【広告・PR】当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

スマートスピーカー

車の中でアレクサを使う!車載専用Echo Autoのできること

車の中でアレクサが使える車専用スマートデバイス Amazon Echo Auto

amazonが公式で提供しているスマートスピーカー「amazon Echo(エコー)」
とうとうEchoの車載専用モデル「Echo Auto(エコーオート)」が日本で販売されました。

車載専用「Echo Auto」は実はアメリカで2018年に先行で発売されていましたが、それが今回日本に上陸してきた流れとなります。

それまでは小型のEcho Dotを車に持ち込んで車用スピーカーにする強者もいましたが、使い勝手があまりよくなかった状況でした。
しかしこのEcho Autoの日本上陸でとうとう気軽に車の中で「アレクサ!」と呼べる日が来ました。

車の中で音楽を楽しみたい人には最高に便利になるカー用品と言えます。

自分も余っていたecho dotがありましたが諦めた経緯があるもので(遠い目)

今回はすでにEchoシリーズのスマートスピーカーを毎日活用している自分が、Echo Autoを実際に使ってみて感じたメリットや便利になった使い方をレビューしていきます。

初期設定方法や車でのおすすめの設置場所のアイデアから、気になる通信料を解決できる方法もご紹介しますので是非チェックしてみてください。

【あなたの車にもAlexaを】スマートフォンのAlexaアプリに接続し、外部入力端子、またはスマートフォンのBluetooth接続を介して車のスピーカーから音を出力します。エアベントマウント(送風口用アタッチメント)が付属します。

EchoAuto第2世代が発売

新しい新型のEchoAutoが発売されました。縦型に形状が変更され性能もバージョンアップされています。

【ハンズフリーAlexaアクセサリー】スマホのAlexaアプリと連携してハンズフリーでAlexaの操作を実現するカーアクセサリー。Alexaアプリがバックグラウンドでも動作します。5つのマイクが騒々しい車内でもあなたの声を聞き取ります。スリムなデザインで設置場所にも困りません。

Amazon Echo Auto(エコーオート)ってどういうもの?

Amazon Echo Auto

Echo Autoは車の中でアレクサ(Alexa)が使えるようになる車載専用のスマートデバイスです。

Bluetoothでスマートフォンと連動させた後に、スマートフォンと車のカーナビ(オーディオ)に接続することで車内で声による音楽再生などの機能を制御することができます。

仕組みとしてはアレクサ専用の外部マイクが増設されたイメージ

Echo Autoの端末自体にはWi-Fiの接続などのネットワーク通信機能はなく、音楽のストリーミング再生をするためのインターネット接続はスマートフォンの通信量を使う方式となります。

ポイント

スマートフォンがなければ使えませんが、車の乗り降りその都度でWi-Fi設定をする必要がないのでスムーズに利用することができます。

音声を認識するマイクも8つ車用に設計されています。それにより走行音やエアコン音などのドライブ中に現れるノイズ音に対する音声認識の向上が施されています。

また他のAmazonEchoシリーズと同じく基本的に音楽を再生するためにはamazonのプライム会員になり、Amzon Prime Musicのサービスを使えるようにする必要があります。

Echo Autoの値段は4,980円(税別)と他のEchoシリーズと比較しても安価な価格設定になっています。

気軽に試せる価格設定なのはいいですね!

【あなたの車にもAlexaを】スマートフォンのAlexaアプリに接続し、外部入力端子、またはスマートフォンのBluetooth接続を介して車のスピーカーから音を出力します。エアベントマウント(送風口用アタッチメント)が付属します。

Echo Autoで出来ること 便利な使い方

amazon Prime Music

ラジオの再生やメッセージ・通話などの機能はありますがやはりメインは音楽の再生

amazonのプライム会員になると無料で使えるAmazon Musicで200万曲以上、月額980円(税別)の有料プランであるAmazon Music Unlimitedに加入すると7,000万曲以上からEcho Autoを通じて音楽を再生できます。

自分は有料のMusicUnlimitedを使っています。
公式サイトを見るたびに対象の曲数が増えてます(笑)

そこからジャンル別、グループ別にランダムで音楽を再生できるので車内で新しい音楽と出会う機会がグッと増えます。

Amazon Musicのプラン詳細はこちら

音声操作のやり方

「アレクサ」と呼びかけた後に反応音が鳴り、その後に流して欲しい音楽をオーダーすることで、指定した曲やアーティスト、または指定ジャンルの曲を再生してくれます。

  • アレクサ、最新の洋楽をかけて
  • アレクサ、○○の人気の楽曲を流して
  • アレクサ、クラシックを再生して
  • アレクサ、テンションがあがる音楽を流して

