スマートスピーカー スマートフォン ライフハック

Echo Auto | レビュー 車の中でアレクサが使える!Amazonの車専用スマートデバイス

車の中でアレクサが使える車専用スマートデバイス Amazon Echo Auto

amazonが公式で提供しているスマートスピーカー「amazon Echo(エコー)」
とうとうEchoの車専用モデル「Echo Auto」が日本で販売されました。

車専用「Echo Auto」は実はアメリカで2018年に先行で発売されていましたが、それが今回日本に上陸してきた流れとなります。

それまでは小型のEcho Dotを車に持ち込んで車用スピーカーにする強者もいましたが、使い勝手があまりよくなかった状況でした。
しかしこのEcho Autoの日本上陸でとうとう気軽に車の中で「アレクサ!」と呼べる日が来ました。

自分も余っていたecho dotがありましたが諦めた経緯があるもので(遠い目)

今回はすでにEchoシリーズのスマートスピーカーを毎日活用している自分が、Echo Autoを実際に使ってみて感じたメリットや便利になったポイントのレビューしていきます。

初期設定方法や車でのおすすめのマウント方法もご紹介しますので是非チェックしてみてください。

Amazon Echo Autoってどういうもの?

Amazon Echo Auto

Echo Autoは車の中でアレクサ(Alexa)が使えるようになる車内専用のスマートデバイスです。

Bluetoothでスマートフォンと連動させた後に、スマートフォンと車のカーナビ(オーディオ)に接続することで車内で声による音楽再生などの機能を制御することができます。

仕組みとしてはアレクサ専用の外部マイクが増設されたイメージ

Echo Autoの端末自体にはWi-Fiの接続などのネットワーク通信機能はなく、音楽のストリーミング再生をするためのインターネット接続はスマートフォンの通信量を使う方式となります。

ポイント

スマートフォンがなければ使えませんが、車の乗り降りその都度でWi-Fi設定をする必要がないのでスムーズに利用することができます。

音声を認識するマイクも8つ車用に設計されています。それにより走行音やエアコン音などのドライブ中に現れるノイズ音に対する音声認識の向上が施されています。

また他のAmazonEchoシリーズと同じく基本的に音楽を再生するためにはamazonのプライム会員になり、Amzon Prime Musicのサービスを使えるようにする必要があります。

Echo Autoの値段は4,980円(税別)と他のEchoシリーズと比較しても安価な価格設定になっています。

気軽に試せる価格設定なのはいいですね!

【あなたの車にもAlexaを】スマートフォンのAlexaアプリに接続し、外部入力端子、またはスマートフォンのBluetooth接続を介して車のスピーカーから音を出力します。エアベントマウント(送風口用アタッチメント)が付属します。

Echo Autoで出来ること 便利な使い方

amazon Prime Music

ラジオの再生やメッセージ・通話などの機能はありますがやはりメインは音楽の再生

amazonのプライム会員になると無料で使えるAmazon Musicで200万曲以上、月額980円(税別)の有料プランであるAmazon Music Unlimitedに加入すると7,000万曲以上からEcho Autoを通じて音楽を再生できます。

自分は有料のMusicUnlimitedを使っています。
公式サイトを見るたびに対象の曲数が増えてます(笑)

そこからジャンル別、グループ別にランダムで音楽を再生できるので車内で新しい音楽と出会う機会がグッと増えます。

音声操作のやり方

「アレクサ」と呼びかけた後に反応音が鳴り、その後に流して欲しい音楽をオーダーすることで、指定した曲やアーティスト、または指定ジャンルの曲を再生してくれます。

  • アレクサ、最新の洋楽をかけて
  • アレクサ、○○の人気の楽曲を流して
  • アレクサ、クラシックを再生して
  • アレクサ、テンションがあがる音楽を流して

