Google

Googleフォトに容量制限!代用で使えるAmazonフォトの使い方・比較

Googleフォトの容量無制限が終了 Amazonフォトとの比較・使い方

スマートフォンに入っている写真のバックアップとしてGoogleフォトを活用している方は多いと思います。

クラウドに保存しておけばスマホ、タブレット、パソコンのデバイス間で情報の共有がおこなえ、スマートフォンが壊れたり紛失した場合でもデータは守ることができます。

撮影した写真や動画などのスマホに保存する多くを締めるデータを自動的にバックアップしてくれる、Googleフォトのようなクラウドサービスはかなりありがたいものと言えます。

Googleフォトは自分も数多く使うクラウドサービスの1つです

しかし2021年の6月からのGoogleフォトではこれまで「高画質」設定なら写真や動画を容量無制限で保存できていたのが仕様変更となり容量制限がかかるようになりました。

容量制限が掛かったことでGoogleフォトにどのような仕様変更があったのか、有料プランの内容とはどのようなものなのか、代用サービスであるAmazonフォトなどと、今回はこれらの疑問や今後の対策について解説していきます。

Googleフォト無制限のサービスが6月1日から容量制限に

Googleフォト

Googleフォトは保存する際に「元の画質」「高画質」の2つから選択できます。

「高画質」は1600万画素以内の設定となり、圧縮はされますが元の画質との変化はあまり見られず、大サイズで印刷する予定がなければ殆ど問題がないのが特徴的です。

Googleフォトの強い特徴としてそんな「高画質」設定で、2021年5月末までは写真と動画は無制限に保存が可能でした

Googleフォトがあれば写真の保存は問題ないと言われてた所以ですね!

しかし2021年6月以降からは画質設定に関わらずクラウドに保存したすべての写真や動画は容量制限が掛かるよう変更となりました。

無料のストレージ容量は15GBとなっており、これを超過した場合はストレージ容量を月額または年額契約で追加契約する必要があります。

ポイント

2021年5月末までに「高画質」設定で保存したデータは容量の対象外なのでその点は安心です。

Googleフォトに関する注意点

ストレージ容量はGoogleアカウント共通

無料での利用の場合ストレージ容量は15GBですが、これはGoogleフォトに割り当てられたものではなくGmailやGoogleドライブも含めた共有の容量となります。

Gmailで重い添付ファイルのやり取りがある場合や、Googleドライブで多くのファイル保存、共有などをおこなっている場合は容量を食い合ってしまい有料プランの利用が必要が早まる可能性があります。

仕事などでGoogleサービスを多用している方はGoogleフォトの制限により支障がでる場合があるので注意が必要です。

2年以内サービス未使用によるコンテンツ強制削除

2021年以降からGoogleフォト、Gmail、Googleドライブのサービスで2年間使用が確認されていないものに関して保存内容が強制削除される可能性があります。

また利用していない判断はアカウントではなくサービスごとの判断となり、Gmail、Googleドライブを使っていてもGoogleフォトを2年使っていなければ保存している写真が削除される場合があります。

Googleフォトの同期はしておらず、昔の写真だけ保存しているなんてパターンでは注意ですね

Googleフォトの有料プランについて

Googleフォト

ストレージ容量が共有なことから有料プランもGoogleフォト自体にあるのではなく、Googleアカウントに紐づく形で保存容量を追加で契約する形となります。

Googleフォト 追加ストレージの価格
月払い 100GB 250円 200GB 380円 2TB 1,300円
年払い 100GB 2,500円 200GB 3,800円 2TB 13,000円

年払いにすることでどのプランでも2か月分お得になります。

長く使うことを考えれば年契約で決まりですね

また容量の目安としては高画質設定の写真ならば100GBで約15,000枚の保存が可能となります。

現在どのぐらいの容量を使っているかはGoogleフォトサービス内の下記ページから確認できます。

保存領域を増やすことでファイルストレージサービスであるGoogleドライブの使い勝手もあがるので、こちらも合わせて利用や活用方法を考えてみるのもありかと思います。