車の運転中でも車用にカスタマイズされているマイクのお陰かしっかり声に反応してくれるのでストレスもありません。

音楽の再生関連で言うと下記のようなオーダーも対応してくれます。

  • アレクサ、再生して
  • アレクサ、音量を上げて
  • アレクサ、次の曲
  • アレクサ、この曲は何?
  • アレクサ、マイミュージックに登録

その中でも地味に頻度が高いのが「アレクサ、再生して」

車を停止するとEcho Autoは車から給電している問題もあり接続が一時切れてしまい、再度エンジンをかけても自動的に音楽が再生されません。

その際に再生して!とオーダーすることで、音楽が続きから再生されます。

コンビニなどで一時停止する時にはよく使いますね

音楽再生以外にできること

音楽の再生以外でも天気予報の確認や、辞書代わりに質問したり、計算機代わりに計算してくれたりします。

他にもクイズをだしてくれたりギャグをいってくれたりするので眠気と戦いながら運転してる時の手助けもしてくれるかもしれません。

現在ではスマートフォンのナビ機能やマップ機能とは連動していませんが、発展の余地はありそうなのでゆくゆくは車のナビゲーションもEcho Autoを通じておこなえるようになるかもしれませんね。

amazon Echo Autoを開封してみた

Echo Autoの同梱物を紹介します。

Amazon Echo Auto 同梱物

Echo Auto本体の他にはエアコン吹き出し口に本体を設置できるマウントスタンドとシガーソケットのカーチャージャー、micro-USBケーブルと車のオーディオと有線で繋げるAUXケーブルが同封されています。

ポイント

Echo Autoを買うだけで追加購入せず基本のセッティングはおこなえます。

Amazon Echo Auto 本体

本体にはボタンが2つと周辺にマイクが8つついています。

にっこり笑ってるような顔がチャーミング。かわいい!

左側がマイクのミュートボタンで右側がアクションボタンになります。

アクションボタンを押すことで「アレクサ!」と呼びかけた状態になります。呼びかけてもどうしても反応されない場合などでも安心です。

背面側には同封のスタンドにあわせて四角形の凹みがあり、マグネットでぴたっと気持ちよくはまり固定できます。

Amazon Echo Autoスタンドと本体

マウントスタンド吹き出し口の上部につける形となります。装着するクリップ部分は縦にも切れ込みがあり、回転できるようにもなっているので縦位置や斜め位置での装着も可能です。

Amazon Echo Auto スタンドつまみ

また中心部分にはmicro-USBケーブルを挟めれるようになっているので線のたるみなども緩和できる仕組みになっています。

Amazon Echo Auto USBケーブル有線接続

Echo Autoの初回設定の流れ

Echo Autoのセッティングには接続するAndroid、iOSとリンクさせる必要があります。

android alxaアプリ

スマートフォンに「Amazon Alexa」アプリをインストールしたうえで、Echo AutoにUSB給電させ起動させます。

ポイント

説明書には車内でセッティングをおこなってくださいと記載がありますが、スマートフォンとの接続に関して自分は自宅にておこないました。

Echo Autoに給電をおこなうと自動的に音声ガイダンスが始まります。

Amazon Echo Auto 音声ガイダンス

説明書をみなくても音声ガイダンスの指示通りにおこなうだけで接続できる簡単設計となっています。

スマートフォン側のAmazon Alexaアプリを起動後、デバイスのセットアップをおこない「Echo Auto」を選択してください。

デバイスのセットアップ

その後、スマートフォンとEcho AutoをBluetoothで接続する設定画面になります。
スマートフォン側のBluetooth設定がONになっているかを確認し、検出されたデバイスを選択してください。

EchoAutoで選択するデバイス

ポイント

車とBluetooth接続できるかの確認画面が表示されます。
有線のAUXケーブルで接続する場合はいいえを押してください。

順当に設定が完了したのちにカーステレオとの接続をチェック画面が表示されます。自分は自宅で設定してたので気にせずそのまま次へと進みました。

Amazon Echo Auto音声の設定

これでスマートフォンとEcho Autoとの接続が完了しました。

自分の場合はスマートフォンとカーナビはEcho Autoを購入する前にすでに接続済みでしたので、あとは車内に持ち込みEcho AutoシガーソケットからUSB給電させるだけでセッティングが完了されました。

最新のガジェットですが設定は思いのほか簡単でした!

