makita アウトドア バッテリー・充電機器

マキタ USB電源アダプター レビュー | Li-ionバッテリーをスマホ充電器に【各製品の比較】

マキタ USB電源アダプター

電動工具で有名なメーカでMakita(マキタ)がありますが、このマキタのコードレスの電動ドリルなどの電力はLi-ion(リチウムイオン)バッテリーとなっています。このバッテリーは取り外しが自由でバッテリーの電圧が対応している他のマキタ工具などに共有し使いまわせます。

マキタ製品を1つ購入するといろいろなマキタ製品も導入しやすくなります

またマキタは電動工具以外にもコードレス掃除機や、扇風機など業務用以外の家庭で日常的に使える製品も数多く販売しています。

そしてそんなバッテリーを使いまわせるマキタ製品の中でも特に汎用性が高くどの層にも需要があるガジェットが、Li-ionバッテリーをモバイルバッテリー化させスマホの充電器として使えるUSB電源アダプターです。

今回はマキタ製品に使えるLi-ionバッテリーを持っている人なら日常生活からアウトドアのレジャー、さらには防災用にも使えるUSB電源アダプターの魅力を紹介します。

またアダプターとして購入したマキタ純正の「ADP05」と、サードパーティー製のNLAセレクトのアダプターの計2点のレビューと機能の比較をわかりやすくお伝えします。

マキタのLi-ionバッテリーを大容量のモバイルバッテリーの充電器に

マキタ USB電源アダプター

USB電源アダプターをマキタ製品の電力に使われるLi-ionバッテリに装着することで、バッテリー自体をモバイルバッテリーのようなUSB対応の充電器として利用できます。

マキタ純正のUSB電源アダプター「ADP05」にはUSB出力端子が二つあり、スマホやタブレットなどの充電、小型のUSB機器の電源として使えます。

マキタのバッテリー自体は比較的重量があります。そのぶん容量が大きいので普通のモバイルバッテリー以上に複数のスマホを数回に渡って充電できます。

ポイント

18Vから14.4V、10.8Vと対応バッテリーの種類に分かれたアダプターが用意されています。

バッテリーが大きい18Vは特に、持ち運びに適しているサイズとは言えないですが、アダプタの取り外しができることで複数のLi-ionバッテリーを持っていれば未使用のバッテリーをすぐモバイルバッテリーの充電器として使えるので勝手がよく利便性は高いです。

通常のモバイルバッテリーは使いたい時に限って容量が空っぽと言うのが結構ありますからねぇ

自分はマキタ製品は掃除機、扇風機、ライトの照明器具などを18Vバッテリー対応の商品に合わせて持っており、マキタ純正ではなく安価な互換バッテリーの18V 6.0Aのバッテリーを4つマキタの充電器を利用し使いまわして運用してます。

ポイント

日常的に使っているのもあり、4つ全部とも空っぽなことはまずないので常にどれかのバッテリーを利用できます。

Abeden製品のBL1860Bバッテリーは残量表示ランプ付き:バッテリー残量表示ボタンを押したら、3段階の残量ランプが点灯します。バッテリーはどのくらい容量があるか一見だけで分かって安心します。故障診断機能付き:制御基盤には充電を制御する保護回路を内臓、過電流保護&過充電防止&過放電防止などの機能も付き、 ご安心に使用頂けます。
メーカー型番:DC18SD (7.2V~18V対応)充電完了メロディ・急速充電機能の無いシンプルモデルです。 急速充電機能が無いのでとても静かに、ほどんど無音で充電出来ます。

Li-ionバッテリーとモバイルバッテリーの容量の違い 計算方法

makita(マキタ) 互換バッテリー

一般的なモバイルバッテリーの電圧は3.7Vで容量はmAhで表示されています。今では10,000mAhや、20,000mAhの大容量の充電器も当たり前のように多く販売されています。

一方で電動工具のLi-ionバッテリーは18Vと電圧が高くmAhではなくAh表示されています。
Li-ionバッテリーで一番容量が大きいBL1860Bは6.0Ahとなり、mAh表示では6,000mAhとなり一見モバイルバッテリーより少ない容量に見えます。

しかしこれは電圧の兼ね合い考えないものとなり、両者を比較するにはモバイルバッテリーの3.7Vの電圧に合わせた計算をする必要があります。

18V,6000mAhのバッテリーの場合

(18V / 3.7V) ×6,000mAh = 29,189mAh

このように計算した場合は大容量と言われるモバイルバッテリーの20,000mAhよりもさらに大きな容量となります。

わかりやすいイメージとして容量は約5倍ですね!

