カメラバッグ 機材アクセサリー

エアポートナビゲーター レビュー | 持ち運び良し!シンクタンクフォトのカメラ用キャリーバッグ

最高の使い勝手なカメラ用キャリーバッグ エアポートナビゲーター

最近ポートレート撮影からイベントや依頼撮影と仕事での撮影の機会も多くなったのもあり「カメラ機材をもっと運べるバッグが欲しいなぁ」と容量の大きいカメラバッグの需要が自分の中で高まっていました。

いままでメインで使っていたカメラバッグはナショジオのカメラリュックNG A5270。

オシャレで使い勝手が良いおすすめのカメラバッグ NG A5270
NG A5270 レビュー|ナショジオのカメラバッグはおしゃれで収納力も抜群!

カメラを購入するときに大抵一緒に買わないといけないもの、それはカメラバッグです。 外に持ち出す際にはカメラ本体、交換レンズ、フィルターなど何かと多くなる機材を入れるにはある程度の大きさのものが必要です ...

続きを見る

デザインも好みで機材を収納するバッグとしての使い勝手もよいのですが、数種類のレンズに加えてストロボなどの機材を入れるとパンパンになってしまい、何より肩へのダメージが大きくてこれが結構な悩みの種にもなっていました。

慢性的な肩こり持ちにはツラい…!

収納面、デザイン面、運用面と課題ががある中で何か良いカメラバッグがないかと探した時に「これは!」と思い見つけたのが thinkTANKphoto(シンクタンクフォト)から販売しているカメラ用のキャリーバッグ、エアポートナビゲーターです。

調べれば調べるほど人気の高さが伺えて実用的なこちらエアポートナビゲーターを実際に購入して使ってみた使用感や良かったポイントについてレビューしていきます。

エアポートナビゲーター(Airport Navigator) 概要

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター

エアポートナビゲーターはカメラバッグメーカーのthinkTANKphoto(シンクタンクフォト)が販売している、航空会社のパイロットが使用するフライトケースをモチーフにした小型のローリングケースです。

thinkTANKphotoのカメラバッグは「移動から撮影・送稿から印刷、あるいは webアップまで、すべてにスピードが要求されている現在において、プロの使用に耐えるカメラケースが無い」と言う悩みの解決をモットーにしているのもあり、頑丈さを兼ね揃えながらも使いやすいデザインでネットのレビューを見ていても評判の高いメーカーです。

実際、カメラバッグ探しに終わりはない、なんて言葉もよく聞きますねぇ…。

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター

カメラバッグとしては種類が少ない転がして運べるキャリーケース型のカメラバッグを多く扱っているメーカーですが、その中でもエアポートナビゲータは小型なタイプとなっており国際線の機内持ち込み基準に適合しているサイズです。

ポイント

国内線でも100席以上の場合なら持ち込み可能なサイズとのこと

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター 荷物を上に置く

背が低いローリングケースなのもありケース上面に別の衣類バックなどを重ねてもバランスがよく、ハンドルに固定できるタイプのバッグならば安定感をもって運搬できるので旅行などにも向いていると言えます。

三脚などの機材も重ねて運べます!

バッグの布地も頑丈でしっかりしており多少の雨ならば問題ない作りになっています。それに加えて専用のレインカバーも一緒に付属されているので雨での移動にも安心して使えます。

エアポートナビゲーター(Airport Navigator) スペック・概要
外寸 H39.4 × W40.6 × D25.4cm
内寸 H33 × W38.1 × D17.3cm
PC/タブレット収納部内寸 H28 × W37.6 × D3.8cm
カラー[JANコード] ブラック [ 0874530005404 ]
重量 4.2kg(全オプション装着時)
同梱物 レインカバー、ショルダーストラップ
メーカー(国) アメリカ
対応デバイス タブレット収納可能。PC :15 inchサイズ
航空会社のパイロット達が使うフライトケースをモチーフにした、背の低いローリングケースです。機材を取り出す際にはトップだけでなく、ケース前面のパネルを開けることもでき、大変便利な構造になっています。

小型のカメラ用キャリーバッグながら収納は十分!