車の運転中でも車用にカスタマイズされているマイクのお陰かしっかり声に反応してくれるのでストレスもありません。

音楽の再生関連で言うと下記のようなオーダーも対応してくれます。

  • アレクサ、再生して
  • アレクサ、音量を上げて
  • アレクサ、次の曲
  • アレクサ、この曲は何?
  • アレクサ、マイミュージックに登録

その中でも地味に頻度が高いのが「アレクサ、再生して」

車を停止するとEcho Autoは車から給電している問題もあり接続が一時切れてしまい、再度エンジンをかけても自動的に音楽が再生されません。

その際に再生して!とオーダーすることで、音楽が続きから再生されます。

コンビニなどで一時停止する時にはよく使いますね

音楽再生以外にできること

音楽の再生以外でも天気予報の確認や、辞書代わりに質問したり、計算機代わりに計算してくれたりします。

他にもクイズをだしてくれたりギャグをいってくれたりするので眠気と戦いながら運転してる時の手助けもしてくれるかもしれません。

現在ではスマートフォンのナビ機能やマップ機能とは連動していませんが、発展の余地はありそうなのでゆくゆくは車のナビゲーションもEcho Autoを通じておこなえるようになるかもしれませんね。

amazon Echo Autoを開封してみた

Echo Autoの同梱物を紹介します。

Amazon Echo Auto 同梱物

Echo Auto本体の他にはエアコン吹き出し口に本体を設置できるマウントスタンドとシガーソケットのカーチャージャー、micro-USBケーブルと車のオーディオと有線で繋げるAUXケーブルが同封されています。

ポイント

Echo Autoを買うだけで追加購入せず基本のセッティングはおこなえます。

Amazon Echo Auto 本体

本体にはボタンが2つと周辺にマイクが8つついています。

にっこり笑ってるような顔がチャーミング。かわいい!

左側がマイクのミュートボタンで右側がアクションボタンになります。

アクションボタンを押すことで「アレクサ!」と呼びかけた状態になります。呼びかけてもどうしても反応されない場合などでも安心です。

背面側には同封のスタンドにあわせて四角形の凹みがあり、マグネットでぴたっと気持ちよくはまり固定できます。

Amazon Echo Autoスタンドと本体

マウントスタンド吹き出し口の上部につける形となります。装着するクリップ部分は縦にも切れ込みがあり、回転できるようにもなっているので縦位置や斜め位置での装着も可能です。

Amazon Echo Auto スタンドつまみ

また中心部分にはmicro-USBケーブルを挟めれるようになっているので線のたるみなども緩和できる仕組みになっています。

Amazon Echo Auto USBケーブル有線接続

Echo Autoの初回設定の流れ

Echo Autoのセッティングには接続するAndroid、iOSとリンクさせる必要があります。

android alxaアプリ

スマートフォンに「Amazon Alexa」アプリをインストールしたうえで、Echo AutoにUSB給電させ起動させます。

ポイント

説明書には車内でセッティングをおこなってくださいと記載がありますが、スマートフォンとの接続に関して自分は自宅にておこないました。

Echo Autoに給電をおこなうと自動的に音声ガイダンスが始まります。

Amazon Echo Auto 音声ガイダンス

説明書をみなくても音声ガイダンスの指示通りにおこなうだけで接続できる簡単設計となっています。

スマートフォン側のAmazon Alexaアプリを起動後、デバイスのセットアップをおこない「Echo Auto」を選択してください。

デバイスのセットアップ

その後、スマートフォンとEcho AutoをBluetoothで接続する設定画面になります。
スマートフォン側のBluetooth設定がONになっているかを確認し、検出されたデバイスを選択してください。

EchoAutoで選択するデバイス

ポイント

車とBluetooth接続できるかの確認画面が表示されます。
有線のAUXケーブルで接続する場合はいいえを押してください。

順当に設定が完了したのちにカーステレオとの接続をチェック画面が表示されます。自分は自宅で設定してたので気にせずそのまま次へと進みました。

Amazon Echo Auto音声の設定

これでスマートフォンとEcho Autoとの接続が完了しました。

自分の場合はスマートフォンとカーナビはEcho Autoを購入する前にすでに接続済みでしたので、あとは車内に持ち込みEcho AutoシガーソケットからUSB給電させるだけでセッティングが完了されました。

最新のガジェットですが設定は思いのほか簡単でした!