AmazonMusicなどの音楽の再生ではスマホでの通信が必要になるので、高速通信できるWiMAXがあると便利に利用できます。

WiMAX 5GのモバイルWi-Fiを契約した6つの魅力
WiMAX +5Gに機種変更・乗り換えても契約すべき6つの魅力

パソコン仕事でカフェや喫茶店などでノマドワークをする自分のようなフリーランスで重要なガジェットの1つがポケットWiFiです。 いままではWiMAX 2+を家電量販店のエディオンで経由で契約して2年ほど ...

続きを見る

車内でのおすすめのマウント セッティング例

車内でセッティングするのに使える専用のマウントスタンドが付属されていますが、自分はスタンドを利用せず別のマグネットによるマウントを使いました。

ECPAW 車載ホルダー マグネット スマホホルダー

と言うのも、Echo AutoはシガーソケットなどからのUSB給電が必要になりますが、専用のマウントがエアコン吹き出し口につけるタイプで、自分の車はシガーソケットからエアコン吹き出し口まで距離があります。

それによりUSBケーブルが垂れ下がってしまい常時接続しておく機器なのもあり見た目があまりよろしくありません。

そこでAmazonで両面テープで固定するタイプのマグネットマウントを新しく購入しました。

【360°回転可能&滑り止め機能】スマホスタンドの接続部分にボールジョイントを採用し、360°回転可能で角度や向きを自由に調節できます。スマホ(iPhone/Android)を横向きでも縦向きでもどちらも快適に使用でき、更に滑り止め機能があり、しっかりスマホを挟めます。

これをシガーソケット周辺の空きスペースに設置することでUSBケーブルがだらーんと垂れ下がることもなく、シンプルにセッティングすることができます。この位置でも音声入力も特に問題ないので個人的にはかなり満足な仕上がりです。

Echo Auto ECPAW 車載ホルダー

Echo Auto ECPAW 車載ホルダー

ポイント

Echo Autoの裏面側はマグネットで固定できる仕様になっているので別途鉄板などを仕込む必要もなくそのまま装着できます。

また今回購入したマグネットマウントはamazonのレビューで「粘着力がない」「すぐはがれる」との情報だったので、別途強力な両面テープを張りなおして接着しました。

scotch 超強力両面テープ スーパー多用途

いまのところ落下などの心配はありません。接着で困ったときにはこの超強力テープ使えば大抵どうにかなるのでおすすめです。
木・金属・塩ビ・プラスチックなどの接着に!多用途に使える粗面用!木・金属・軟質塩ビ・プラスチックにも!強靭なアクリルハイソフトフォーム基材に特殊アクリル系粘着剤を塗布した超強力両面テープです。

「必要あるか?」実は疑心暗鬼だった自分が買って良かったと感じたポイント

EchoAuto 外箱裏面

実はEcho Auto販売当初は「おお!とうとう日本でも発売されたか!」と思ったもののすぐの購入には至りませんでした。

と、言うのもEcho Autoは単独型のスマートスピーカーではなくスマートフォンを介しての通信が必要なタイプで、機能としてはアレクサに指示を出すためのマイクでしかないと言うところです。

またスマートフォンのAmazon Musicのアプリでもアレクサボタンを押すことで音声入力ができたり、ホームボタンの長押しで起動するGoogleアシスタントの代わりにアレクサ音声入力へのショートカットも出来るようになります。

実際自分はAndroidのスマホを使いそのスタイルで使っていました

そんな中でプライムセールで溜まったポイントがあったので「Echo Autoを買って使ってみるかー」と勢いでポチって使ってみたところ予想してた以上に音楽再生が簡単で便利に!

スマートフォンだけで代用する場合はショートカットを使うにしろ手での操作が何かしら必要です。また音声での認識が上手くいかなかったりアプリ側の挙動がおかしくなる場合もありめんどくささが1つありました。

Echo Autoならば「アレクサ!」と声を掛けるだけ。専用マイクで認識もしてもらいやすく、流れている音楽を変更するのもまた「アレクサ!」と呼びかけるだけ。

言ってしまえば手で操作するめんどくささが無くなるだけなんですが、それが無くなるだけで使用頻度がぐっとあがり気軽に使えるようになります。

ポイント

たかが手間が1つなくなる。
実際に使ってみるとそれだけの価値がecho autoにあります。

OCNモバイルONEのMUSICカウントフリーで通信量がかからない

OCNモバイルONE

またEcho Autoの購入に至った大きなポイントですが、格安SIMカードを提供しているOCNモバイルONEでSIMカードを契約することで提供している無料オプション「MUSICカウントフリー」のサービスを利用できます。