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター バッグ内収納

他のキャリータイプのカメラバッグと比較すると小型なサイズのエアポートナビゲーターですが、一眼レフカメラやミラーレス一眼レフを2台入れた上でもレンズを3~6本は入るので持ち運びの点では十分な容量があります。

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター パソコン収納

収納にアクセスする前面パネルを開くとパソコンやタブレットの収納スペースが2つあり、大きいエリアには15インチまでのPCが入れれるようになっています。

ポイント

持ち運び用で使っているSurface proのサイズでは入れても全然余裕があります。

また前面パネルの開封具合を制御するための固定のストラップがついており、これをつけることで一定以上前面パネルが開かない仕様にできます

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター 前面パネルストラップ

勢いよく開けてしまったことによるノートパソコンへのダメージや、レンズの飛び出しなどを防止できるのでこれは嬉しい作りです。

カメラ収納の内部の仕切りも自由に動かせるので、持っていくカメラ機材の種類や数に応じてカスタマイズできます。

自分はレンズ2台持ちはしない変わりに、サイズ的にかさばるストロボなどの機材を持っていくことが多いので長方形の長いエリアを作っておくとかなり便利です。

ポイント

この記事を書いてる間にイベントの撮影で、写真撮影用でα7Ⅲ、動画撮影用でα6600の2台体制でいきましたが持ち運びも簡単で問題なくいけました。

バッグ外側の側面にも左右1個ずつのサイドポケットがついています。

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター サイド収納

伸縮性がある素材のポケットなので重量があったり長さがある三脚やライトスタンドの収納というよりは、ペットボトルやアンブレラ、小型三脚やビデオライトなどの収納に向いていると言えます。

バッグの上部からもアクセス可能 レンズ交換もらくらく

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター トップ開封

エアポートナビゲーターの大きな特徴の1つで、バッグ上面のトップ部分が開封式となっています。

これによりわざわざカメラ機材を取りだす時にバッグを横倒しさせる必要がなくなるのでカメラバッグが汚れることもなく、移動中でも気軽にカメラバッグにアクセスできます

ポイント

この点がエアポートナビゲーターを購入した大きな理由です。
調べた中では同じようなトップ部分が開封式のキャリー型のカメラバッグはありませんでした。

実際この点は使ってみると購入前に想像していたよりも遥かに便利で、撮影時のカメラ本体の取り出しもですがそれ以上にレンズ交換がめちゃくちゃ楽になります

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター レンズ交換もらくらく

レンズを3~4本トップの収納部分に並べながらも移動でき、レンズを交換する時にはバッグ自体がカメラ本体などの置き場所にもなるのでレンズ交換自体がかなりスムーズになるのでめんどくさがりやな方には特におすすめです。

自分自身もまさにそうですが、単焦点レンズを多く使いたい方はかなり便利ですよ

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター トップパネル裏側収納

また上面の開封したパネルの裏側には小さいながらもポケットが2つありますのでレンズフィルターやレンズカバー、モバイルバッテリーなどの収納に便利です。

移動しやすい走行性能 運搬しやすい持ち手付き

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター 車輪

比較的大型のタイヤが2輪ついており、タイヤの走行性はかなり滑らかです。

はじめてのローリングカメラバッグで、キャリーケース自体も数回程度しか使ったことがない人ですが、最初に転がしたときには「こんなにスムーズなのか!?」と軽く驚いたほどです。

スナップ写真、ポートレート写真での撮影の際に長時間転がしても利用もしてますが、ある程度の段差や凹凸がある街中でも特に問題もなく利用できます。

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター ハンドル

機動性が高いカメラリュックを愛用していた身としては「ローリングバックは買ったはいいもの使うのか?」と正直悩んでいましたが実際に使ってみると移動場所やシチュエーションによっては利便性の点でかなり強みがあります。

あと何より機材重量の影響で肩が痛くならない、これが大きいです

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター 持ち手

また上部パネル面には持ち手がついているので、段差での移動やバッグを持ちあげたい際にも運搬しやすいです。

ポイント

持ち手付近にも収納スペースがあり、小型のスマホや、チケット類、クリーニングクロスを入れておけます。

持ち手がある上面の開封がファスナーになるので、持ち上げた際の負荷や耐久性も気になったところですが、この点はかなり頑丈な作りになっています。
購入前にも調べましたが特にここの部分でのトラブルの声も見かけなかったので問題ないかと思います。

