【広告・PR】当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

スマートウォッチ

【比較・レビュー】HUAWEI WATCH GT 3 SE 軽量で14日使えるスマートウォッチ

HUAWEI WATCH GT 3 SE

「使うまでは便利さがわからないけども、使ってみたら手放せないガジェット」の個人的ランキングを作るとしたらその1位はスマートウォッチです。

スマホと連携することによって様々な通知がリアルタイムに時計で確認できることをはじめ、時計のデザインも気分やシチュエーションで自由に変更できたりと、かなり勝手の良いガジェットです。

ポイント

その便利さからすでに何台か所有しています。
いまはメインのスマートウォッチとしてFossilのGen5を使っています。

WearOS対応 おすすめスマートウォッチ FOSSIL ジェネレーション5
FOSSIL Gen5 スマートウォッチ レビュー | フォッシルのおすすめ時計でできること

いままで2年以上使っていたAndroid対応のWearOSスマートウォッチの動作や充電状況が怪しくなってきたので「これは買い時だな…」と免罪符を得て高スペックモデルのFOSSIL Gen5(ジェネレー ...

続きを見る

その中で今回スマートウォッチを多数手がけているHUAWEI(ファーウェイ)さんから2022年の11月18日に新しく販売されたHUAWEI WATCH GT 3 SEをご提供頂きました。

今回はこのHUAWEI WATCH GT 3 SEの魅力をレビューしながら、他のスマートウォッチとの比較、使い勝手の違いから、実際にできることなどを合わせてご紹介していきます。

【軽やかに、心地よく】約35.6gの軽いボディ。1.43インチ、466×466ピクセル高解像度の大型AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)スクリーンを搭載。【スキー&登山&ランニングの頼りになるサポーター】高感度センサーを搭載し、高精度測定とデータ記録が可能に。・5ATM防水規格※1、心拍数異常、低血中酸素レベル、また低気圧時のアラーム機能搭載。

HUAWEI WATCH GT 3 SE 製品概要

HUAWEI WATCH GT 3 SE 外箱

HUAWEI WATCH GT 3 SEは独自のHarmonyOSを搭載しているAndroid、iPhoneどちらのスマホでも連携し使用できるスマートウォッチです。

ケースサイズは46.5mmで1.43インチ、重量は35.6gとかなり軽量

カジュアルなデザインでベルトもシリコン系の素材なのもあり、日常使いからスポーツ、アウトドアで使いやすいモデルとなります。

GT3シリーズとして3種類あり、3とProの2つは本体・ベルト共にデザインがビジネス向けのものとなります。

心拍計、GPSなどの多くのスマートウォッチの標準的な機能は搭載されており、Bluetooth接続による時計での通話も可能です。

ポイント

Bluetoothの接続範囲は最大100メートル。連絡先の追加、通話履歴の表示、着信拒否などもスマートウォッチから操作が可能です。

HUAWEI WATCH GT 3 SE 本体

またHUAWEI WATCH GT 3 SEは連続での使用時間が14日と長い期間を無充電で利用できます。

本体の外観が少しチープですが、その半面で定価は2万円台と抑えられています。

HUAWEI WATCH GT 3 SE カラー展開

カラー展開はグラファイトブラック、ワイルドネスグリーンの2色です
【軽やかに、心地よく】約35.6gの軽いボディ。1.43インチ、466×466ピクセル高解像度の大型AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)スクリーンを搭載。【スキー&登山&ランニングの頼りになるサポーター】高感度センサーを搭載し、高精度測定とデータ記録が可能に。・5ATM防水規格※1、心拍数異常、低血中酸素レベル、また低気圧時のアラーム機能搭載。