Li-ionバッテリーを使うことのメリット

マキタ バッテリー充電

Li-ionバッテリーのメリットは通常のモバイルバッテリーと比較して充電速度が速いことです。

Li-ionバッテリーを充電する場合は専用の充電器が別途必要となりますが、急速充電が可能な充電器「DC18RF」
量が大きい18Vの6000mAhのバッテリー「BL1860B」を使った場合はなんと最大充電は40分ほどで完了します。

小型軽量、マキタ スライド式18Vリチウムイオンバッテリ。適合充電器:DC18RC / JPADC18RC ●「新・最適充電制御」対応。DC18RF使用時フル充電約40分※1、実用充電・約27分。

また急速充電に対応していないモデルでも1~2時間ほどで充電が完了します。

ポイント

一般的なモバイルバッテリーでは10,000mAhのものでも充電時間が5時間ほどかかるので比較するとかなり高速です。

充電速度の速さの理由としては建築仕事などのプロ用の電動工具で使われている製品なことから、バッテリー切れをおこすと作業に支障が発生してしまうからです。そのことから充電速度はマキタが力を入れている部分と言えます。

またメリットは他にもあり、リチウムイオンバッテリーは自己放電が少なく、長期保存に強い作りになっています。

「満充電していたのに気が付いたら空になっていた」と言う心配が少ないので、災害時などの防災用の電力確保の備えとしても活用できます。

ポイント

充電速度が速い点を考えても防災に強いと言えます。また車内用充電器を揃えれば車でも充電することも可能です。

マキタ USB電源アダプタ14.4V/18Vバッテリ用 ADP05

マキタ USB電源アダプタ14.4V/18Vバッテリ用 ADP05

ADP05はマキタ純正のUSB電源アダプターで主流の18Vと14.4Vに対応しているモデルとなります。

USBポートは2口あり、形状は一般的なUSB-Aタイプとなります。

ポイント

出力はDC5Vの2.1A。
ポートは防水対策等で黒いキャップがついています

電源供給のスイッチがついており一括で電源のオンオフを操作できます。

マキタ USB電源アダプター

重量が181gと軽量で、バッテリーへの取り付け方はスライドして装着するだけと簡単です。

ベルトなどに取り付けできるクリップもついているので、重量はありますが充電器を腰に固定しながらスマホを充電する利用もできます。

クリップ部分を活用していろいろな場所に引っかけておけそうです

価格はAmazonで約2,500円とお手頃価格。マキタ製品に対応しているバッテリーを1つでも持っている人はお手軽に容量の大きいモバイルバッテリーを手に入れることができます。

・マキタの14.4V/18VバッテリーでUSB機器、墨出し器が使える ・出力:DC5V 2.1A、出力電圧(V):直流5.0 ・電力供給スイッチ付 ・USBポート:2口、形状USB Aタイプ

NLAセレクト 【スイッチ付】5A対応 マキタ USB アダプター

NLAセレクト 【スイッチ付】5A対応 マキタ USB アダプター

NLAセレクトのUSBアダプターもマキタ純正アダプターADP05と同じで18Vと14.4Vに対応しているモデルです。

USBポートも2口あり、電源供給スイッチも付き、ベルトクリップも付属されてとマキタ純正アダプターに備わっている機能は一通り搭載されています。

しかし純正にない機能としては12V端子が付属されており12V出力の製品にも対応できます。

ポイント

対応電流は5Aまでとなっています。

NLAセレクト 【スイッチ付】5A対応 マキタ USB アダプター シガーソケット

また12V端子にシガーソケットへの変換ケーブルを繋げることで車関連の製品も利用できるようになります。
その場合60Wまでの家電製品に対応できるとのことです。

さらに別途NLAセレクト製品のカーインバーターを接続することで100V出力にも対応可能で、普通のコンセントでの接続ができ最大150Wまで出力がおこなえます。

ポイント

この出力端子のバリエーションはモバイルバッテリーと言うよりポータブルバッテリーに近いですね。

価格は約3,800円とマキタ純正のアダプターより割高ですが、USB出力以外でもいろいろな製品の充電器として対応させたいと考えている場合はNLAセレクトのアダプターがおすすめと言えます。

自分はマキタ純正のUSBアダプターを購入した後に、NLAセレクトのアダプタを追加で購入しました!
【12V出力を搭載】12vと5v出力の商品とマキタ製パワーツールバッテリー(BL1430,BL1830など)を繋ぐアダプターになります。ADP05には無い12V端子も付いており、12v出力の商品にもお使い頂く事が可能となっております。(対応電流は5Aまでとなります)
対応電圧12V 、24V DC。ケーブル長約30cm、重量:約45g。耐久性に優れ、持ち運び便利な機能使用可能。金属カバーの内圧は、より圧力を変化させやすい。シガーソケット(メス)→5.5-2.1mmジャック(オス)に変換できるケーブルです。
12Vから100Vに変換可能で小型な商品にも関わらず150Wまでの機器でお使い頂く事が可能です。車内のシガーソケットに接続するだけでコンセントやUSB機器がカンタンに使える車載インバーターは充電器としても防災グッズとしても注目のアイテムです。