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター 持ち手

また機能性の面では上面の開封パネルを開き、持ち手部分にハンドルを通すことで開いた状態で固定できます

ストラップ付きで移動時はショルダーバッグとしても利用可能

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター ショルダーストラップ

運搬の面ではショルダーストラップも付属しており、サイドの部分に取り付けることで肩掛けのショルダーバッグとしても利用できます

カメラバッグ本体が無骨で重量もあるのでショルダーバッグとしての使い方はサブ的な扱いにはなりますが、階段や電車の乗り降りなどの段差やキャリーを転がすことができない砂場や岩場での運搬を考えればこの使い方ができるかできないかは利便性の面では天と地ほどの差があります。

また普通のショルダーにもリュックにもなる2Way、3Wayで使える便利系のバッグと違い、エアポートナビゲーターのショルダーストラップは中割れできる構造になっており、その部分にハンドルを通すことでショルダーストラップを使わない時にも邪魔にならずスマートに収納できます。

シンクタンクフォト エアポートナビゲーターストラップ

2Wayで使えてもセッティングが面倒、不格好だから結局1Wayな使い方になる人は多いと思いますが、こういう細かい部分で気が利くポイントが多いのがエアポートナビゲーターの良い点です。

ポートレート撮影でも使える?収納できるおすすめライトスタンド

FOSOTO 小型ライトスタンドFT-140DJ

購入時に考えていたエアポートナビゲーターのメイン用途がポートレート写真などの人物撮りでの利用だったので、「ストロボのライトスタンドは収納できるのかな?」と言う部分がかなり気になったポイントでした。

ネットで見ててもライトスタンドや三脚の収納についての情報が見当たらなかったのでこの点は特に気になったところ

最初はサイドポケットに収納できるかと考えましたが、ポケットの素材の問題や大きさの問題もあり収納が難しいです。
運搬の方法では上部に重ね置きもできますが、この運び方では上面パネルを気軽に開けなくなります。

FOSOTO 小型ライトスタンドFT-140DJ

そこでバッグ内の収納の方向性で考えて探しに探したところ、FOSOTOの小型ライトスタンド、FT-140DJを発見しました。

■ 材質:アルミ合金 重量:453g  ■ 段数:5段(スピーディーに脚を伸縮可能) ■ カラー:ゴールド&ブラック ■ サイズ:収納長/32.5cm 全伸高/123cm  ■ 脚を逆向きに折り畳む可能、コンパクトで携帯に便利です。

エアポートナビゲーターの内寸の高さが33cmで、FOSOTOの小型ライトスタンドの収納時の長さが32.5cmだったので「これはいけるのでは!」と思い購入し試してみたところこれがジャストサイズでした。

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター ライトスタンド収納

ポイント

長方形の収納エリアを作っておけば丁度入れれます。
AD200の大き目なストロボも同じスペースで収納できます。

FOSOTO 小型ライトスタンドFT-140DJ

しかし小型な反面ライトスタンドの展開時の全伸高が123cmと、ポートレートで使うストロボスタンドとしては長さが不足している問題もありましたが、そこで追加導入したのがこちらのフレキシブルチューブアームの延長ポール

FOSOTO 小型ライトスタンドFT-140DJ

こちらを接続することで自由な角度調整機能に加えてライトスタンドの長さを25cmほど延長できます。
さらにそこにアンブレラ・ストロボホルダーなども加えれるので十分な高さを確保することができます。

自分が購入したものと違いますがNeewerから安価に販売されてます。

高さ延長と無限な撮影ライト範囲を提供します。グースネックチューブは非常に強力ですが、信じられないほど柔軟です。 ライトやスタンドと一緒に使用すると、好きな角度にねじったり曲げたりすることができます。
また延長ポールの持ち運びもライトスタンドの収納袋に一緒にいれれます。便利!

