パソコン関連情報 周辺機器

【レビュー】Logicool MX ERGO | 肩コリや手首の負担でお悩みの方必見!おすすめのトラックボールマウス

肩や手首の疲れで悩んでいる人におすすめのマウス logicool MX ERGO

皆さんパソコンのマウスは何を使っていますか?

パソコンで作業をする際にマウスは切っても切り離せない重要なアイテムになりますが、人によっては案外最初にテキトーなものを買ってそのまま使ってる方も多いのではないのでしょうか?

今回は忘れがちな重要アイテムのマウスに焦点をあてて、疲労感も軽減でき、日々の作業をもっと便利にもっと効率的にできる、おすすめのマウス MX ERGOについてご紹介します。

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール MX ERGO

自宅のPCで写真編集やブログの編集作業でマウスを酷使するのもあり、手が疲れるなぁと度々悩んでいました。

前書きに「マウスは案外最初にテキトーなものを買って使ってる人が多いのではないのでしょうか?」と書きましたが、何を言う、自分がまさにそれです。

「こんなんでいいや」と何も考えず1000円で買ったマウスを使っていましたね、えぇ。

それもありネットで良いマウスはないか調べてみたところロジクールの「MX ERGO」がなかなかに良いぞ!との評判の声を多くみかけました。

MX ERGOは通常のマウスとは違い、親指でマウスポインターを操作するトラックボール式となります。

会社のPCでは同じロジクールが出している安価な別モデルのトラックボールマウス「M570」を1か月ほど前から使ってます。

それまではトラックボールマウスは使ったことが無かったのですが、このM570が案外使いやすかったというのもあり、ロジクールに対しての信頼感とその上位モデルの「MX ERGO」への興味が増し増しに。

値段も1万円ほどとマウスにしてはなかなかの価格でしたが、「これも自己投資や!」と自己暗示をかけて自宅PC用に勢いで買いました。勢い大事。

ポイント

箱も高級感がたっぷりでワクワク感が高まります

ロジクールのベストセラーデバイス トラックボールが、MXシリーズに登場。人の手によって成形された造形と、最も自然な手腕の形で操作が可能な20°傾斜角で、より一層、快適にご使用いただけるトラックボールが誕生しました。8ボタン搭載で、FLOW機能(異なるPC/MAC間でも、対応デバイス1つでファイルのやりとりが可能)にも対応。安心の2年間無償保証。

手に馴染むフィット感 角度調整も可能

サイズ感は普通のマウスより大きめで重量感もあります。

ただトラックボール式は普通のマウスと違い本体を動かさないのでその大きさや重量は安定感に繋がっています。

形状も計算して作られているのもあり、手を置いたときのフィット感はいままで使ったマウスの中で抜群にいいです。

地味に小指の部分に溝があるお陰で指の置き場所ができて楽です。

またMX ERGOの特徴として角度が0度と20度の2パターンで調整が可能です。

角度を20度にすると親指の位置が若干上向きになります。

個人的には手首から肩にかけての負担が軽減されている感覚があるので20度で利用してます。

操作性のスムーズ性 カーソル速度の調整が可能

トラックボールは操作に慣れるまではどうしても違和感があります。

しかし一度慣れて操作面や使用時の楽さを感じてしまうと普通のマウスには戻れなくなります。

M570を使いたての時にもそう感じましたがMX ERGOを使うとよりそう感じますね。

またカーソルの速度は通常利用のスピードモードと、精密動作に最適なプレシジョンモードを側面のボタン1つで切り替えができます。

デザイン作業中などの1ピクセルごとでの細かい作業もやりやすくなるのでこの点は結構便利なポイントですね。

カスタマイズキーにソフトごとのショートカットの登録が可能

MX ERGOにはホイールの上下左右と押し込みに加えて、マウスに複数のボタンがあります。

付属の専用のソフトLogicool Optionを使うことでボタンにショートカットキーを自由に登録できます。

またカスタマイズの幅もLightroom、Premiereなどアプリケーションごとにショートカットを自由に登録できるので、この機能を十二分に活用することで作業効率をぐーんと上げることができます。

ポイント

パソコンにインストールしてるアプリケーションを追加することで自分の思いのままに!
登録アプリ利用時には自動的に登録したショートカットに変更されます。

MX ERGOを購入するにあたってこの点が自分の中では結構大きなポイントでした。

アプリの使い勝手が!よくなる!