Googleフォトの代用で使えるAmazonフォト

Amazonフォト

Googleフォトから乗り換えを検討した場合に代用として使えるサービス候補の1つがAmazonフォトです。

Amazonフォトの場合、Amazonプライム会員に加入していればいままでのGoogleフォトと同じく容量無制限に写真を保存することができます

またAmazonフォトもGoogleフォトと同じく、スマホで撮影した写真を自動的にネットのクラウドサービス上にバックアップできるので今までと変わらない形で運用することもできます。

ポイント

プライム会員でない場合のAmazonフォト容量は5GBまでとなります。
どちらも無料会員の場合はGoogleフォトのほうが容量の面では優れていると言えます。

Amazonプライム会員は年間プラン4,900円(税込)、または月間プラン500円(税込)かかるサービスとなりますが、今回のAmazonフォト以外にも、動画コンテンツが見放題のプライムビデオや、200万曲が聴き放題のプライムミュージックなどお得なサービスが各種付いてきます。

Amazonプライムは様々あるサブスクの中でも一番お得感が高いサービスとも言えますので、まだプライム会員になっていない方はこれを機会に検討するのも1つかと思います。

自分は毎日何かとAmazonのサービスを使っているハードユーザーですね笑

Amazonプライム会員の詳細はコチラ

GoogleフォトとAmazonフォトとの機能の比較

GoogleフォトとAmazonフォトの機能の比較

GoogleフォトとAmazonフォトの値段以外の具体的な差について紹介します。

Amazonフォトなら無圧縮でRAWデータも保存可能

Googleフォトの無制限は「高画質」保存のもの限定でしたが、Amazonフォトの場合は元データの画像も無制限の範囲になります。

一眼レフなどで撮影した容量が重いRAWデータも含めて無圧縮で保存できるのが強みです。

Amazonフォトの無制限は写真のみで動画は対象外

但し弱点もあり、Amazonフォトの無制限の対象は写真のみで動画の保存は対象外となります。

動画の場合はプライム会員でも保存領域は5GBまでとなりそれ以上の容量を保存したい100GBで250円となる追加容量の契約が必要です。

Amazonフォトストレージ

1TB、2TBの大型容量になるとGoogleのほうが価格は安いですね

Amazonフォトの導入方法、設定方法

Amazonフォト

AmazonフォトはAndroid版、iOS版、Windows版とアプリが提供されており、複数のデバイス間にわたってファイルを共有することができます。

アプリを使わない場合もブラウザ版もあり、下記URLからログインできます。

Amazonフォト インストール

スマホで利用する場合はストアで「Amazon Photos」と検索し、アプリをダウンロードしてください。

Amazonフォト

Amazonアプリを利用している場合、すでにサインインされているので続行から進んでください。
利用していない場合、ご自身のAmazonアカウントでログインしてください。