本体重量は35g.6gと軽量で負担の少ないスマートウォッチ

HUAWEI WATCH GT 3 SE 最軽量

HUAWEI WATCH GT 3 SEの魅力の1つは軽量な点です。
ウォッチ本体は軽量で丈夫なポリマー素材で、重さが35.6gとかなりの軽さです。

ココがポイント

比較として今まで使っていたFossil Gen5が約60g、HUAWEI WATCH GT3 46mmモデルが約42gとなります。

ランニングなどの運動から日常的に付けておくことを考えると腕の負担が少なくなるメリットは大きいです。

ポイント

HUAWEI WATCHは健康測定系の機能が充実しているのもあるので、これらがより使いやすいです。

ベルト自体も軽めのTPU素材でシリコンのように柔らかく装着できます。
穴もベルトの端から端まで開いているので、腕の太さを気にせずに都合の良い位置ですぐに取り付け調整できます。

革ベルトと違い汗などによる汚れも防止しやすいのでアクティブ、アウトドアで使いやすいです。

またベルト自体は交換が可能です。

HUAWEI WATCH GT 3 SE ベルト交換

ピンを操作することで簡単に脱着できます。

22mmの幅のものならばフックのスライドを使い、市販のサードパーティー製にも付け替えできます。

ベルトはAmazonなどで安く販売されています。気分によって変更するのもありですね。
【幅広い適用範囲】この交換バンドは18mm、20 mmまたは22 mmのスプリングバーを使用するのクラシックウォッチとスマートウォッチに適用します。※ご注文前に、バックルのタイプとサイズを確認してください。低価格ながら、製造工程の細部まで心遣い新作デザインで、審美性に配慮されており、自分でも長く愛用できます。友人へも最高のギフ
【スポーツ向け】軽量で柔軟性にも優れ、スポーツにとてもぴったり腕時計でバンドです。シリコン素材は充分の強さと耐用性があり、日常生活で腕時計をしっかりと保護してくれます。後ろに穴が付いているので、蒸し暑さを解消し、通気性に優れています。

最大14日間 無充電での連続使用が可能

HUAWEI WATCH GT 3 SE

HUAWEI WATCH GT 3 SEの大きな魅力は充電の持ちの良さで、最大14日間は無充電での連続使用が可能な点です。

14日間使える参考としては下記条件で利用した場合になることです。

14日間で使用できる参考例

  • 24 時間電源オン
  • 心拍数モニタリングを有効化
  • 夜間でもshoppingmode HUAWEITruSleepTMを有効化
  • 毎週平均90分のワークアウト(GPS使用)
  • 通知を有効にする(50件のメッセージ、着信6件、アラーム3件)
  • 1日200回の画面点灯
  • 音楽再生時間:週30分
頻繁に利用していても7日間はもつようです、かなりの長持ち!

スマートウォッチはスマホと一緒で常に身につけて運用したいものですが、多くのスマートウォッチは電池がもって2日なので比較するとかなりのメリットです。

ポイント

1泊以上の旅行やキャンプなどのアウトドアで充電器の心配をしなくて良いのは個人的にかなり楽です。

バッテリー持ちが良い理由の1つとしてはHarmonyOSという独自OSを利用している点にもあるようです。
Android対応のスマートウォッチはGoogle WearOSが多いのでその差があります。

HUAWEI WATCH GT 3 SEと専用充電器

充電方法としては専用のワイヤレス充電器が付属しており、使い方も時計の裏側に取り付けるだけです。またQi規格のサードパーティー製のワイヤレス充電器にも対応しています。

