuest2に付けたことで汗によるくもりの頻度は確かに減りましたが、それでも運動量の多いアプリをおこなうと「ちょっと曇ったか?」と感じてしまう時があります。

それでも感じるVRゴーグルのくもり問題は「くもり止めクロスVR」で解消できます。

使い方は簡単で運動前にVRグラスをメガネ拭きなどで綺麗に拭いた後に、クリーニングクロスのような形状のくもり止めクロスVRで「はぁー」と息を吹きかけてから拭き取るだけ

くもり止めクロスVRで拭く

これだけでOculusQuest2をつけて激しい運動やトレーニングをしても全く曇らなくなります

一度拭いた後に息を吹きかけてもまったく曇らないのを見た時には効果をかなり実感しました!

50回ほどは繰り返し使うことができ、一度拭いてから24時間は効果が続くとのことでしたが、体感としては24時間たってからも曇りにくい効果は実感できました。

ポイント

くもり止めクロスVRを先に導入しその効果が非常に強いのもあってか、AMVRフェイスカバーへの交換によるくもり効果減少の実感が薄くなってしまった可能性は多いにありますね(苦笑)

少し値段はしますがくもり止めクロスVRを使うとくもりの現象は驚くほど無くなるので、没入感をさらに上げたいVR体験をしたい方には併用しての利用はかなりおすすめです。

くもり止めクロスVRの詳細については下記記事でまとめています。

特徴1:拭くだけカンタン。視界がスッキリ。特徴2:VRの世界に白熱しても大丈夫。それでもレンズがくもらない。特徴3:保存に便利なチャック袋入り。★使ってみたら実感できるバツグンの効果。

まとめ

OsulusQuest2用 AMVRフェイスカバー

OculusQuest2に追加で装着するフェイスパッド、AMVRフェイスカバーについてレビューしました。

OculusQuest2関連のアクセサリーはその人気から月増しにAmazonでも商品が多くなっており、それを観察していた中でつい衝動買いしてしまったのがこのアクセサリーでした。

シリコンカバーから乗り換えてから正直に言って弱点が見つけれないほどかなり大満足なフェイスカバーとなりました。

装着時のフィット感や、運動中のゴーグルのズレ汗対策鼻の隙間問題と、没入感の高いVR体験をするうえで必要な様々な課題をクリアしてくれるそんなアクセサリーと言えます。

OculusQuest2の使用感をさらにアップさせたいと思っている方にはかなりおすすめのできるアクセサリーなので是非チェックしてみてください。

【OculusQuest2を清潔で防汗性に保つ】OculusQuest2フェイスカバーはPUとスポンジフォームでできており、柔らかく快適です。 Quest 2 VRヘッドセットを清潔に保ち、汗に濡れることを防ぎます。それはあなたにより多くの共有と経験をもたらすことができ、あなたはあなたの家族や友人とあなたのVRデバイスを率直に共有することができます。
ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけの簡単セットアップ。すぐにVRの世界が広がります。
ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけの簡単セットアップ。すぐにVRの世界が広がります。

OculusQuest2と一緒に買うと幸せになれるアクセサリーをまとめました!

OculusQuest2でのVRトレーニングにおすすめのアプリ4選!これで鍛えてます。

エリートストラップとサードパーティーのストラップを実際に比較してみました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2 おすすめゲーム9選

Oculus Quest VR

2022/1/21

OculusQuest2でプレイしてほしいおすすめVRゲームソフト 9選

Meta(旧Oculus)が販売している単独型のVRゴーグル「Oculus Quest2(オキュラスクエスト2)」 3万円代で購入でき高性能なパソコンも不要。Wi-Fiによる無線接続でVRゲームが体験できるのもあって、OculusQuest2の登場からVRゲームの業界はかなり活発になりました。 ポイント その人気からOculusQuest2の販売台数は1000万台を超えたとの噂もあります。 TVでもOculusQuest2のCMも流れるようになり、それをキッカケに「VRゲームって面白いのかな?」と興味を持 ...

この記事を読む

GoProをWebカメラにする設定方法

GoPro

2022/1/13

広角のおすすめWebカメラならこれ! GoProをWebカメラにする設定方法

「気軽にライブ配信やLINEの動画通話に使えるWebカメラが欲しいな」とAmazonでいろいろ探しはじめましたがこれが思いの外、性能とコストのバランス的に何が良いかわからず悩みました。 とは言うもの、一眼レフカメラなどの高性能カメラを使っての撮影が趣味なのもあり性能や映りなどはこれらと比較しがちです。 設定に手間がありながらも、一眼レフカメラをライブ配信カメラとして使っているのもあるとどうしてもそうなってしまいます。 ポイント HDMI接続を用いて配信ソフトのOBSを使ったやり方と、ソニーカメラをWebカ ...