防災や日常使いに合わせて車中泊やキャンプで大活躍

マキタ USB電源アダプター

Li-ionバッテリー対応のUSB電源アダプターは災害時などのもしもの場合の備えとして使える機器ですが、日常的にも使えるガジェットで特にキャンプや車中泊などのアウトドアが好きな人には特に向いている製品です。

持ち歩くにはバッテリーの重量やサイズが大きいのでスマホの充電用としてはかさ張るサイズ感ですが、車での移動ではそれも関係なくなり逆に容量の多いポータブルバッテリーと比べた場合は小型軽量と言えます。

キャンプや車中泊では照明などにUSB機器を使用する機会も多いので、ポータブルバッテリーを持っていくほどではない場合や、ポータブルバッテリーに加えて気軽に移動させれるサブの充電器として活躍できます。

ファミリーキャンプなど人数が多い場合はその恩恵も増します

またNLAセレクトのアダプターの場合はシガーソケットのケーブルを利用することで、持ち運び可能な車載用のポータブル冷蔵庫をLi-ionバッテリーで運用できます。

車載用冷蔵庫をUSBアダプターで

自分がキャンプや車中泊をする際には移動中は車のシガーソケットの電力を使い、停車時にLi-ionバッテリーから電力を供給する形で使っています。

ポイント

Ankerのポータブルバッテリーも所有していますが、ポータブル冷蔵庫はおおよそ30W近く使うので一緒に持っていくことで電力容量の安心と余裕が生まれますね

まとめ

マキタ USB電源アダプター

マキタのLi-ion(リチウムイオン)バッテリーをモバイルバッテリーとして充電器化させるガジェットのUSB電源アダプターについてレビューしました。

マキタ製品に対応しているLi-ionバッテリーは充電速度も速く容量が多いので、USB電源アダプターを導入することでスマホやタブレットの充電、またUSB機器の電源供給のモバイルバッテリーとして日常使いできるガジェットです。

またリチウムイオンバッテリーは自己放電が少なく、長期保存に強い作りになっていることから地震などの災害時の停電対策としても備えておける防災グッズとも言えます。

バッテリーの自然的な減りは本当に少ないですね!

今回USB電源アダプターとして、マキタ純正のアダプターのADP05と、NLAセレクトのアダプターと2種類を購入し比較もしました。どちらも使える製品ですがおすすめの対象ユーザーとしては下記の通りです。

マキタ USB電源アダプター ADP05がおすすめの人

・純正の安心感と安定性を求めてる人
・コストを抑えたい人

NLAセレクト USB電源アダプター がおすすめの人

・12V電源、シガーソケットの電源を使いたい人
・カーインバーターと合わせてコンセントの電源を使いたい人

日常の利用用途としてUSB電源アダプターはキャンプや車中泊などのアウトドアシーンでは活躍します。またマキタ製品自体アウトドアでも使えるアイテムが多いのでマキタ製品でキャンプグッズを揃えるという選択肢も生まれます。

自分はすっかりアウトドア目的経由でマキタユーザーになりました笑

これらのアウトドア趣味を持っている方や、すでにLi-ionバッテリー対応のマキタ製品を使われている方には特におすすめなガジェットなので是非チェックしてみてください。

・マキタの14.4V/18VバッテリーでUSB機器、墨出し器が使える ・出力:DC5V 2.1A、出力電圧(V):直流5.0 ・電力供給スイッチ付 ・USBポート:2口、形状USB Aタイプ
【12V出力を搭載】12vと5v出力の商品とマキタ製パワーツールバッテリー(BL1430,BL1830など)を繋ぐアダプターになります。ADP05には無い12V端子も付いており、12v出力の商品にもお使い頂く事が可能となっております。(対応電流は5Aまでとなります)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

GoPro 撮影機材

2021/10/19

GoPro HERO10 レビュー | HERO9と比較して進化したポイント

2021年9月にGoProから新型のアクションカム「GoPro HERO10 Black」が販売されました。 GoProはスマホのiPhoneと同じく毎年秋ごろに新しいナンバリングのものが発表されていますが今年の発売でとうとう2桁の大台に突入しました。 ちなみに前モデルのHERO9は2020年の9月に販売されました! 様々なメーカーからGoProと同じ形状や用途とアクションカムが販売されましたが、昨年発表されたHERO9の性能の高さも相まってか、今では同じジャンルのカメラではGoProの一強と言えます。 ...