大型モニターで画面表示も見やすく操作性も滑らか

HUAWEI WATCH GT 3 SE

時計のモニターは466×466ピクセルの高解像度なAMOREDディスプレイ (有機ELディスプレイ)を搭載。光度も十分明るく画面はかなり見やすいです。

画面周りには時計枠があることで、誤って何かに時計をぶつけてしまった時にもディスプレイの傷や割れの防止になります。

ディスプレイ自体の強度もあるので、傷などを気にせずにガラスフィルムなどをつける必要もなくて良さそうです。

ポイント

自分は思いのほかスマートウォッチをぶつけるのが多いので、耐久性があるのは嬉しいところ

モニターデザインのウォッチフェイスもHUAWEI WATCHには初期で数種類のパターンが用意されています。

HUAWEI WATCH GT 3 SEで使用できるウォッチフェイス

デジタルタイプ、アナログ風タイプと様々な種類から選べます。

また追加でアプリからも無料でもインストールできるパターンが複数あるので、デザインに困ることはあまりないです。

画面が大きいとモニター上をタップする要素が多いウォッチフェイスのデザインでも使いやすいのが良いですね。

操作性の点ではカクつきやラグなどもぬるぬるで、特になくストレスを感じずに触れます。

HUAWEI WATCH GT 3 SE

また時計のサイドには上側と下側とでボタンが2つ搭載しています。
ボタン操作によって電源のオンオフ、様々なアプリへのアクセスからワークアウトを開始することができます。

ボタン操作による動作

■上側ボタン
○押す
・画面をオン
・ホーム画面からアプリ一覧画面を開く
・ホーム画面に戻る
・Bluetoothの着信を消音にする

○長押し
電源OFF時:電源をつける
電源ON時:再起動/電源オフ画面を開く
12秒以上長押しでウォッチの強制再起動

■下側ボタンの押し:ワークアウトアプリへのショートカット

【スマートウォッチのフェイスデザイン】

ヘルスアプリで様々な健康管理を可視化

HUAWEI WATCH GT 3 SE 心拍数

HUAWEI WATCHには心拍計や睡眠モニター血中酸素レベルモニタリングの測定機能が搭載されています。

基本的にスマートウォッチとスマートフォンを連動させるにはスマホアプリを使う必要があります。

この連携させるHUAWEIアプリが「HUAWEIヘルスケア」と言う名称なだけあり、健康管理の測定にはかなり力を入れていると言えます。

HUAWEI WATCH GT 3 SE ヘルスアプリ

ウォッチとスマホを連動させて行える計測や機能としては下記の通りです。

モニタリングできる健康管理機能

  • 血中酸素レベルモニタリング
  • ストレスモニタリング
  • 心拍数モニタリング
  • 呼吸エクササイズ
  • 健康に関するタスク管理 (Healthy Living)
  • 睡眠モニタリング
  • 月経管理

この中でも面白いのが睡眠モニタリングで、時計を装着して寝るだけで深い睡眠・浅い睡眠・レム睡眠・昼寝の4つの異なる睡眠状態を検出してくれます。

HUAWEI WATCH GT 3 SE 睡眠スコア

睡眠の情報を自動的にわかりやすくまとめてくれます。

深い睡眠は何%取れたのか、呼吸の質はどうなのか、目覚めた回数は何回かを点数でわかりやすく表示してくれるのでデータとしてもかなり参考にしやすいです。

ココがポイント

さらにヘルスケアアプリ側の機能で寝言やいびきなどの発生場所にフォーカスした録音も可能です

その他ストレスレベルの測定で状況をモニタリングしたり、しばらく動いていないと「身体を伸ばしましょう」という告知がされたりと要所要所で気が効いています。

HUAWEI WATCH GT 3 SE

水分補給、体重、運動量、呼吸など毎日の生活習慣の目標とリマインダーを設定できるので、良い習慣を身につけるサポートとしても活用できます。

運動用のワークアウトで100種類の計測が可能

HUAWEI WATCH GT 3 SE ワークアウト

HUAWEI WATCHには100種類以上の多種多様なワークアウトモードが搭載されています。

家の中でのヨガや日常的な動き、ランニングからサイクリングなどの運動に合わせてワークアウトモードを起動することで消費カロリーなどの運動量のデータをそのまま残せます。

その中でも専門的なワークアウトとして下記18種類が登録されています。

専門的なワークアウト18種類

○ 屋外
ランニング、ウォーキング、ハイキング、クライミング、トレイルラン、サイクリング、オープンウォーター、トライアスロン、スキー、スノーボード、クロスカントリースキー