車内でのおすすめのマウント セッティング例

車内でセッティングするのに使える専用のマウントスタンドが付属されていますが、自分はスタンドを利用せず別のマグネットによるマウントを使いました。

ECPAW 車載ホルダー マグネット スマホホルダー

と言うのも、Echo AutoはシガーソケットなどからのUSB給電が必要になりますが、専用のマウントがエアコン吹き出し口につけるタイプで、自分の車はシガーソケットからエアコン吹き出し口まで距離があります。

それによりUSBケーブルが垂れ下がってしまい常時接続しておく機器なのもあり見た目があまりよろしくありません。

そこでAmazonで両面テープで固定するタイプのマグネットマウントを新しく購入しました。

【360°回転可能&滑り止め機能】スマホスタンドの接続部分にボールジョイントを採用し、360°回転可能で角度や向きを自由に調節できます。スマホ(iPhone/Android)を横向きでも縦向きでもどちらも快適に使用でき、更に滑り止め機能があり、しっかりスマホを挟めます。

これをシガーソケット周辺の空きスペースに設置することでUSBケーブルがだらーんと垂れ下がることもなく、シンプルにセッティングすることができます。この位置でも音声入力も特に問題ないので個人的にはかなり満足な仕上がりです。

Echo Auto ECPAW 車載ホルダー

Echo Auto ECPAW 車載ホルダー

ポイント

Echo Autoの裏面側はマグネットで固定できる仕様になっているので別途鉄板などを仕込む必要もなくそのまま装着できます。

また今回購入したマグネットマウントはamazonのレビューで「粘着力がない」「すぐはがれる」との情報だったので、別途強力な両面テープを張りなおして接着しました。

scotch 超強力両面テープ スーパー多用途

いまのところ落下などの心配はありません。接着で困ったときにはこの超強力テープ使えば大抵どうにかなるのでおすすめです。
木・金属・塩ビ・プラスチックなどの接着に!多用途に使える粗面用!木・金属・軟質塩ビ・プラスチックにも!強靭なアクリルハイソフトフォーム基材に特殊アクリル系粘着剤を塗布した超強力両面テープです。

「必要あるか?」実は疑心暗鬼だった自分が買って良かったと感じたポイント

EchoAuto 外箱裏面

実はEcho Auto販売当初は「おお!とうとう日本でも発売されたか!」と思ったもののすぐの購入には至りませんでした。

と、言うのもEcho Autoは単独型のスマートスピーカーではなくスマートフォンを介しての通信が必要なタイプで、機能としてはアレクサに指示を出すためのマイクでしかないと言うところです。

またスマートフォンのAmazon Musicのアプリでもアレクサボタンを押すことで音声入力ができたり、ホームボタンの長押しで起動するGoogleアシスタントの代わりにアレクサ音声入力へのショートカットも出来るようになります。

実際自分はAndroidのスマホを使いそのスタイルで使っていました

そんな中でプライムセールで溜まったポイントがあったので「Echo Autoを買って使ってみるかー」と勢いでポチって使ってみたところ予想してた以上に音楽再生が簡単で便利に!

スマートフォンだけで代用する場合はショートカットを使うにしろ手での操作が何かしら必要です。また音声での認識が上手くいかなかったりアプリ側の挙動がおかしくなる場合もありめんどくささが1つありました。

Echo Autoならば「アレクサ!」と声を掛けるだけ。専用マイクで認識もしてもらいやすく、流れている音楽を変更するのもまた「アレクサ!」と呼びかけるだけ。

言ってしまえば手で操作するめんどくささが無くなるだけなんですが、それが無くなるだけで使用頻度がぐっとあがり気軽に使えるようになります。

ポイント

たかが手間が1つなくなる。
実際に使ってみるとそれだけの価値がecho autoにあります。

OCNモバイルONEのMUSICカウントフリーで通信量がかからない

OCNモバイルONE

またEcho Autoの購入に至った大きなポイントですが、格安SIMカードを提供しているOCNモバイルONEでSIMカードを契約することで提供している無料オプション「MUSICカウントフリー」のサービスを利用できます。

OCNモバイルONE MUSICカウントフリー

ポイント

サービスの利用にはサイトでの別途申し込みが必要なので忘れないように注意が必要です。

MUSICカウントフリーを利用することでなんとAmazon musicをはじめとしたGooglePlayMusicやLINE Muiscなどの音楽ストリーミングサービスを通信容量を消費せずにつかえます。