アクセスの許可等を設定し進むと自動保存の設定が表示されます。
写真のバックアップは通信容量を多く使うので、モバイルデータはオフのままがおすすめです。

Amazonフォト

ストレージのアップグレード画面が表示されるのでアップデートの予定が無ければ閉じてください。

これでAmazonフォトの導入が完了しました。

自動設定にしておけばスマートフォンに入っている画像が自動的にバックアップされます。

Googleフォトで保存した写真をAmazonフォトへ引き継ぐ方法

Googleフォトですべての写真を管理している場合、データのエクスポートでAmazonフォトへの移行ができます

ファイル容量をかなり使う作業にはなるので写真データの移行はパソコンでの作業をおすすめします。

Googleフォト データのエクスポート

パソコンでブラウザ版のGoogleフォトの設定から「データのエクスポート」の項目があるので選択後、バックアップをクリックしエクスポートを作成してください。

Googleフォト データのエクスポート

Googleフォトの設定ページ https://photos.google.com/u/0/settings


ファイル容量によっては数時間、または数日かかる場合があります。エクスポートが完了するとGmailアカウントへダウンロードリンク付きの完了メールが届きます。

ZIPファイルでダウンロードできるので解凍してファイルの状態にします。

その後Amazonフォトのブラウザ版ページへ移動し、ダウンロードしたファイルをそのままドラッグ&ドロップすることでそのままファイルを移行することができます。

まとめ

スマートフォンで撮影

Googleフォトの容量制限によるサービス内容の変更から代用サービスとしてAmazonフォトに関する解説を致しました。

これからのGoogleフォトでは容量制限がかかりますが、15GBと比較的大きな容量が無料でも使えるので今すぐの対応が必要ではない方も多いと思います。

またGoogleフォトをそのまま変わらず使いながらも、無駄な保存写真を消したりと保存データの断捨離をするなども限られた容量を上手く使う対応策としての1つです。

しかしこれらのサービスはいつ変更があるかもわからないのと、今後技術の発展で1枚あたりの写真の容量は確実に多くなるので、そんな時に慌てないよう早めに対応策や代用できるサービスを抑えておくことで、もしもの時があった時にも安心できます。

サービスの乗り換えをするかしかないかは別として、これを機会に一度写真や動画データのバックアップについて考えてみるのも良いかと思います。

自分のAmazonアカウントに登録するチャージタイプでお買い物がお得に!

Amazon Echoは生活のクオリティが向上するナイスなアイテムです!

Fireタブレットをフォトフレームに使うのもおすすめ!

テレワークを集中しておこなうために使える便利グッズをご紹介!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TTArtisan 11mm F2.8 レビュー | 格安で買えるフルサイズ魚眼レンズ

レンズ

2022/6/17

【作例・レビュー】TTArtisan 11mm F2.8 | 格安で買えるミラーレス魚眼レンズ

風景などの自然をダイナミックに撮影するのに使えるのが超広角レンズです。 その中でも得に広い範囲を撮影でき、特徴的な写真が撮れるのが魚眼レンズです。 「何か良い広角レンズないかなぁ」と探している時に見つけたのが、ソニーのα7IIIをはじめ様々なミラーレスカメラで装着できるフルサイズ対応な単焦点の魚眼レンズ、TTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDです。 今回はレンズながらあまりの格安さでつい衝動買いしてしまったTTArtisan 11mm F2.8 Fisheye EDについて作例を交え ...

この記事を読む

Goture 8L 車載用ポータブル冷蔵庫

アウトドア

2022/6/17

Goture 8L 車載冷蔵庫 | 車中泊・キャンプでおすすめの冷えるポータブル冷蔵庫

車中泊やキャンプであると便利な家電、それが持ち運びできるコンパクトな冷蔵庫です。 持ち運びができるポータブル冷蔵庫も大容量のポータブル電源がメジャーになってきたことで、キャンピングカーのみならずアウトドアを趣味としている方の車にも搭載しやすくなりました。 ポイント 自分も少し大きめのポータブル冷蔵庫を使ったりしています。 他にも小型のペルチェ式の冷蔵庫も持っていたりします。 しかし所有しているポータブル冷蔵庫は気軽に使う点では大きく、ペルチェ式のものは中々冷えず電力が大きいのもあり「コンパクトで使いやすい ...

この記事を読む

WiMAX 5GのモバイルWi-Fiを契約した6つの魅力

便利グッズ

2022/6/17

WiMAX 5G ポケットWiFi | 機種変更・乗り換えても契約すべき6つの魅力

パソコン仕事でカフェや喫茶店などでノマドワークをする自分のようなフリーランスで重要なガジェットの1つがポケットWiFiです。 いままではWiMAX 2+を家電量販店のエディオンで経由で契約して2年ほど利用してました。 ポイント 話を聞きに行った流れとエディオンカードによる割引があったので、珍しくネットで比較せずそのまま即決した思い出です。 そんなある日にエディオンから条件の良い、5Gの高速通信が可能の新しい端末への乗り換えプランの案内がありました。 製品説明を聞きにいきましたが、思いのほか新しいWiMAX ...