○ 屋内
ランニング、ウォーキング、サイクリング、プール、エリプティカル、ローイング、縄跳び

また様々なウィンタースポーツにも対応
平均速度、距離、軌跡、最大傾斜、心拍数などをモニターできます。

HUAWEI WATCH GT 3 SEには5気圧の防水性能もあるので、汗や多少の雨などを気にする心配もないので運動時も気にせず利用できます。

HUAWEI WATCH GT 3 SE

ラフなスタイルで活動するときにはピッタリです。

移動距離や速度の計測の点では、GPS、BeiDou、GLONASS、Galileo、QZSSと5つの衛星システムにシングルバンドで対応。
計測ルートなどの軌跡のトラッキングも他のスマートウォッチに見劣りしない精度となっています。

また面白い機能としてはGPSを用いたルートバック機能が搭載しています。
ルート情報を保存しその案内に従うことで元のスタート地点に戻ることができるので、登山やハイキング、旅行地でのランニングなどに活用できます。

HUAWEI WATCH GT 3 SE ワークアウト

さらにワークアウトの保存のみならず、目標到達のサポートとしてAIランニングコーチ機能があります。
現在のライフスタイル、年齢、パフォーマンスに合わせて最適なランニングプランを作成してくれます。

運動、健康の面でかなりいろいろ機能があるなぁと感じました

他のHUAWEI WATCH GT 3とのデザイン・性能 仕様の比較

HUAWEI WATCH GT 3シリーズ

HUAWEI WATCH GT 3には無印、Pro、今回紹介するSEと3種類が用意されています。

【ロングバッテリー、ワイヤレス充電対応】:ワイヤレス充電対応。「HUAWEI WATCH GT 3 46 mm」は最大14日間バッテリーが持続するので、ワークアウトを記録し、健康管理を可視化することに役立ちます。【血中酸素レベル常時測定】血中酸素レベルが設定値よりも低くなった場合、本体が振動し、アラートを出します。 ※本製品は一般的なウェルネス・フィットネス目的の製品であり、医療機器として設計されたものではなく、病気などの診断、治療、予防を目的にはご使用いただけません。
【高級感のあるデザイン】 金属の質感を高め、ラインカットの美しい本体デザインを採用。ビジネスとスポーティなスタイルを融合させたモデル。【チタンケースとサファイアガラスディスプレイ】 チタンケースとサファイアガラスディスプレイを用いたタッチスクリーン、さらにチタン製の回転式リューズで操作が可能

アプリなどの機能的な面や性能ではあまり違いはありませんが、やはり大きなポイントとしては見た目のデザイン部分です。

HUAWEI WATCH GT 3の違い

・GT3 Proが最上位のビジネスモデル
・GT3がクラシックビジネスモデル
・GT3 SEがカジュアルモデル

無印のGT3やProはビジネスモデルな点もあり、本体、ベルト共にスーツなどのクラシックなファッションに合わせやすいデザイン性になっています。
Proモデルに関してはチタン、サファイアガラスを採用しておりさらに高級感がある仕様になっています。

さらに本体のサイズは43mmと46mmの2種類のモデルがあり、女性も装着しやすくファッションに合わせやすいのも特徴的です。

ポイント

比較するとかなりサイズが違います。ベルトは自由に交換できますが、デザインも様々あるので好みで選べます。

これらのモデルと比較するとHUAWEI WATCH GT 3 SEはデザイン的にはチープさが否めません。
しかしその半面で重量は最軽量、バンドの仕様からもアウトドアに使いやすく日常的につけていても疲れにくいモデルと言えます。

ビジネス、クラシックなファッションに合わせる用途ならGT3やPro、気軽に装着しアクティブに使いたい・ヘルスケアやワークアウトを重視したい人にはSEがおすすめと言えます。

実際に使ってみた感想 Fossil Gen5との比較、メリット・デメリット

HUAWEI WATCH GT 3 SEとFossil Gen5の比較

今までスマートウォッチは2年以上の期間でFossil Gen5を愛用しています。

実は一度紛失してしまい2台目を買うほどのお気に入りだったりします
WearOS対応 おすすめスマートウォッチ FOSSIL ジェネレーション5
FOSSIL Gen5 スマートウォッチ レビュー | フォッシルのおすすめ時計でできること

いままで2年以上使っていたAndroid対応のWearOSスマートウォッチの動作や充電状況が怪しくなってきたので「これは買い時だな…」と免罪符を得て高スペックモデルのFOSSIL Gen5(ジェネレー ...