可能性を感じれるショートカットの活用方法に関しては別記事でまとめました。

MX ERGOマウスでLightroomやPremiereでの作業効率を150%にする方法
驚き!MX ERGOのマウスでLightroomやPremiereの作業効率を150%にする方法

自分はクリエイターご用達のAdobeCreative Cloudに加入しています。 写真の編集にLightroomやPhotoshop、動画の編集にはPremiereを使っていますが、マウスを変えるだ ...

続きを見る

もしもの時の充電切れも安心

MX ERGOは電池ではなく内蔵バッテリーでフル充電で4か月、1分の充電で1日は利用可能です。

唐突に動かなくなった時も電池タイプと違いMicroUSBを指すだけで手軽に復旧することができます。

また充電しながら利用でき、充電ケーブルが刺さっていても特に操作には干渉しないので正直充電のことは気にしなくてもいいレベルです。

レシーバー、Bluetooth可能

USBのレシーバーを使った接続と、Bluetoothの接続の2パターン用意されています。

デスクトップPCなどの場合はレシーバー、ノートPCの場合はBluetoothで利用が可能です。

使い分けする際にいちいちレシーバーを差し替える必要がありません。

これは結構ありがたいです。

FLOW機能で2台のパソコンをシームレスでファイルのやり取りが可能に

マウスに2台までのパソコンを登録することで、ボタン1つ押すだけでパソコンの接続先を変更できます。

2台のパソコンを1つのマウスで操作できます!

また2台登録しており、どちらにも専用ソフトLogicool OptionをインストールすることでFLOW機能が使えます

この機能を利用することでデュアルディスプレイにした時のように、1台目のパソコンの画面の端から2台目のパソコンへ直接行き来できるようになります。

ファイルのドラッグ&ドロップや、コピー&ペーストで直接2台のパソコン間のファイル移動がおこなえます。

ポイント

FLOWを利用する際に2台のパソコン同士を右側、左側どの位置でリンクさせるかなどの制御内容も変更することができます。

メインのPCから外出用のノートPCにファイルを移動させたいときに、態々USBメモリーに保存して移動、という手間がなくなるのでファイルの移動がめちゃくちゃ楽になります。

こんな機能がマウスに入ってるのが正直驚きです。すごい。

これも合わせて買ったら便利でした

マウスの購入にあわせて、マウス本体の滑り止めと手首のさらなる疲労軽減も考えて、エレコムのマウスパッド FITTIO Highも購入しました。

MX ERGOの角度調整を20度にして手首の角度的には楽になったのは間違いないのですが、「手首が垂直に机の端に丁度当たって痛いやんけ!」というのが理由です。

このマウスパッド、「長時間のマウス操作をされる方におすすめのリハビリテーション工学のノウハウと、様々な検証によって生まれた疲労軽減を追求したマウスパッド」というキャッチコピーで販売されているだけあり、手首の負担軽減の点でかなりの恩恵を実感できます。

手首の高さにこだわりがあるとの記載があり少し内側に傾いた角度になっています。

細かいところを見てると結構考えられています。

なによりクッション部分のクッション性が高く、使ってると手首が吸い込まれるようなフィット感が気持ちいいです。

素材からして高級感があることから、MX ERGOとのデザインの統一感も良いので、より負担を軽減したい方は特に一緒買いをおすすめします。

働きすぎの手、指、肩に、疲れを緩和する4つの処方!横浜市総合リハビリテーションセンターとの共同開発によって生まれた、疲労軽減マウスパッドFITTIO(フィッティオ)

まとめ

実際にロジクールのトラックボールマウス、MX ERGOを使ってみてのレビューを書いてみました。

マウスと考えると高い買い物かもしれませんが、実際に使ってみると価格が納得できる性能を感じています。
負担の軽減もそうですが、ショートカットキーの登録でアプリによっては作業効率がかなりよくなりました。

正直な感想として、毎日使うものだからこそ良いものを買って正解だったなと思っています。

パソコンで作業をするにあたって必要なアイテムだからこそ、一度マウス周りを見直してみてはいかがでしょうか?