この記事を読む

しまうまプリント フォトブックのおすすめ

写真サービス

2021/12/19

しまうまプリント | おすすめのフォトブックの作り方からやり方まで

皆さん写真は撮っていますか? フィルム写真を撮る人は少なくなりましたが、スマートフォンとTwitterやInstagramなどのSNSの普及もあって、デジタルデータとしての写真撮影はすでに日常的な行為になっているとも思います。 自分自身は一眼レフカメラを使った写真撮影を10年以上と趣味でやってきました。 それもあり今ではこのような写真関連のガジェットブログもおこなうようになり、またありがたいことに仕事でも撮影のご依頼を頂けるようにもなりました。 こんなに写真と密接になるとは昔は思いませんでした。 撮影した ...

この記事を読む

EcoFlow River Pro レビュー

アウトドア バッテリー・充電機器

2022/1/12

EcoFlow River Pro レビュー | 車中泊やキャンプにおすすめのポータブル電源

2020年に大容量バッテリー「EFDELTA」を発売したのを皮切りに様々なポータブル電源を販売しているのがEcoFlow(エコフロー)。 EcoFlowの製品はクラウドファンディングの「Makuake」で出品した際には5億円以上の応募金額を集めて歴代最高金額を記録したこともあったりと、ポータブル電源において大変注目を浴びている企業です。 今回はそんなEcoFlowが2021年に発売した「RIVERシリーズ」で小型ながら高性能なモデル「EcoFLow RIVER Pro」を実際に購入したので製品の特長やポイ ...

この記事を読む

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

Oculus Quest

2022/1/21

OculusQuest2にはもう飽きた?そんな時にチェックする7つのこと

当ブログへのアクセスキーワードを見てみると「OculusQuest2 飽きた」で検索されている方がボチボチと見られます。 OculusQuest2は新しいガジェットなのもあり初めてのVRゴーグルとして購入される方も多いと思います。 そして購入するときにやりたかったゲームなどが一通り終わると満足してしまうからだと予想しています。 また側面としてアプリの情報やレビューなどが少ないのもあって、他にどんなゲームをやったらいいかわからない、なんてこともあるのではないでしょうか。 OculusQuest2を持っている ...

この記事を読む

ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

動画機材

2021/11/27

【2021年版】ジンバルの使い方と選び方 スマホ・一眼レフカメラ用のおすすめ比較

カメラやスマホでなめらなか動画を撮影するのに使える機材にジンバルがあります。 YoutubeをはじめTwitterやInstagramのSNSで、クリエイティブな動画作品や日常を映すVLOG動画などの動画も人気がでているのもあり注目をあびているカメラアクセサリーです。 しかし動画初心者からすると「ジンバルは動画で使えると聞くけどどういうものだろ?」「自分にあったジンバルがどれかわからない」「実際どうやって使うの?」などの疑問も色々あるかと思います。 自分は使う前は何が良いかわからず勢いで購入しましたが、も ...

この記事を読む

一眼レフ用ジンバルのおすすめの持ち運び方・使い方

動画機材

2021/11/27

一眼レフカメラ用ジンバルの簡単なおすすめ持ち運び方法・使い方

一眼レフカメラなどを使い移動しながらでも動画を手振れなくスムーズに撮影できるカメラ機材に「ジンバル」があります。 数十万と高額でなかなか趣味レベルでは買えない…とはもう昔のこと。 手振れを抑える性能も向上しコンパクトになりながらも数万円からと手ごろな価格で買えるようになりました。 スマホ用のジンバルは4桁から買えるように!昔からすると考えれませんね しかしコンパクトになったとはいえ持ち運びにはなかなか難があるのがこのジンバルです。 今回はサイズが大きめな一眼レフカメラ用のジンバルをアイデアを使って簡単に持 ...

この記事を読む

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで Eマウント広角単焦点レンズ

レンズ 撮影機材

2022/1/13

【作例・レビュー】SIGMA 16mm F1.4 DC DN | ポートレートから動画まで おすすめの広角単焦点レンズ

Sony α6400などのAPS-C ミラーレスカメラで使えるEマウントレンズの1つにSIGMAが出している「16mm F1.4 DC DN Contemporary」があります。 明るくて軽量小型で高画質。しかもコストパフォーマンスに優れてると評判の高い広角単焦点レンズです。 映りが良いのに安くて手軽に買えるのはかなり魅力なポイント! 今回はスナップ写真からポートレート、動画撮影と幅広く使えるこのレンズを実際に撮ってみた作例を交えてSIGMA 16mm F1.4 DC DNをレビューします。 目次 SI ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-Oculus Quest
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.