それにより車内でのアレクサによる音楽再生も気兼ねなくおこなえるようになります。

自分は元々OCNモバイルONEで契約していましたが、機種変更するにあたってこのサービスを知りました。全然知らなんだ…。

WiMAXなどのモバイルWi-Fiなどを使うのも手ではありますが、Wi-Fiを起動する手間も省けるのでスマートなミュージックライフにはOCNモバイルONEのMUSICカウントフリーはおすすめな選択肢と組み合わせです。

 

まとめ

Echo Auto

Echo Autoを買ってからは車に乗った後の第一声が「アレクサ!」になりました。

いままでもスマートフォンからAmazon Musicの音楽を車内で流していましたが操作の手間がありちょっとの移動は無音状態で車を走行していたのも多々ありました。

手間が1つ減ることに対しての価値や使い勝手は人それぞれだと思いますが、自分にとっては間違いなく買ってよかったガジェットです。

めんどくさがりやな人には特に最適です!

Amazonのプライム会員になっていて音楽が必要なノーミュージックノーライフな方には、実際に使ってみないとわからないEcho Autoの良さをぜひ体験してほしいと思います。

【あなたの車にもAlexaを】スマートフォンのAlexaアプリに接続し、外部入力端子、またはスマートフォンのBluetooth接続を介して車のスピーカーから音を出力します。エアベントマウント(送風口用アタッチメント)が付属します。
【360°回転可能&滑り止め機能】スマホスタンドの接続部分にボールジョイントを採用し、360°回転可能で角度や向きを自由に調節できます。スマホ(iPhone/Android)を横向きでも縦向きでもどちらも快適に使用でき、更に滑り止め機能があり、しっかりスマホを挟めます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
OculusQuest2ユーザーにおすすめのアクセサリー5選

Oculus Quest ライフハック

2021/1/19

OculusQuest2と一緒に買ってよかったおすすめアクセサリー・アイテム5選

Facebook傘下のOculus(オキュラス)から2020年の10月に最新型の単独型VRゴーグルOculusQuest2(オキュラスクエスト2)が販売されました。 発売日に購入してから数か月たちましたが、身体を動かすフィットネス系アプリを中心に今もほぼほぼ毎日ペースで利用しています。 今回はOculusの公式から、サードパーティー製と様々なアクセサリーも揃いつつある中で、実際に購入して使ってみてよかったOculusQuest2のアクセサリーやアイテムのレビューをしていきます。 OculusQuest2を ...

この記事を読む

Anker PowerHouse II 400 レビュー 良コスパ!はじめてのポータブルバッテリーにおすすめ

バッテリー・充電機器 ライフハック

2021/1/18

Anker PowerHouse II 400 レビュー | 価格と性能のバランスが良い大容量ポータブルバッテリー

Anker(アンカー)から大容量な小型ポータブル電源の最新モデルとして「PowerHouse II 400 108000mAh」が販売されました。 自分はAnkerの初代PowerHouseを持っていますが、正直言ってこのPowerHouse II 400は最大出力や機能など様々な点でパワーアップされ使い勝手も向上しています。しかもバージョンアップしているのに値段は初代よりもなんと安い価格です。 スペックが上がったのに価格が安いのはホントびっくり! ポータブルバッテリーはキャンプや車中泊などのアウトドア用 ...

この記事を読む

抜群の収納力でPCデスクを整理整頓 ホワイトボードみたいに書ける多機能ボード

パソコン関連情報 周辺機器

2021/1/6

MEMOTTEマルチ収納ボード レビュー | 抜群の収納力でホワイトボードのようにメモ書き可能!パソコンのデスク作業を効率化

ブログ記事の作成や写真編集などのパソコン作業を自宅でおこなうのが多い自分ですが、テレワークの需要が高まる中、自分と同じように自宅でパソコン作業をされる方は多くなったかと思います。 そんな自分の課題としてはあまり広くない作業机にモノが多すぎて雑然としてしまっていること。 「収納どうしようかなぁ」と考えていた最中で今回クレア株式会社様から、MEMOTTEマルチ収納ボードをご提供いただきました。 渡りに船とばかりに使ってみたところ、収納面ではもちろんながら、それ以外の実用性の点でも使い勝手がよく、さらに言えばデ ...