ロジクールのベストセラーデバイス トラックボールが、MXシリーズに登場。人の手によって成形された造形と、最も自然な手腕の形で操作が可能な20°傾斜角で、より一層、快適にご使用いただけるトラックボールが誕生しました。8ボタン搭載で、FLOW機能(異なるPC/MAC間でも、対応デバイス1つでファイルのやりとりが可能)にも対応。安心の2年間無償保証。
働きすぎの手、指、肩に、疲れを緩和する4つの処方!横浜市総合リハビリテーションセンターとの共同開発によって生まれた、疲労軽減マウスパッドFITTIO(フィッティオ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アスペクト比最適な比率 写真・動画・SNS共有

カメラ関連情報 撮影方法

2020/12/3

アスペクト比を見直さない?写真・動画・SNS投稿に最適な比率

皆さんアスペクト比はご存知ですか? 撮影で使われるアスペクト比は写真や動画の縦横比率のことを言います。 カメラごとで初期設定値が決まっているので設定を触ったことがない方もいるのでは? 今回はそんなアスペクト比について、どういう比率があるのか、どのような特徴があるのかについてご紹介します。 写真に向いている比率、Youtubeなどの動画に向いている比率、ブロガー必見のTwitterやFacebookなどのSNSの情報共有に向いている比率など。 パターンに合わせたおすすめの比率についても合わせて解説していきま ...

この記事を読む

ソニーのカメラをUSBケーブルだけでWebカメラにする方法

パソコン関連情報 動画配信

2020/11/26

ソニーのカメラをUSBだけでWebカメラに!? Imaging Edge Webcamの設定方法

某ウイルスの影響もあり、テレワークで働いてる方も多くなったかと思います。 その影響もあり利用頻度が高まったのが遠隔でも顔を見ながら会議やミーティングができるZOOMなどのビデオ通話です。 急な需要の高まりもあり通販や家電量販店のWebカメラが売れに売れた背景がありますが、このWebカメラ、手軽に買えるものは画質があまりよくありません。 カメラが趣味で写真や動画を撮っている人が性能を比較すると「この程度か…」と思ってしまい新しく買うのを躊躇してしまう。そんな方もいるのではないでしょうか。 最近パソコンでビデ ...

この記事を読む

おすすめのレンズホルダーCommlite レンズホルダー

カメラストラップ 機材アクセサリ

2020/11/26

めっちゃ便利!Commlite レンズホルダーは単焦点使いのレンズ持ち運びにおすすめ!

皆さん、レンズホルダーと言う便利アイテムはご存知ですか? 一眼レフのレンズ交換を手軽にできる機材ですが、「レンズを気軽に持ち運びたいなー」と思い、自分も今回はじめて導入してみました。 今回は思いつきで買ったけども、思いの外、使い勝手がよく「めっちゃ便利やん!」と大満足だったCommlite レンズホルダーについてご紹介します。 目次 レンズって交換がめんどくさいよね レンズを携帯できるレンズホルダー 概要 レンズを2本装着可能で立ちながらレンズ交換ができる! Commlite レンズホルダーの使用感 ピー ...