この記事を読む

GoProHERO10 一緒に購入したいアクセサリー7選

GoPro 撮影機材

2021/10/19

GoPro HERO10が便利になるおすすめアクセサリー 7選

2021年の9月に新しく販売された新機種のアクションカムGoPro HERO10を購入しました。 GoPro Hero10は見た目や形状は前モデルのHERO9と変わりませんが、搭載されているプロセッサーがHERO6からHERO9まではGP1だったのに対して、HERO10ではGP2になり大幅にバージョンアップされました。 これにより各種操作がいままで以上にスムーズになり、記録解像度も向上され、手振れ補正機能HyperSmoothも第4世代になりさらに強力になったりと、様々な点で使いやすくパワーアップされたG ...

この記事を読む

ZV-E10 動画用VLOGカメラで使いたいAPS-Cレンズ 7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10 ソニーの動画用VLOGカメラにおすすめなレンズ 7選

ソニーから販売されたVLOG用カメラZV-E10は、動画が撮りやすいように設計されているAPS-C型のミラーレス一眼レフです。 Youtube撮影に最適なVLOG用カメラとしては、同じソニーから先に発売されたコンデジ「ZV-1」がありますが、これと比較した場合に何より大きな違いはレンズの交換ができることです。 レンズ交換ができることによって広角、望遠などと撮りたいイメージに合わせてレンズを選択できます! 今回はZV-E10で動画を撮影するうえで揃えておくと便利なおすすめのAPS-CのEマウントレンズを紹介 ...

この記事を読む

ZV-E10を購入してから最初にやるべきカメラ本体の設定・準備

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10の購入後に最初にやるべき準備と設定・便利な使い方

「そろそろ動画もがっつり撮っていきたいなー」と思いソニーのVLOGカメラZV-E10を新しく購入しました。 思わず発売日に衝動買いしてしまったミラーレス一眼のカメラでしたが、実際に使って見ると機能や操作的な面が動画用にカスタマイズされているのもあり使い勝手がよく、あまり動画はガッツリやってきてない自分が「これからの動画撮影が楽しみだ!」と思わせてくれるものとなりました。 ZV-E10の動画カメラとしての魅力は下記記事にてまとめています 今回はそんなZV-E10を実際に購入してから撮影前に準備した内容と、使 ...

この記事を読む

ZV-E10 おすすめのアクセサリー7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10と一緒に買うと幸せになれるおすすめアクセサリー7選

ソニーからAPS-Cミラーレス一眼レフのVLOGカメラZV-E10が販売されました。 a6400シリーズのカメラを動画向けにカスタマイズされたもので、先に発売されたコンデジタイプのVLOG用カメラZV-1のコンセプトをミラーレス用にしたものとなります。 レンズ交換も可能なところから撮影用途に合わせての応用も効き、軽量・コンパクトでしかも安いと、クオリティーの高い動画撮影やYoutube投稿をしたい人にとっておすすめのカメラといえます。 ZV-E10は発売日に購入しました!詳細の魅力は下の記事で紹介していま ...

この記事を読む

VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10 レビュー | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいなぁ!」と考えていた自分は発表の情報を聞き販売日前にソニーストアで予約しました。 予約して販売日に購入したカメラははじめてです! 今回この記事では自分がつい衝動買いしてしまったZV-E10の機能的なメリットや性能のレビューも合わせて、Youtube撮影などのVLOG動画撮影おいておすすめなポイントを7つご紹介し ...

この記事を読む

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ

カメラ関連情報 撮影機材

2021/10/21

【まとめ】カメラや写真・動画の撮影機材のおすすめ記事

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がってます。 趣味に関連するものはつい物欲が増しちゃいますねぇ 今回はそんな凝り性の自分が購入してきたカメラ関連のガジェットやアクセサリーの紹介を中心に、撮影の方法やAdobe編集ソフトの使い方や、写真や動画に関連する内容など、いままで本ブログでまとめてきた記事をジャンルに分けてご紹介します。 目次 一眼レフカメラ ...

この記事を読む

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ

Oculus Quest VR

2021/10/21

【まとめ】OculusQuest2を完全攻略!おすすめ記事11選

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「OculusQuest2でもっと楽しみたい」と思っている本体をすでに持っている方から、「気になっているけどどういうVRゴーグルなの?」といま購入を考えている人まで満足できるコンテンツばかりです。 実際に使って試してみたレビューばかりなので気になる記事をみつけたらリンク先で詳細をチェックしてみてください。 目次 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-makita, アウトドア, バッテリー・充電機器
-, , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.