この記事を読む

Adobe Creative Cloudを大幅割引のお得な価格で使う方法

Adobe パソコン関連情報

2020/12/31

大幅割引!Adobe CCを学生プラン並みの安い価格で使うお得な方法

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブクラウド)、通称Adobe CC。 イラストを書く人や写真を編集する人、動画を制作する人には必要不可欠なサービスです。 ただこのAdobe CC、結構高くないですか? Adobe CCは買い切りではなく、常に最新版が使える月額または年額課金性のサービスとなり、Photoshop、Premiere、Illustratorなどのアドビソフトが全部使えるコンプリートプランは5,680円/月(税別)になります。 必須なサービスだけあってしょうがない気 ...

この記事を読む

車の中でアレクサが使える車専用スマートデバイス Amazon Echo Auto

スマートスピーカー スマートフォン ライフハック

2021/1/2

Echo Auto | レビュー 車の中でアレクサが使える!Amazonの車専用スマートデバイス

amazonが公式で提供しているスマートスピーカー「amazon Echo(エコー)」 とうとうEchoの車専用モデル「Echo Auto」が日本で販売されました。 車専用「Echo Auto」は実はアメリカで2018年に先行で発売されていましたが、それが今回日本に上陸してきた流れとなります。 それまでは小型のEcho Dotを車に持ち込んで車用スピーカーにする強者もいましたが、使い勝手があまりよくなかった状況でした。 しかしこのEcho Autoの日本上陸でとうとう気軽に車の中で「アレクサ!」と呼べる日 ...

この記事を読む

メインカメラがインカメラで使える撮影向けスマートフォンzenfone7 pro

Zenfone7 スマートフォン 撮影機材

2021/1/18

Zenfone7 pro | レビュー 自撮り最強スマホ!フリップカメラが最高に使えるハイスペックAndroid

パソコンメーカーで有名なASUSから、Androidのハイエンドスマートフォンの「Zenfone7」と「Zenfone7 pro」が新しく発売されました。 いままで新しいスマートフォンにはあまり興味がなかった自分でしたが、Zenfone7に搭載されている「トリプルフリップカメラ」が衝撃すぎて思わずZenfone7 proを衝動買いしてしまいました。 Zenfone4から乗り換えた自分としてはいろいろな驚きが! 衝動が駆られた大きな部分としては「自撮りや構図を考えた写真や動画撮影に使える機材やん!」と言うも ...

この記事を読む

小型でコスパ抜群!RGBビデオライト P`IXEL G1S

撮影機材 照明機材

2020/12/14

PIXEL G1S | 小型でコスパ抜群!おすすめのRGBビデオライト

最近何かと照明機材に手を出しがちな自分ですが「発光色を自由に変更できるRGBライトが気になるな…??」と思い立ち、都合よくamazonのタイムセールでお得に販売されていた小型のRGBビデオライトPIXEL G1Sを勢いでポチりました。 今回購入しようと思った際の使用用途は下記の通り。 動画撮影時、ライブ配信時のメイン照明 赤や青などの色を使った動画撮影時のバックライト ブログで紹介するガジェットや小物の写真撮影時に使う照明 ポートレート撮影の際のサブ照明 「使う用途が多いから必要機材!」と自分に言い聞かせ ...

この記事を読む

アスペクト比最適な比率 写真・動画・SNS共有

カメラ関連情報 撮影方法

2021/1/19

アスペクト比を見直さない?写真・動画・SNS投稿に最適な比率

皆さんアスペクト比はご存知ですか? 撮影で使われるアスペクト比は写真や動画の縦横比率のことを言います。 カメラごとで初期設定値が決まっているので設定を触ったことがない方もいるのでは? 今回はそんなアスペクト比について、どういう比率があるのか、どのような特徴があるのかについてご紹介します。 写真に向いている比率、Youtubeなどの動画に向いている比率、ブロガー必見のTwitterやFacebookなどのSNSの情報共有に向いている比率など。 パターンに合わせたおすすめの比率についても合わせて解説していきま ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

写真好き、旅好き、アウトドア好きな人。最近は動画の編集も勉強中。比較的多趣味で興味があることはなんでも試してみたくなる人。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

-スマートスピーカー, スマートフォン, ライフハック
-, , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.