OCNモバイルONE MUSICカウントフリー

ポイント

サービスの利用にはサイトでの別途申し込みが必要なので忘れないように注意が必要です。

MUSICカウントフリーを利用することでなんとAmazon musicをはじめとしたGooglePlayMusicやLINE Muiscなどの音楽ストリーミングサービスを通信容量を消費せずにつかえます。

それにより車内でのアレクサによる音楽再生も気兼ねなくおこなえるようになります。

自分は元々OCNモバイルONEで契約していましたが、機種変更するにあたってこのサービスを知りました。全然知らなんだ…。

WiMAXなどのモバイルWi-Fiなどを使うのも手ではありますが、Wi-Fiを起動する手間も省けるのでスマートなミュージックライフにはOCNモバイルONEのMUSICカウントフリーはおすすめな選択肢と組み合わせです。

OCNモバイルの詳細はこちら

まとめ

Echo Auto

車の中での音楽の楽しみ方が便利に広がるカー用品、Echo Autoについてレビューをまとめてみました。

Echo Autoを買ってからは車に乗った後の第一声が「アレクサ!」になりました。

いままでもスマートフォンからAmazon Musicの音楽を車内で流していましたが操作の手間がありちょっとの移動は無音状態で車を走行していたのも多々ありました。

手間が1つ減ることに対しての価値や使い勝手は人それぞれだと思いますが、自分にとっては間違いなく買ってよかったガジェットです。

めんどくさがりやな人には特に最適です!

Amazonのプライム会員になっていて音楽が必要なノーミュージックノーライフな方には、実際に使ってみないとわからないEcho Autoの良さをぜひ体験してほしいと思います。

【あなたの車にもAlexaを】スマートフォンのAlexaアプリに接続し、外部入力端子、またはスマートフォンのBluetooth接続を介して車のスピーカーから音を出力します。エアベントマウント(送風口用アタッチメント)が付属します。

EchoAuto第2世代が発売

新しい新型のEchoAutoが発売されました。縦型に形状が変更され性能もバージョンアップされています。

【ハンズフリーAlexaアクセサリー】スマホのAlexaアプリと連携してハンズフリーでAlexaの操作を実現するカーアクセサリー。Alexaアプリがバックグラウンドでも動作します。5つのマイクが騒々しい車内でもあなたの声を聞き取ります。スリムなデザインで設置場所にも困りません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
MetaQuest3 おすすめアクセサリー

Meta Quest

2024/4/17

これはおすすめ!MetaQuest3と一緒に買ってほしいアクセサリー5選

新型のVRゴーグルMetaQuest3が2023年の10月に新しく発売されました。 従来のQuest2からは基本性能とカメラ機能が大きく向上されたことで、VR(仮想現実)だけではなく、バーチャルな環境を現実に合わせれるMR(複合現実)を楽しめるVRゴーグルとしても使えるようになりました。 ポイント MRはこれからさらに発展する技術な気はしますが、現在でも楽しみ方から、仕事での活用方法などもグっと増えた印象があります。 今回のこの記事ではそんな最新のガジェットであるMetaQuest3をもっと便利に使えるお ...

この記事を読む

Insta360 X3

撮影機材

2024/4/6

Insta360 X3 レビュー 360度撮影が簡単・本格的にできるアクションカメラ

前後左右に上下とその場の風景をまとめて撮影できるカメラに360度カメラがあります。 写真のみならず動画も撮影できるので、その場の空気感をそのまま伝えることができるカメラと言えます。 ポイント 機材としても比較的、目新しいジャンルのものと言えます。 他のカメラでは撮れないものが撮れることから、個人的にはずっと気になっていたジャンルです そんな中で、手持ちで撮影できるコンパクトな360度の動画カメラやアクションカメラを多く手掛けているInsta360さんから、この度オファーを頂き、最新モデルの「Insta36 ...

この記事を読む

オープンイヤー型イヤホン HUAWEI FreeClip

イヤホン

2024/2/26

【比較・レビュー】HUAWEI FreeClip アクセサリーみたいに使えるオープンイヤー型イヤホン

最近流行ってきたのか多くなってきたイヤホンの種類として、耳の穴に入れずに耳に引っかけるオープンイヤー型のタイプがあります。 耳を塞がないので、周囲の音を聴きやすいことから、ランニングなどの運動や街中の移動などにも安全に使える利点があります。 ポイント 自分もオープンイヤー型を日常向けからスポーツ向けと幾つかの種類を使っています。 喫茶店でのテレワークの作業にも活用してますね! それらのイヤホンを愛用している中で、この度HUAWEI(ファーウェイ)さんからアクセサリーのように付けれるオープンイヤー型のワイヤ ...