続きを見る

そのうえでHUAWEI WATCH GT 3 SEを1週間ほど実際に装着し使ってみたので比較してメリット、デメリットをまとめてみます。

HUAWEI WATCH GT 3 SEのメリット

まずHUAWEI WATCH GT 3 SEの何よりのメリットは充電の持ちが良いことです。

何も充電せずとも1週間から2週間は使えるのはかなり良いポイントです。
毎日の充電が必要亡くなったことで外泊でも充電の心配もいりません。

専用充電器を忘れた結果、何も映らない時計になっていることが多かったですからね…。

Fossilの前にはモトローラのスマートウォッチを使っていましたがバッテリーがヘタってしまい1日持たなくなった結果、買い換えざるを得なかったこともあります。
元々の使用時間が長いことからバッテリーがヘタっても使用に関する影響が少ないので長く使えるとも思います。

また、それに加えて重量も35.6gとFoosil Gen5が約60gと手に付けると明らかに軽くなることから、就寝時の睡眠モニタリングも気軽に装着できるのも良い点です。

HUAWEI WATCH GT 3 SEのデメリット

マイナスな点を言えばOSがGoogle WearではなくHarmonyOSなことからカスタマイズ性はあまりよくありません
独自のアプリストア「AppGallery」からインストールする形にはなりますがアプリ数も多くないので、既存のスマホアプリとの連携は弱い部分があります。

ポイント

GoogleMapやEvernoteなどとの連動もできません。
LINEなどのSNSは通知で内容は確認できますが音声や文字入力による返信はできません。

また手首で感じるバイブレーションの種類が単純で、振動パターンで何の通知がきたかわからない点は実際に使って見て感じたデメリットです。
Fossil Gen5のほうでは画面をみずともLINEの通知か、Twitterの通知か、Gメールかの判別はついたりします。

HUAWEI WATCH GT 3 SE 高度計

ただカスタマイズ性の悪さがあるとは言え、日の出・日の入り、潮汐、月相、高度、悪天候アラートアクティブに嬉しい機能はデフォルトで搭載されており情報もみやすくアクセスしやすいです。

HUAWEI WATCH GT 3 SE 日の出 日の入り

日の出、日の入りなどは写真の撮影でも活用できますね

HUAWEI WATCH GT 3 SEがおすすめの人

使いたい機能や、装着する機会が多いシチュエーションで好みは分かれるところですが、ヘルスケアやワークアウトでメインに使いたい人軽くて充電の心配がすくないモデルが欲しい方HUAWEI WATCH GT 3 SEはおすすめだと言えます。

まとめ

HUAWEI WATCH GT 3 SE

スマートウォッチ、HUAWEI WATCH GT 3 SEを実際に使ってみたレビューをまとめました。

35.6gと本体重量も軽く、最大14日間使えるのが最大の魅力で、スポーツやトレーニングなどのアクティビティから登山やキャンプなどのアウトドアにも気軽に使えるモデルです。

またヘルスケア関連の機能も充実していることから、健康管理やライフスタイルのサポートをスマートウォッチでおこないたい方にはおすすめと言えます。

予想していたより基本のヘルスケアアプリが使いやすく見やすいものでした。

価格も2万円台で購入できるとお手頃ではあるので気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

【軽やかに、心地よく】約35.6gの軽いボディ。1.43インチ、466×466ピクセル高解像度の大型AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)スクリーンを搭載。【スキー&登山&ランニングの頼りになるサポーター】高感度センサーを搭載し、高精度測定とデータ記録が可能に。・5ATM防水規格※1、心拍数異常、低血中酸素レベル、また低気圧時のアラーム機能搭載。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カメラ初心者のための写真撮影術!おすすめ機材と現像テクニック