この記事を読む

Oculus Quest2で世界が変わるVR体験を

Oculus Quest ライフハック

2020/11/23

Oculus Quest2 | 革命的VRゴーグルで世界が変わるVR体験を【レビュー】

10月13日にOculusから新しく発売された最新型のVRゴーグル、OculusQuest2を発売日に合わせて購入しました。 携帯をゴーグルにはめて使う簡易的なVRゴーグルしか使ったことがない自分でしたが、発表時に商品情報をみて「これは買いだ!」と衝動的に思わされポチってしまったそんな最新のガジェットです。 実際に使ってみての結論を先に述べるならば「間違いなく今年一番の買って正解なアイテムだ!」と思わされたガジェットです。 今回はそんな興奮冷めやらぬテンションでOculusQuest2をほぼ毎日愛用してい ...

この記事を読む

SONYミラーレス一眼ユーザーにおすすめ 世界初の最軽量大三元レンズ

α7Ⅲ レンズ

2020/11/26

タムロン 70-180 F2.8 DI III VXD | Sonyユーザーは絶対買い!明るくて軽い望遠ズームレンズ 【レビュー】

タムロンからSonyのミラーレス一眼レフ専用の望遠ズームレンズ、70-180 F2.8 DI III VXD (A056SE)。 この1本が発売されると聞いたとき「F値2.8の大三元レンズ!?これはポトレにめっちゃ使える望遠レンズやんけ!!」と発表段階でめちゃくちゃ購買意欲を駆り立てられました。 α7Ⅲをメイン機にしてる自分としては「これはいつか買うだろうな…」と確信させられたレンズでした。 そのいつかが案外早いもので発表から1か月ほどで気が付いたらネットでポチっていた自分がいました。 いつの間にか目の前 ...

この記事を読む

何かとめっちゃ使えるミニサイズ三脚 Manfrotto pixi

カメラ関連情報 三脚・一脚 機材アクセサリ

2020/11/26

マンフロット PIXI | 手持ち撮影でも大活躍なおすすめミニ三脚 【レビュー】

テーブルフォトなどの卓上撮影から、友人たちとの集合写真。 しっかりとカメラを固定する必要がある星空や夕焼けのタイムラプス撮影などなど。 ふとした時に「カメラを固定したいなー」と思った時に役立つのが持ち運びが苦にならない小型のミニ三脚です。 普段は手持ちでの撮影が基本で三脚を使わない自分ですが、旅先などでちょっと使いたいときって結構あるんですよね。 今回はそんな自分が愛用している人気のミニ三脚、マンフロット(Manfrotto)のPIXIをご紹介します。 目次 マンフロット PIXI 概要 カメラ固定部分の ...

この記事を読む

AmazonEchoで作業効率をバカ上げする5つのテクニック

ライフハック

2020/11/26

Amazon Echoで超集中!テレワークの作業効率をバカ上げする5つのテクニック

テレワークなど自宅作業をおこなう機会が多くなってきた昨今、いかにして集中できる環境を作るかは作業効率化において重要です。 誘惑が多い環境の中でなかなか作業がはじめれずに効率化どころか手がつかないなんて場合もあると思います。 集中できずに作業が進まない。 本当に、あると、思います(自己反省) 「集中して仕事をしたい!」「効率的に作業を進めたい!」そんな方におすすめなアイテムがAmazonから販売されているスマートスピーカー Amazon Echo(アマゾン エコー)です。 「スマートスピーカー便利だよ!」と ...

この記事を読む

OsmoPocket コントローラーホイール

OsmoPocket 撮影機材

2020/11/25

OsmoPocketユーザー必須!? コントローラホイールでレンズを自由に動かす動画撮影を【レビュー】

小型な手のひらサイズでジンバル内蔵のビデオカメラ DJIのOsmoPocket。 手ブレもなくスムーズな動画撮影がおこなえることからVlogなどの外での歩き撮影には最適な機材の1つと言えます。 今回はそんなOsmoPocketでのVlog撮影をさらにサポートする専用アクセサリーのコントローラーホイールをご紹介します。 目次 融通がきかないジンバルの操作がコントローラホイールで自由自在に! 上下・左右のジンバル操作が直感的にやりやすくなる! ボタンひとつでカメラ反転操作・ジンバルモード切り替えができて簡単 ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-パソコン関連情報, 周辺機器
-, , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.