この記事を読む

SOUNDPEATS GoFree2

イヤホン

2024/2/26

【比較・レビュー】SOUNDPEATS GoFree2 高音質・コスパ良しのオープンイヤーイヤホン

電車での外出時や、カフェでのテレワーク、ジムでの運動中にイヤホンを愛用している、なんて人は多いんじゃないでしょうか。 各言う自分も周りの音を遮断しすぎないオープンイヤー型のイヤホンをよく使っています。 ポイント いまは外出時の作業にはメガネ型スピーカーのHUAWEI Eyewear、 ジムでの筋トレやランニングには首掛け型のSOUNDPEATS RunFreeを使ってます。 いろいろなオープンイヤー型のイヤホンを使い分けている自分ですが、この度SOUNDPEATSさんから23年の11月に発売されたSOUN ...

この記事を読む

Godox AD100 Pro モノブロックストロボ

AD200 ストロボ

2024/1/8

【比較・レビュー】Godox AD100 Pro 持ち運びに最適な小型ストロボ

自分はストロボを使った撮影はGodoxでまとめており、現在メインのストロボとしてはAD200を使っています。 AD200のアクセサリーも揃えてで満足していたところですが、「多灯ライティングをしたい」「軽く持ち運べるものも欲しい」と思い、AD200を小型化したモノブロックストロボGodox AD100 Proを新しく購入してみました。 今回はそのコンパクトさが魅力なAD100 Proを実際に使いAD200とも比較したうえでレビューをしていきます。 一緒に使うと便利なアクセサリーもご紹介します! 目次 God ...

この記事を読む

Vlogカメラ OsmoPocket3 レビュー

OsmoPocket

2024/1/8

OsmoPocket3 比較・レビュー Vlog最強のジンバルカメラ おすすめな10の理由

DJIのOsmo Pocketシリーズは、手ぶれを抑えるジンバル機能が搭載のVlogカメラです。 このシリーズは2018年に初代Osmo Pocketが登場し、続いて2020年にはDJI Pocket2が発売されました。 Pocket2は特に評判が良く、Vlogや日常生活、旅行の動画撮影におすすめな1台です。 自分は初代のOsmoPocketを愛用してましたが、2は買うタイミングを見逃しました… Pocket2の時点ですでに完成度が非常に高いカメラでしたが、2023年の10月にさらにパワーアップした「DJ ...

この記事を読む

GOOPASS レビュー | コスパ良し!カメラ・レンズ撮影機材のレンタルサブスク

写真サービス

2023/10/14

GOOPASS レビュー | コスパ良し!カメラ・レンズ撮影機材のレンタルサブスク

カメラやレンズ選びで迷ったことはありませんか? 「このレンズが欲しいけど使い勝手はどうなんだろう?」「2つの機材を比較してるけど情報だけだとわからないなぁ…」 そんな悩みを持つ写真愛好家の方に利用してほしいのがカメラ・レンズのレンタルサービスです。 カメラ機材のレンタルサービスは様々ありますが、その中でも特に自由度高く様々な機材を手軽に試せるサブスクリプションサービスが「GOOPASS」です。 この記事ではGOOPASSの特徴、利用方法、そしてどんな機材がレンタルできるのかを実際にサービスを使ってみてのレ ...

この記事を読む

MetaQuest3

Meta Quest

2024/1/8

MetaQuest3発売! スペック・価格・新機能・Quest2との比較

Metaが販売するVRゴーグルでMetaQuest2(メタクエスト2)がありますが、今回新しく最新型のMetaQuest3の発売が決定しました。 従来のMetaQuest2は2020年10月に販売されたモデルですが今でも利用者が最も多いと言える人気のVRゴーグルですが、そんなMetaQuestの待ちに待った最新モデルと言えます。 この記事ではMetaQuest3の詳細から、Quest2と比較した際にアップグレードした性能やポイント、同時販売のアクセサリーなど関連する情報をお伝えします。 目次 MetaQu ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がって ...

MetaQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Metaから販売された単独型VRゴーグルのMetaQuest2(メタクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「MetaQues ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしていますか? 自分はネットの買い物の8割はAmazonを使うというほどで月に何人かの諭吉さんがAmazon経由で旅立っています。 ガジェット好きとしてはツラいところで ...

-スマートスピーカー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.