また足を広げずにポールだけ伸ばしたライトスタンドをそのままエアポートナビゲーターに収納してた部分に差し込むことで、キャリーで移動可能なライトスタンドにもなります

FOSOTO 小型ライトスタンドFT-140DJとエアポートナビゲーター

このバージョンでの高さは足を広げた状態より若干低くなります。収納を調整することでよっぽどの悪条件でなければ転倒の心配もないぐらいしっかりしてます。

ライトスタンドに取り付けるストロボはGodoxのAD200で延長ケーブルのEC200を装着したものを使っていますが、その際に本体側をそのままエアポートナビゲーターの中に入れておけばいいのでセッティングの手間も省けます

Godox EC200
Godox EC200 | AD200のストロボを延長できるおすすめアクセサリー

大光量なのにコンパクト、持ち運びのしやすさも魅力の人気モノブロックストロボGodox Ad200。 このGodoxAD200は専用アクセサリーも多く発売されていますが、その中でもこれだけは必ず一緒に買 ...

続きを見る

まとめ

シンクタンクフォト エアポートナビゲーター

thinkTANKphoto(シンクタンクフォト)が販売しているカメラ機材収納用の小型のキャリーバッグ、エアポートナビゲータについてレビューしてみました。

購入する前には「買ったはいいけどちゃんと使うかな?」といろいろと懸念もありましたが、購入しエアポートナビゲータを使ってみて自分が感じたメリットは下記の通りです。

エアポートナビゲータを買って感じたメリット

  • 中型のリュック型のカメラバッグと比べて機材が多く収納できる
  • 走行性がよく転がしての移動もスムーズ
  • 手持ち、肩下げもできるので転がせれない場所でも問題なし
  • 撮影にいっても肩が痛くならない
  • 上面パネルが開くのが便利すぎる
  • 街撮りなど移動が多い環境でのレンズ交換がめちゃくちゃ楽
  • ライトスタンドの持ち運びも問題なし
  • カッコよくてプロっぽい

正直に言って最初に不安に思ってたのが嘘なぐらい便利で使いやすいローリングケースだったので購入して大正解だったカメラバックでした。

特にFOSOTOの小型ライトスタンド、FT-140Dを購入し組み合わせたことでストロボ撮影をしたい際でもコンパクトにしっかり収納できたのは使い勝手の点では大きな良いポイントとなりました。

今後はがっつり撮影ではエアポートナビゲーター、フットワーク重視の気軽撮影はリュックタイプとカメラバックを使い分けて運用していこうと思います。

航空会社のパイロット達が使うフライトケースをモチーフにした、背の低いローリングケースです。機材を取り出す際にはトップだけでなく、ケース前面のパネルを開けることもでき、大変便利な構造になっています。
■ 材質:アルミ合金 重量:453g  ■ 段数:5段(スピーディーに脚を伸縮可能) ■ カラー:ゴールド&ブラック ■ サイズ:収納長/32.5cm 全伸高/123cm  ■ 脚を逆向きに折り畳む可能、コンパクトで携帯に便利です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

GoPro 撮影機材

2021/10/19

GoPro HERO10 レビュー | HERO9と比較して進化したポイント

2021年9月にGoProから新型のアクションカム「GoPro HERO10 Black」が販売されました。 GoProはスマホのiPhoneと同じく毎年秋ごろに新しいナンバリングのものが発表されていますが今年の発売でとうとう2桁の大台に突入しました。 ちなみに前モデルのHERO9は2020年の9月に販売されました! 様々なメーカーからGoProと同じ形状や用途とアクションカムが販売されましたが、昨年発表されたHERO9の性能の高さも相まってか、今では同じジャンルのカメラではGoProの一強と言えます。 ...

この記事を読む

GoProHERO10 一緒に購入したいアクセサリー7選

GoPro 撮影機材

2021/10/19

GoPro HERO10が便利になるおすすめアクセサリー 7選

2021年の9月に新しく販売された新機種のアクションカムGoPro HERO10を購入しました。 GoPro Hero10は見た目や形状は前モデルのHERO9と変わりませんが、搭載されているプロセッサーがHERO6からHERO9まではGP1だったのに対して、HERO10ではGP2になり大幅にバージョンアップされました。 これにより各種操作がいままで以上にスムーズになり、記録解像度も向上され、手振れ補正機能HyperSmoothも第4世代になりさらに強力になったりと、様々な点で使いやすくパワーアップされたG ...