撮影・編集

2024/6/20

カメラ初心者必見!写真撮影で覚えること:おすすめミラーレスカメラ・現像方法

カメラを使い始めるのは、とても楽しい経験と言えます。でも初めての人にとっては少し操作や技術的に難しいこともあるかもしれません。 ここではカメラ初心者が覚えておくと良いポイントを紹介します。これらを知っておくことで、より良い写真を撮ることができます。 この記事がおすすめの人 ・これからカメラの撮り方を覚えたい人 ・カメラの基本や必要なこと、楽しむための流れを知りたい人 ・いまからはじめるのにおすすめのカメラや本を知りたい人 目次 1. カメラの基本を知ろう 2. 写真の構図を学ぼう 3. 光の使い方を理解し ...

この記事を読む

SONY Xperia 1 VI

スマホ・タブレット

2024/6/17

Xperia 1 VI | 進化したカメラと高性能を兼ね備えた SONY最新フラッグシップモデル

ソニーから最新フラッグシップスマートフォン「Xperia 1 VI」を発表されました。 このモデルは、カメラ機能が大幅に強化されており、7倍光学ズームにより170mm相当の望遠撮影が可能です。最大撮影倍率が約2倍のテレマクロモードも搭載され、歪みのないボケ感のある写真が撮影できます。 ポートレートに最適な85mm+ぼけ機能も実装しており、スマートフォンながら最新ミラーレスカメラを使ったかのような本格的撮影がおこなえます。 ディスプレイは前モデルの21:9 / 4Kから、19.5:9 / フルHD+に変更。 ...

この記事を読む

MetaQuest3 Eliteストラップ バッテリー付き

MetaQuest

2024/6/16

MetaQuest3 Eliteストラップ バッテリー付き レビュー | 快適性とプレイ時間を延長する純正アクセサリー

日々の日常で愛用しているガジェットの一つに、VRゴーグルのMeta Quest 3があります。 VRゴーグルは前モデルのMeta Quest2を発売日から使用しており、毎日の運動・トレーニング、VRゲーム、オフィスワークのガジェットとして活用しています。 Meta Quest3を長時間、頭の疲労感なく使えるようにするための純正アクセサリーに、Quest 3用のバッテリー内蔵型エリートストラップがあります。 Quest2では通常のEliteストラップを愛用していた中で、Quest3ではバッテリー内蔵モデルに ...

この記事を読む

Ulanzi LT028 40W レビュー

撮影機材・アクセサリー

2024/6/12

Ulanzi LT028 40W レビュー | 内蔵電源で持ち運び便利!動画撮影に最適なCOBライト

動画撮影やライブ配信に最適な照明機材として、UlanziのLT028 40Wを購入しました。 本格的な照明機材として以前はCOLBOR CL100Xを使用していましたが、より小型で使いやすいものを求め、今回このライトを追加購入しました。 COLBOR CL100Xもおすすめの撮影用ライト! この記事では、Ulanzi LT028 40Wの特徴や使いやすさ、魅力についてレビューします。 Ulanzi LT028 40W COB撮影用ライトがおすすめな人 ・動画撮影用のコンパクトで使いやすいライトを探している ...

この記事を読む

Ulanzi MT-79

撮影機材・アクセサリー

2024/6/6

Ulanzi MT-79 つい買いたくなる便利さ! ポータブルな三脚・ライトスタンドの魅力

価格が手ごろでありながら品質が高いカメラアクセサリーのメーカー、Ulanzi。そんなUlanziから発売されたポータブル三脚 MT-79を手に入れてみて使ってみたところ、その利便性に驚かされました。 本当に早く買っておけば良かったと言えるレベル…! この記事では、カメラや照明機材系の三脚を探している方に向けて、Ulanzi MT-79の使い勝手や特徴をレビューします。 Ulanzi MT-79 がおすすめな人 ・手ごろな価格で高さがある三脚を求める人 ・手軽に使えるストロボや照明のライトスタンドを探してい ...