この記事を読む

Amazonスマートプラグ

Amazon

2022/6/17

Amazonスマートプラグがおすすめ!普通の家電をスマート家電にする使い方と活用方法

スマホやAIスピーカーと技術が発達したことで音声による操作が当たり前のようになってきました。 自分は音声入力を可能とするAIスピーカー「Amazon Echo(エコー)」を自室に置いて音楽再生機器として使っています。 その他にもタブレットのFire HD10をスマートディスプレイとして使ったり、Echo Autoを導入して車内でもアレクサを使えるようにして音楽を楽しんでます。 すっかりAmazonさんにライフスタイルの大部分を握られてますね(笑 その他でも率先的にAmazonのサービスを使っているのもあり ...

この記事を読む

TourBox Elite

PC周辺機器

2022/6/17

TourBox Elite レビュー | 動画編集を効率化させる左手用ガジェット

PhotoshopやPremiere Proなどの写真編集、動画編集ソフトを使う際に「なにか効率化できる方法ないかなぁ」とよく考えてしまいます。 Adobeなどの高性能なソフトはツールが多くて覚えきれない、ショートカットキーが使いこなせない、操作の切り替えでマウス移動が多いなどの問題がありますね。 ポイント 作業効率の向上は仕事でも趣味でも大事なポイントなのでよく研究してます。 ショートカットの有効活用ではロジクールのマウス、MX ERGOも以前導入しました。 「その他にも何か方法がないかな」と探している ...

この記事を読む

USKEYVISION WLZ10

レンズ

2022/6/17

USKEYVISON WLZ10 レビュー | キットレンズSELP1650を超広角・マクロレンズに

ソニーのAPS-C用Vlogカメラ「ZV-E10」をキットレンズで購入し、しばらく使ったうえで求めたものの1つが「広角レンズが欲しい!」でした。 キットレンズのSELP1650の焦点距離は16mm-50mmと、35mm換算で24mm-75mmと使いやすい標準ズームレンズです。 またレンズ内手振れ補正機能のOSSが搭載で116gと軽量とZV-E10やα6600で使いやすいVlogカメラ向きのレンズではありますが、Vlog動画で自撮りをする際には24mmでは少し狭さを感じます。 特に動画撮影時には写真より映る ...

この記事を読む

モーションエレメンツ

編集方法

2022/6/16

モーションエレメンツの使い方 動画素材で評判の定額素材サイト

動画制作やWebサイト制作、デザイン制作において、あればあるほど嬉しいのが編集の元となる「素材」です。 一般的にデザイン素材と言うと写真やイラストなどの画像が思い当たるところだと思います。 有名所でいうとPOPなキャラが評判な、いらすと屋さんですね それに加えYoutubeなど動画コンテンツが主流にもなってきたことで、動画素材、BGM、効果音など映像に関連する動画素材の需要も高まっています。 しかしこれらの素材でクオリティの高いものを無料で探すのはなかなか難易度が高いのが現実です。 ポイント 無料は種類が ...

この記事を読む

Zhiyun CRANE M3

動画機材

2022/6/17

Zhiyun CRANE M3 レビュー | フルサイズカメラも対応できる小型ジンバル

移動しながらでもブレの少ない映像を撮影できるガジェットが手振れを抑えるジンバルです。 自分は今までジンバル内蔵型の小型カメラOsmoPocketや、RX100などの小型のコンデジが向いているZhiyun Crane Mを使い動画撮影してましたが、普段ミラーレスカメラで写真を撮影している身としては日に日にミラーレスカメラで映像も撮影したくなりました。 それもあり動画用のミラーレスカメラとしてソニーのVLOGカメラ ZV-E10を購入しました そこで「ミラーレスカメラのジンバルで何かいいものないかな?」と探し ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-Google
-, , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.