この記事を読む

ZV-E10 動画用VLOGカメラで使いたいAPS-Cレンズ 7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10 ソニーの動画用VLOGカメラにおすすめなレンズ 7選

ソニーから販売されたVLOG用カメラZV-E10は、動画が撮りやすいように設計されているAPS-C型のミラーレス一眼レフです。 Youtube撮影に最適なVLOG用カメラとしては、同じソニーから先に発売されたコンデジ「ZV-1」がありますが、これと比較した場合に何より大きな違いはレンズの交換ができることです。 レンズ交換ができることによって広角、望遠などと撮りたいイメージに合わせてレンズを選択できます! 今回はZV-E10で動画を撮影するうえで揃えておくと便利なおすすめのAPS-CのEマウントレンズを紹介 ...

この記事を読む

ZV-E10を購入してから最初にやるべきカメラ本体の設定・準備

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10の購入後に最初にやるべき準備と設定・便利な使い方

「そろそろ動画もがっつり撮っていきたいなー」と思いソニーのVLOGカメラZV-E10を新しく購入しました。 思わず発売日に衝動買いしてしまったミラーレス一眼のカメラでしたが、実際に使って見ると機能や操作的な面が動画用にカスタマイズされているのもあり使い勝手がよく、あまり動画はガッツリやってきてない自分が「これからの動画撮影が楽しみだ!」と思わせてくれるものとなりました。 ZV-E10の動画カメラとしての魅力は下記記事にてまとめています 今回はそんなZV-E10を実際に購入してから撮影前に準備した内容と、使 ...

この記事を読む

ZV-E10 おすすめのアクセサリー7選

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10と一緒に買うと幸せになれるおすすめアクセサリー7選

ソニーからAPS-Cミラーレス一眼レフのVLOGカメラZV-E10が販売されました。 a6400シリーズのカメラを動画向けにカスタマイズされたもので、先に発売されたコンデジタイプのVLOG用カメラZV-1のコンセプトをミラーレス用にしたものとなります。 レンズ交換も可能なところから撮影用途に合わせての応用も効き、軽量・コンパクトでしかも安いと、クオリティーの高い動画撮影やYoutube投稿をしたい人にとっておすすめのカメラといえます。 ZV-E10は発売日に購入しました!詳細の魅力は下の記事で紹介していま ...

この記事を読む

VLOG用ミラーレス一眼レフ SONY ZV-E10

ZV-E10 撮影機材

2021/10/19

ZV-E10 レビュー | VLOG用の動画カメラにおすすめの7つの理由

21年の9月17日にソニーからVLOG用のAPS-Cミラーレス一眼レフカメラ、ZV-E10が販売されました。 Youtubeなどの動画撮影に向いているカメラで「動画をそろそろしっかりと撮っていきたいなぁ!」と考えていた自分は発表の情報を聞き販売日前にソニーストアで予約しました。 予約して販売日に購入したカメラははじめてです! 今回この記事では自分がつい衝動買いしてしまったZV-E10の機能的なメリットや性能のレビューも合わせて、Youtube撮影などのVLOG動画撮影おいておすすめなポイントを7つご紹介し ...

この記事を読む

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ

カメラ関連情報 撮影機材

2021/10/21

【まとめ】カメラや写真・動画の撮影機材のおすすめ記事

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がってます。 趣味に関連するものはつい物欲が増しちゃいますねぇ 今回はそんな凝り性の自分が購入してきたカメラ関連のガジェットやアクセサリーの紹介を中心に、撮影の方法やAdobe編集ソフトの使い方や、写真や動画に関連する内容など、いままで本ブログでまとめてきた記事をジャンルに分けてご紹介します。 目次 一眼レフカメラ ...

この記事を読む

OculusQuest2おすすめ記事のまとめ

Oculus Quest VR

2021/10/21

【まとめ】OculusQuest2を完全攻略!おすすめ記事11選

Oculusから販売された単独型VRゴーグルのOculusQuest2(オキュラスクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「OculusQuest2でもっと楽しみたい」と思っている本体をすでに持っている方から、「気になっているけどどういうVRゴーグルなの?」といま購入を考えている人まで満足できるコンテンツばかりです。 実際に使って試してみたレビューばかりなので気になる記事をみつけたらリンク先で詳細をチェックしてみてください。 目次 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-カメラバッグ, 機材アクセサリー
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.