この記事を読む

MetaQuest3 おすすめアクセサリー

MetaQuest

2024/6/15

これはおすすめ!MetaQuest3と一緒に買ってほしいアクセサリー5選

新型のVRゴーグルMetaQuest3が2023年の10月に新しく発売されました。 従来のQuest2からは基本性能とカメラ機能が大きく向上されたことで、VR(仮想現実)だけではなく、バーチャルな環境を現実に合わせれるMR(複合現実)を楽しめるVRゴーグルとしても使えるようになりました。 ポイント MRはこれからさらに発展する技術な気はしますが、現在でも楽しみ方から、仕事での活用方法などもグっと増えた印象があります。 今回のこの記事ではそんな最新のガジェットであるMetaQuest3をもっと便利に使えるお ...

この記事を読む

Insta360 X3

カメラ・レンズ

2024/5/28

Insta360 X3 レビュー 360度撮影が簡単・本格的にできるアクションカメラ

前後左右に上下とその場の風景をまとめて撮影できるカメラに360度カメラがあります。 写真のみならず動画も撮影できるので、その場の空気感をそのまま伝えることができるカメラと言えます。 ポイント 機材としても比較的、目新しいジャンルのものと言えます。 他のカメラでは撮れないものが撮れることから、個人的にはずっと気になっていたジャンルです そんな中で、手持ちで撮影できるコンパクトな360度の動画カメラやアクションカメラを多く手掛けているInsta360さんから、この度オファーを頂き、最新モデルの「Insta36 ...

この記事を読む

オープンイヤー型イヤホン HUAWEI FreeClip

イヤホン

2024/5/28

【比較・レビュー】HUAWEI FreeClip アクセサリーみたいに使えるオープンイヤー型イヤホン

最近流行ってきたのか多くなってきたイヤホンの種類として、耳の穴に入れずに耳に引っかけるオープンイヤー型のタイプがあります。 耳を塞がないので、周囲の音を聴きやすいことから、ランニングなどの運動や街中の移動などにも安全に使える利点があります。 ポイント 自分もオープンイヤー型を日常向けからスポーツ向けと幾つかの種類を使っています。 喫茶店でのテレワークの作業にも活用してますね! それらのイヤホンを愛用している中で、この度HUAWEI(ファーウェイ)さんからアクセサリーのように付けれるオープンイヤー型のワイヤ ...

この記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
けーすけ

けーすけ

個人事業主でWebサイト制作とカメラマンをしている人。写真好き、旅好き、アウトドア好き。多趣味なのもあり興味があるガジェットや撮影機材をすぐ購入しがち。 当サイトではそんな管理人が「撮影やデザイン制作のクリエイティブ関連情報」をはじめ、「人生をクリエイティブに生きる」ために役立つ情報をお届けいたします。 サイトと管理人の詳細情報はプロフィールでご紹介。ご連絡の場合はお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ まとめ記事

カメラ、写真、動画、おすすめ記事のまとめ 1

一眼レフを使った写真の撮影にハマったのもあり様々なカメラやレンズ、撮影に使えるカメラガジェットを購入してきました。 写真のみならず動画も最近撮りだしているのもあり購入してるガジェット幅はさらに広がって ...

MetaQuest2おすすめ記事のまとめ 2

Metaから販売された単独型VRゴーグルのMetaQuest2(メタクエスト2)。 こちらについて当サイトでまとめてきた本体内容やアプリ、専用アクセサリーなどの記事をまとめました。 「MetaQues ...

Amazonギフト券チャージタイプ 最大2.5%お得にポイントを貯める方法 3

皆さん、Amazonでお買い物をしていますか? 自分はネットの買い物の8割はAmazonを使うというほどで月に何人かの諭吉さんがAmazon経由で旅立っています。 ガジェット好きとしてはツラいところで ...

-スマートウォッチ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© CREATIVE SHOOTER , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.